転職

ホワイト企業おすすめ比較ランキング2020

ホワイト企業おすすめランキング

ホワイト企業おすすめランキング

「安全衛生優良企業認定 ホワイトマーク」というマークをご存じでしょうか。

このホワイトマークとは厚生労働省がホワイト企業にお墨付きを与えた場合で、その認定を公表するまでです。

昨今ブラック企業と呼ばれる社員を冷遇する企業が問題視されていますが、今後は就職先、転職先を探す目安としてホワイトマークのある企業が一つの目安となっていく可能性が高くなるでしょう。

資生堂

資生堂

資生堂と言えば国内でもトップクラスのホワイト企業です。平均年収は534万円ですがキャリアで就職した場合は年収1000万円も夢ではありません。

ただし、販売員などの場合は年収が200万円というケースもあるので募集の条件はよく確認をしておくべきでしょう。

事業内容 化粧品、業務用化粧品、石鹸、トイレタリー商品、医薬品、ヘルスケア商品などの製造販売、輸出入
創業 1872年(明治5年)
設立 1927年
資本金 645億円(2017年12月現在)
代表者 代表取締役執行役員社長  魚谷 雅彦
売上高 10,948億円 (2018年度)
従業員数 38,640名 (8,109名)
※従業員数は就業人員数であり、
臨時従業員数は〔〕内に年間平均人員数を外数で記載しています。
事業所 全国各地(海外を含む)

〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目6−2

花王

花王

花王は某有名サイトの平均年収調査では630万円以上でかなり高額な給与が約束されています。正社員はかなりの優遇を受けるようですがそうでない場合はかなり収入が安くなってしまうようです。土日祝日が休みなのも嬉しいところです。

事業内容 花王株式会社及び花王グループ各社が製造、販売する製品の販売

※代表的な取り扱い商品
・化粧品
「ソフィーナ」「カネボウ」「キュレル」など
・スキンケア・ヘアケア
スキンケア「ビオレ」、ヘアケア「エッセンシャル、メリット」など
・ヒューマンヘルスケア
健康機能飲料「ヘルシア」、オーラルケア「クリアクリーン」、サニタリー製品「ロリエ」、ベビーおむつ「メリーズ」など
・ファブリック&ホームケア
衣料用洗剤「アタック、ビーズ」、住居用洗剤「マイペット、マジックリン」、食器用洗剤「キュキュット」など

設立 2015年10月1日
資本金 10百万円
売上高 201 7年 12 月期 連結売上高(参考値) 8,449 億円 ※
※2018 年1月 1日に吸収合併した 日に吸収合併した 花王カスタマーケティング株式会社とネ ボウ化粧品販売株式会社の 201 7年度 売上高 (日本基準)
従業員数 5,399名 (2019年1月1日現在)
代表者 代表取締役 社長執行役員 竹内 俊昭
事業所 本店(東京)

/北海道支社/東北支社/首都圏支社/関越支社/中部支社/近畿支社/中四国支社/九州支社

味の素

味の素

味の素は企業調査サイトの平均年収で700万円を超えており、就職、転職に人気企業です。四季報調べでは40代前半で年収900万円に辿りつきます。

残業も少なく休みも多いですが、逆に残業代は少ないようなのでそこはあまり、稼ぐことができないと考えた方がよさそうです。

事業内容 調味料、加工食品、アミノ酸、甘味料、化成品等の製造・販売
創業 1909年5月20日
資本金 79,863百万円(2014年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長 最高経営責任者 伊藤雅俊
社員数 単体3,398名、連結27,579名(2014年3月31日現在)
平均年齢 41.7歳【男性42.4、女性39.4】(2014年3月1日時点)
平均勤続年数 18.3年【男性18.9、女性16.5】(2014年3月1日時点)
各事業区分の主要製品 【国内食品】「味の素」、「ほんだし」、「Cook Do」、スープ類、マヨネーズ類、「パルスイート」、「アミノバイタル」等
【海外食品】「味の素」、風味調味料、即席麺、飲料等
【アミノサイエンス】各種アミノ酸、アスパルテーム、化成品 食品工業向け「味の素」、核酸系調味料等、スポーツ栄養食品、栄養ケア食品等
【その他】物流、各種サービス ほか
事業所 本社/東京
研究所/川崎工場/川崎・四日市・佐賀
本社/東京

・大阪・福岡・名古屋・仙台
支店/広島・金沢・高松・さいたま
営業所/盛岡、新潟、長野、静岡、岡山、鹿児島
海外/アメリカ、フランス、タイ、インドネシア、中国、ブラジルなど、日本含め26カ国・地域
グループ会社 クノール食品(株)、ヤマキ(株)、味の素冷凍食品(株)、(株)J-オイルミルズ、味の素ゼネラルフーヅ(株)、味の素製薬(株)、味の素ファインテクノ(株)、(株)味の素コミュニケーションズ、味の素物流(株)、北海道味の素(株)、タイ味の素社、インドネシア味の素社、味の素ノースアメリカ社 ほか
売上高(連結) 9,913億32百万円(2014年3月期)
連結売上高構成比(事業別) (2014年3月期)
国内食品    :3,375億円(34%)
海外食品    :2,932億円(30%)
バイオファイン  :2,285億円(23%)
医薬       : 512億円(5%)
その他      : 808億円(8%)
連結売上高構成比(地域別) (2014年3月期)
日本 :5,140億円(52%)
アジア:2,311億円(23%)
米州 :1,393億円(14%)
欧州 :1,069億円(11%)
連結財務指標 (2014年3月期決算)
売上高   :9,913億円
営業利益  :625億円
経常利益  :427億円

豊田自動織機

豊田自動織機

トヨタグループの企業でコンプレッサー、フォークリフトなどについては世界でナンバーワンのシェアを誇ります。

グローバルなスケールで活躍できるフィールドが用意されているので高額報酬を目指す人にとってもおすすめの企業です。

事業内容 L&F(ロジスティクス&フォークリフト)、自動車(RAV4ほか)、エンジン、カーエアコン用コンプレッサー、エレクトロニクス製品、繊維機械(エアジェット織機、リング精紡機ほか)等の研究・開発・製造・販売および物流事業等
※産業車両19.1%、カーエアコン用コンプレッサー43%、エアジェット織機31%という、3つの世界販売シェアNo.1製品を持ち(すべて2017年自社調べ)、その技術力は世界各国のお客さまから高い評価をいただいてます。
会社名 株式会社豊田自動織機
TOYOTA INDUSTRIES CORPORATION
設立 1926年11月18日
※発明王・豊田佐吉を社祖とする、トヨタグループの源流企業です。
本社所在地 〒448-8671 愛知県刈谷市豊田町2丁目1番地
代表者 取締役社長 大西 朗
事業所 本社/愛知県刈谷市
国内工場/刈谷など愛知県下計10カ所
国内拠点/東京、千葉など
海外法人 アメリカ、スウェーデン、フランス、ドイツ、中国、インドなど、235社※2018年9月時点
資本金 804億円(2018年3月31日現在)
売上高 20,039億円(2018年3月期)
税引前利益 2,098億円(2018年3月期)
従業員数 61,152名(2018年3月31日現在)
株式上場 東京・名古屋証券取引所第1部上場

楽天

楽天

楽天といえば三木谷氏がトップを務める企業ですが、かなりのトップダウン企業であるため現代的な横並びの働き方を求める人にとっては微妙な企業のようです。能力さえあれば年収600万円くらいはもらえるようなので、自信がある人は入社を検討する価値もあるかもしれません。

事業内容 楽天グループは、国内外において、Eコマースを中核に、トラベル、デジタルコンテンツ、通信などのインターネットサービス、クレジットカードをはじめ、銀行、証券、保険、電子マネーなどのフィンテックサービス、さらにプロスポーツといった多岐にわたる分野でサービスを提供しています。これらサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結びつけることで、他にはない独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を形成しています。

楽天会員は共通のIDで、エコシステム内の複数のサービスを利用できるとともに、「楽天スーパーポイント」を買い物やサービス利用時に貯めたり、使ったりすることができます。ライフシーンを幅広くカバーする利便性の高いサービスを提供することで、顧客のエコシステム内への流入拡大やグループサービスの複数利用、回遊的・継続的なサービス利用を促進しています。これにより、顧客獲得コストの最小化や会員一人当たりのライフタイムバリュー(生涯価値)の最大化、楽天グループサービスの流通総額の増大等において相乗効果が発揮され、楽天の競争力を高めています。

現在、楽天会員数は、国内で1億以上*を誇ります。今後、グローバルでも「楽天エコシステム」の拡大を進め、世界で約13億の楽天グループサービス利用者に、楽しく便利なサービスの提供を目指していきます。

設立 1997年2月7日
資本金 205,924百万円(2018年12月31日現在)
従業員数 単体:6,528名
連結:17,214名
(2018年12月31日現在)
売上高 1兆101,4億円 (2018年12月時点)
代表者 代表取締役会長兼社長
三木谷 浩史
事業所 □ 楽天クリムゾンハウス
□ 札幌支社
□ 仙台支社
□ 新潟支社
□ 金沢支社
□ 千葉支社
□ さいたま支社
□ 横浜支社
□ 静岡支社
□ 名古屋支社
□ 京都支社
□ 大阪支社
□ 神戸支社
□ 広島支社
□ 松山支社
□ 福岡支社
□ 鹿児島支社
□ 那覇支社海外にも事業拠点あり。
楽天主義 楽天のミッションを具現化する基盤として『楽天主義』があります。これは楽天グループの根幹を成すものであり、全ての役員および従業員の行動指針として大切にしている考え方です。その中でも、「ブランドコンセプト」「成功のコンセプト」は楽天を理解していただくうえで重要なコンセプトですので、ここでご紹介いたします。

—————————————————————–
■ブランドコンセプト
—————————————————————–
ブランドコンセプトは、楽天グループの事業を通して実現しようとしている価値観を提示しています。

