ペット

【ねこの口が臭い】口臭の原因とキャットフードで口臭対策

【ねこの口が臭い】口臭の原因と対策

 

とってもいいにおいがする愛猫ちゃん。いつまでも匂いをかぎたくなっちゃいます。

しかし、猫ちゃんがふとあくびをした瞬間、びっくりするようなニオイがしたことはありませんか。

動物だから口が臭くて当たり前、なんてことはありません。

猫ちゃんの口臭には理由があったのです。

今回は猫ちゃんの口臭の原因と対策についてご紹介します。

臭くて当たり前はウソ!口臭の原因とは?

口臭の原因はいくつか考えられます。

なかには危険な病気が進行している可能性も考えられるため、注意が必要です。

 

・歯周病

歯周病などのお口トラブルにより口臭が発生していることが大変多いです。

猫ちゃんの場合、歯に歯垢がついても歯磨きが大変難しいのです。

無理やり歯磨きしようものなら、飼い主さんが噛まれて蹴られてボロボロになってしまいます。

歯磨きが難しいことから、歯垢が放置され歯石になり、歯周病になるのです。

歯周病を放置すると歯茎が後退し、歯が抜けてしまいます。

そうなるとお口の中で炎症が起き、口臭はいつまでも改善することがありません。

およそ8割の猫ちゃんが歯周病のリスクを抱えているといわれています。

口臭が気になる場合、一度猫ちゃんのお口を観察してみましょう。

 

・口内炎

口内炎は歯垢や歯石から発生した細菌が歯茎についた傷から入り込み、炎症を起こします。

とくに免疫力が弱っている猫ちゃんに多くみられ、腎不全や猫エイズを患う猫ちゃんがかかりやすくなります。

口内炎により口臭が発生するほか、お口が痛く食事を嫌い、みるみるうちに衰弱していく猫ちゃんもいるため、非常に危険です。

 

・猫風邪

お家に迎えたばかりの子猫が風邪を引いた、なんて経験のある方は多いはずです。

「猫風邪」は、生後間もない子猫がかかりやすい病気です。

症状は熱を出して元気がなくなるほか、くしゃみ、鼻水、目の疾患(角膜炎・結膜炎)などが挙げられます。

また、猫風邪のウィルスにより、生臭いにおいの口臭や口内炎、舌炎などのお口トラブルが発生するケースもあります。

風邪だからといって、人間の風邪薬を与えるのは大変危険です。

必ず動物病院を受診し、猫風邪のウィルスを特定したうえで投薬の指示を受けてください。

 

・腎不全

腎臓は血液を浄化するための大切な臓器です。

腎臓が正常に機能しなくなると、体内の毒素をおしっことして排出できなくなります。

すると体内に毒素が蓄積され、口臭がおしっこの匂い(アンモニア臭)に変化します。

腎不全が進行すると口臭だけではなく、全身からおしっこの匂いが漂うようになります。

このような症状が現れる低体温や脱水症状を起こし、様子を見る時間もなく命を落とす危険があるため、速やかに動物病院の受診が必要です。

腎臓は一度機能低下すると回復しない臓器のため、療養食でケアしながら現状維持する必要があります。

腎不全については下記から

腎不全予防を子猫のうちから。腎臓に優しいキャットフードを選ぼう

たかが口臭と侮らず「もしかして」「万が一」を考えた対応をすることが大切です。

 

・肝機能の低下

「口臭と肝臓に何か共通点があるの?」と思われるかが多いのではないでしょうか。

しかし、肝臓こそがニオイの最終処理場なのです。

ニオイの元となる体内の毒素は、肝臓で安全な尿素に作り変えられることで体臭や口臭を防いでいます。

肝臓が働かなくなると体内に毒素がたまり続け、ニオイもきつくなる一方というわけです。

あまりにも口臭がきつい場合、肝機能がかなり低下している、もしくは肝臓に悪性リンパ腫ができている可能性が考えられます。

人も猫も肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、病状が進行してから異変が現れます。

なかでも「肝リピドーシス(脂肪肝)」にかかった猫ちゃんは食欲が落ちみるみるうちに痩せ、黄疸が出るなど、命の危険にさらされてしまいます。

腎不全と同じく、獣医師への相談が必要な病気です。

 

・粗悪なキャットフード

添加物てんこ盛りのキャットフードを食べると、猫ちゃんの口臭はきつくなります。

添加物は胃や腸への負担が大きく、消化不良からイヤなニオイが発生します。

とくに香料が添加されたキャットフードの場合、ニオイが胃から上がってくるため、そのキャットフードを与え続ける限り口臭から解放されません。

添加物による影響は口臭だけではなく、発がんの危険性や免疫低下など、猫ちゃんの体に良くないことがたくさんあるのです。

セミウェットフードやウェットフードはドライフードに比べ歯に残りやすく、歯垢や歯石を作ります。

カリカリのドライなキャットフードとウェットタイプどっちがいいか比較

別項目でもお伝えしたように、歯垢や歯石は口臭の原因です。

ウェットフードばかり与えていると口臭の元になるほか、あごが鍛えられないというデメリットもあります。

 

このように、猫ちゃんの口臭は健康上の問題や食事内容によりきつくなります。

では、具体的に口臭対策はどうすればよいのでしょうか。

次の項目で口臭の対策についてご紹介します。

ねこの口臭対策

 

■原因別 猫ちゃんの口臭はこう防げ!

猫ちゃんの口臭対策は「ズバリこれ」というものが存在せず、猫ちゃんの体調や状態により対処方法が異なります。

口臭に効果のある3つのポイントをご紹介します。

 

1.デンタルケア

進行した歯周病や口内炎が原因の場合、歯垢や歯石を取り除く必要があります。

しかし、猫ちゃんは歯石を取るあいだ、じっとしていられません。

歯垢や歯石を取り除くには、全身麻酔を施したうえで処置が必要になります。

そうなる前に、日頃のデンタルケアがとても重要です。

デンタルケアといえば歯磨きですが、多くの猫ちゃんは歯磨きを嫌います。

歯磨きに慣れていない猫ちゃんの歯を磨くのは、猫ちゃんも飼い主さんも疲れてしまいます。

そこで楽しく歯磨きをする方法として「歯磨きおもちゃ」がおすすめです。

麻糸で作られたボールやへちまのおもちゃは、猫ちゃんが噛むだけで歯磨き効果のある優れものです。

歯磨きおもちゃで猫ちゃんと遊びながら、楽しく運動とデンタルケアをしましょう。

 

2.疾患の治療

猫風邪の治療は、人の風邪とほとんど同じ方法です。

栄養をたっぷり取って、しっかり温まり、よく休むことが鉄則です。

食欲がない猫ちゃんには、おかゆのようにキャットフードをふやかすほか、ふりかけやウェットフードなど香りがするものをトッピングしてあげるとよく食べてくれます。

猫風邪のウィルスは他の猫ちゃんに飛沫感染するため、風邪の猫ちゃんは隔離したうえでの看護が必要になります。

よく鼻水が出るようであれば拭き取ってあげましょう。

目ヤニで目が開かない場合、放っておくと失明の恐れがあるため、ぬるま湯を含ませたガーゼなどで目ヤニを拭き取ります。

ひどい風邪は動物病院を受診し、お薬の処方をしてもらうようにしましょう。

 

内臓疾患(腎疾患・肝疾患)の場合、体の中の毒素を薄めおしっことして体外へ排出することで、口臭を減らすことが可能です。

体内の毒素を薄めるといっても、ただ水をたくさん飲むだけでは改善しません。

点滴や注射で毒素を薄める治療が必要となるため、かならず獣医師と相談し、治療計画を立てながら対処を行うようにしましょう。

 

3.キャットフードの見直し

とくに病気ではないのに口臭が気になる場合、キャットフードの見直しが必要です。

なかには食物アレルギーによる消化不良から口臭が発生している可能性も考えられます。

アレルゲンや添加物が含まれているキャットフードを与える限り、口臭が改善しないことが多いのです。

また、ウェットフードをメインに与えている場合、ドライフードへ切り替えるだけで歯垢や歯石の発生を防ぎ、口臭を改善する可能性があります。

ドライフードは歯垢や歯石を付きにくくするほか、あごの力を鍛えたり腹持ちがよいなど様々なメリットがあり、口臭を気にする猫ちゃんにおすすめです。

口臭について獣医師へ相談すると、特別な事情がない限り、ドライフードを勧められるのはこれらのメリットがあるからなのかもしれませんね。

口臭対策はキャットフードから!キャットフード選びのポイント

では、口臭対策のキャットフードとはどのようなものを選べばよいのでしょうか。

キャットフード選びには、3つのポイントがあります。

 

1つめのポイントは「無添加」です。

添加物が原因で胃や腸から嫌なにおいが上がってくることを防ぎます。

なにより添加物は「猫ちゃんのため」ではなく「人間のため」に使用されるのです。

日持ちを良くする、きれいな色を付ける、いいにおいを付ける、これらは猫ちゃんにとってすべて不要といえます。

なぜなら、野生の猫ちゃんは狩りをしていつでも新鮮な肉を食べており、自然の生き物には着色も香料も使われていません。

猫ちゃんにとって必要なのは添加物ではなく、栄養満点なご飯なのです。

 

2つめは「食物アレルギーへの配慮」です。

食物アレルギーといえば下痢やおう吐などの体調不良が多いのですが、食物アレルギーにより胃炎から口臭に発展することもあります。

猫ちゃんの場合、キャットフードによく使用される穀物からアレルギーを発症するすることが多く、注意が必要です。

穀物のほか、猫ちゃんがアレルギー反応を起こしやすい食物として牛肉や魚、乳製品が挙げられます。

慢性的な口臭でお悩みの場合「グレインフリー」「グルテンフリー」といったアレルギーに配慮されたキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

3つめは「ドライフード」です。

歯周病も口内炎も、歯垢や歯石が原因でかかりやすくなります。

そこで歯磨き効果の期待できるドライフードを与えます。

小粒よりやや大粒、柔らかめより硬めのキャットフードを選ぶとより効果的です。

しかし、噛む力の衰えたシニア猫に無理やりドライフードを与える必要はありません。

シニア猫には栄養を最優先に考え、食べやすいキャットフードを与えたのち歯磨きをしてあげることが重要です。

■口臭対策でおすすめのキャットフードとは

お口トラブルと内臓疾患、アレルギーによる口臭では対処策が違うことをお伝えしたのですが、キャットフードは種類がたくさんあり、どれを選べばよいのか悩んでしまいます。

そこで、口臭対策のポイントをおさえたキャットフードをピックアップしてご紹介します。

・アーテミス フレッシュミックス アダルト キャット フォーミュラ

世界でも人気が高いアメリカ産のキャットフードです。

人気の理由は栄養や食いつきだけではなく、製造工程の一つ一つで検査が行われる「安全性」にもあるようです。

アーテミスは無添加、アレルギーの危険がある大豆、小麦、とうもろこしを使用していない点が評価できます。

消化吸収の良い大麦、りんご、ほうれん草などを使用し、消化吸収を助ける「エンテロコッカスフェシウム」「ラクトバチルスカゼイ」「ラクトバチルスアシドフィルス」といった乳酸菌を使用し、胃炎や腸炎による口臭を防ぐ効果が期待できます。

