ペット

ジャガー無添加で安全なプレミアムキットフードの成分や評判を分析

ジャガー無添加で安全なプレミアムキットフード

[char no=”3″ char=”博士”]今回はジャガーキャットフードの紹介をするよ[/char]

[char no=”4″ char=”ねこ”]博士、ジャガーは品質がかなりよくて人間も食べれちゃうって本当なの?[/char]

[char no=”3″ char=”博士”]いい質問だね。モグモグ[/char]

[char no=”4″ char=”ねこ”]博士なに食べてるの?[/char]

[char no=”3″ char=”博士”]いや中々美味しいキャットフードだなと思ってね。栄養バランスもいいし、今日のおかずにでもしようかなと[/char]

[char no=”4″ char=”ねこ”]ちょっと博士しっかりしてよ‥最近、キャットフードばかり食べて人間用のご飯は食べてないじゃない。今回はジャガーの栄養成分をキチンと調べてくれたのと、後はなにを調べてくれたの?[/char]

[char no=”3″ char=”博士”]ごめんごめん。(最近、ねこの方が私よりしっかりしてきちゃったな。まいったねこりゃ)今回はねこにおススメのカナガンキャットフードと新製品のジャガーを分かりやすく比較してジャガーの良さを伝えてみようと思うよ[/char]

[char no=”4″ char=”ねこ”]わー(*^。^*)楽しみだー。ざっくり知りたい人はすぐ下にある目次をチェックしてみて下さいねー。すぐ下にある赤いボタンからも公式サイトに飛べるのでそっちも要チェックやで![/char]

ジャガーの購入やお試しをしたい方は下記ボタンからチェックして下さい。

 

カナガンについて再チェックしたい方はこちらを確認

日本ではあまりなじみのないジャガーとは、どのようなキャットフードなのでしょうか。
今回はジャガーの成分分析、口コミまとめ、さらに最強キャットフード「カナガン」と徹底比較してその魅力に迫ります。

プレミアムフード界の新星「ジャガー」とは

2016年7月上旬に突如として現れたジャガーは、とんでもなくプレミアムでデラックスなキャットフードです。
公式ホームページにはおいしそうな食材がずらっと並んだ写真が載っています。
原料はすべて人間と同じ(ヒューマングレード)食材で、すべて新鮮です。
さらに猫ちゃんの体に最適な栄養バランスでいい事尽くめです。
我々人間でも「これ食べたい!」と思ってしまうほど、贅沢の限りを尽くしているではありませんか。

ジャガーの生産者は「クリスチャン・デグナー(Christian Degner-Elsner)」氏です。
彼はイギリスのペットフード界で成功を収めた人物として Wikipedia にも掲載されています。
彼はもともとペットフードを販売する企業を経営していました。
品質より利益を追求するようになった自社を売却し、高品質なキャットフードのみ生産する会社を新たに立ち上げたのです。
そこで愛する猫ちゃんの食事を生活の一部と考え、考案されたのが「ジャガー」というキャットフードです。

ジャガーは「海外でも人気」は本当なのか?
ジャガーはイギリスから輸入されているキャットフードです。
輸入されるキャットフードは、口コミやレビューサイトに「海外で人気」と書かれてることが多いですよね。
そこで輸入製品であるジャガー本当に海外で人気なのか、大手通販サイトで確かめてみました。

ジャガーは海外の通販サイトで「ESSENTIAL FOODS The Jaguar Cat Food」として販売されていました。
評価は、5段階評価の 4.6 と本当に高評価されています。
海外での評価は以下のようになっていました。

・ロイヤルカナンから切り替えたら毛並みが超よくなったわ!
・ちょっと高いけど、栄養満点だから問題ないよ!
・食にうるさいうちの子たちのお気に入りなの!
・我が家の大大大ヒット!

結論として、ジャガーは海外で大人気でした。

これは文句なしの「広告に嘘偽りなし」です。
日本での発売はまだ日が浅くレビューが少ないのが現状ですが、今後は人気が伸びていく可能性を大いに秘めています。

 ジャガーにはこんな素材が使われている!