□大義名分:【Empowerment】
長期的な成長を遂げられる事業とは何か?それは、社会的意義があり、
社会から必要であると評価される事業であると考えます。
楽天グループにとっての社会的意義は、エンパワーメントという言葉で表現出来ます。
インターネットの特性を活かし、多くの人にチャンスを提供し、
フェアな社会を構築する手助けをしていきたい。
これが楽天グループの大義名分です。

□品性高潔:【気高く誇りを持つ】
大義名分のある事業を行う場合に重要なのは、それを如何にして実行するかということです。
ブランドコンセプトでは、それを品性高潔という言葉で表現しています。
「気高さ」「誇り」「うそをつかない」「誠実」というスタンスが、
楽天グループにおいて事業を行う上での大前提です。
気高く、誇りを持って事業を行う姿勢が楽天グループの社員には必要です。

□用意周到:【プロフェッショナル】
いくら大義があったとしても、その事業を成功させられなければ、
社会に貢献することは出来ません。
成功するための方法論として、楽天グループでは、「成功の5つのコンセプト」を定めています。
「成功の5つのコンセプト」を体現して、社員一人ひとりがプロフェッショナルに事業を進める。
用意周到な事業の実行により事業の成功は得られるのです。

□信念不抜:【GET THINGS DONE】
大義名分のある事業であっても、厳しい競争の中で成功を収めることは簡単ではありません。
しかし、事業を行う大義名分が確かなものであれば、
簡単にはあきらめることは出来ないはずです。
そのためには、状況に応じてアクションを再構築する。
GET THINGS DONEの精神こそ、楽天の事業を推進する姿勢です。

□一致団結:【チームとして成功を掴む】
楽天グループは、様々なバックグラウンドを持った人材が活躍している場です。
その多様性をグループの強みにするためには、社員一人ひとりが、
全体の方針に向かって、一致団結して進んでいくことが重要です。
楽天グループはひとつの大きなチームである。
チームワークよく、多様なメンバーの力を最大限発揮させられる組織こそが、
成功を収められるのです。

—————————————————————–
■成功のコンセプト
—————————————————————–
「ブランドコンセプトを実現する」という楽天の掲げる目標に揺るぎはありません。
「楽天の目標」への共感度を強め、実現度を高めるために「成功のコンセプト」があります。

□常に改善、常に前進
人間には2つのタイプしかいない。

【GET THINGS DONE】 様々な手段をこらして何が何でも物事を達成する人間。
【BEST EFFORT BASIS】 現状に満足し、ここまでやったからと自分自身に言い訳する人間。

一人一人が物事を達成する強い意思をもつことが重要。

□Professionalismの徹底
楽天はプロ意識を持ったビジネス集団である。
勝つために人の100倍考え、自己管理の下に成長していこうとする姿勢が必要。

□仮説→実行→検証→仕組化
仕事を進める上では具体的なアクション・プランを立てることが大切。

□顧客満足の最大化
楽天はあくまでも「サービス会社」である。
傲慢にならず、常に誇りを持って「顧客満足を高める」ことを念頭に置く。

□スピード!! スピード!! スピード!!
重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。

パナソニック

パナソニック

パナソニックは優良ホワイト企業ランキングで1位を獲得したこともある国内屈指のホワイト企業です。平均年収は700万円と言われており、福利厚生も圧倒的な充実を誇っています。

事業内容 部品から家庭用電子機器、電化製品、FA機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカー
創業 1918年(大正7年)3月7日
資本金 2,587億円(2018年3月31日現在)
従業員数 274,143人(2018年3月31日現在)
代表取締役社長 津賀 一宏
売上高 7兆9,822億円(2018年3月31日現在)
地域別売上高 日本  47%
米州  17%
欧州  10%
アジア 14%
中国  12%
(2018年3月期)
連結対象会社数(親会社および連結子会社) 592社(2018年3月31日現在)
交通 【大阪】本社
●地下鉄谷町線「守口」駅下車、徒歩15分
●大阪モノレール「大日」駅下車、徒歩15分
●京阪電車「守口市」駅下車、徒歩約15分
事業所 本社:大阪
全国各拠点(事業場、研究開発拠点)及び海外事業場

JXTGホールディングス

JXTGホールディングス

JXTGは40歳で年収1000万円を目指すことができる企業は数少ないですが、JXTGホールディングスはそれが実現できる企業です。求められる能力は高いですが、残業は月に15時間程度で役職がつかなくても30代後半まではある程度年収が右肩上がりのようです。

事業内容 石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製および販売
ガス・石炭の輸入および販売
石油化学製品等の製造および販売
電気・水素の供給
設立 1888年(明治21年)
発足 2017年(平成29年)4月1日
資本金 300億円
売上高 9兆4,084億円(2018年3月期/単体)
従業員数 9,137人(2018年4月1日現在)
代表者 代表取締役社長 大田 勝幸
関連会社 JXTGホールディングス(株)(持株会社)
JX石油開発(株)
JX金属(株)
JXファイナンス(株)
JXビジネスサービス(株)
鹿島石油(株)              ほか
商標 ENEOS、エッソ、ゼネラル、モービル
事業所 本社(東京都千代田区・品川)
研究所/中央技術研究所(横浜)
支店/北海道(札幌)、東北(仙台)、関東第1(東京)、関東第2(東京)、関東第3(東京)、東京(東京)、中部(名古屋)、大阪第1(大阪)、大阪第2(大阪)、中国(広島)、九州(福岡)、沖縄(那覇)
事業所/船川、新潟、川崎、下松、日立、千鳥 ほか
製油所/仙台、千葉、根岸、川崎、和歌山、堺、水島、麻里布、大分、鹿島(鹿島石油(株))、大阪(大阪国際石油精製(株))
製造所/室蘭、川崎、横浜、知多
海外/ロンドン、シンガポール、アメリカ現地法人など37ヵ所
平均年齢 42.3歳

トヨタ自動車

トヨタ自動車

トヨタは説明不要の日本でナンバーワン、世界でもトップを走る自動車製造の大企業です。ボーナスは年2回で300万円近く貰えることもあり、成果主義を導入する方針を打ち出しているようですが、一応は30代くらいまではある程度横並びで昇給をしてもらえるようです。

事業内容 自動車および関連部品の開発、製造、販売、その他
創立 1937年(昭和12年)8月28日
資本金 3970億5000万円(2018年3月期)
従業員数(連結) 36万9,124人(2018年3月末現在)
売上高 連結:29兆3795億1000万円(2018年3月期)
単独:12兆2014億4300万円(2018年3月期)
代表取締役社長 豊田 章男
事業所 本社/豊田、東京、その他/名古屋
研究所/本社、東富士、士別、ロサンゼルス
生産拠点/国内12ヶ所、海外28ヶ国・地域に53の製造事業体
関連会社 豊田自動織機、アイシン精機、デンソー、豊田中央研究所などトヨタグループ16社

TOTO

TOTO

TOTOの平均年収は580万円ほどといわれており、有給消化率も6割を超えています。女性においては居心地がいいという意見が多く、働きやすい職場と言えそうです。

TOTO株式会社 ▼事業内容
1.住宅設備機器関連の研究、開発、設計、製造、販売
2.国内外設備機器販売店への水まわり商品のコンサルティング営業▼設立
1917年(大正6年)5月15日▼資本金
355億7,900万円▼従業員数
32,428名(連結)
7,960(単独) (2018年3月末)▼売上高
5,923億円(連結) (2018年度)▼代表者
代表取締役社長 喜多村 円▼事業所
本社/〒802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1
支社/全国 (東京、千葉、埼玉、大阪、名古屋、九州、北海道、東北、中国、四国など)
工場/小倉、茅ヶ崎、滋賀、大分 、千葉、岐阜など

サントリ―

サントリ―

有給は必ず取得するように、このような稀有な文化が根付いている優良企業がサントリーです。女性にとってもおすすめで産休や復帰後のサポートも万全な体制が用意されているようです。しかも、有名企業としては年収700万円以上を目指すことができます。

事業内容 国内/海外の食品事業
設立 2009年1月
資本金 168,384百万円
従業員数 24,142名 (2018年12月末)
売上高 12,943億円(2018年1月1日~2018年12月31日)
代表者 代表取締役社長 齋藤 和弘
事業所 ○本社/東京都中央区
○国内営業拠点/全国各所
○海外事業所/イギリス・フランス・シンガポール・インドネシア・ベトナム・タイ・オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ
関連会社 サントリーホールディングス株式会社
サントリーフーズ株式会社
サントリーフーズ沖縄株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
サントリービバレッジサービス株式会社
株式会社ジャパンビバレッジホールディングス
株式会社サンベンド
サントリープロダクツ株式会社
Suntory Beverage & Food Europe
Orangina Suntory France
Lucozade Ribena Suntory Group
Suntory Beverage & Food Asia
BRAND’S suntory
Suntory Garuda Group
Suntory PepsiCo Vietnam Beverage
Suntory PepsiCo Beverage Thailand
Frucor Suntory Group
Pepsi Bottling Ventures Group
取扱商品 2004年の発売以降、緑茶市場の中軸を担うブランドに成長した本格緑茶「伊右衛門」をはじめ、ロングセラーブランドとして親しまれている「サントリーウーロン茶」、“働く人の相棒”コーヒー「BOSS」、南アルプス・阿蘇・奥大山の雄大な自然の中で汲み上げられた「サントリー天然水」、コーラ市場に新しい流れを切り拓いた「PEPSI」、2012年に日本で製造・販売を開始した爽やかなオレンジの味わいと自然な苦味が特徴のフランス生まれの炭酸飲料「オランジーナ」など数多くの有力ブランドを揃えています。

キリン

キリン

キリンは平均年収は700万円程度と言われており、有給消化率は7割を超える優良企業です。自社の伝統と社員のモチベーションを大切にする老舗企業です。

会社名 キリンホールディングス株式会社
事業内容 ■酒類事業、清涼飲料事業を柱とした食領域事業
■食領域事業の事業管理及び専門サービスの提供
設立 1907年2月23日
資本金 1,020億円
従業員数 31,033人(キリンホールディングス連結従業員数、2018年3月現在)
代表者 磯崎 功典
本社 東京都中野区4-10-2 中野セントラルパークサウス
売上高 1,863,730百万円(2017年12月期キリンホールディングス連結業績、同期よりIFRS適用)

戸上電機製作所はトップクラスの定着率!