粒はやや小粒ですが、硬さは確保されており、デンタルケアにも一役買いそうです。

 

・ヒルズ プリスクリプション・ダイエット t/d

療養食代表、ヒルズの t/d はオーラルケアに特化したキャットフードです。

歯石が付きにくくなる効果が科学的に証明されており、アメリカの獣医口腔衛生委員会から承認されています。

粒は非常に大きく、噛んでもすぐに崩れず歯に沈み込んで根元まで歯垢をしっかりとってくれます。

歯垢や歯石が付きにくくなる効果のほか、低カロリーでダイエット向けでもあり、ミネラルの調整により尿路結石ができにくくなる効果が期待できる、まさに療養食です。

キャットフードの効果は非常に良いのですが、アレルギーに関しては考慮されておらず、とうもろこしとコーングルテンがかなり使用されています。

アレルギーによる口臭であった場合、療養食とはいえこのキャットフードでは改善しない可能性が考えられます。

 

・ネイチャーズバラエティ インスティンクト オリジナル チキン

グレインフリー・グルテンフリー・無添加なため、食物アレルギーが心配な猫ちゃんにも安心して与えられます。

乳酸菌を配合し、消化不良による口臭にも対応可能です。

平たい小~中粒で、噛みやすい形状から歯磨き効果も期待できます。

フリーズドライした新鮮なお肉を使い、栄養を保ちつつ食いつきをよくする工夫も為されています。

カロリーは 381kcal /100g と中~高カロリーで、いつものごはんのローテーションとして役立ちます。

■まとめ

いかがでしたか。

口臭の意外な原因と口臭対策についてご紹介しました。

キャットフードを変えただけで、全身から漂うよだれ臭から解放された猫ちゃんはたくさんいます。

本来の猫ちゃんはお日様のようないいにおいがする生き物です。

猫ちゃんの口臭でお悩みの飼い主さんは、まずキャットフードを見直してみてください。

元気がなく口臭がひどい場合は、キャットフードの見直しとともに、獣医師へのご相談も忘れずに行うようにしましょう。

キャットフードの人工添加物の危険性。恐ろしい科学添加物

キャットフードの人工添加物の危険性

人工添加物に百害あって一利なし!危険な添加物と原料とは

突然ですが、みなさまはキャットフードを購入する際、原材料名を確認していますか。
粗悪なキャットフードの中には、食べ物とは呼べない原料や人工保存料が使用されていることがあります。
どのような原料が危険なのか、どのような影響があるのか、添加物と材料をまとめました。
猫ちゃんの体に優しいキャットフードの選び方と、おすすめキャットフードもご紹介します。

添加物の入っていないキャットフードについて詳しく知りたい方は下記からどうぞ

 

■肉副産物の危険

肉副産物とは、簡単に説明すると「人間が口にしない動物の肉」です。
食用肉は人間用に販売し、残りの部分は格安でペットフード製造会社へ販売されます。
そんな肉副産物には、目玉やくちばし、内臓や血液などが含まれます。
さらに「4Dミート」と呼ばれる危険な肉が肉副産物として使用される場合もあります。
4D ミートとは、病気やけが、奇形などが原因で出荷できない肉を指します。
これらの「食用ではない肉」は安全とは言いがたく、健康を害する可能性があります。

■保存料とは?危険性は?

保存料は食品の風味や見栄えを良くしたり、品質が低下しないよう添加されます。
品質の低下したキャットフードは食いつきが悪くなるほか、下痢や嘔吐などの健康被害を及ぼします。
特にキャットフードは脂質が多く含まれているため、保存状態が悪いとあっという間に酸化してしまうのです。
そこで、キャットフードの酸化を防ぐため「酸化防止剤」が必要になります。

これだけ読むと「保存料はいいものでは」と思われる方もいるはずです。
しかし、保存料には「発がん性物質」や免疫を低下させるリスクのあるものも含まれます。

ペットフードの成分表示を義務付ける「愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」では、これら保存料を「一切使ってはいけない」とは定めていません。
あくまで「汚染された原料を使用しないこと」「定められた上限に従い添加すること」を定めているに過ぎません。

また、環境省は「原材料に含まれる添加物の表示は義務ではない」としています。
つまり「危険な保存料を使っているけど、どのくらい使ったかは内緒」と言われているのと同じなのです。
保存料の規制や表示に関しては、海外のほうが品質管理が厳しく、安全といえます。
ペットフード安全法に基づき製造されている国内製のキャットフードは危険と言わざるを得ません。

■酸化防止剤はなぜ危険?

キャットフードは脂質が多く酸化しやすいことをお伝えしたのですが、それは必然的に「酸化防止剤」が使用されているということです。
酸化防止剤には、3つの種類があります。

1つめは「天然」と呼ばれる酸化防止剤です。
成分は「天然ビタミンE」です。
天然の酸化防止剤は、ハーブなどから酸化防止に効果がある成分を抽出したものです。
安全性が高く、キャットフードを選ぶ際は天然の酸化防止剤を選ぶことが望ましいです。
キャットフードの成分表示では以下のように表示されます。

先頭に注意!という画像が付きます。<例>
・酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
・酸化防止剤(緑茶抽出物)

2つ目は「天然型」と呼ばれる酸化防止剤です。
こちらは天然のビタミンEに酢酸を加え、ビタミンの形を安定させたものです。
しかし体に入った際、より効果的に作用するのは天然のビタミンEです。
キャットフードの成分表示では以下のように表示されます

<例>
・酸化防止剤(ミックストコフェロール)

3つ目は「合成型」と呼ばれる、最も危険な酸化防止剤です。
合成型は主に石油から精製されます。
天然や天然型と異なり、合成型には強い毒性が指摘されています。
キャットフードの成分表示では以下のように表示されます。

<例>
・酸化防止剤(エトキシキン)
・酸化防止剤(BHT)
・酸化防止剤(BHA)

特に危険な添加物

次の項目では、具体的に避けるべき酸化防止剤と添加物をご紹介します。

S級ランクの危険な酸化防止剤

【危険度★★★★★】特に危険な酸化防止剤

エトキシキン エトキシキンは食品添加物ではありません、農薬です。
食品安全委員会の調査によると、エトキシキンを投与された実験動物は数十日後に命を落としています。主な死因は、悪性リンパ腫(がん)でした。
エトキシキンは日本では食品添加物として使用することが許されていない、大変危険な薬品なのです。
BHT BHT(ブチルヒドロキシアニソール)は、エトキシキンと同じく発がん性が認められる薬品です。

本来の用途は、石油の酸化防止剤であり、食品向けではありません。
過去、人間の食品にも添加されていたのですが、発がん性が指摘された後BHTを使用している製品はほぼなくなりました。

BHA BHA(ブチルヒドロキシアニソール)も発がん性が認められています。
こちらも動物実験の結果、悪性リンパ腫(がん)で多くの動物が命を落としています。
国内で食品添加物と使用されることは稀ですが、輸入食品には使用されていることが多いため、猫ちゃんだけでなく飼い主さんも注意が必要です。
ガソリンの酸化防止剤を、あなたのかわいい猫ちゃんに与えられますか。

危険な人口添加物

【危険度★★★★★】特に危険な人工添加物

硝酸カリウム/亜硝酸ナトリウム 硝酸カリウム・亜硝酸ナトリウムはキャットフードの発色剤として使用されます。
この2つが体内で結びつくと、発がん性物質に変化します。
ペットフード安全法では使用を認めながらも上限を定めているため「危ないけど優秀だから、少しなら使っていいよ」と片目を瞑っているに過ぎません。
体が小さい猫ちゃんには猛毒であることは間違いないのです。
ソルビン酸カリウム 本来の用途は「防腐剤」です。
ソルビン酸カリウムを投与された動物の大多数に遺伝子・染色体異常が発生したと報告されています。
更に恐ろしいことに、ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムを同時に摂取することで、体内に発がん性物質が発生するのです。

【危険度★★★★】危険な合成添加物

プロピレングリコール 現在、ペットフード安全法によりプロピレングリコールはキャットフードへの添加が禁止されているため、直接猫ちゃんの口に入ることはありません。
着色料の溶剤やウェットフードの保湿を目的とし添加されます。
万が一、猫ちゃんがプロピレングリコール入の食品を口にすると、赤血球に異常をきたす可能性があるため要注意です。

【危険度★★★】安全性が確認されていない添加物

グリシリジン グリシリジンは甘味料としてキャットフードに添加されます。
グリシリジンの正体は、甘草(カンゾウ)の茎や根から抽出されたエキスです。
しかし、グリシリジンは安全性が確認されていない甘味料なのです。
なぜかというと「なぜ甘いのか謎」だからです。
こういった理由から人間の食品に進んで添加されることはないようです。

【危険度★★★★★】特に危険な着色料

赤色2号、赤色104号 赤色2号と赤色104号は石油から精製された着色料です。
日本では一部の食品で使用禁止、海外では使用禁止されています。
発がん性が認められており、大変危険な着色料です。
赤色3号 赤色2号と同じ、石油から精製された着色料です。
こちらも発がん性が認められており、大変危険です。
赤色40号 他の赤色着色料と同じ、石油から精製された着色料です。
発がん性のほか、アレルギーの危険性があります。

【危険度★★★★】危険な着色料

青色1号、青色2号、青色3号 赤色着色料と同じ、石油から精製された着色料です。
発がんのリスクは低いとされていますが、海外では使用禁止されています。
青色2号は染色体異常や免疫低下が報告されています。
黄色4号、黄色5号 赤色、青色着色料と同じ、石油から精製された着色料です。
発がんのリスクは低いとされていますが、ぜんそくやアレルギーの原因になることが報告されています。

【番外編】

アフラキトシン
防カビ剤として危険性を指摘される事が多いのですが、おそらくアフラ「ト」キシンと勘違いされた可能性があります。
アフラトキシンはカビ毒を指すため、危険といえます。
カビ毒を添加するのは、正気の沙汰ではありません。
そんなキャットフードはありえないと断言できます。

なぜ人工保存料が使われるのか?

ここまで数多くの人工保存料をご紹介しました。
なぜ危険があるのに保存料を使用するのかというと、我々人間の購入意欲を駆り立てるためと言えます。
日持ちを良くするのは買いだめを可能にするため、綺麗な色は食欲をそそります。
しかしそれは、あくまでターゲットが人間だからなのです。
野生の猫ちゃんは狩りをし、新鮮な肉を食べているため保存料は不要です。
着色を施しても、猫ちゃんの目は「赤色」を認識できません。
つまり、保存料も着色も猫ちゃんのためにならず、健康を脅かすだけなのです。
猫ちゃんの為を思ってキャットフードを選ぶなら「無添加」が望ましいです。

人工添加物を使用しないキャットフードとは?