ジャガーの原料を一言で表すならば「贅沢」です。
仕入れた原料はキッチンに運ばれる前に鮮度チェックを受け、新鮮と判断された食材のみ使用されます。
その食材の中には、我々人間でも毎日食べられないような高級食材が含まれているのです。
ジャガーに使用される特徴的な食材は以下の通りです。

・マルベリー(桑の実)
マルベリーは美容・健康成分が多く含まれるため、スーパーフードとして大注目の食材です。
その特徴は、血圧の上昇を抑える「カリウム」や抗酸化作用のある「ビタミンC」丈夫な骨を作る「カルシウム」が豊富なことです。
他にも抗酸化作用に優れた「ポリフェノール」が豊富なため、アレルギー症状を抑え、健康な皮膚・丈夫な毛細血管を育み、さらに肥満を抑制する効果も期待されます。

 

・クランベリー/ブルーベリー
クランベリーとブルーベリーも美容に良いとされる食物です。
マルベリー同様、ポリフェノールが多く含まれています。
とくに「プロアントシアニジン」と呼ばれる成分は抗酸化作用と毒素を排出する力が強いため、歯周病の予防や腎機能・肝機能の改善効果が期待できます。
ブルーベリーは視力回復効果でおなじみの食品です。
また、クランベリーに含まれる「キナ酸」は猫ちゃんに多い尿路結石を予防する効果があります。

 

・朝鮮ニンジン
漢方薬として使用されることが多い朝鮮ニンジンは、血行促進効果や抗酸化作用に優れる「サポニン」が多く含まれています。
脂肪の吸収を抑え、貧血や低血圧を改善し、さらにストレスを緩和する、素晴らしい食材です。

 

・カモ肉
カモ肉は豚肉や牛肉とは違い、常温でサラサラな「不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)」を多く含みます。
不飽和脂肪酸はコレステロール値の上昇を抑え、血液をサラサラにしてくれます。
カモ肉は口溶けがよく、その「とろける食感」がジャガーのおいしさにつながっているようです。

 

・フレッシュサーモン
カモ肉同様、不飽和脂肪酸が多く含まれています。
とくに「DHA」は頭が良くなると言われるように脳機能に栄養を与えます。
そして「EPA」は動脈硬化・アレルギー症状の抑制と中性脂肪を減らす効果があります。
肉よりもヘルシーでカロリーが低い動物性たんぱく質として、非常に優秀な食材です。

 

・生姜
キャットフードに使用されることが少ない生姜ですが、生姜を使用することにより血行促進・免疫力向上・殺菌作用による抗アレルギー効果が期待できます。
そのほか、胃腸の働きを助け消化吸収を高める効果もあり、猫ちゃんのお通じ運動を活発化させてくれます。

このように、ジャガーは人間でも日常的に食べられないような食材をふんだんに使用しています。
我々人間の場合、農林水産省が定めた「健康のための食生活指針」のなかで「一日30食品を目標として食事をする」ことが理想的とされています。
なんと、ジャガーはたったひとつのキャットフードでこの目標を達成しているのです。
ジャガーはたくさんの食材を使用し、栄養バランスの良い食事を実現していました。

ジャガーは血糖値コントロールに最適!

ジャガーはアレルギー・関節ケア・毛並みケアなど、用途が多数考えられます。
なかでも、一般総合栄養食であるにもかかわらず血糖値のコントロールに優れている点が特徴として挙げられます。
なんとジャガーは食前食後で血糖値の変化がほとんどありません。

 

人間も猫ちゃんも、食事からエネルギー源である糖質を摂取しています。
しかし、糖質の多い食事は血糖値を急激に上げてしまうのです。
血液中に糖が増えすぎると血液が濃くなり、血圧の上昇や脱水症状を起こします。
高血糖は糖尿病に直結し、糖尿病は一度患うと完治が難しい病気です。
糖尿病の合併症として腎不全や肝硬変などを発症すると、あっという間に命を落としてしまいます。
これら高血糖による健康リスクを減らすため、ジャガーは糖質の多いでんぷんを最大限抑えています。
でんぷんの使用を抑えたことにより、食事の前後で血糖値がほぼ変化しない優れたキャットフードを作り出すことに成功しています。

ジャガーはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ジャガーはオールステージ対象でカロリー高めな設計のため、生後2か月頃から与えることが可能です。
そのため、年齢によりおすすめ度が変わることがありません。
幼猫に与える際は、少しだけふやかしてあげると食べやすくなります。

ふやかし方はこちらで確認→子猫にキャットフードをお湯でふやかして食べさせてあげる方法
不妊手術後の猫ちゃんやシニア猫ちゃんはカロリーのコントロールが必要なため、計量してから与えるようにしましょう。
良質なたんぱく質が強い筋肉と美しい毛並み作り、タウリンが健康な体と目を育て、豊富な鉄分とミネラルにより丈夫な骨を作ります。
幼猫から栄養バランスの優れたジャガーを与えることで、丈夫で健康な体を作ることができます。