戸上電機製作所はトップクラスの定着率!

戸上電機製作所は佐賀県佐賀市に本社を置く企業で電機メーカーで395名の社員が働く企業です。工業分野でかかすことのできない制御機器や環境機器、配電盤、探査試験機などの製造、開発を行っています。

同社のPVドクターシリーズは太陽光発電の故障をチェックすることができる試験機で業界の中でも独自の技術とノウハウで人気を集めています。新入社員が辞めない工夫もしっかりとしており、新人研修を二カ月行ったあとは、正式配属後も向上へ二カ月実習を行うことができます。有休、育児休暇、産休、介護休暇が取りやすい。5年毎の最大9日間の長期休暇を取ることができます。

商号 株式会社戸上電機製作所
(Togami Electric Mfg. Co., Ltd.)
代表者 代表取締役社長 社長執行役員  戸上信一
本社 佐賀市大財北町1番1号


TEL 0952-24-4111〔代表〕

設立 1925年3月12日
資本金 28億9,959万円
株式市場 東京証券取引所(市場第二部)
株主総数 3,614名(2019年3月末現在)
従業員数 395名(2019年3月末現在)
本社敷地建物 敷地 77,523平方メートル 建物 53,183平方メートル
主な取引銀行 佐賀銀行、三井住友銀行、三菱UFJ信託銀行

 

ヒラノテクシードは就活生の中でも人気企業!

ヒラノテクシードは就活生の中でも人気企業!


ヒラノテクシードは有機ELテクノロジー、ガラスクロス処理、合成皮革製造装置等の製造・開発を行っている会社です。高い独自技術を持っており、コーティング技術、乾燥技術などは業界トップクラスです。更に抽象企業でありながら福利厚生はかなり整備されており、平均年収も626万円とかなり高額です。年間休日は121日、残業時間も自分で調整できるようなのでかなりのホワイト企業といえるでしょう!

会社名 株式会社ヒラノテクシード
本社工場 〒636-0051奈良県北葛城郡河合町川合 101番地の1
木津川工場 〒619-0215京都府木津川市梅美台8丁目1番24
東京支店 〒101-0041東京都千代田区神田須田町 1丁目16番地 ヒューリック神田ビル3F
創業 昭和10年6月
資本金 18億4千7百万円
決算期 3月
年商 326億円(連結 2019年3月期)
従業員 352名(連結) 257名(単体)  2019年3月現在
株式市場 東京証券取引所 市場第二部上場(証券コード:6245)
敷地面積 本社工場 62,148.32m2
木津川工場 38,574.12m2
取引銀行 三菱UFJ銀行(大阪中央支店)、りそな銀行(大阪営業部)、みずほ銀行(阿倍野橋支店) 他

WOWOWは女性が働きやすい?

WOWOWは女性が働きやすい?

WOWOWは日本でも一番有名な衛生放送業者の一つです。フジHDIの関連会社として知られています。売上高は660億円を超えており社員の給料も平均年収は1000万円を越えています。ただし、制作系の職場はかなり拘束時間が長くなることもあるようでゆったりと働きたい人は部署を良く考えてみた方がよさそうです。しかし、高い給料が支払われるのはやはりうれしいものですよね。世の中には激務なのに全く給料が支払われない会社もありますから、それらを考えるとやはり有力なホワイト企業といえるでしょう。

社名 株式会社WOWOW (WOWOW Inc.)
〈本社〉 〒107-6121 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル21F
資本金 50億円
設立 1984年12月25日
従業員数 292名(2019年3月31日現在)

日清製粉グループ本社はオフィスが綺麗!

日清製粉グループ本社はオフィスが綺麗!


日清製粉グループといえば製粉事業、バイオ事業、ペットフード事業、健康食品事業、エンジニアリング事業、メッシュクロス事業などを手掛ける大企業です。製粉の生産はもちろん、日清エンジニアリングでは製粉事業の技術ノウハウで化粧品、医薬品、電子産業など幅広い分野に技術の提供を行っています。

本社グループは比較的オフィスも綺麗で残業なども少ないようで、給料についてもなんと入社3年目で500万円を超えるようです。やはり大企業は給与の待遇が良いのでこちらもホワイト企業の代表格といえます。

会社名 ◆◆株式会社日清製粉グループ本社◆◆
事業内容 グループを統轄する持ち株会社
創業 1900年(明治33年)10月
設立 1908年2月
資本金 171億1700万円
売上高 5,400億9400万円(2018年3月)※連結
従業員数 6,545名(2018年3月)※連結
代表者 取締役社長 見目 信樹
所在地 東京都千代田区神田錦町1-25

事業所 本社/東京都
事業所/埼玉県
国内拠点/北海道、宮城県、愛知県、大阪府、福岡県など
海外拠点/欧州、中国
国内関連会社/日清アソシエイツ株式会社、株式会社ジョイアス・フーズ、有限会社信和開発
グループ構成 日清製粉、日清フーズ、日清ペットフード、日清ファルマ、日清エンジニアリング、オリエンタル酵母工業、NBCメッシュテック 他

石油資源開発は優しい社員が多いとアンケート結果が出ている!

石油資源開発は優しい社員が多いとアンケート結果が出ている!

石油資源開発 株式会社はなんと平均年収568万円、月の平均残業時間も26.8時間のホワイト企業です。定期のボーナスも年二回で130万円が平均なのでかなり高額な部類でしょう。ただし、現場関係の部署は厳しいこともあるようですが、しっかりと教育を受けさせてくれてフォローもしてくれるようなので、入社しても辞めにくい体制が取られているようです。

会社名 石油資源開発株式会社
英文名 Japan Petroleum Exploration Co., Ltd.(略称:JAPEX)
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー
設立 1970年(昭和45年)4月1日
資本金 14,288,694,000円
代表者 代表取締役社長 社長執行役員  藤田 昌宏
従業員数 1,741名(連結)、904名(単体)
事業内容 石油、天然ガスおよびその他のエネルギー資源の探鉱、開発、生産、販売と、これらに関連する掘削などの請負事業等

本多通信工場フレックス制度あり!

本多通信工場フレックス制度あり!

本多通信工業は平均年収621万円でかなり高めの年収となっています。やはり年収が高いというのは働いていて安心感につながりますし、プライベートの充実にも繋がりますよね。電子事業で開発などの職種であればかなり忙しいようで多少残業はあるようです。外資系企業ですが、比較的穏やかな社風で多くの社員が辞めにくい職場になっているようです。

商号 本多通信工業株式会社
東証1部上場 証券コード:6826
事業内容 電子部品(コネクタ)の製造・販売
システム設計・ソフトウェア開発
設立 1947年6月14日(創業 1932年)
資本金 15億175万円
主要株主 パナソニック株式会社 20%
※持分法適用会社
従業員数 連結1,255名(2019年3月31日現在)
本社所在地 〒141-0001
東京都品川区北品川五丁目9番11号
大崎MTビル1F・5F
TEL : 03-6853-5800(代表)

三菱地所は働き甲斐があると人気!

三菱地所は働き甲斐があると人気!

不動産業といえば最もブラックな業界であり、ブラック企業が多く存在しています。しかし、その中でもホワイト企業があるんです!それが三菱地所です。20代で不動産業界を目指す人の中ではトップクラスの人気を誇る会社で多様な研修制度やスキルアッププログラムが用意されています。

不動産業界の平均年収は380万円といわれていますが、三菱地所は640万円とかなり高額です。仕事の規模も大きくやりがいのある事業が多いようです。残業も少なく社員の福利厚生も充実しています。不動産業界でホワイト企業への転職を考えるのであれば三菱地所がおすすめではないでしょうか。

商号 三菱地所株式会社
MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.
設立 1937年5月7日
資本金 142,147,967,178円(2019年5月24日現在)
営業種目 オフィスビル・商業施設等の開発、賃貸、管理
収益用不動産の開発・資産運用
住宅用地・工業用地等の開発、販売
余暇施設等の運営
不動産の売買、仲介、コンサルティング

エステーは残業申請がしやすい??

エステーは残業申請がしやすい??

エステーは日本トップクラスの日用雑貨メーカーで家庭向けの消臭剤、防虫剤、家電用の脱臭剤を販売しています。よくCMで見かける衣料用防虫剤の「ムシューダ」を始め、除湿剤「ドライペット」などの大ヒット商品が多く、就活生の人気企業でもあります。しかし、平均年収はh454万円と普通くらの給料です。月の残業時間も業界平均より長いようなのでゆったり働きたい人には向いていないかもしれません。しかし、日用品市場の中ではシェアナンバー1なのでやりがいをもって仕事をすることができるでしょう。

社名 エステー株式会社 (英文社名:S.T. CORPORATION)
本社所在地 〒161-8540 東京都新宿区下落合1-4-10

設立 1948年8月31日
決算期 3月31日
資本金 70億6,550万円
従業員数 連結 948名 / 単体 435名 (パートタイマー・嘱託を除く)
上場証券取引所 東京証券取引所 市場第一部
関係会社 連結子会社:
・エステートレーディング(株)
・エステービジネスサポート(株)
・エステー マイコール(株)
・S.T.(タイランド)
・ファミリーグローブ(台湾)
・エステーコリアコーポレーション(韓国)
・シャルダン(タイランド)
非連結子会社で持分法非適用会社:
・日本かおり研究所(株)
・ZETA S.R.L.(イタリア)
関連会社で持分法適用会社:
・シャルダン(フィリピン)
・愛敬S.T.(韓国)
・NSファーファ・ジャパン(株)
その他の関係会社:
・(株)シャルダン

 

カーディナルは仕事にやりがいがあって人気!