「でも、酸化防止剤が無かったらすぐに腐ってしまうんじゃ…」と思われる方もいるはずです。
あくまで合成添加物を使用せず、食物から酸化防止の効果を得れば問題ありません。
例えばビタミンC(アスコルビン酸)、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物(カテキン)、コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸)などの天然の食品から酸化防止効果を得られます。

また、おいしいキャットフードに着色は不要です。
あくまで人間の目に映るキャットフードが美味しそうに見えるだけであり、猫ちゃんには一切関係ありません。
健康被害も考慮し、着色料の使用されていないキャットフードを選びましょう。

添加物の入っていないキャットフードについて詳しく知りたい方は下記からどうぞ

 

こんなキャットフードがオススメ

ここまでご説明したとおり、添加物の観点では「無添加」が望ましいです。
人口添加物は「百害あって一利なし」です。

食いつきに関しては、着色ではなく「風味」が大切です。
猫ちゃんは赤色を認識しない代わりに鋭い嗅覚を備えています。
着色されたキャットフードではなく、香り高いキャットフードを選ぶほうが食いつきが良くなります。
特にシニア猫は老化から嗅覚が弱まるため、ふりかけなどで匂いを増すとよく食べます。
チキンやサーモンの香りは、猫ちゃんだけでなく人間も食欲が増しますよね。

栄養の観点では「高タンパク・穀物不使用」が望ましいです。
肉食動物である猫ちゃんには、動物由来のたんぱく質が必要不可欠です。
ペットフード安全法は原料を表示する際、多く使用した原料から先に記載するよう定めています。
原材料名のはじめに「チキン」「サーモン」と記載されたキャットフードがおすすめです。
別項でもお伝えした「○○ミール」「肉副産物」は良質なたんぱく質と言いがたく、避けたほうが良いと言えます。

■安全・美味しさを兼ね揃えたキャットフードとは

1.モグニャンキャットフード

 

グレインフリーで添加物もなく、尚且つ素材のよさも併せ持つキャットフードはモグニャンキャットフードです。

子猫からシニアまであらゆるタイプのねこに対応出来るキャットフードはモグニャンキャットフードです。

 

2.カナガン キャットフード

無添加・穀物不使用・高たんぱくで定評のあるカナガンです。
ここまで原材料が明瞭で、栄養の添加が少ないフードは大変珍しいです。
保存料はすべて天然のハーブを使用しており、一般的なキャットフードより賞味期限が短めのため、新鮮なうちに使い切りたいところです。
天然ハーブの効能(免疫力の向上、ストレス緩和、尿路結石防止)は、猫ちゃんの健康を保持促進してくれます。
カロリーは約390kcal/100g と高く、子猫から成猫まで幅広く与えることができます。
いかがでしたか。
普段はあまり意識しない添加物が、とても恐ろしいものに感じられますね。
猫ちゃんの小さな体で毒素を排出するのは、とても負担が大きいのです。
「人工添加物は百害あって一利なし」をスローガンに、まずは現在与えているキャットフードの原材料名を確認してみましょう。
かわいい我が子と末永く幸せに暮らすため、まずは食べ物から見直しましょう。

カナガンキャットフードの公式サイトは以下からどうぞ

カナガンキャットフードのレビューは以下からどうぞ

3.ジウィピーク デイリーキャットクィジーン ラム
無添加・穀物不使用・高たんぱくと三拍子揃っているキャットフードです。
材料の90%にラムを使用しているため、説明するまでもなく高たんぱく高カロリー(394kcal/100g)です。
材料はたった7つの食物ですが、足りない成分をすべて天然の添加物で補っているようです。
特にビタミンはサプリメントで補っており、原料が少ないぶん、多くの栄養を添加している印象を受けました。

4.ヤラー オーガニックキャットフードグレインフリー
こちらも無添加・穀物不使用のキャットフードです。
化学肥料、農薬、ホルモン剤、遺伝子組み換え不使用という究極の健康志向のもと開発されています。
さらに、原料のほぼ100%がオーガニック認定されており、分からない素材が一切含まれていません。
キャットフードには珍しい「ビール酵母」を使用し、消化吸収の手助けをしています。
カロリーも 353kcal/100g とやや高めで、成長期の猫ちゃんにも安心して与えられます。

【猫が下痢をした!?】ねこの下痢の原因とキャットフードで予防

【ねこが下痢をした!?】猫の下痢の原因と予防

 

猫ちゃんのトイレ掃除は、うんちから健康状態を知るための良い機会でもあります。
しかし、普段は立派なうんちをしている猫ちゃんがいきなりお腹を下すと、焦ってしまいますよね。
猫ちゃんの体はとても繊細で、些細な事でも体調を崩してしまいます。
特に下痢と嘔吐は病気の予兆として現れることが多く、注意が必要です。
今回は注意すべき下痢の原因と予防策をご紹介します。

猫の下痢の原因とは?

猫の下痢の原因とは?
猫ちゃんが下痢をする原因はいくつか考えられます。
大きな要因の一つは「食事内容」です。
食べ過ぎや食物アレルギーの影響で下痢になることがあります。
食事が原因の場合、給餌量の見直しやキャットフードそのものの見直しを行います。

次に「誤飲」の可能性が考えられます。
猫ちゃんに多いのがビニール袋や猫砂、人間の医薬品の誤飲です。
誤飲の多くは嘔吐と下痢がセットで症状として現れます。
また、リンパ腫の症状として下痢になることもあります。
キャットフードの見直しをしても改善しない下痢は、すみやかに動物病院を受診しましょう。

そして「ストレス」による下痢の可能性も考えられます。
例えば運動不足、飼い主さんからの愛情が不足している時など、猫ちゃんは体調を崩します。
ストレスが原因で下痢をしたり、毛が抜けてしまうこともあるため、日頃のストレス発散はとても重要なのです。

これらの原因を取り除くためには、何をすべきなのでしょうか。
次の項目で詳しくご説明します。
■食物アレルギー
慢性的な下痢の場合、食物アレルギーの可能性があります。
猫ちゃんが特に発症しやすい食物アレルギーは「穀物アレルギー」です。

穀物アレルギーも含んだ人口添加物の危険性については下記から

肉食動物である猫ちゃんの体は、穀物の消化がたいへん苦手です。
とくに小麦に含まれる「グルテン」は消化不良を起こしやすく、下痢や嘔吐を引き起こします。
また、キャットフードによく使われる「とうもろこし」も小麦とよく似たアレルゲンのため、注意が必要です。
そのほか「牛肉」も強いアレルギー反応があるため、チキンやサーモンを使用したキャットフードが多いようです。
食物アレルギーが疑われる猫ちゃんには、穀物不使用のキャットフードが安全です。
■誤飲
猫ちゃんは興味があるものを口に入れて確かめようとする習性があり、誤飲の事故が起きてしまいます。
ビニール袋やおもちゃ、猫砂、ボタンや人間の医薬品は特に飲み込みやすく、猫ちゃんの口に入りそうなものを放置しないよう注意が必要です。
誤飲してすぐは症状がなく、しばらく経つと下痢が始まることが多いです。
また、ふんばってもうんちが出ない場合や、お腹を痛がる場合「腸閉塞」を起こしている危険性があります。
シニア猫が腸閉塞を起こした場合、体力の問題で手術を受けられないケースも有るため、誤飲事故を防ぐよう飼い主さんが注意をしましょう。
猫ちゃんの誤飲は、なるべく早く動物病院を受診することが大切です。
■ウィルス感染
ウィルス感染は野良猫だけでなく、家猫にも充分ありえます。
特に危険なウィルスが「コロナウィルス」です。
コロナウィルスが原因となり発症する「猫伝染性腹膜炎」は、致死率の高い病気です。
猫伝染性腹膜炎の症状は、慢性的な食欲不振や内臓疾患、眼の疾患が起こるタイプと、胸水が溜まり、嘔吐や下痢を繰り返すパターンが存在します。
猫伝染性腹膜炎は投薬治療が主となりますが、ワクチンや確立された治療法がなく、完治は大変難しい病気です。
実のところコロナウィルスは、ほぼすべての猫ちゃんが持っています。
しかし、発症する猫ちゃんは一握りで、発症原因は不明です。
そのため予防策も「これ」というものがなく、室内の消毒やこまめな清掃、健康診断、ストレスを溜めないなど生活環境を改善することがあげられます。

 

そのほか「パルボウィルス」の感染も大変危険です。
コロナウィルスとは異なりワクチンの接種で防ぐことが可能なウィルスですが、感染してしまった場合の特効薬がありません。
パルボウィルス感染症の症状は成猫の場合「無症状」が多く、特に子猫が重症化するケースが多いのです。
パルボウィルス感染症が重症化すると、高熱・ひどい嘔吐と下痢に襲われた結果、脱水症状を引き起こします。
さらに白血球の減少や血便などの末期症状が出たのち、命を落としてしまうのです。
根本的な治療方法は無く、あくまで投薬による対処療法を行うことになります。
パルボウィルス感染症の予防策は「ワクチンの摂取」です。
ペットショップから迎えた猫ちゃんでも、外から迎えた猫ちゃんでも、必ず予防接種することをおすすめします。
■ストレス
猫ちゃんはストレスに大変弱い生き物です。
お引越しをしたり飼い主さんが構ってくれない場合など、猫ちゃんはストレスから体調を崩し下痢をしてしまいます。

お引越しをする場合、引っ越し前のおうちと引越し後のお家で家具のレイアウトが極端に変わらないよう注意するほか、猫ちゃんの匂いがついたものを必ず持っていくようにします。
引越し後は長い時間家を空けず、なるべく猫ちゃんと一緒にいてあげましょう。

猫が大好きな皆さまは、猫ちゃんに構わない日はないはずです。
しかし、仕事が忙しいから家事が忙しいからと、猫ちゃんを放ったらかしにしていませんか。
猫ちゃんの幸福感は精神の安定につながり、精神の安定は健康につながります。

下痢防止!猫のストレス解消法

下痢防止!猫のストレス解消法
ストレス解消法、まず1つめは「運動」です。
猫ちゃんに最適な運動は、上下運動と言われています。
家具を階段状に並べてあげるほか、キャットタワーを設置することが有効です。

下記の動画のような感じですね。


また、飼い主さんが積極的に遊びに誘ってあげることも大切です。
猫ちゃん用のおもちゃを持っていなくても問題ありません。
猫ちゃんは動くものが大好きなため、飼い主さんの指でも衣料品の紐でも遊んでくれます。
ただし、猫ちゃんの口に入る小さな玩具は避けるようにしましょう。

 

2つ目は「ブラッシング」です。

brush07
コミュニケーションのため、1日いちどはブラッシングをおすすめします。
猫ちゃんはたいへんきれい好きですが、顎の下や後頭部など、ひとり(1匹)ではなかなかお手入れしにくい場所があります。
ブラッシングを行うことでストレス解消のほか、飲み込む毛の量を減らし「毛球症」を予防する効果があります。
また、全身を触りながら観察することで、怪我や病気がないかチェックすることも出来ます。