最強のキャットフード・カナガンVSキャットフードの大型新星ジャガー

プレミアムキャットフードを探している方が一度は目にする「カナガン」というキャットフードがあります。
カナガンは優れた原料と栄養バランス・食いつきの良さから、現状最強のキャットフードと言えます。
そこで高級食材を贅沢に使用したジャガーと最強のキャットフード・カナガンを徹底比較してみました。

カナガンについてより詳しく知りたい方はこちら→カナガンキャットフードがおススメな理由と通販で買った方がお得な理由

【ROUND1】成分とカロリー

栄養成分 カナガン ジャガー
粗タンパク質 37%  40%
脂質 20% 20%
粗灰分 9% 9%
粗繊維 2% 3%(米国サイトでは10%)
タウリン 2200mg 2000mg
水分 7% 公式サイトに記載なし
ビタミンA 25,000IU/kg 26,000IU/kg
ビタミンD  1,730IU/kg(=0.04325mg/kg) 300mg/kg
ナトリウム  0% 0.6mg(%の記載なし)
カリウム  1% 0.95mg(%の記載なし)
カロリー 390kcal  384kcal

(※注:一部表記がない成分を省略しています)

まずは成分とカロリーを見ていきましょう。
カナガンとジャガーは製造元が異なるため、成分表示の方法も異なります。
ジャガーに記載のない成分も必ず含まれているため、ご安心ください。
粗たんぱく・粗繊維はジャガーのほうが多く含まれている結果となりました。
猫ちゃんの丈夫な体を作るタウリンは、カナガンに多く含まれています。
一方、皮膚や目を健康に保つビタミンAはジャガーに多く含まれています。
カロリーは原料がシンプルなカナガンがジャガーにわずか 6kcal 勝る結果となりました。
総合的に見ると、どちらも栄養バランスが良く優劣をつけがたい印象です。

 

【ROUND2】原料

次に原料からどちらが優れているか比較していきます。

公式サイトに記載されているカナガンのセールスポイントは以下の4つです。

・新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用
・タウリン 2,200mg/kg 配合
・グレインフリー(穀物不使用)なので、高タンパク・低炭水化物
・野菜やハーブも配合されてヘルシー

 

それに対しジャガーのセールスポイントは以下の4つです。

・食材はすべてヒューマングレード
・こだわりの食材を使用
・チキン・カモ肉・サーモンを使用し動物性たんぱく質80%以上
・安心のグレインフリー(穀物不使用)

この2つのキャットフードに共通しているのは、どちらもヒューマングレードの食材している点とグレインフリーな点、野菜やハーブを使用している点です。
差をつける部分として、カナガンの主原料はフレッシュチキンのみ、ジャガーはフレッシュチキンとカモ肉、サーモンと複数の動物性たんぱく質を組み合わせています。
カナガンはシンプルな原料で一粒一粒に栄養をぎゅっと閉じ込める設計、ジャガーはたくさんの食材からたくさんの栄養を摂る設計になっているようです。

 

ジャガーの原料で気になるのは、猫ちゃんが分解酵素を持たないオレンジが含まれている点です。
この点について販売元へ問い合わせたところ「オレンジはビタミンを摂るために配合されているが、ごく少量のため健康被害が起こる可能性は低い」との回答がありました。
また、国内で販売されるジャガーと原産国であるイギリスで販売されるジャガーは原料と成分が異なっています。
リニューアルによるものなのか、日本向けに改良されたものか定かではありませんが、栄養価と原料を見る限り問題はないようです。
逆にカナガンは不安材料が無い点が高評価です。

【ROUND3】保存料

カナガン・ジャガーともに無添加のため、安心して猫ちゃんに与えられます。
酸化防止剤も天然のハーブを使用しており、開封後はなるべく早めに使い切る必要があります。
ジャガーは酸化防止のためチャックとマジックテープ構造でパッケージにひと工夫見られました。
このパッケージの工夫はユーザーからすると大変うれしいものです。
一方カナガンはチャック・マジックテープなしのため、封を切ったらプラスチック容器に小分けし、冷蔵や冷凍保存する必要があります。

 

【ROUND4】値段

  • カナガンは 3,960 円/1.5kg(1袋)=1g あたり 2.64 円
  • ジャガーは 4,280 円/1.5kg(1袋)=1g あたり 2.85 円