カーディナルは仕事にやりがいがあって人気!

twitter insta youtube グーグルマップ 公式リンク ないものははぶいていいです

カーディナルは東京をはじめ有名料理店の運営を行う外食産業だ。飲食業界を目指して来た人にとっては非常に風通しの良い職場で生の意見や現場の意見を取り入れて自分の行動で仕事を深めることができます。しかし、業務が忙しくなりがちなので、飲食産業に興味がない人にとってはあまりおすすめできないと言えます。

代表者 代表取締役社長 三好 康弘
設立年月 1968年5月
資本金 4,900万円
売上高 32.0億円(令和元年8月現在)
従業員数 正社員193名(令和元年8月現在)
平均年齢 30歳
店舗数 22店舗

セブン銀行なら銀行なのにホワイト企業??

セブン銀行なら銀行なのにホワイト企業??

銀行と言えばブラック企業の代名詞でした。しかし、その中でもセブン銀行は比較的ホワイトな銀行であるようです。自分で業務を調整すれば残業等も少なく仕事ができ、働き方改革も推進しているようで在宅勤務なども拡充されているようです。また、子育てに関しても福利厚生を充実さえたり、柔軟な対応をしてくれるようでしっかりとした企業運営を行っているようです。

名 称 株式会社セブン銀行 (英名:Seven Bank, Ltd.)
本社所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-1
(営業時間:9時~15時 土・日・祝祭日を除きます)
代表取締役会長 二子石 謙輔
代表取締役社長 舟竹 泰昭
設 立 2001年4月10日
開 業 2001年5月7日
資本金 30,701百万円
発行済株式数 1,179,122,000株
従業員数 471人 

 

給料が高くて働く時間が短いおすすめ企業トップ10はここだ!

給料が高くて働く時間が短いおすすめ企業トップ10はここだ!

ここからは少し忙しいですが、給料が沢山もらえる会社を紹介します。お金があれば多少仕事が忙しくてもへっちゃら!という人にはおすすめの仕事ばかりです。

株式会社シーエックスカーゴは生協の100%出資の物流子会社!

株式会社シーエックスカーゴは生協の100%出資の物流子会社!

株式会社シーエックスカーゴは生活協同組合コープの物流子会社です。物流と言えば激務のイメージですが、シーエックスカーゴでは「ホワイト物流」推進運動と言って社員の働きやすい環境を整えるように取り組んでいます。しかし、給料は普通レベルなので、休みがとりやすい、環境が整っているということでこの評価なのだと思われます。事実有給消化率が100%の社員もいるようなので、このご時世ではかなりのホワイト企業といえるでしょう。

事業内容 一般貨物自動車運送事業、倉庫業、物流企画、商品管理、事業開発、不動産賃貸及び管理業務
設立 1991年3月
資本金 1億円
従業員数 4556名(2019年1月現在)
男性2475名(正社員1545名)、女性2081名(565名)
売上高 342億3500万円(営業収益/2017年度第23期)
代表者 代表取締役社長 山田 英孝
事業所 ■本社
〒363-0002 埼玉県桶川市赤堀1丁目5番地
■北海道・東北
江別営業所/富谷営業所
■関東・甲信越
久喜営業所/関東配送センター久喜事業所/桶川流通センター/商品管理センター/関東配送センター桶川事業所/関東配送センター所沢事業所/野田流通センター/関東配送センター野田事業所/印西冷凍流通センター/関東配送センター長野事業所
■東海・北陸
小牧営業所
■近畿
神戸営業所/小野営業所
■中四国
広島冷蔵流通センター/尾道流通センター/中四国配送センター
■九州
鳥栖流通センター/九州配送センター/篠栗冷蔵流通センター/鳥栖冷凍流通センター/姶良冷蔵流通センター

塩野義製薬は製薬会社の・でもトップクラス?

シオノギ製薬は平均年収646万円で非役員の社員でもトップクラスでは900万円の年収を貰えるようです。平均有給消化率は6割で月の残業時間も28.8時間とかなりのホワイト企業です。老舗の会社で取引先からの信頼も厚く、良い人が多いと評判です。

商号 塩野義製薬株式会社(SHIONOGI & CO., LTD.)
代表者 手代木 功 代表取締役社長
創業 1878(明治11)年3月17日
会社設立 1919(大正8)年6月5日
資本金 212億7,974万2,717円
本社所在地 〒541-0045 大阪市中央区道修町3丁目1番8号

TEL 06-6202-2161 FAX 06-6229-9596
従業員数 連結 約5,000名
事業内容 医薬品、臨床検査薬・機器の研究、開発、製造、販売など
決算日 3月31日

日本生命保険でも営業は大変?

日本生命は平均年収は652万円ですが、トップクラスの営業マンは1000万円に迫る人までいるようです。保険業界の中でもトップクラスの高収入ですがどうしても営業という性質上、契約が取れなければ普通のサラリーマンの年収と変わらないようです。しかし、チャンスがあるので営業が得意な人にはかなりおすすめの企業です。

名称 日本生命保険相互会社
本店所在地 〒541-8501
大阪府大阪市中央区今橋3-5-12

電話番号:06-6209-4500
代表取締役社長 清水 博
創立 1889年7月4日
従業員数 71,871名(うち内勤職員19,515名)
業務の概要
生命保険業
  • 生命保険業免許に基づく保険の引受け
  • 資産の運用
    • 貸付業務
    • 有価証券投資業務
    • 不動産投資業務
付随業務・その他の業務
  • 他の保険会社その他金融業を行う者の業務の代理または事務の代行
  • 債務の保証
  • 投資信託の販売
  • 確定拠出年金制度における運営管理業務
事業所 支社等 108
営業部 1,536
海外事務所 4
代理店 16,536
子会社等 保険および保険関連事業 18社
資産運用関連事業 48社
総務関連事業等 10社

キヤノンは残業なしでまったりと働ける会社

twitter insta youtube グーグルマップ 公式リンク ないものははぶいていいです

キャノンと言えばホワイト企業の代名詞です。日本でもトップクラスのホワイト企業と言って過言ではないでしょう。平均年収は599万円、平均有給消化率はなんと7割越えです。しかも月の平均残業時間は18.4時間なので文句なしのホワイト企業です。人当たりも良い社員が多いようです。

商号 キヤノン株式会社(Canon Inc.)
設立 1937年8月10日
本社所在地 東京都大田区下丸子3丁目30番2号
代表電話番号 (03)3758-2111
代表取締役会長 CEO 御手洗 冨士夫
資本金 174,762百万円(2018年12月31日現在)
従業員数 25,891人(2019年3月31日現在)
売上高 単独 1,822,782百万円 (2018年12月決算)
売上高 連結 3,951,937百万円 (2018年12月決算)
連結子会社数 379社(2018年12月31日現在)

西日本旅客鉄道はコンプライアンスに厳しい!

西日本旅客鉄道は平均年収は420万円とまぁまぁですが、平均有給消化率は67%と7割に迫る勢いです。さらに、月の平均残業時間は16時間で1日30分程度の計算です。月の平均休日日数も0.7日と短いのでこちらも時間給で見ればかなり割の良いホワイト企業です。

社名 西日本旅客鉄道株式会社
West Japan Railway Company
所在地 〒530-8341 大阪市北区芝田二丁目4番24号
代表取締役社長 長谷川 一明(2019年12月1日就任)
設立 1987年4月1日
資本金 1,000億円
発行済株式数 192,481,400株
株主数 138,158名
主な事業内容 運輸業/流通業/不動産業/その他
営業収益 15,293億円(連結)、9,809億円(単体)
営業利益 1,969億円(連結)、1,507億円(単体)
社員数 47,800人(連結)、27,100人(単体)
子会社数 155社(うち連結子会社64社)
鉄道 キロ数 4,903.1キロメートル、新幹線:812.6キロメートル(2線区)、在来線:4,090.5キロメートル(49線区)
駅数 1,174駅
車両数 6,551両

 

コニカミノルタは平均年収750万円越え!

コニカミノルタもキャノンに負けないホワイト企業です。平均年収は773万円とかなり高額です。管理職になれば年収1000万円は超えるようですが、管理職になれなくても800万円ていどは貰えるようなのでこれが大企業の実力といったところでしょう。

会社名 コニカミノルタ株式会社
(英文名称は KONICA MINOLTA, INC. )
本社所在地 〒100-7015
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー

電話番号:03-6250-2111(番号案内台)

代表者 代表執行役社長 兼 CEO 山名昌衛
設立 1936年(昭和11年)12月22日
資本金 37,519百万円
決算期 3月31日
従業員数 単体 5,207名(2019年3月現在)
連結 44,360名(2019年3月現在)
事業内容 ■オフィス事業
ITサービス・ソリューション、オフィス
■プロフェッショナルプリント事業
産業印刷、マーケティングサービス、プロダクションプリント
■ヘルスケア事業
ヘルスケア(画像診断)、医療IT
■産業用材料・機器事業
<産業⽤光学システム>
計測機器、映像ソリューション(プラネタリウムなど)
<材料・コンポーネント>
機能材料(OLED、素材含む)、光学コンポーネント、IJ(Inkjet)コンポーネント
経営体制 「指名委員会等設置会社」のガバナンス体制を採用
グループ会社拠点 49カ国(2019年3月現在)

東京センチュリーは事業分野で雰囲気が違う!

東京センチュリーは平均年収624万円です!有給消化率は5割程度ですが、休日出勤は少ないのでかなり割が良いほうでしょう。また、女性社員の口コミでもほとんど残業がないのでかなりおすすめのホワイト企業といえそうです。

商号 東京センチュリー株式会社
事業内容 賃貸事業、割賦販売事業、営業貸付事業、その他の事業
本社所在地 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
TEL:03-5209-7055 FAX:03-5296-0230
設立 1969年7月1日
決算期 3月
資本金 34,231 百万円

大日精化工業は工学部の学生に人気!