猫ちゃんは親に甘えるときや幸せを感じた時、のどをゴロゴロ鳴らしますよね。
実はあの音、人間にとても良い効果があったのです。
猫のゴロゴロ音には血圧の上昇を防ぎ、免疫力を向上させる効果があります。
これはゴロゴロ音が人間にとって心地よい低周波であることが要因です。
つまり、猫ちゃんの幸せは飼い主さんの幸せでもあるということですね。
猫ちゃんも飼い主さんも楽しくストレスを発散し、猫ちゃんの健康維持につなげましょう。

猫の下痢を防ぐには

猫の下痢を防ぐには
下痢の予防するためのポイントは以下のとおりです。

・栄養バランスが良いキャットフードを適正な給餌量で与える
・食物アレルギーを考慮したキャットフードを与える
・猫ちゃんをおうちに迎えたら健康診断を受ける
・ワクチン接種を行う
・猫ちゃんの生活環境を清潔に保ち、必要に応じて消毒を行う
・猫ちゃんのストレスを解消する

飼い主さんの努力で猫ちゃんの健康を守ることができるのです。
しかし、食事に関しては販売されているキャットフードがかなり多く、ひと目で判断できるものではありません。
ネームバリューや口コミだけでは分からない、本当に良いキャットフードはどう選ぶべきか、次の項目でご説明します。

猫が下痢をした時のキャットフード選びのコツ

猫が下痢をした時のキャットフード選びのコツ
「栄養価が高く、栄養バランスが良い」キャットフードを選ぶ必要があります。
人間の場合、5大栄養素をバランスよく摂るのが望ましいとされますが、猫ちゃんは炭水化物の消化が苦手なため、極力減らすことが望ましいです。

肉食動物の猫ちゃんが多く必要とするのは肉や魚などの「動物性たんぱく質」です。
動物性たんぱく質は、健康な体と美しい毛並みを作ります。
次にオメガ3脂肪酸などの「良質な脂質」です。
脂質は体を動かすエネルギーに変換されるため、質の悪い脂質ではパフォーマンスが悪くなります。
そしてリンやカルシウム、マグネシウムなどの「ミネラル」も大切です。
ミネラルは強い骨を作り、内蔵を健康に保ちます。
最後に「ビタミン」です。
ビタミンは健康な目を作り、美しい毛並みを保ち、猫ちゃんの成長を助けます。
炭水化物は消化が遅く、他の栄養素と比較するとごく少量のみで問題ありません。
「米・玄米」は消化が遅く吸収されやすいため、もし炭水化物を取るならば米がおすすめです。

栄養価以外にも気をつけたいのが「添加物」です。
酸化防止剤や着色料の中には、発がん性が認められるものも含まれます。
この2つは猫ちゃんの食付きに一切関係がなく、明らかに不要です。
猫ちゃんの健康を考えると、無添加のキャットフードが望ましいといえます。

これらのポイントをまとめると、キャットフード選びでは「高たんぱく・アレルゲンフリー・無添加」が重要ということですね。

■オススメキャットフード

オススメキャットフード
下痢予防の効果が期待できるキャットフードをご紹介します。
市販されているキャットフードとプレミアムフードの成分を比較しました。

キャットフード 概要 評価
カナガン 便の状態にかかわらず、栄養バランスの良いキャットフードをお探しの飼い主さんには「カナガン」をおすすめします。
詳しくは こちら をご覧ください。
★★★
ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト サーモン 穀物不使用・無添加のキャットフードです。
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を組み合わせ、高たんぱくを実現しています。
原料が少ないぶん、栄養を添加して補っている印象を受けます。
繊維質にビートパルプが使用されており、下痢気味の猫ちゃんに与えるならば野菜由来の繊維質がほしいところでした。
繊維質そのものは4%とやや多めのため、軟便気味の猫ちゃんには良さそうです。
★★
オリジン シックスフィッシュ 高たんぱく・穀物不使用・無添加のキャットフードです。
大麦・牛肉・小麦・豚肉不使用と徹底的にアレルギーの配慮がされています。
8種類の魚と豆からたんぱく質をたっぷり摂ることができます。
お通じケアは数種類のハーブと乳酸菌、クランベリー配合で尿路結石ケアもばっちりです。
ビタミンとミネラル以外の栄養添加もなく、栄養満点なキャットフードと言えます。
★★★
ウェルネス コア 室内猫用 高たんぱく・穀物不使用・無添加のキャットフードです。
健康に配慮した安全で安心なペットフードを作ることをコンセプトにしているだけあり、原料は良い物ばかり使用されています。
主原料のチキンのほか、植物性たんぱく質も豊富に含んでいます。
お通じケアの食物繊維と乳酸菌を豊富に含み、お腹の弱い猫ちゃんも安心です。
尿路結石ケアのクランベリー、関節サポートのグルコサミンとコンドロイチンを含むなど、あらゆる方面から健康に配慮していると言えます。
カロリーが 349kcal/100g とやや低めのため、不妊手術後の猫ちゃんやシニア猫におすすめです。
★★★
キャラット ミックス かつお仕立ての味わいブレンド 国内産キャットフードで、ホームセンターに必ず置いてある一品です。
有名な商品ですが、成分に関しては不安が多いようです。
主原料が穀物(小麦・とうもろこし)のため、長期間与え続けると食物アレルギーを発症する可能性があります。
中白糖が使用されていますが、猫ちゃんの味覚は甘味をほぼ認識できないため不要と考えられます。
ミートミールとフィッシュミールも内訳が表記されず、内容の不透明さが際立ちます。
そして驚くほどたくさんの着色料が使用されていますが、着色は食付きに一切関係がないため不要といえます。
関節サポートのグルコサミン、お通じケアのハーブと酵母、ミネラルバランスの良さは評価できます。
総合的に見た時、愛猫になかなか与えたくないと思われる成分でした。
評価なし

■まとめ
今回は下痢の原因と予防策についてご紹介しました。
猫ちゃんが下痢をしたら「少し様子を見ましょう」なんて考えていませんでしたか。
様子を見ている間にも、猫ちゃんの体調が悪化することもあります。
原因となり得ることに心あたりがない場合は、長い間様子を見ずに、獣医師さんへご相談くださいね。

屋外飼育のキャットフードの与え方と多頭飼いの屋外飼育方法

屋外飼育のキャットフードの与え方

 

[char no=”3″ char=”博士”]猫ちゃんの飼育方法によってキャットフードの与え方は変わるのでしょうか。
今回は飼い方別にキャットフードの与え方をご紹介します。
[/char]

屋外飼育とは?メリットとデメリット

屋外飼育とは文字の通り、おうちの中だけではなく外に出してあげる飼育方法です。
屋外飼育にはメリットとデメリットが存在します。

○屋外飼育のメリット

  • ・運動不足解消
屋外飼育における一番のメリットは運動不足の解消です。
屋外で好きなように遊ばせることで運動量が増え、肥満の解消・予防効果が期待できます。
  • ・猫の本来の生活スタイル
猫は本来ウサギやネズミ、小鳥やモグラなどを狩る肉食動物です。
狩りをする姿こそ本来の猫のすがたと言えます。
野性的な生活をさせることで猫ちゃんのストレスを最大限軽減することができます。

○屋外飼育のデメリット

  • ・望まぬ妊娠やケガの恐れ
避妊手術を受けていないメスの猫ちゃんを屋外に出すことで、望まぬ妊娠をする可能性があります。
発情期を迎えた猫ちゃんはほぼ間違いなく妊娠してしまうため注意が必要です。
また、発情期を迎えたオスの猫ちゃんは気性が荒くなり、ほかの猫ちゃんとケンカをしケガをしてしまう事が考えられます。
ケガにより猫エイズや白血病、腎不全などの治療が困難な病気を患う可能性があり危険です。
  • ・ノミダニの付着
自然の中で遊んで帰ってきた猫ちゃんの体にはノミとダニが付着しています。
ノミとダニは他の猫ちゃんにうつるほか、飼い主さんの体にもうつります。
完全に駆除するためにはかなりの時間を要し、駆除が終わるまで猫ちゃんは外へ出る事ができません。
  • ・寄生虫
野生の小動物を狩り、食べることで寄生虫が体内に入り込む可能性があります。
寄生虫は他の猫ちゃんへうつるだけではなく、命を落とす危険があるため、駆虫が必須です。
  • ・ご近所トラブル
一般的に「屋外飼育=迷惑」と思われていることを心にとめるようにしましょう。
あなたの猫ちゃんがお隣の庭でうんちをし、畑を荒らししても「猫は悪くないんです!」と言えますか。
そうなると責められるのは飼い主さんです。
世界のすべての人が猫にやさしいわけではありません。
糞害(ふんがい)や鳴き声によるトラブルから猫のを虐待する人が少なからずいることを覚えておきましょう。

屋外飼育で気を付けるポイント

屋外飼育にはメリットよりもデメリットが多いのが現実です。
トラブルを避けるためにも屋外飼育をする際に必ず行っておきたいことをご紹介します。

・不妊手術
メスの猫ちゃんの場合、不妊手術は必須です。
猫は一度の出産で3~5頭子供を産むため、不妊手術を受けさせないことでどんどん増えてしまい、収拾がつかなくなります。
いわゆる「多頭飼い崩壊」を避けるためにも不妊手術を受けましょう。

・マイクロチップ埋め込み・迷子札
迷子になった場合、飼い猫であるしるしが何もないと最悪保健所へ連れていかれてしまいます。
マイクロチップを読み取り猫ちゃんの身分が証明されると、猫ちゃんが戻ってくる可能性が高くなります。
迷子札も同じ理由から装着することをおすすめします。

・ノミ・ダニ駆除
ノミ・ダニは猫ちゃんだけではなく人間にも被害を及ぼします。
「レボリューション」「フロントライン」といった駆虫・予防効果のあるお薬を使ってノミ・ダニを駆除しましょう。
お薬の買い置きが無い場合、応急処置として猫ちゃんをお風呂に入れます。
ノミが死滅するまで猫ちゃんにはお湯に浸かってもらいましょう。
また、猫用シャンプーより人間用シャンプーで洗うほうが駆虫効果が高いため、おすすめです。
万が一ノミに噛まれた場合、ノミは人間のひざ下を何か所も噛むため、赤い斑点が複数個所現れます。
ノミを見つけても絶対につぶさず、コロコロローラーで捕まえ、水に浸すか焼却処分をしましょう。

・寄生虫駆除
寄生虫は屋外飼育の猫ちゃんや野良猫に多く、寄生虫に感染したネズミやスズメなどの野生動物や寄生虫の卵を知らずに食べてしまう事で感染します。
猫ちゃんが寄生虫に寄生されると、食事をとっても体に栄養が行き届かずどんどんやせ細っていきます。
ホームセンターへ行くと「虫下し」と呼ばれる粉薬やシロップを手ごろな価格で購入できるため、定期的に虫下しを行いましょう。