どちらも安いとは言い難いですが、値段相応のとても良い材料を使用していることを考えれば妥当とも言えます。
特にジャガーは高級食材をふんだんに使用しているため、その分値が張るようです。
この2つのキャットフードを価格で比較するのは大変難しいことが分かりました。

・食いつき

カナガンとジャガーの口コミから、どちらがよりおいしく食いつきが良いか探っていきます。

【カナガンの口コミ】
・少しにおいがきつく感じたけれど、1口食べたら夢中で食べ始めた
・本当によく食べるのでフードジプシーが終わった!
・よほどおいしいらしく皿が空っぽ

 

カナガンのレビューでは「匂いがきつい」と書かれることが多いのですが、この香りこそが猫ちゃんの興味を引くもとになっているようです。
市販のキャットフードを食べ便通が悪かった猫ちゃんが、カナガンに切り替えてから立派なうんちをするようになったという喜びの声も見られました。
その食いつきの良さから試食してみる飼い主さんが続出しており、試食した感想は「少し酸味があって濃厚な味」だそうです。

 

【ジャガーの口コミ】
・がつがつ食べる
・ほかのフードを並べて置いておいたらジャガーだけ無くなった
・程よい硬さとドーナツ型の粒がオーラルケアによさそう

 

ジャガーも匂いがきつめですが、公式ホームページによると「チキンやサーモンといった素材本来の香りが飼い主さんにはきつく感じられる」とのことです。

ロイヤルカナン ステアライズド アペタイト コントロールやヤラーオーガニックと同じドーナツ型の粒が特徴で、このかわいらしい形状が好まれています。
粒がやや小さく、一気食いする猫ちゃんが多いようですが、それでも下痢や嘔吐する子が少ない心を見ると吸収率が高いことがうかがえます。

【FINAL ROUND】

ずばりどちらが優れているのか
結論から言うと「甲乙つけがたくどちらも超優秀」です。
カナガンは「本当に高品質なペットフードを作りたい」という思いが、ジャガーは「“手の届く贅沢”」をテーマとして猫ちゃんと飼い主さんに心地良く幸せなライフスタイルを提供したいという思いが込められています。
この理念に違いによりキャットフードのレシピが異なります。
どちらかが優れていてどちらかが劣るという事はありません。

 

この2つのいずれかを選ぶとすれば、チキンが好きな猫ちゃんはカナガンを、たくさんの食物からたんぱく質を取りたい猫ちゃんはジャガーを選ぶと良いです。
カロリーに大幅な差がなく、カナガンを食べて猫ちゃんが太ったりしていなければジャガーでも心配ありません。

 

「ジャガーを試したいけど値段が少し高いしなあ…」と考えてしまう飼い主さんがかなり多いのではないでしょうか。
さすがに値切る訳にはいかないため、販売元へ価格について問い合わせました。
もしカナガンを定期購入している場合、ジャガーに切り替えても優待価格で購入できるそうです。

■ジャガーの魅力まとめ

海外でも大人気、販売開始から間もない国内でも高評価なジャガーの魅力をまとめると、以下のようになりました。

・グレインフリー・無添加、さらに高たんぱく
・自社工場で生産、製造過程で2度のチェックがあるので安心
・栄養バランスの良いレシピで子猫からシニアまでおいしく食べられる
・原料はすべてヒューマングレードかつ鮮度の良い食材のみを使用
・マルベリーや朝鮮ニンジンなどの高級食材を使用
・チキンやカモ肉で口どけの良いおいしさを実現
・免疫力向上やお通じの活発化など健康を促進する効果が期待できる
・猫ちゃんの好む香りで食いつき抜群

■まとめ

いかがでしたか。
今回は国内で販売が始まったばかりの超新星・ジャガーをご紹介しました。
ジャガーを分析した結果、原料・成分ともに非常に良好です。
この「手に届く贅沢」をぜひお試しくださいね。

ジャガーのお試し購入や公式サイトが気になる方は下記ボタンをご覧ください。

 

キャットフードを一日に与える回数と猫に水を上手に飲ませる方法

キャットフードを一日に与える回数

 

[char no=”3″ char=”博士”]

猫ちゃんの食事は一日何回が望ましいのでしょうか。
ライフステージ別の上手な給餌方法と給水方法をご紹介します。

[/char]

キャットフードを与える最適な回数とは

[char no=”4″ char=”ねこ”]年齢によって食事の回数が違うんだよ。

人間も子供のうちの方が沢山食べるよね。ねこも段々食事の量が減ってくよ[/char]