大日精化工業はとても寛容な社風で若くても活躍できる職場なようです。平均年収は476万円は平均有給消化率45%、月の平均残業時間は26.6時間です。

同業種の平均よりは収入が良いですし、管理職になると600万円以上の年収が見込めるようです。

会社名 大日精化工業株式会社 Dainichiseika Color & Chemicals Mfg. Co., Ltd.
本社所在地 〒103-8383 東京都中央区日本橋馬喰町一丁目7番6号地図
創業 1931年10月16日
設立 1939年12月20日
代表取締役社長 高橋 弘二 (たかはし こうじ)
資本金 100億39百万円 (東京証券取引所市場第一部上場)
連結売上高 1,703億94百万円(2019年3月期)
連結経常利益 92億64百万円(2019年3月期)
親会社株主に帰属する当期純利益 38億76百万円(2019年3月期)
従業員数 単独 1,439名 連結 3,904名(2019年3月31日現在)
事業内容 無機・有機顔料及び加工顔料、プラスチック用着色剤、繊維用着色剤、印刷インキ・コーティング剤及び関連機材、合成皮革材料などウレタン樹脂、天然物由来高分子、機能性付与材料、CCMシステムの製造及び販売

東洋インキSCホールディングスはボーナスが良い?

東洋インキはボーナスは60万円が年間2回、平均年収も730万円とかなり高めです。業界の平均は370万円なのでほぼ1.8倍です。30代中盤で管理職になれると一気に年収がアップします。

会社名 東洋インキSCホールディングス株式会社
創業 1896年(明治29)1月
設立 1907年(明治40)1月15日
代表者 代表取締役社長 北川 克己
資本金 31,733,496,860円
株式 東証1部上場(4634)
発行済株式総数 60,621,744株
従業員数 (連結)8,274名 (単体)410名
事業内容 持株会社としてのグループ戦略立案および各事業会社の統括管理
グループ営業品目 有機顔料、加工顔料、プラスチック用着色剤、カラーフィルター用材料、缶用塗料、樹脂、接着剤、粘着剤、塗工材料、天然材料、メディカル製品、グラビアインキ、フレキソインキ、グラビアシリンダー製版、オフセットインキ、金属インキ、印刷機械、印刷機器、プリプレスシステム、印刷材料、インクジェット材料

千趣会もホワイト企業としてランキング上位!

千趣会もホワイト企業としてよく知られております。自由な社風で女性が活躍しやすいともいわれています。金属年数が20年を超えると年収は750万円を超えるのでかなりのホワイト企業といえそうです。

社名 株式会社 千趣会
英文社名 SENSHUKAI CO.,LTD.
URL https://www.senshukai.co.jp
(shop:https://www.bellemaison.jp/
設立年月日 1955年(昭和30年)11月9日
資本金 100百万円(2019年5月8日現在)
発行済株式総数 52,056,993株(2019年6月21日現在)
上場証券取引所 東京証券取引所市場第一部
代表者 代表取締役社長 梶原 健司
売上高 113,344百万円(2018年12月31日現在 連結)
従業員数 1,792名(2018年12月31日現在 連結)
事業内容 通販事業 / ブライダル事業 / 法人事業 / その他

まずはこれを知っておこう!ホワイト企業の定義とは?

まずはこれを知っておこう!ホワイト企業の定義とは?

ホワイト企業の条件は社員が働きやすく、財務が健全、将来的に成長を続ける企業のことを指します。この逆の概念がブラック企業ですが、ホワイト企業は人間関係が良好で高額な給与、残業代もしっかりと取得でき、休みもしっかりと取れる企業のことを指します。

福利厚生が充実しているかで社員を大切にしているかがわかる?

福利厚生が充実しているということはそれだけ社員を大切にしているということです。有給休暇の取得の義務化、産休、男性の育児休暇、女性の出産後の復帰制度など福利厚生が充実している企業はホワイト企業と言えるでしょう。

決算資料で会社の財政状況を確認してみよう

どんなに給料が高くて、休みが多い会社でも将来性がなければ意味がありません。

長く働く必要がありますから、成長を続ける産業でビジネスを行っている企業を選ぶようにしましょう。

老舗企業でも開放的な会社もある

古い会社はブラックが多いと勘違いしている人がいます。しかし、会社が古くてもホワイトの会社は沢山あります。トヨタ、資生堂、花王、キリン、サントリーなど歴史が古い大企業でもやはり、ホワイト企業です。

おすすめは老舗企業で成長性があり、しかもホワイトな社風の企業を探すことでしょう。

ホワイト企業の条件を徹底解説!

ここではホワイト企業の細かな条件を紹介します。

新卒社員の3年後の定着率は重要なポイント

入社して3年以内に辞めている社員が多い会社は注意が必要です、入社してすぐにやめてしまうということは、人間関係や給与に問題があるケースが多いので十分に注意をすべきでしょう。

若い社員が働きがいややりがいを感じているか?

若い社員が活き活きしている会社は定着率もよく、それなりの待遇が用意されています。

口コミサイトなどをチェックして若い社員の意見などをリサーチしてみましょう。

人事評価制度は整っている?

正当な評価がされず給料が上がらなければモチベーションが下がってしまいますよね。人事評価制度が整っている企業であれば業務をきちんと評価してくれて、それに応じた給与がもらえます。人事評価制度が整っていないということはもらえるはずの給与がもらえないことに繋がる恐れもあります。

有給休暇はとれるようにしておきたい!!

有給休暇は取れるようにしておきたいですよね。ほとんどのホワイト企業ではむしろ、会社側からきちんと休みを取ってくださいとお達しを受けるくらいです。休みが少なければ疲労で仕事のモチベーションも下がり、ミスなどが発生しやすくなり、結果人間関係も悪化するという負のスパイラルになります。

有給休暇の取りやすさも重要な要素といえます。

転職サイトおすすめ比較ランキング.20代30代に人気の転職エージェント

転職サイトおすすめ比較ランキング

転職活動は情報収集量と活動力次第で優勢かどうかが変化しやすいものです。

転職活動を効率良く進めていくために、ぜひとも使いたいのが転職エージェント(転職サイト)です。『転職サイト』と検索すると色々とヒットしますが、どこのサービスが便利で使いやすいのでしょうか。

今回の記事では転職サイトのおすすめ比較ランキングと、各サービスの特徴や強みを解説していきます!

転職サイトおすすめ比較ランキング

転職サイトおすすめ比較ランキング

さっそく転職サイト(エージェント)のおすすめランキングを確認していきましょう!

■転職サイトおすすめ比較ランキング■

  • 1位 『リクルートエージェント』
  • 2位 『doda』
  • 3位 『マイナビエージェント』
  • 4位 『パソナキャリア』
  • 5位 『リクナビNEXT』
  • 6位 『type転職エージェント』

有名どころが並びました。

下記ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう!

1位 幅広い世代に支持されている『リクルートエージェント』

1位 幅広い世代に支持されている『リクルートエージェント』

転職サイトおすすめ比較ランキング1位に輝いたのは有名大手のリクルートが運営している転職エージェント、『リクルートエージェント』です。20代~50代以上まで、幅広い年齢層から支持されています。

リクルートエージェントは、必要情報を登録すると担当のアドバイザーがついてくれて希望や条件に適する求人を紹介してくれます。
また、面接に不慣れだったり企業への応募関連書類の書き方がよくわからないという方にはアドバイザーが指導してくれます。そのため万全の準備をして面接に臨むことができます。

この時点で1人で孤独に行う転職活動よりもメンタル面が安定する可能性が高く、転職活動の質も良くなりやすいです。

転職エージェントの魅力はこういうところにあります。
そしてリクルートエージェントについては『職歴に自信がない』『フリーターから抜け出すための転職活動』『自分に向いている仕事がわからない』などの事柄に悩まされている方のことをしっかりサポートしてくれます。

逆に『経歴に自信がある』『今よりもっと高収入な仕事を紹介して欲しい』『やりたい仕事でステップアップしたい』という方にも適する求人を紹介してくれます。

これはリクルートエージェントが様々な業界に精通しているからです!

ちなみに求人への応募後、面接の日程調整など全般でアドバイザーが企業と求職者の間に立って交渉してくれます。内定が出るまでは企業側との直接やり取りは基本的に不要。だからこそ、要望を伝えやすい(アドバイザー経由になるので)というのも強みです!

■リクルートエージェントの魅力ポイント■

  • 充実した転職サポート(面接対策・書類アドバイスなど)
  • アドバイザーがいるから転職期間のメンタルが安定しやすい
  • 転職成功の実績豊富
  • 職歴に自信があっても無くても、正社員経験無しでも親身になって相談に乗ってくれる
  • 有名大手のリクルートの転職エージェントなので転職市場での信頼も厚い
  • 非公開求人(企業側が条件を満たす層にしか公開しないように希望している求人情報)の取り扱いが豊富

それではリクルートエージェントを利用するのがおすすめなのはどのような方かというと、基本かつ手厚い転職サポートを知名度による信頼感や安心感のある企業(=リクルート)から受けたいという方です。

利用者数も多いので、ノウハウもあり期待値は高いです。

どの転職エージェントに使用か迷っているならまずは相談してみるのはいかがでしょうか。

リクルートエージェントは安定の1位です!

2位 検索もエージェントもどちらも使いやすくて20代・30代に人気の転職サイト『doda』

2位 検索もエージェントもどちらも使いやすくて20代・30代に人気の転職サイト『doda』

2位は『doda(デューダ)』という結果になりました。CMや広告で見かける機会も多く、若者を中心に知名度が高くなっています。20代~30代前半くらいの転職希望者からの支持率が高いです。

そんなdodaの特徴は、1つのサイトの中で転職エージェントとしての側面と、求人検索サイトとしての側面を持つことです。
どちらの良い面も堪能したい方に◎

転職エージェントとしては担当のアドバイザーがつき、求人を紹介してくれたり、書類添削や面接対策などのサポートをしてくれます。

求人検索サイトとしては自分で条件を指定して検索したり求人を絞り込んだりして、自発的に応募することができます。

■dodaの魅力ポイント■

  • 転職エージェントとしても求人情報検索サイトとしても利用できる
  • 求人検索サイトが見やすく使いやすい&WEB履歴書も保存できる
  • 業界ごとの転職関連セミナーやイベントなども充実(サイト上で情報を掲載している)
  • 『人気の求人特集』『転職タイプ診断』『合格診断』『年収査定』など、1人でも転職活動をしやすい仕組みあり
  • アプリが便利で利用しやすい
  • 『スポーツを仕事に』したい方に向けた専門コンテンツもあり

dodaはとにかく使いやすさが魅力!