屋外飼育におすすめなキャットフードとは

屋外飼育の猫ちゃんは運動量が多い分、エネルギーを多く必要とします。
高たんぱく高カロリーのキャットフードを選ぶようにします。

屋外飼育の場合、猫ちゃんが必ずしも餌場の近くにいるとは限りません。
可能な限り同じ時間帯にキャットフードを与えることで、ごはんの時間を覚えてもらいます。
また、キャットフードを屋外に放置すると虫が寄ってしまい不衛生なため、猫ちゃんが食べ終わって餌場を離れたらキャットフードをすぐに片付けましょう。

屋外飼育の猫ちゃんは好きな場所で給水するため、飲み水を置いておいても飲んでくれない可能性があります。
雨水や水たまりから水を飲むと回虫の卵を一緒に飲み込んでしまうことがあり、危険です。
少しでも清潔な水を飲んでほしいと思うならば、おうちの軒先にいつも清潔な水を置いてあげてはいかがでしょうか。

多頭飼いとは

多頭飼いとは2匹以上の猫ちゃんと暮らす飼育方法を指します。
猫ちゃんも人間と同じく上下関係や縄張り意識があり、仲良くできる猫ちゃんもいればギスギスする猫ちゃんもいます。

 

多頭飼育のメリット

 

・運動不足解消
猫ちゃん同士がじゃれあったり走り回って遊ぶことで運動量が増え、結果的に運動不足を解消することにつながります。・猫同士のコミュニケーションが取れる
寒い日には一緒に眠り、ケンカごっこでじゃれあう事ができる仲間がいるとお留守番の際の寂しさもわずかに紛らわせる事ができます。
  • ○多頭飼育のデメリット
・猫同士の相性が合わない可能性
相性の悪い猫ちゃんはそれぞれがストレスを抱え、食欲不振・下痢・嘔吐などの健康面に影響が出ます。
ケンカに発展すると予想外のけがをしてしまう可能性があるため、ニオイ交換などで少しでも猫ちゃん同士の距離を縮める努力をしましょう。
  • ・飼育費用の倍増
猫ちゃんの頭数が増えれば増えるほど、飼育費用は倍々に増えていきます。。
特に大きな出費となるのが不妊手術費用です。
多頭飼いの場合、不妊手術を行わないと猫ちゃんが増え続け「多頭飼い崩壊」と呼ばれる現象が起きます。
不幸な猫ちゃんを産まないためにも、不妊手術が必須なのです。

多頭飼いで気を付けるポイント

・不妊手術
多頭飼いの場合、猫ちゃんが増えすぎないよう不妊手術を必ず行いましょう。
飼えないから保健所に連れていくなんて無責任な飼い主さんは猫飼い失格です。

 

・駆虫
ノミ・ダニ・寄生虫は猫ちゃん同士にうつります。
この3つは完全に駆除するために時間と根気が必要です。
定期的な駆虫薬の接種で猫ちゃんの健康を守りましょう。

多頭飼いのキャットフードの与え方

多頭飼いの場合、猫ちゃん達にきちんと順列を理解してもらう必要があります。
キャットフードを与える際、おうちに来たのが早い猫ちゃんから順に与えます。
また、キャットフードの取り合い・横取りが起きないよう飼い主さんが目を光らせておくのもポイントです。
成猫ではなく子猫を多頭飼いする場合、キャットフードを与えるボウルを2つに分け、同時に与えても問題ありません。

多頭飼におススメのキャットフードは下記からどうぞ

カナガンキャットフードをお試しする前にチェック。成分と評判まとめ

まとめ

いかがでしたか。
屋外飼育を良く思わない人が多いことを十分理解し、猫ちゃんの健康と安全を第一に考えてあげることが大切です。
多頭飼いは相性の問題からなかなかうまく生活できないケースもあるため、先住猫ちゃんを優先し新入り猫ちゃんと差をつけてあげましょう。
子猫の多頭飼いは順列をつけず、公平に可愛がってあげてくださいね

ホリスティックレセピーキャットフードの分析と口コミまとめ

ホリスティックレセピーキャットフードの分析と口コミまとめ

ホリスティックレセピーとはいったいどのようなキャットフードなのでしょうか。
ホリスティックレセピーの成分を分析し口コミをまとめました。

ホリスティックレセピーとは

ホリスティックレセピーは猫ちゃんの体に忍び寄る様々な問題を解決することを目的に考案されたキャットフードです。
尿路結石、ヘアボール、整腸、毛並みケア、消臭、抗菌などホリスティックレセピーを与えるだけで様々な効果が期待できます。
製造元の「良いフードを選んでも酸化によりすべて台無しである」という考えから、フードを小分けにパッケージされているのも特徴の一つです。

本当にホリスティックレセピーで全身ケアできるのか分析してみた!

さっそくホリスティックレセピーの成分を分析していきます。
分析対象は「ホリスティックレセピー 猫用 チキン&ライス(以下「ホリスティックレセピー」とする)です。
カロリーは 365kcal/100g と低~中程度のため、子猫より成猫向きと言えます。
成分分析表を見る限り、突出した栄養価が無いかわりに非常に栄養バランスがよい印象です。
無添加・無香料という点も高く評価できます。

原料にもかなりのこだわりを感じます。
下部尿路疾患を予防するためクランベリーパウダーとアルファルファミール、ヘアボール対策のビートパルプとオーツ麦繊維、整腸効果のある数種類の酵母、美しい毛並みを作る数種類のたんぱく質など、体によさそうな原料がてんこ盛りです。
ホリスティックレセピーは今まさに病気を患っている猫ちゃんよりも健康を維持したい猫ちゃんに向いているキャットフードと言えます。

しかし、せっかく消臭抗菌効果があると宣伝しているにもかかわらず、緑茶抽出物とユッカフォーム抽出物が省かれているのがなんとも残念です。
ペットフード安全法で表記を省くことが許されているとはいえ、何も知らない方が見ると「この成分入っていない!」と誤解が生じる可能性があります。

ホリスティックレセピーとキャットフード「酸化」の関係

ホリスティックレセピーの魅力の一つに小分けされたパッケージが挙げられます。
なぜここまで小分けにこだわるかというと、それほどキャットフードの酸化は危険なものだからです。
キャットフードの酸化による問題点は「発がんの危険がある」ということです。
古いキャットフードを与えることは、猫ちゃんの寿命を奪っていることと同じと言えます。
ドライフードを触ってみて表面に水分を感じたら、それは酸化のサインです。
酸化したキャットフードは早急に破棄し、新鮮で新しいキャットフードを与えるようにしましょう。

ホリスティックレセピーを与えるメリットとは

ホリスティックレセピーを与えるメリットは「不調の予防」に尽きます。
室内飼いに適したローカロリーフードや猫らしさを追求した高たんぱくフードなど、キャットフードには様々な機能を持つ製品があります。
その中でも様々な疾患を想定し作られたホリスティックレセピーを普段から与えることで、猫ちゃんの健康維持をより簡単に行えるのです。

今まさに体調が悪い猫ちゃんに対して与える場合「ホリスティックレセピーは療養食ではない」ということを念頭に置くようにしましょう。
ある一定までは不調を改善できたとしても、症状が治まらない場合は必ず動物病院を受診してくださいね。

ホリスティックレセピーの口コミまとめ

ホリスティックレセピーのレビューをまとめてみました。
高評価なレビューが多く、リピーターがかなり多い印象を受けました。

【評価する声】
・フードが酸化しにくい
・うんちの状態が良くなった
・コスパが良い

大袋入りのキャットフードを購入すると飼い主さん自身でキャットフードの酸化防止対策を取らなければならない中、はじめから酸化防止対策されているのはうれしいポイントです。
レビューのほぼすべてに「軟便・血便が治った」「つやつやなうんちが出る」といった声が寄せられていました。
消化吸収が良く整腸効果があることを多くの飼い主さんが実感されています。
1600g/2484 円という価格はプレミアムフードの中では手が出しやすい絶妙な価格設定です。

【残念な声】
・食いつきが悪い
・匂いがきつい
・粒が小さすぎる

食いつきはにおいと粒が密接に関係しています。
香りはきつめで香ばしいと例えられていました。
飼い主さんや猫ちゃんによっては「くさい」と感じてしまう事があるようです。
ホリスティックレセピーの粒は 1cm 未満とやや小粒です。
お口の小さい猫ちゃんにとっては食べやすい形状ですが、一気食いしてしまう猫ちゃんが噛まずに飲んでしまい嘔吐したという声も寄せられていました。

ホリスティックレセピーの評判をまとめると以下のようになりました。
・酸化防止の小分けパッケージがうれしい
・整腸効果が実感できる
・匂いがきつめで猫ちゃんにより好き嫌いが分かれる

■まとめ
今回は猫ちゃんの体を多方面からケアするホリスティックレセピーをご紹介しました。
栄養バランスが良く、猫ちゃんの体のお悩みを一挙解決できる可能性があるホリスティックレセピーを試してみてはいかがでしょうか。

いなばキャットフードの評判と口コミレビュー

いなばキャットフードの評判と口コミレビュー

猫の健康の基礎となるものは毎日の食事です。
猫に必要なカロリーや栄養は人間とは違うため、人間がこだわりを持ってキャットフードを選んであげることが大切になります。

長く猫ブームが続き1人暮らしの世帯でも猫を飼っている方が増えて、猫はとても身近な存在になっています。
そして猫ブームに合わせて猫が毎日食べるキャットフードにも注目が集まっています。

ペットショップやペットフードの通販サイトを覗いてみれば実に多くのキャットフードが展開していて、キャットフード業界はにぎわっていますが、だからこそ「たくさんありすぎて飼い猫にどれを与えれば良いかわからない」と迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

最近では外国産のキャットフードを直輸入して与えるのも流行っていますが、今回はあえて国内メーカーの和風要素の強いキャットフードにフォーカスしてみたいと思います。

長くキャットフード製造に携わってきた企業、いなばのキャットフードシリーズについてご紹介します。

いなばのキャットフードについて

外国産のキャットフードを与えるスタイルも人気になってきている中、いなばのキャットフードは昔と変わらず国産で製造することにこだわりを持っています。
日本のペットフード業界を邁進してきた老舗メーカーいなばのキャットフードブランド「チャオ」は、1989年に登場しました。
その後1997年に「いなばペットフード株式会社」が登場し、これまでずっと進化をし続けています。

ドッグフードとも合わせると、いなば製品は約300種類にものぼります。
これだけ大規模に展開できるのは人気の証。
豊富な実績と信頼を誇る安心の日本のキャットフードを展開しています。

原材料は日系の企業から確保。
安心安全な品質管理にも強いこだわりを持っています。
外国産のキャットフードももちろん魅力的ですが、日本産も侮ることなかれ。
猫の健康を第一に考えたキャットフードをたくさん取り扱っているのです。

その姿勢はこれまで多くの愛猫家に支持されて、高評価を獲得しています。

種類について

いなばのキャットフードは商品ラインナップが豊富なことで知られています。
ウェットフード、缶詰タイプもたくさん取り扱いがありますが、今回はお手軽に与えられてバランスよく猫に必要な栄養が摂取できると人気のドライフードタイプについてご紹介します。

いなばのキャットフードでドライフードタイプのものは現在6種類あります。

【4連パック 焼津産まぐろ節とかつお節入り】
【4連パック 瀬戸内産しらすとかつお節入り】
【4連パック 高知産きびなごとかつお節入り】
【4連パック 日本海産紅ずわいがに使用かにかまとかつお節入り】

【金のだし ドライ まぐろだし味】
【金のだし ドライ かつおだし味】

4連パックシリーズは食べきりやすい30g×4パック。
金のだしシリーズについては1kg(500g×2)です

日本のメーカーのキャットフードだけあって、商品ラインナップに和風要素が強いです。
新鮮な海の幸を贅沢に使用したキャットフードは香りも良く、猫の満足度にも期待ができるのではないでしょうか。

おやつのラインナップが豊富で魅力?