猫ちゃんの月齢・年齢により食事の回数と量が変化します。
成長期・成猫期・シニア期に分けてご説明します。

koneko

【子猫(成長期)】
生後間もない子猫から1歳になるまでの子猫の食事回数は3~6回です。
離乳前の子猫はおよそ3~4時間おきの授乳が必要のため、食事回数が6~8回程度になります。
離乳食が始まった子猫の食事回数は4~5回が望ましいです。
離乳完了した子猫はミルクの栄養に頼らず、固形の食事のみで体に必要な栄養を摂らなければいけないため、膨大なカロリーを要します。
離乳完了後は3~4回の食事でキャットフードをたくさん食べてもらいましょう。

 

【成猫】
猫ちゃんは1歳を超えると立派な成猫です。
成猫期に突入すると、猫ちゃんの人生ならぬ猫生にも様々なイベントが訪れます。

妊娠を望まない猫ちゃんは不妊手術を受けることになります。
オスの猫ちゃんもメスの猫ちゃんも、不妊手術後は太りやすくなるため食事の回数は 2 回に減ります。
食事の回数を減らすだけではなく、食事内容も成長期の子猫とは変えなければいけません。
高たんぱく高カロリーのキャットフードを与える場合、給餌量を10%程度減らしましょう。

不妊手術を受けず妊娠した猫ちゃんの場合、妊娠期間と授乳期間はたくさんの栄養が必要となるため、食事の回数を3~4回にしましょう。

ラグドール・ペルシャ・ノルウェージャンフォレストキャットなど大型の猫ちゃんは体が成長する間まで3~5年ほどかかります。
1歳を過ぎても高たんぱく高カロリーの食事を続けるよう心がけてくださいね。
【シニア猫】
シニア猫は運動量も必要カロリーも減るため、食事回数は1~2 回です。
しかし、自力で食事をとることができない猫ちゃんの場合、飼い主さんの手助けが必要になります。
その場合、食事回数を増やし少しでも栄養を摂ってもらうため、食事回数を4~6回程度に増やしましょう。

置き餌?定時ごはん?食事の与え方はどちらベストなのか

猫ちゃんはもともと決められた時間に食事をとる生き物ではありません。
そのためキャットフードを与えてもすぐに食べず、気が向いたときに食べます。
そこで好きな時にご飯が食べられる「置き餌」と決められた時間にご飯を与える「定時ごはん」のメリットとデメリットをお伝えします。
【置き餌派】
本来猫は単独でネズミやスズメを狩るため、狩りが成功した回数だけ食事をします。
置き餌の場合、猫ちゃんの好きな時間にご飯を食べられるため、猫ちゃんの生活に適した給餌方法と言えます。

しかし、考えてみてください。
パリパリでおいしいおせんべいを1時間、2時間、3時間と放置すると、しわしわでおいしくなくなったという経験がありませんか。
それは、キャットフードも同じなのです。
時間が経つにつれ風味が飛び、湿気でぼそぼそになるだけではなく、何より「酸化」してしまうため品質そのものが低下します。
置き餌をする場合、一時間に1回程度新しいキャットフードに取り換える必要があります。

 

○置き餌派の意見
・元野良猫で食への執着がひどく、常にご飯を置いている
・衛生面に気を付けて一口分だけ置いているが、健康被害はない
・置き餌と言っても数日分置いているわけではないので、猫ちゃんは普通に食べている

 

【定時ごはん派】
決まった時間に給餌することで、次の食事までの間内臓を休め、おしっこの pH を整える効果があります。
おしっこの pH を調整することで猫に多い下部尿路結石を予防する効果があると言われています。
猫ちゃんの食事量も正確に把握することができ、食生活をただす意味でも定時にご飯を与えることは良いこととされています。

逆に時間を決めて食事を与えることで「今を逃せばしばらく食べられない」と焦り、急いで食べてしまう猫ちゃんもいます。
慌てて一気にキャットフードを食べると、嘔吐しやすくなります。

○定時ごはん派の意見
・食事の時間を決め、健康に気を付けている
・尿路結石が怖いので置き餌しない
・お医者様から一日2回と決められたため、それを守っている
・ご飯を欲しがって鳴くけれど、そのうちおとなしくなる

【どっちがいいの?】

猫ちゃんの体質や性格によるため、どちらが良いと決めつけることはできません。
定時に食事を与えることは、何より愛猫の健康を思いやるからこそです。
しかし、食が細いシニア猫ちゃんに決まった時間・決まった量の食事を強いるのは、なにか違いますよね。
複数回の食事が必要な猫ちゃんの場合、猫ちゃんから催促があった場合や時間を見て、飼い主さんが食事をコントロールしてあげる方法が望ましいです。
衛生面の管理ができないならば、置き餌をすべきではないと言えます。

 

水にも与え方があるの?