転職エージェントと求人検索サイトを別々の企業のもので使い分けてしまうと、それぞれから応募した求人の管理が大変になったり、どちらから応募した求人かわからなくなったりする可能性がありますが、転職エージェントも求人検索サイトも両方使うとしてもdodaという『1つのサービス』で管理できればややこしくならずに安心&便利です。

転職エージェントも求人検索サイトもどちらも使いたい方、両方試してみてどちらか1つに絞って利用していきたい方にもおすすめです。

dodaも規模の大きなサービスなので、リクルートエージェントと同じく求人情報の取り扱いや非公開求人数が豊富です。情報収集もしやすく、転職活動に必要な情報・コンテンツはdoda内で完了する可能性も高し!

3位 幅広い職種・業種に精通している大手といえば『マイナビエージェント』

3位 幅広い職種・業種に精通している大手といえば『マイナビエージェント』

3位は『マイナビエージェント』です。

マイナビといえばCMでもお馴染みの、アルバイト希望者向けの求人検索サイトが有名&学生時代に利用したことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなマイナビの『転職特化バージョン』が、マイナビエージェントです!

1位のリクルートエージェントと同じく『エージェント』と付いている通り、基本的には登録後に担当のアドバイザーがついて希望条件や現在の条件・スキルなどに合わせて求人を紹介してくれます。

マイナビエージェントの特徴は、転職活動に苦手意識があったり、人見知りさんにおすすめということ!
求人に応募を決めたら面接の日程交渉や、入社日の交渉までマイナビエージェントのアドバイザーが対応してくれます。つまり、基本的に最初のうちは応募した企業側とのやり取りは不要ということ。

面接対策などのサポート体制も充実しているので万全の準備ができて、応募先企業とのやり取りへのプレッシャーも無し。転職活動は何かとストレスが溜まりやすいものですが、マイナビエージェントならそれを緩和するサポート力に期待できます。

初めての転職活動や職歴に自信がない転職活動にもおすすめです。

■マイナビエージェントの魅力ポイント■

  • 担当のアドバイザーが親身になって対応してくれる
  • 応募先企業との面接日程や入社日などの交渉も担当のアドバイザーがしてくれる
  • 転職活動でかかりやすいストレスやプレッシャーの緩和
  • 担当のアドバイザーは業界・職種別に専任制のチームを編成しているので求職者の希望業界に精通していて繋がりも充分!
  • 約80%は非公開求人
  • スタートアップ企業特集などもあり、大手~ベンチャーまで幅広い求人の取り扱いあり

マイナビエージェントは転職業界大手なので求人取り扱い数も多いです。さらに非公開求人数が80%を占めているので、求人検索サイトなどでは閲覧できない優良求人情報に遭遇する可能性あり!転職のチャンス・可能性が広がります。

マイナビエージェントの知名度から大手企業の求人情報・高収入求人情報が豊富なのはもちろん、将来性のあるスタートアップ企業やベンチャー企業の求人情報も豊富。自分が目指す将来像や、希望の職種、入社後にやりたいことなどに合わせて応募先企業を決めやすい環境が整っています。

4位 女性からの人気が高い『パソナキャリア』

4位 女性からの人気が高い『パソナキャリア』

4位は『パソナキャリア』です。

派遣会社として有名なパソナが運営している転職エージェント!パソナだからこそ、様々な企業としっかりとした繋がりがあり、取り扱い求人数が豊富。各業界への転職サポート体制も充実しています。

パソナキャリアは20代~30代の女性からの支持率高し!ハイキャリア転職を希望する男性からも支持されています。

■パソナキャリアの魅力ポイント■

  • 業界大手のパソナだから取り扱い求人数も各業界や企業への繋がりが深い!情報量も多い
  • たくさんの転職を成功させてきた実績からノウハウが豊富
  • Iターン・Uターン求人のカテゴリーもあり、地元に帰りたい方や地方で就活したい方にも◎
  • 『転職ノウハウ』についてのコンテンツ(記事)がサイト内に掲載されていて転職について学ぶことができる!
  • パソナ限定求人の取り扱いあり!

パソナキャリアは担当のアドバイザーが親身になって対応してくれて、キャリアの形成に悩む女性の相談にも親身になった乗ってくれます。
転職するべきか迷っていたり、転職したとして今後のキャリア形成や働き方をどうしていくか不安があったりする女性にはパソナキャリアはおすすめの転職エージェントです。

派遣社員からの正社員転職を目指す方にも◎

気軽に相談できて、それでいてサポート体制が充実しているのがパソナキャリアの良いところです。

5位 マイペースに転職活動したい層から人気の『リクナビNEXT』

5位 マイペースに転職活動したい層から人気の『リクナビNEXT』

5位の『リクナビNEXT』は、1位の『リクルートエージェント』と同じく有名大手のリクルートが提供しているサービスです。

リクナビNEXTとリクルートエージェントは同じところのサービス、それでは何が違うかというと!!

リクルートエージェントが転職エージェントであり、登録すると担当のアドバイザーがついて二人三脚で転職活動をしていくのに対し、リクナビNEXTはいわゆる求人サイト系サービスです。

■リクナビNEXTの使い方■

リクナビNEXTのサイト上から必要情報や職歴などを登録します。
希望や条件で求人情報を検索したり、絞り込みをかけたりして探し、企業へ応募していきます(先に必要情報や職歴などを登録している場合はボタン1つで簡単応募可能!)

多くの方が一度は操作したことがあるアルバイトの求人サイトに近い感じのシステムなので、けっこう使いやすく感じるのではないでしょうか。
いちいち郵送したり電話したりしての応募より、リクナビNEXTのほうが断然楽かつ効率が良いです。

応募した企業の履歴もマイページで確認でき、企業とのメールのやり取りもリクナビNEXTのマイページから可能です。転職活動のスケジュールなども管理しやすいです。

■リクナビNEXTの魅力ポイント■

リクナビNEXTは基本的に自分で求人情報を検索し、自分で決めて応募し、企業とも自分でやり取りしていく形になります。
リクルートエージェントだとアドバイザーが間に入ってくれて基本的に企業側と求職者が直接やり取りをしないので、方向性は大幅に違います。

リクナビNEXT特有の強みとしては、登録情報を確認して企業からオファー(応募して欲しいとアピール)や、面接確約のオファー(応募してくれたら書類選考無しで面接まで進めると確約しているオファー)がマイページ内のメールボックスに届くことです。

これにより自分で探している状況では見つけられなかった企業を知ることができたり、有利に転職活動を勧められたり、モチベーションがアップしたりします。

ちなみに現職の企業もリクナビNEXTに求人情報を出している場合、登録情報はその企業にも見えてしまうのかというと・・・現職の企業は情報を見れないので安心してください。
また、特定の企業からは見れないように設定することもできます。

リクナビNEXTを利用しても現職の企業にバレる可能性はありません!個人情報も特定できないように配慮されているので、安心して利用できます。

■リクナビNEXTはこんな方におすすめ■

  • 転職活動中にアドバイザーが間に入るのは嫌(マイペースに動きたい)
  • 応募したい企業(求人)は自分で探したい
  • 転職活動を焦っていない(気になる企業があれば積極的になりたい)
  • オファーがあれば転職活動を本格的に始めたい
  • 転職活動をしているものの、本当に現職を辞めるか迷っている状態にいる

とりあえずマイペースに転職活動をしたかったり、アドバイザーとコミュニケーションを取るのが面倒だと感じたりするなら!マイペースの強い味方のリクナビNEXTに注目してみてはいかがでしょうか。

ちなみにリクナビNEXTも求人取り扱い数はとても多く、求人・転職系のサポート業界の中でも上位に来ます。情報量という部分でも、リクナビNEXTは魅力的です。

6位 首都圏で転職する層から人気『type転職エージェント』

6位 首都圏で転職する層から人気『type転職エージェント』

6位は『type転職エージェント』です。
type転職エージェントは首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の求人情報の取り扱い量が多い転職エージェントです。首都圏で転職したい方向け!

type転職エージェントが強みを発揮している業界はITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)です。こちらの業界を希望しているならぜひ注目したいところです。

業界に精通したアドバイザーがいて、しっかりとカウンセリングをした後に適した求人を提案してくれます。

転職活動の進め方や応募書類の書き方などを学べるコンテンツ(記事)もサイト内で配信されていて、ある程度は自分のペースで転職活動もしやすいです。

ガチガチにアドバイザーがアドバイスしてきたり指示してきたり・・・というわけでもないので、30代~40代くらいの転職希望者としてはむしろ使いやすいと感じる可能性もあるのではないでしょうか!

未経験向けの転職サイトと転職エージェント

未経験向けの転職サイトと転職エージェント

転職未経験、職歴に自信がない(フリーターや派遣社員の経歴しかない)という方におすすめの転職エージェントを厳選してみました。

■未経験向けの転職サイトと転職エージェント■

  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • マイナビエージェント

—————–
■リクルートエージェント■
—————–
リクルートエージェントは求人数の取り扱いが豊富かつ、アドバイザーのノウハウも豊富なので、職歴が無くても職歴に自信が無くても応募しやすい『未経験歓迎求人』の提案努力をしてくれます。

また、リクルートエージェントは応募書類の書き方を指導してくれたり添削サポートをしてくれたり、面接対策もしてくれたり。面接時の服装や靴などの基礎の基礎情報も丁寧に教えてくれるので、完全に『転職活動のやり方なんてわからない』という状態でも、転職活動をしやすくなります。

正直なところ、未経験歓迎という求人もありつつ、未経験だと経験者と比べて応募できる求人数が少なくなりやすいのは紛れもない事実。

そこで応募できる求人数を増やしたり積極的に転職活動を進めたい気持ちがあったりする方は、リクルートエージェント+求人検索サイト(おすすめは同じリクルートのリクナビNEXT)という組み合わせで、応募する求人数自体を増やすのも良いのではないでしょうか。

—————–
■リクナビNEXT■
—————–
リクナビNEXTは求人検索サイトなので、自発的に利用しなければ転職活動は進みません。
しかしマイペースにやりたい+転職初心者には魅力的です!