いなばのキャットフードと聞くと「おやつ」をイメージする方も多いのではないでしょうか。
いなばのおやつは愛猫家さんの間では有名で、おやつのラインナップは実に267種類にものぼります。
さすがに267種類全てをここに記載するのは難しいので、その中でも人気と注目度高めのものをピックアップします。

【チャオ さけるささみ】
食べやすい大きさにしてから猫にあげられるおやつです。柔らかい触感が特徴。
チキンスープ味、かつお、まぐろ味等があります。

【チャオ ちゅ~る】
いままでにない液体おやつ。お皿に出してあげると猫がぺろぺろ舐めて食べます。
味はまぐろ、かつお、ささみ等があります。

猫へのおやつをお探しの際には、種類豊富ないなばで探せば、お気に入りのものを見つけやすいと思います。

原材料について

ドライフードの定番【金のだし ドライ まぐろだし味】【金のだし ドライ かつおだし味】の2種類について、原材料をみていきたいと思います。

【金のだし ドライ まぐろだし味】原材料
穀類(とうもろこし、小麦粉等)、肉類(チキン、ポーク等)、魚介類(まぐろパウダー等)
野菜類、緑茶エキス、酵母エキス等。

【金のだし ドライ かつおだし味】原材料
穀類(とうもろこし、小麦粉等)、肉類(チキン、ポーク等)、魚介類(かつおパウダー等)
野菜類、緑茶エキス、酵母エキス等。

原材料に使用されている海の幸については、名前に載っているものに変わるものの、基本的なベースはどちらも同じ。
海の幸多めで和風要素が強いものの、お肉類についても使用されているので、お肉好きの猫でも食べやすい仕上がりになっています。

子猫にも与えていい?

子猫に与える場合は、いなばの缶詰シリーズに子猫用のものがあるので、その中から探すようにしましょう。
缶詰タイプは飼い主さん的にも好みがわかれやすいかと思いますが、老舗メーカーの缶詰なので子猫にも安心して与えることができます。

猫の食いつきはどう?

いなばのキャットフードは、特におやつに食いつきが良いことで知られています。
人間からみてもおいしそうなビジュアルをしているおやつが多いので、猫的にも喜んでくれることが多く、もりもり食べてくれることに期待できます。

ドライフードについても、香ばしい香りが猫の食欲をそそるようで、おいしそうに食べてくれることが多いです。

日本のメーカーのキャットフードだけあって海の幸要素が強いことからお魚好きな猫のほうが食いつきがよくなりやすいです。
とはいえ、一応原材料にお肉も使用されているので、幅広く食べてくれるキャットフードではあると思います。

安全性は高い?

いなばは長くペットフードの製造に携わってきた実績と信用があります。
それに原材料にもこだわりを持っていて、高品質なキャットフードの製造に力を入れています。
そのため、安全性は高くなっています。

口コミの評判はどう?

国産という安心感があるからか、いなばのキャットフードへの人気は根強く、そして市場規模も大きいです。
おやつを含めると、1度はいなば製品を与えたことがあるという飼い主さんは多いのではないでしょうか。

そんないなばのキャットフードの口コミ数は多く、基本的に評価が高いです。

多いのは「食いつきが良い」というもの。
特におやつに対しては大喜びする猫が多いようで、開封すると飛びついてくるという声もあります。

「猫の体調が改善した」という口コミよりは「おいしそうに食べる」という口コミが多めになっています。
もし、現在お家の猫の食欲不振に悩んでいる場合は、いなばのキャットフードを試してみるのもありだと思います。

最後に

いなばのキャットフードに興味津々の猫

いかがでしたでしょうか。
外国産のキャットフードを見かける機会が増え、ネットで購入する等、こだわりを持っている飼い主さんも増えていますが、その中でもずっと根強く安定した人気を誇るいなばのキャットフード。

徹底した品質管理と安心の製造。
日本のメーカーで信頼も厚く、商品ラインナップも豊富。

今後もずっと安定した人気を誇るであろうキャットフードです。
「新しいキャットフードを試してみたいな」と考えている飼い主さんはぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ファーストチョイスキャットフードの口コミレビューや成分

ファーストチョイスキャットフードの口コミレビューや成分

大切な飼い猫に健康で長生きして欲しいなら、猫に必要なカロリーや栄養バランスを考えて食事を管理していく必要があります。
最近ではキャットフードにこだわりを持つ飼い主さんも多く、流通しているキャットフードの数も増えてきました。

だからこそ「たくさんある中からどれを選べばいいのかわからない」とお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょうか。

今回は猫の健康管理サポートをしてくれるキャットフードとして、巷で人気の「ファーストチョイスキャットフード」にフォーカスして、その特徴や魅力、人気の理由を詳しくご紹介していきたいと思います。

ファーストチョイスキャットフードって?

ファーストチョイスキャットフードはカナダ生まれ。健康管理を重視したキャットフードです。
日本で販売されている製品については、カナダで販売されているものをそのまま輸入しているわけではなく、暮らす環境の違う日本の猫に合うように調整してから販売されています。

ファーストチョイスキャットフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準に基づき、猫の体に必要な栄養をバランス良く配合しています。
原材料として使用されている食材は高品質で厳選されたもの。
そしてユニマイクローティング製法という、旨味成分を粒の表面に均一にコーティングする技術を取り入れて製造されているので、グルメな猫の舌をうならせる味わいとなっています。

そんな魅力的なファーストチョイスキャットフードで期待できる働きは以下の通り。

・腸内環境の改善
・尿路の健康維持
・毛玉ケア
・毛つやケア
・免疫力の安定

毎日のごはんで大切な猫に必要な栄養やカロリーを効果的に与え、健康をトータルケアしていきます。
腸内環境や免疫力の管理だけではなく、毛つやの問題や毛玉に悩んでいる猫の体調改善にも期待できるので、猫の毛のトラブルに悩んでいる飼い主さんは要チェックです。

どんな種類があるの?

ファーストチョイスのキャットフードの種類が気になる猫

ファーストチョイスキャットフードは種類が豊富で、猫に合わせて選択することが可能です。
以下にご紹介していきたいと思います。

【子猫用】
・チキン

【成猫用】
・白身魚&チキン
・サーモン&チキン
・鴨肉&サーモン

・(ダイエット用)サーモン&しろみざかな
・下部尿路の健康維持ケア用(チキン)

【高齢猫用(10歳以上)】
・サーモン&チキン
・下部尿路の健康維持ケア用(チキン)

高齢猫用(15歳以上)
・長生き猫の腎臓の健康維持ケア用(チキン)

ファーストチョイスキャットフードはチキンとサーモンが定番の原材料として使用されていて、元々肉食の猫も満足しやすい作りになっています。
グルメな猫でもおいしく食べてくれる期待度高めです。

成分や原材料はどう?

ファーストチョイスキャットフードは猫が好む動物性たんぱく質を重視した配合になっています。
猫の体に嬉しい様々な原材料が使われていますが、その中でも特に注目したい3種類の原材料は以下の通り。

注目原材料①チキン
ファーストチョイスキャットフードで一番使用されている原材料はチキンです。
ビーフやポークではなくチキンを使用している理由は、ビタミン豊富で消化と吸収にも優れ、猫も好んで食べてくれる食材だからです。
猫は元々肉食動物なので、動物性たんぱく質の摂取がしっかりと必要になりやすいです。
だからといってお肉を食べ過ぎれば肥満に繋がりやすいのですが、チキンであればカロリーが低く、現代の飼い猫に適した食材だといえます。

注目原材料②亜麻仁
ファーストチョイスキャットフードの原材料の1つに亜麻仁(あまに)というものがあります。
あまり知られていない食材ですが、亜麻という植物の種のことでゴマのような見た目をしています。
この亜麻仁には、オメガ3脂肪酸の「αリノレン酸」というものが豊富に含まれています。
αリノレン酸には猫の毛並みを良くする効果が期待できます。
さらに、亜麻仁には食物繊維が豊富なことから腸内環境の改善にも期待できます。
毛つやを良くして腸内環境も整える。ファーストチョイスキャットフードには猫の強い味方、亜麻仁がしっかり使用されています。

注目原材料③コーン
主に炭水化物の供給源の役割を果たします。
猫の体を動かしたり体温を維持したりするために必要なエネルギーの源になります。
ファーストチョイスキャットフードではコーンを使用して、バランスよく猫が摂取できるようにしています。

安全性は高い?

ファーストチョイスキャットフードは様々な安全性の基準に従って製造されています。
原材料も高品質なものにこだわって厳選されているので、安全性は高いといえます。

そして日本向けの製品については日本の猫用に調整されているので相性も良く、優れた健康サポートキャットフードです。

子猫にもあげていい?

子猫には子猫用のものを購入して与えてあげてください。
猫の年齢によって必要な栄養やカロリーは変わってくるので、年齢にあったものを選ぶようにしましょう!

食いつきが良いか気になる

ファーストチョイスキャットフードはユニマイクローティング製法という、旨味成分を粒の表面に均一にコーティングする技術を取り入れて製造され、猫がおいしく食べられるようにこだわりを持っています。

実際猫の食いつきはよくなりやすいようなので(もちろん多少好みの差は出てくるかもしれませんが)
食いつきについては期待できるかと思います!

口コミで大人気ってほんとう?

ファーストチョイスキャットフードは人気ブランドであり、口コミ数が多いキャットフードです。
そして全体的に良い口コミが多いです。
よくある口コミをご紹介します。

・猫の食いつきがよくなった
・下痢をする頻度が減った
・毛玉を吐く頻度が減った
・毛つやが良くなった

このように良い口コミが目立つ中で、もちろん猫によって相性があるので悪い口コミも時々目にします。

・あまり食べてくれない

悪い口コミのほとんどは食いつきが悪いというもの。
こればかりは猫の好みもあるので難しい問題ですが、ファーストチョイスキャットフードは基本的に口コミでの評判が良くて人気があるので、一度試しに与えてみる価値はありだと思います。

ニオイが改善されるってうわさ?

ファーストチョイスキャットフードは体に必要な栄養バランス以外に、猫の腸内環境改善に働きかける成分にもこだわりを持って製造されているキャットフードです。
腸内環境が改善すれば飼い主さんが悩まされやすい猫のトイレ的な問題も改善傾向になります。

猫的にも腸内環境が良いほうが毎日快適に暮らせますし、もちろん飼い主さんとしてもありがたいですよね。
どちらにも嬉しい結果になります。

【ねこが下痢をした!?】猫の下痢の原因とキャットフードで予防

最後に

いかがでしたでしょうか。

カナダ生まれで大人気のファーストチョイスキャットフードについて詳しくご紹介してきました。
最近では海外のメーカーのこだわりを持った高品質キャットフードが人気で、日本でも輸入品がたくさん取り扱われています。

その中でファーストチョイスキャットフードの他と一味違うところは、輸入品をそのまま販売するのではなく、日本の猫向けに調整してから販売していることです。

それによって猫とキャットフードの相性が良い確率がグッと上がり、飼い主さんとしても期待度を高く持てるのではないでしょうか。

ファーストチョイスキャットフードは日本での口コミ数も多く安心感、そして信頼感もあるキャットフードなので、毎日の食事で猫の健康管理をしていきたい飼い主さんは、ぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

アーテミスキャットフードの口コミや効果をレビュー

アーテミスキャットフードの口コミや効果をレビュー

猫の健康の基礎は食事から!
猫も人間と同じで、食事次第で体調を崩してしまう可能性があります。

言葉をしゃべれない猫の健康管理は「体調が悪そうだから」ではなく「体調が悪くなる前から」先手先手で行ってあげることが大切になります。

猫といえば割と何でも食べてくれるので、人間の食事を与えているというお家もあるかもしれませんが、猫の体に必要なカロリー、栄養は人間とは違います。
猫のために作られたキャットフードでしっかり食事を管理してあげるほうが、体のためには良いのです。

「でも、どれを選べば良いかわからない!」
そんな飼い主さんに向けて、今回は日本、そして世界の愛猫家の間で人気があるアーテミスというメーカーのキャットフードについてご紹介していきたいと思います。

アーテミスのキャットフードってどういうもの?

アーテミスとは、アメリカのキャットフードそしてドッグフードメーカーで、販売製品は25ヵ国以上で親しまれています。
最高品質のペット用フードを取り扱っていることでも知られ、アメリカでは特に人気があります。

アーテミスのキャットフードの特徴は、政府機関の厳重な管理で生産していて安心感のレベルがとても高いこと。
そして人間基準の、良質な食品を厳選して使用していること。
そして人工添加物不使用なことです。

このようにアーテミスのキャットフードの信頼感と安全性は群を抜いています。
アーテミスは高品質でこだわりを持って製造された安心のキャットフードを取り扱っているのです。

アーテミスのキャットフードにはどんな種類があるの?

アーテミスのキャットフードはドライフードタイプ、そしてウェットフードタイプ両方あります。

特に人気なのがドライフードタイプの「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」です。
こちらはグレインフリーです。グレインフリーについては後ほどご紹介します。

「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」では、生肉サーモンをたっぷり配合し、グルメな猫も満足しやすい味わいに仕上がっています。
そして名前にもある通りガルバンゾー(ひよこ豆)を使用しています。

ひよこ豆の魅力はタンパク質が補えることだけではなく、ビタミン、カルシウム、カリウムをバランス良く補えること。

ビタミンは糖質や脂質の代謝を促し、カルシウムは猫の体の骨を作り、カリウムは余分なナトリウムの排出を促し猫の体内バランスをサポートします。
そして血中脂肪をコントロールする働きにも期待ができることが魅力。

ひよこ豆を侮ることなかれ。
ひよこ豆は猫の健康管理にとても力を発揮してくれる食材なのです。
そして、そんなひよこ豆の配合にもこだわっている「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」は猫の健やかな毎日をサポートしてくれるキャットフードだといえます。

配合されている原材料が気になる

アーテミスのキャットフードに目がない猫

続いては「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」の原材料についてみていきたいと思います。

フレッシュサーモン、ドライサーモン、ガルバンゾー豆(ひよこ豆)、えんどう豆、ヒマワリオイル、フラックスシード、チキンスープ、パンプキン、ココナッツオイル等。

猫に必要な栄養をバランスよく補える配合となっています。

グレインフリーってなに?

アーテミスのキャットフードに人気がある理由の1つが「グレインフリー」だというところ。
人間の食事管理でも時々聞くグレインフリー。これが何かというと、穀物不使用という意味です。
猫の場合、穀物不使用というのはけっこう大きな影響力を持ってくる場合があります。

元々猫は肉食動物だからです。
中には穀物の消化が不得意、穀物自体が苦手という猫もいます。
さらに中には穀物に対してアレルギー発症のリスクを抱えている猫も。

近年それについて広く知られるようになってきました。
そのためキャットフードでの、グレインフリーについての注目度は高まりをみせています。愛猫家さんの中にはグレインフリーのキャットフードしか与えないという方もいるくらいです。

またグレインフリーのキャットフードだと猫の食いつきが良くなることが多いといわれています。
特にお肉が好きなタイプの猫はこの傾向が強くなりやすいです。
毎日のごはんに対し猫の食いつきが悪くて悩んでいるという飼い主さんは要注目です。

猫の食いつきはどう?

生肉サーモンをたっぷり使用した「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」は、猫の食いつきが良いことで評判です。
グレインフリーなので潜在的に穀物が不得意という猫の場合も好む傾向にあります。

今与えているキャットフードへの食いつきが悪くて、新しいキャットフードに換えようかと検討している方は「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」を試してみても良いかもしれません。

猫が下痢をするってうわさはほんと?

下痢については猫の体質による差はあるかもしれませんが、基本的にアーテミスのキャットフードは腸内環境を整えることにこだわりを持って作られていて、むしろお腹の調子が改善する猫が多いです。

それに「オソピュアグレインフリー フィーライン サーモン&ガルバンゾー」で使用されているガルバンゾー豆には猫の腸内環境を整える働きが期待できます。
下痢を繰り返す猫に、こちらの製品を与えるようにしたら改善したという例もあるので、基本的には心配しなくても大丈夫だと思われます。

子猫にもあげていいの?

子猫に与えても大丈夫です。

アーテミスのキャットフードは子猫にも成猫にも与えることができるタイプのキャットフードとなっています。
妊娠中や授乳中の猫の場合は推奨される量が変わってくるので注意しながら与えるようにしてください。

口コミや評判は?

口コミで多いのは「食いつきがよくなった」「モグモグ食べてくれる」「下痢が改善した」「毛つやが良くなった」等です。

グレインフリーのキャットフードへの需要は近年高まりをみせています。
それもあってグレインフリー重視の愛猫家さんからの注目度は高く、アーテミスのキャットフードへの評価が高まっています。

評判の良いキャットフードを与えたいと考えている飼い主さんに、アーテミスのキャットフードはとてもおすすめの存在です。

楽天やアマゾンでも買えるの?

通販で購入したい飼い主さんにとっては魅力的なことですが、アーテミスのキャットフードは楽天でもアマゾンでも購入できます。
そしてもちろんペットフードを扱っている系の専門サイトでも取り扱われていることが多いです。

アーテミスはアメリカの人気メーカーなので、取り扱いは幅広くなっています。
お手軽に購入しやすいのも嬉しいポイントだといえます。

最後に

いかがでしたでしょうか。
キャットフードもこだわりを持って選んであげる時代です。
猫に健やかで長生きして欲しいなら、良質のキャットフードを選んで与えてあげるようにしましょう。

その点、アーテミスのキャットフードは配合バランスも良く、腸内環境改善にも期待できておすすめです。
人気があるキャットフードなので口コミ数も多く、購入もしやすくなっています。

これから新しくキャットフードを購入しようとしている飼い主さんはぜひ、アーテミスのキャットフードをチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ア二モンダのキャットフードの成分や効果を徹底調査

ア二モンダのキャットフードの成分や効果を徹底調査

猫の健やかな生活の土台になるのは毎日の食事です。
昔は猫に人間の食事を与える家庭も少なくありませんでしたが、猫に必要な栄養やカロリーは人間とは違うことが広く知られるようになり、今では良質なキャットフードを与えるべきだと認識されるようになってきました。

中にはキャットフード選びにこだわりを持たない飼い主さんもいます。
たしかに猫は人間の食べ物でも割と何でも食べてくれる傾向がありますが、猫に健やかで長生きして欲しいならできれば毎日の食事にはこだわって、良質なキャットフードを与えてあげたいものです。

今回は「選べといわれてもどのメーカー、どのキャットフードが良いのかわからない」という飼い主さん向けに、有名ブランド、アニモンダの人気キャットフードについてご紹介していきたいと思います。

アニモンダはドイツの最大手メーカー

アニモンダとはドイツのキャットフード(それからドッグフード)メーカーのことです。
ドイツでは有名企業で、日本の愛猫家の間でも非常に評判の良いメーカーです。
中にはこのメーカーのキャットフードだけを購入するというこだわりを持った愛猫家もいます。

種類も多く、高品質。
それに日本のペットショップで普通に購入できるので身近です。
身近にある高級品。
まさにそんなイメージがぴったりのキャットフードを取り扱っています。

アニモンダは高品質のキャットフードを公言している

アニモンダのキャットフードの売りは何といっても高品質と原材料や栄養価へのこだわりです。
使用する原材料は厳しい基準の元選ばれ、厳選管理されています。
鮮度の良いお肉を使用するのはもちろん、本来肉食の猫に向けてお肉多めの配合になっているので、食いつきが良くなりやすいというメリットもあります。

そして何より安心なのは不要な添加物や人工着色料を使用していないところです!
人間の体にも良くないことで知られている添加物や人工着色料は、もちろん猫の体にもよくありません。
そんな添加物、そして塩や砂糖といった調味料についてもきちんと考えて作られているので、大切なお家の猫にも安心して与えることができます。

おいしそうな名前のキャットフードが特徴

アニモンダのキャットフードでスタンダードなのは「フォムファインステン」というシリーズ。
ちなみにフォムファインステンとは、ドイツ語で「最高級」という意味です。
その名の通り、厳選した最高級の原材料を使って作られています。

ウェットフードとドライフード両方のタイプを取り揃えていますが、人気なのはお手頃で与えやすいドライフードタイプ。
特別なビタミンの組み合わせ、そして有効成分の配合で、猫の体に必要な栄養をバランスよく補うことができます。

しかも、このキャットフードは猫の歯のクリーニングをサポートするという特徴も持ち、毎日食べさせながら体の中だけではなく併せてお口の中もケアしてあげることができます。

どんな種類があるの?

アニモンダのキャットフードの種類について知りたい猫

「フォムファインステン」シリーズでスタンダード、そして高い人気を誇るドライフードのタイプをピックアップしていきます。

★★成猫用★★

成猫になった猫に必要な栄養を効率良く補える配合を徹底して製造されているタイプのキャットフードです。
毛玉や腸内環境の改善にも期待できるので、お腹が弱い猫にも安心して与えることができます。

・スタンダードタイプ

・トラウトミックス

・グランディス

・グレインフリー

★★子猫用★★

・キトン
子猫用なのでカロリーは他の種類と比べて一番高めになっています。
子猫の体の成長をサポートする配合です。

★★シニア猫用★★

・シニア
シニア猫用に脂肪分の配合を減らしタンパク質を増やす調整をされているキャットフードです。
シニア猫の体重維持をサポートします。

★★去勢・避妊猫用★★

・ライト
去勢・避妊猫用なので、カロリーは他の種類と比べて低めです。
去勢・避妊をした猫はホルモン系のバランスに変化を及ぼしているため、特別な栄養管理をしてあげたほうが良いのです。
こちらのタイプはそのような猫に向けて調整された配合になっています。

成分は?