リクナビNEXTのサイト内で、応募書類の書き方や面接時の対応などの基本的な転職ノウハウの情報公開もされていて(記事コンテンツ)転職活動が初めてでも、それを読めばきちんと学んで準備できます。

転職(それから就職)に特化したサイト=リクナビNEXTなので、正社員求人が豊富。未経験歓迎の希望の企業も探しやすいです。それにオファー制度もあるので、職歴をあまり登録していなかったりアルバイトの実績しかなかったりする場合でも、その経歴で問題無いと判断した企業からオファーが届く可能性があります。

オファーが来れば面接までの工程を有利に進めやすいので、チャンスが広がります。

『職歴を持っているユーザーもいるだろうに、アルバイトの実績しかなくてもオファーは来るの?』と、疑問を感じる方はいるかもしれませんが、確かに年齢や状況に左右される可能性はあるものの20代であれば意外とオファーが来るのは珍しくありません。

未経験の方にとってもリクナビNEXTのオファーは魅力的です。実はオファーというのは企業側がリクルートにお金を払って行っているので、適当にバンバン出しているわけではなく、きちんと企業側も選んだうえで送っているわけです。

『期待されている』と、感じられるのは未経験者にとってはかなり嬉しいものではないでしょうか。アドバイザーが手伝ってくれる転職エージェントよりは、自分の意志が大切になり、自分で対応しなければ何も進まないサービスではありますがモチベーション維持のための仕組みも色々。

求人検索サイトのほうが好きだというならリクナビNEXTは使いやすく感じるはずです!

—————–
■マイナビエージェント■
—————–
マイナビエージェントもリクルートエージェントと同じく、未経験歓迎の求人数の取り扱い量の多さや、親身になってサポートしてくれる体制が整っていることから、職歴が無い方や少ない方にもおすすめです。

マイナビエージェントのように規模が大きい企業になると、取り扱う情報量が多く、必然的に未経験でも良い求人に巡り合える可能性が高まります。

今回ご紹介しているどの転職エージェント・転職サイトも求職者側は利用料金が一切かからないので、まずは気軽に相談だけでもしてみたり問い合わせをしてみたりするのはいかがでしょうか。

40代と50代の転職サイトと転職エージェント

40代と50代の転職サイトと転職エージェント

ここまでは幅広い層が利用できる門戸の広い転職エージェント&転職サイトをご紹介してきました。

続いては、勢いだけで採用の可能性も広かった20代の頃と比べ、ある程度のキャリアや職歴があるという目で見られやすい40代~50代にとって使いやすい転職エージェント、おすすめの転職エージェントを厳選してみました。

下記で確認していきましょう!

■40代~50代におすすめの転職エージェント■

  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • doda
  • type転職エージェント

基本的に、幅広い層向けに門戸が広い転職エージェントは、40代でも50代でも利用しやすさに期待できます。

その中でもリクルートエージェントやリクナビNEXTは特に、幅広い世代が広く利用しやすいという雰囲気・強みがわかりやすくあるサービスとなります。

dodaについては、転職エージェントとしても求人検索サイトとしても両方の使い方ができることから、ある程度経験を積んでいる40代~50代の方にも使いやすい(好みのやり方で使える)ところが適しています。

dodaは大手企業~ベンチャー企業、高収入案件、ハイキャリア案件、そして非公開求人も豊富に取り扱っていることからキャリアに自信がある40代~50代や、さらにキャリアアップを目指したい40代~50代にもおすすめです。

type転職エージェントは比較的自由にマイペースに転職活動を進めやすい転職エージェントなので、忙しい合間に転職活動を進めていきたい40代~50代におすすめです。

type転職エージェントは、強みとして扱っている業界がある程度絞られている系の転職エージェントでもあるので、そこに希望の業界ががっちり当てはまっている方なら満足度も高まりやすいのではないでしょうか。

転職エージェントというのは基本的に複数を同時進行で利用していくような使い方よりも、気に入るところを1つだけ選んで利用したり、転職エージェント+求人検索サイト1つずつ程度で、情報や応募案件を管理やすいように利用していくのがスタンダードです。

まずは気になる転職エージェントのサイトなどを確認して『ここが良いかも』と感じるところに登録するのがベストではないでしょうか。

未公開の転職サイトと転職エージェントは何処がある?

未公開の転職サイトと転職エージェントは何処がある?

非公開求人の取り扱い数や内容が魅力なのは『リクルートエージェント』『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』あたりです。

人気の転職エージェント、有名どころが運営している転職エージェントであれば非公開求人は少なからず所持しているのが現在の主流です。

また、非公開ではない公開求人も誰もが知っている大手企業や憧れの企業のものがけっこう普通にあるので(各サイトを確認すれば表示されています)
必ずしも非公開求人だけが良いというわけではありません。

しかし非公開求人は本来企業側が希望して『条件に合う求職者にだけ公開したい』としている求人なので、期待値はある程度高まります。年収が高い案件も、非公開求人のほうがたくさん転がっています。

非公開求人が良いかどうかは自分の状況と企業側が提示している条件次第。非公開求人だから絶対に良いとはいえないものの、選択肢の幅が広がったり、希望よりもずっと良い条件だったり。色々なので、非公開求人の取り扱いが無いよりはあったほうが良い!というイメージです。

ただし!非公開求人はある程度スキルや経験が求められる内容が多くなっています!誰でも応募できる・・・というわけではないのがネック。

それでも問題ない、非公開求人を知りたいという方は『リクルートエージェント』『マイナビエージェント』『doda』『パソナキャリア』あたりから利用する転職エージェントを検討してみるのはいかがでしょうか。

IT向け転職サイトと転職エージェント

IT向け転職サイトと転職エージェント

基本的に幅広い層が利用できるコンセプトの転職エージェント&転職サイトなら、特定の業界ではなく各種業界の求人を取り扱っています。

転職エージェントのアドバイザー在籍数も限りがあるので、全員が全員全てを把握しているわけではなく、『この業界のことに詳しいアドバイザー』や『この業界とコネクションを構築しているアドバイザー』というのも存在します。

視点を変えれば、自分が特定の業界だけを希望している場合、担当のアドバイザー次第では特別専門知識があるわけではない・・・という状況でサポートを進めていく可能性もあるということです。

だから何がダメということはないのですが、専門性を求める転職希望者からすれば『どうせなら専門性があるアドバイザーがいいよ』ということを感じる可能性は否定できません。

特に専門性を重視する方が多い傾向があるのが『IT業界』です。

IT業界の求人は、大手の転職エージェントなら大抵の場合取り扱っています。
ただ『IT業界に特化した転職エージェントを利用したい』ということなら、条件は変わってきます。基本的に有名大手の転職エージェントはITだけでなく様々な業界の求人を取り扱っているから、特化できていません。

IT業界に特化している転職エージェントがいいなら!おすすめなのは、実はマイナビが提供しているサービス、『マイナビエージェントIT』です。

先ほどご紹介したマイナビエージェントとの違いは、こちらは『IT業界特化路線』ということです。

ここに在籍しているアドバイザーはもちろんIT業界に特化している、ITの知識がある精鋭なので安心して相談することができます。またIT業界の動きにも精通していることから、その時々でしっかり時流を読んでくれたり、専門的な話もできたりします。

IT業界に転職を希望していて、特化型ではない普通の転職エージェントを利用したとしても基本的に満足度は高まりやすいです。

しかしIT業界に特化しているほうがいい、専門性の強い仕事をしたい、こだわりがあるという場合には特化型を利用するのもありです。

そのときにはマイナビエージェントITがきっと力になってくれます。

通常のマイナビエージェントと同じく、サポート体制は抜群。アドバイザーも親身になってくれます。

転職サイト・転職エージェント・求人サイトの違いってなに?

転職サイト、転職エージェント、求人検索サイト・・・今回ご紹介した中でも色々と用語が出てきました。

上記は転職活動時に耳にしたり目にしたりする用語の代表格ですが、それぞれはどういうものなのかというと!実は100%明確な定義があるわけではありません。

しかし基本的に『転職サイト』は、求人を自分で検索するスタイルのサイト(求人検索サイト)も、アドバイザーがついて求人を紹介してくれるエージェントスタイル(転職エージェント)も、どちらのことも指します。

—————–
■転職エージェント■
—————–
『転職エージェント』は、アドバイザーがついて求人を紹介してくれるスタイル。

今回ご紹介している中だと、リクルートエージェント、マイナビエージェント、doda(求人検索サイトでもあり)、パソナキャリア、type転職エージェントです。

利用の流れはシンプル。最初にサイト上から必要情報や職歴などをフォームの指示に従ってWEB登録すると、アドバイザーから連絡がきます。そしてまずはアドバイザーとやり取りをして直に面談したり、電話面談やオンライン面談をしたりします。

面談の中で希望条件や現在の状況などを打ち合わせしてさっそく求人を提案してもらったり応募したり。希望する方には書類添削や面接対策の指導もしてくれます。

面談方法や指導内容の濃さは転職エージェントによって色々ですが、アドバイザーと二人三脚で進めたかったり、転職活動でメンタルがズタズタになりそうと感じたりしている方におすすめです。

—————–
■求人サイト■
—————–
『求人サイト』はその名の通り求人を検索するサイトです。

転職している層向けに特化した求人検索サイトもあれば、新卒向けに特化した求人検索サイトもあったり、アルバイト情報中心で正社員ではなくアルバイト求人を探している層向けに力を入れた求人検索サイトもあったりします。

このように、求人検索サイトが指す範囲やジャンルはけっこう広いです。

転職活動で利用する場合は、基本的にアドバイザーがつくわけではないので自発的に利用しなければ転職活動は進みません。ただ、マイペースに進めたい方やとりあえず求人情報を知りたい方には◎

転職活動に特化した求人検索サイトだと、転職活動に必要なノウハウ(書類の書き方、自己PRの仕方、面接時のマナーなど)をコンテンツとして記事で配信しているケースがほとんどなので、自発的に知識を吸収することもできます。
ただ求人情報を検索できるだけでなく、けっこう便利なのが魅力です。

エージェントとマイペース検索ならどちらの転職活動がメリットが大きい?