鶏肉、ライス、コーン、魚油、鳥レバー等をバランス良く配合し、ビタミンやミネラルを猫の健康サポートのために効率よく補える作りになっています。
ただし「グレインフリー」タイプについては、穀物は不使用です。

グレインフリータイプって?

グレインフリーとは、人間の食事管理の際にも耳にすることがありますが、穀物不使用という意味です。

人間の場合だとグレインフリーにこだわる人の割合はそれほど多くないかもしれませんが、愛猫家さんの場合は猫の食事についてグレインフリーにこだわる方がとても多いです。

そして特にここ最近はその傾向が強く「グレインフリーのものしか与えない」という方もいます。

どうしてかというと、猫が元々肉食の動物だからです。
穀物の消化が不得意な猫もいれば、それから中にはアレルギーを発症するリスクのある猫もいます。
そのような猫の特性からみて、グレインフリー人気は高まってきていますが、飼っている猫のご飯について迷うなら、いっそ獣医さんに相談に乗ってもらうのも1つの方法です。

猫の食いつきはどう?

アニモンダのキャットフードは原材料のお肉にこだわりがあるキャットフードで、そして人間がかいでもけっこう良い香りがします。だからなのか、猫の食いつきもよくなることが多いです。

猫はもともと肉食動物なのでやはり良質なお肉が嬉しいのでしょうか。

ちなみに特にお肉好き要素の強い猫ちゃんはグレインフリータイプを好む子が多いようです。
普段与えているキャットフードの食いつきが悪くて悩んでいる・・・という飼い主さんは、もし与えているキャットフードが穀物入りのものなら、グレインフリーのものに換えて試してみるのもおすすめです。

アニモンダのキャットフード「フォムファインステン」は人気があって食いつきが良いことで知られるシリーズなので、これのグレインフリータイプはけっこうおすすめです。

どんな猫に向いている?

アニモンダのキャットフードは子猫、成猫、シニア猫、去勢・避妊猫全てのタイプの猫と幅広く相性の良いキャットフードだといえます。
また、穀物が苦手な猫にもグレインフリータイプがあるので相性が良いと思います。

猫のタイプ・状態によって、与えるキャットフードを選べる。
選択肢が幅広いこともアニモンダのキャットフードの魅力だといえるのではないでしょうか。

今回はドライフードについて詳しくご紹介しましたが、ウェットフードも豊富なラインナップを取り揃えていて、様々なニーズに合わせて与えることが可能です。

きっとお家の猫と相性の良いキャットフードをみつけられるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ドイツの有名メーカー、アニモンダのキャットフードについてご紹介しました。
高品質で安全性の高いキャットフードで愛猫家からの評判は良く、そしてペットショップでも手軽に購入できるのが魅力です。

今まで与えてきたキャットフードの食いつきが悪くて新しいキャットフードの購入を検討している方も、これから猫を飼い始めるから与えるキャットフードに迷っている方も、きっと満足いただけるキャットフードなのではないかと思います。

アニモンダのキャットフードはおすすめです。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ナチュラルチョイスのキャットフードの口コミレビュー

ナチュラルチョイスのキャットフードの口コミレビュー

ペットは家族の一員です。元気に長生きして欲しいというのは全ての愛猫家の願いではないでしょうか。
人間と同じく猫ちゃんの健康の土台になるのも食べるものです。
食べ物次第・・・つまり、健康管理次第で猫ちゃんの体調も左右される可能性があるので、与えるキャットフードにはこだわりを持つことがおすすめです。

今回は、猫ちゃんに健やかに暮らしてもらうことを願うならぜひチェックして欲しい健康志向のキャットフード、ナチュラルチョイスのキャットフードについて詳しくご紹介していきたいと思います。

ナチュラルチョイスのキャットフードって?

ナチュラルチョイス待ちのねこ

厳選した自然素材を使用し、全てを自社工場で生産しているキャットフードです。
原材料に対し、独自の厳しい検査を実施し安全性の管理を重視しています。
安心安全な作りを売りにしているのはもちろん、注目なのは猫ちゃんの健康維持サポートをするキャットフードだということ。

世界のペット栄養学をリードするウォルサム研究所の研究データを基に、猫ちゃんが栄養のバランスを整えられる配合を意識して作られています。

(ウォルサム研究所:ペットの栄養学について約50年研究をリードしてきた、世界有数の科学的権威です)

どんな種類があるの?

ナチュラルチョイスは「ミートシリーズ」「フィッシュシリーズ」「スペシャルケア」の3種類の柱にわかれています。

・ミートシリーズ(室内猫専用)
「キトン チキン」「アダルト チキン」「アダルト ターキー」「エイジングケアチキン」の4種類です。
室内猫ちゃんに関するお悩みで挙がりやすい毛玉について軽減、そして便臭の軽減にも期待できます。

・フィッシュシリーズ(室内猫専用/避妊・去勢済み猫用)
「アダルト サーモン」
「アダルト 白身魚」「エイジングケア 白身魚」の3種類です。
アダルト 白身魚とエイジングケア 白身魚については避妊・去勢済みの猫ちゃん専用です。

避妊・去勢済みの猫ちゃんは、していない猫ちゃんと比べて運動量と飲水量が減りやすい傾向にあります。

運動量の低下は猫ちゃんの肥満の大きな原因になるので、低カロリーで脂質控えめなこちらの専用キャットフードを食べさせてあげることがおすすめです。

また、飲水量の低下は尿が濃くなり尿石を形成しやすくなるので、ビタミンCを配合して猫ちゃん尿路の健康維持にもサポートします。

・スペシャルケア(特別なニーズに合わせたキャットフード)
「アダルト チキン(減量用)」
「アダルト チキン(食にこだわる猫用)」
「アダルト チキン(毛玉トータルケア)
「アダルト ダック(穀物フリー)」
「アダルト サーモン(穀物フリー)」
こちらの5種類です。

スペシャルケアは目的が細分化されているので、お家の猫ちゃんの体に合わせて選んであげることができます。

ナチュラルチョイスと一括りにしてもこのように豊富な種類からピッタリのものを選べるのが魅力だといえます。

原材料が気になる

ナチュラルチョイスという名前からは猫ちゃんの健康にとっても良さそうなイメージを受けますが、本当に良いのか飼い主さんとしては不安になってしまいますよね。

気になる原材料をチェックしていきたいと思います。

ナチュラルチョイスでは、玄米、エンドウタンパク、そしてシリーズと種類によって厳選されたお肉やお魚を使用。
そしてもちろん猫ちゃんのために欠かせないビタミン類、ミネラル類も豊富に配合されています。

猫ちゃんに必要な栄養を、食べればしっかりバランス良く補えるので、飼い主さんも安心できるキャットフードだといえます。
ナチュラルチョイスの製造の際には、お肉やお魚といった使われる素材の本来の味、旨味を活かす製法で作られているのでグルメな猫ちゃんにもきっと満足していただける製品です。

子猫にも食べさせていい?

ナチュラルチョイスは子猫から老猫まで対応したラインナップになっているので、もちろん子猫にもOK

中には人間と同じ食べ物を子猫のうちから与えてしまう方もいますが、人間と猫ちゃんでは必要なカロリーも栄養素も違います。
猫ちゃんが人間用のメニューに慣れてそちらを好むようにならないために、子猫のうちからきちんとキャットフードを与えてあげることが大切になります。

栄養バランスが良くて、おいしいナチュラルチョイスならおいしく食べながら猫ちゃんを健康的にサポートしてあげることができます。

猫がアレルギーを発症するリスクが下がるって本当?

猫ちゃんがアレルギーで苦しむ姿をみると飼い主さんなら心が苦しくなりますよね。
人間と同じく猫ちゃんも何でアレルギーを発症するか100%予想をするのは難しいですが、猫ちゃんのアレルギーで多いのが穀物系のアレルギーです。

アレルギー発症リスクを下げていきたいなら、まず、穀物フリーにするのが無難です。
ナチュラルチョイスの場合、スペシャルケアシリーズのアダルト ダック、アダルト サーモンがこれに当たります。

猫ちゃんの種類の原産国が海外の場合、先祖的にお魚を食べる習慣がなかった種類もあるので無難なのはアダルト ダックのほうかと思われます。
それに全体的に猫ちゃんはお肉を好む子のほうが多いみたいです。日本で飼われている猫ちゃんも、海外にルーツを持つ種類の子が人気になってきたからでしょうか。

猫ちゃんのアレルギーリスクに強い不安を感じている飼い主さんは、念のため獣医さんに相談してから種類を選んで購入するようにすると安心できるのでおすすめです。

口コミの良い評価について

・がつがつ食べてくれた。
・毛のツヤがアップした。
・便のニオイが改善された。
・成分が良いので飼い主としては安心。

上記のように、たくさん食べてくれることや、体調が良くなったことが口コミの良い評価で多い意見です。

口コミの悪い評価について

・あまり食べてくれない

ナチュラルチョイスの口コミの悪い評価で挙がるのはこちらです。
他のタイプの悪い評価はあまりなく、そもそも悪い評価自体が少数です。
猫ちゃんの食があまり進まなかった場合でも、飼い主さん的には栄養バランスの良さは魅力だと感じていることが伺えます。

ミートシリーズは特に猫ちゃんに好かれやすいようなので(そもそも海外の猫ちゃんはミートしか食べないで繁栄してきた種類も多いですし)
猫ちゃんが食べてくれるか気になる場合は、ミートシリーズを選ぶと良いのではないでしょうか。

どこで買えるの?

ペットショップでの購入が基本になります。
ナチュラルチョイスは人気で取り扱っているお店が多いので、お家の近所のお店でも見つけられる確率は高くなっています。

ペットショップなら品質管理も徹底されているので安心して購入することができます。

アマゾンや楽天でも買える?

アマゾンや楽天でも取り扱われています。
それだけナチュラルチョイスの人気は揺るぎないものだということではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
昔は猫ちゃんに人間と同じ食事を与えるご家庭も珍しくありませんでしたが、今は猫ちゃんの健康に関する研究も進み、それよりはキャットフードで健康管理してあげることが大切だと認識されるようになりました。

キャットフードも「食べてくれるなら何でも良い」ではなく、猫ちゃんの体のことを考えて作られている安心安全なものを与えてあげるほうが、猫ちゃんのためにも、そして猫ちゃんに長生きして欲しい飼い主さんのためにもなるといえます。

キャットフードはしっかり良いものを選んでいきましょう。
ナチュラルチョイスは実績も豊富で、海外でも日本でも人気が高く、信頼感があるのでおすすめです。

愛猫家の飼い主さんはぜひチェックしてみてくださいね。