転職エージェントのサポートを受ける転職活動と、マイペースに求人情報を探して応募し、自分で直接応募先企業とやり取りする転職活動。どちらのほうがメリットに期待できるかというと!月並みな回答ですが、ニーズ次第です。

サポートしてもらいたい、サポートしてもらったほうが頑張れるという方もいれば、転職活動のやり方自体がわからなすぎてサポートを受けて練習したり改善したりしないと転職活動がスムーズにいかなさそうと感じる方もいます。
反対に、「アドバイザーのサポートとかマジで勘弁!自分でできる」という方もいます。

自分の性格や目的、そして今転職活動で悩んでいること・困っていることがあるならその内容に合わせて、最適なほうを選択するようにしましょう。

どちらもそれぞれの良さメリット、強みがあります。
天秤にかけてどちらが良いかではなく、良さはニーズ次第という感じです。

転職サイトを選ぶポイント『非公開求人は重要?』

転職サイトを選ぶポイント『非公開求人は重要?』

非公開求人については先ほど触れた通りですが、非公開求人の多さをアピールポイントとしている転職エージェントの多さから考えて、根本的に非公開求人は転職希望者にとって『魅力である』と判断できます。

転職希望者ではあっても非公開か公開かにこだわりがない、とりあえず今より給料が少しでも上がる職場に転職したい的な、ジャンルや職種にそこまで興味関心がない層からしたら非公開求人だからどうのこうののメリットはなかなか感じる機会がありません。

つまりは非公開求人が重要かどうかは自分の求めるもの次第ということになります。

現時点で非公開求人にメラメラ意欲を感じないのであれば、特段こだわらなくても、それで転職活動に影響を与える可能性は低いかも。

ただ、キャリアや経歴次第では非公開求人に着目したほうが良いケースもあるので、気になるようなら求人検索サイトではなく(求人検索サイトでも条件を満たす方にだけ公開される非公開求人の取り扱いはけっこうあります)転職エージェント=アドバイザーに確認してみるのがおすすめです。

ハイキャリア転職・高収入求人が気になる方におすすめの転職サイト

ハイキャリア転職・高収入求人が気になる方におすすめの転職サイト

ここまでご紹介した転職エージェント、転職サイトは未経験~キャリア・職歴充分な方まで、幅広い層がみんな使える総合型です。

それに対し転職エージェントの中にはハイキャリア特化型や、高収入案件特化型の転職エージェントもあります。

そういうところは、求められるスキルや経歴の内容も厳しいです。
高収入に惹かれて未経験者が利用しようとしても『紹介できる求人は無い』と回答される可能性もあるので、下手に関わるとモチベーションが低下しやすくなるサービスでもあります・・・。

このような転職エージェントが向いているのは、やはり自分のスキル・経歴に自信がある方!

年収500万円以上の仕事に狙いを定めるなら『ビズリーチ』

年収500万円以上の仕事に狙いを定めるなら『ビズリーチ』

高収入求人や、いわゆるハイクラス求人と呼ばれる企業への入社を目指したり、それからキャリアを活かしたり(バリキャリの方のステップアップ)という希望がある中で活躍してくれる転職サイトが『ビズリーチ』です。

CMなどもけっこう展開しているので、ハイクラス転職サイトの中では比較的知名度も高いのではないでしょうか。そしてもちろんニーズに適している場合の支持率も凄く高いです。

基本コンセプトは管理職、専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のハイクラス転職サイト。

ここまでご紹介した転職サイト・転職エージェントとの違いは、ビズリーチの場合、ユーザーのほとんどがスカウトきっかけに入社先(転職先)が決まっていることです。

そう、ビズリーチは登録するとスカウトが届くのです。

スカウトは職務経歴書に興味を持った優良企業やヘッドハンターから送られてきます。ビズリーチの登録ヘッドハンター数は3,900人。日々忙しい中での転職活動も、ビズリーチならスカウトメインだから使いやすいです。

ハイクラス転職を目指す方にとにかくおすすめです。

ハイキャリアの転職なら『キャリアカーバー』

ハイキャリアの転職なら『キャリアカーバー』

『キャリアカーバー』は、名前には入っていませんが実はリクルートが運営。ハイクラス&エグゼクティブ限定の会員制転職サイトとなっています。

■ここが凄いよキャリアカーバー■

  • 年収800万~2000万円求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ(ヘッドハンターが求人を紹介)
  • 企業側に情報は閲覧されない(ヘッドハンターにのみ公開)
  • 求人はある程度自分でも検索できる(ただし大抵の場合社名は会員のみに公開)

キャリアカーバーに登録したら、あとはヘッドハンターからのスカウトを待ちましょう。

登録した情報(匿名です)を閲覧するのは、キャリアカーバーのヘッドハンターだけです。
企業側には公開されないので安心して利用することができます。

キャリアカーバーのヘッドハンターは厳選した優良なヘッドハンターだけ!運営会社(リクルート)への信頼感もあり、特にキャリアに自信がある層からの支持率が高いです。

非公開求人も豊富に取り扱っています。

公開求人を一部ピックアップすると、HONDA、DMM.COM、三井不動産などの大手企業が色々!ハイキャリア転職を目指すならぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

海外転職を目指すなら『JACリクルートメント』

海外転職を目指すなら『JACリクルートメント』

『JACリクルートメント』は管理職、技術職、専門職の転職案件を中心に取り扱っている転職エージェントです。

公開求人を一部ピックアップするとレゴジャパン株式会社、プロクター・アンド・ギャンブル、Asahiなど。公開求人もありますが、基本的には大手&高収入系の非公開求人が中心です。

ハイキャリア転職をサポートする転職エージェントということで、アドバイザーがカウンセリングをして求人を提案していくスタイルになります。

ハイキャリア転職系のサイトやサービスだと、ある程度ユーザー側が自発的に頑張る系(書類作成や面接対策など)のところが中心ですが、JACリクルートメントはサポート体制が充実しているのが特徴です。
書類作成や面接対策のサポートもばっちりあります。

また、英語が話せること必須の求人や、海外求人の取り扱いもあり、海外志向の方には使いやすい転職エージェントに該当します。

キャリアに自信がなくても利用しやすい転職サイトは?

正直なところ自分のキャリアに自信がない方には、ハイキャリア転職サイトは向きません。
ヘッドハンターがいる系だったらそもそもスカウトが来なかったり、アドバイザーがいる系だったら『紹介可能求人が無い』と言われてしまったりします。

ハイキャリア転職サイトを使って満足度が高まるのは、それだけキャリアや自分の能力に自信がある方ということになります。

それではキャリアに自信がなくても利用できる、親身になってくれる転職サイトは?というと、リクルートエージェント、リクナビNEXTあたりです。

転職活動のやり方が一切分からない、自分で情報収集するのも不得意、誰かに教えて欲しいということであれば転職エージェントを利用したほうが良い可能性もありますが、職歴自体が一切(アルバイト含む)なかったり、長く無職期間があったりする場合には行政が実施する就活セミナーや、ハローワークに相談したほうが、経歴を含めて受け入れてくれる企業・求人と出会える可能性が高まります。

実際、転職エージェントの悪い口コミというのは『せっかく登録したのに求人を紹介してもらえなかった』というものがゼロではありません。
これは転職エージェント側が意地悪をしているわけではなく、本当に紹介できる案件(希望などに適した案件)が無かったということです。

求人情報はある意味生き物というか、合う求人が出ていることもあればそうではない時期もあります。
特にキャリアに自信がある層と比べると、未経験やキャリアに自信がない層が不利になる可能性があるのは仕方がないもの・・・。

ということで本当にまったく自信がないときには、行政のセミナーや就活イベント、そしてハローワークに相談に行くほうが満足度が高まりやすいです。
まったく職歴が無い、引きこもっていたなどの事情がある方の就労をサポートするノウハウは、民間企業が運営している転職エージェントよりもハローワークのほうがあります。

■未経験・自信がない方にも意外と便利?求人検索サイト■

メンタルが弱いと、例えば書類選考でダメだったら傷付いて転職活動自体をあきらめたくなる・・・というケースはよくあります。

ただ、企業から書類で落とされたところでそれが全ての評価ではないので、あまり気にしないのが◎

あまり気にしないでいられるorやる気がめちゃくちゃあるという方には、未経験やキャリア無しに関わらず求人検索サイトがけっこうおすすめです。

求人検索サイトは自発的に調べて応募するので、モチベーションが高くないと使いづらいかもしれませんが、自分で好きな企業を選んで応募できるというメリットがあります。
今回ご紹介しているリクナビNEXTもそうですが、転職活動用に作られている求人検索サイトはかなり利便性が高く、デザインも良く、使いやすさがあります。

WEB履歴書や職務経歴書は登録でき、それを繰り返し応募時に使用できますし、サイト内のメールボックスで企業とメールのやり取りができます。

たくさん応募すればそれだけ面接や採用に繋がる確率が上がります。これは未経験やキャリア無しの場合においても同じです。
また、転職エージェントを利用する場合よりマイペースにできるのが良いところ。

ガッツがあるなら求人検索サイトオンリーでの転職活動もありです!

実際フリーターとしての職歴しかなかったけど、正社員として事務職や営業職に転職できたというユーザーもいます。

あとは転職エージェントを利用するとしても、求人検索サイトを利用するとしても、とにかくすぐに諦めないことが大切です。仮にダメでも、それが人間としての評価だとは思わない、落ち込まないことが大切です。
数打てば当たるの精神で進めれば、未経験やキャリア無し状態からの転職も、色々と可能性は高まります。

『まとめ』転職サイトを活用して希望条件を満たす転職を実現しよう!

今回の記事では転職エージェント&転職サイトのおすすめランキングや、特徴面を詳しくご紹介しました!

気になる転職エージェントや転職サイトを活用して、転職活動を有利に進めていきましょう!