人間も猫ちゃんも食事後に水分が欲しくなります。
あまり水を飲まない猫ちゃんだからこそ、飼い主さんは「うちの子しっかり水を飲んでいるのかしら」と心配してしまいますよね。
猫ちゃんに上手に水を与えるにはどうしたらよいでしょうか。

 

【水飲みボウル派】
給水と言えば水飲みボウルです。
デザインはかわいらしいものから機能性重視まで様々あり、ポピュラーな方法と言えます。
ボウルを床に置くとほこりが入りやすいため、ほこりが入らないよう工夫が必要です。
場所によっては飼い主さんが足を引っかけてしまう事もしばしばあるため、置き場には十分注意しましょう。

水とねこ

この子の場合はボウルを嫌がったので人間用のコップで水をあげてみました。

【ボトル給水派】
ペットショップから迎えた猫ちゃんに多いのが、ボトル給水です。
ボトル給水器は器をひっくり返して水をこぼしてしまう心配がありません。
ボトルが密封されているため、ほこりが入らず衛生的です。
しかし、子猫の時期からボトル給水器に慣らしていないと、使い方を教えても覚えず嫌がる猫ちゃんが多いです。
【循環給水器派】
衛生面で最強の給水器と言えば循環式給水器です。
内部に水をきれいに保つフィルターが付いており、いつでもきれいなお水を飲むことが可能です。

しかしメンテナンスフリーというわけではなく、週に一度は内部洗浄を行う必要があります。
循環式給水器は電動のため電気代がかかり、モーター音を怖がりあまり近づかない猫ちゃんもいるようです。
猫ちゃんが怖がることに関して給水器メーカーによると、慣れるまで従来の給水器と併用するよう説明しています。

猫ちゃんが上手に水を飲むポイントとは

猫ちゃんがあまり水を飲んでくれないときに試したいことを3つご紹介します。

 

・給水所(給水器)を複数設置する
給水所を1か所しか設置しない場合、その給水所が汚れていたり水が入っていないと猫ちゃんは水分を補給できません。
給水所を複数に分けることでそのリスクを減らすことができます。
猫ちゃんは用意された水より自分で見つけた水を好む傾向があるようです。
「どうしてこんなところに?」と思うような場所に給水所を設置してみるのも一つの方法です。

 

・高さを変えてみる
低いところに給水器を置くと、どうしても不衛生になりがちです。
わずかな段差でも、やや高い位置に置いた給水器からであれば水を飲んでくれる可能性があります。
餌場にも同じことが言えるため、キャットフードをなかなか食べてくれない場合も少し高めの餌場を作ってあげると良いでしょう。

 

・温度を変えてみる
特に夏場はキンキンに冷えたお水を飲んでほしいと用意してしまいがちです。
しかし、冷たい水を好む猫ちゃんもいればぬるま湯を好む猫ちゃんもいます。
冷たい水を飲んでくれないようであれば、ややぬるめの水に変えてみましょう。

まとめ

今回はキャットフードとお水を上手に与える方法をご紹介しました。
月齢・年齢が低いほど給餌回数は多く、成猫期の給餌回数が1~2回と少なくなります。
お水は猫ちゃんの好みに合った給水所を設置し、美味しくお水を飲んでもらいましょう。
食事は命の源です、猫ちゃんのライフスタイルに合った食事で長生きを目指してくださいね。

 

アズミラのキャットフードの評判と成分

アズミラのキャットフードの評判成分

普段は見かけることが少ないアズミラとは、どのようなキャットフードなのでしょうか。
アズミラの特徴と口コミをまとめました。

アズミラとは

アズミラは「ホリスティックアニマルケア」という思想の元開発されたキャットフードです。
健康志向が広まる昨今、ホリスティックフードはキャットフード界のトレンドになりつつあります。
ホリスティックとは「全体的なケア」を指す言葉です。
つまりアズミラには、広い視野から猫ちゃんの心と体の健康を推進するという目的があるのです。

また、リアルニュートリション(自然な栄養摂取)を追求し、自然界に存在しない人工着色料・人工香料・化学保存料は一切使用していません。

公式サイトの説明によると、一粒一粒に栄養が詰まっているため、給餌量が少なくて良いという特徴があるようです。
価格がお高めのキャットフードのため、給餌量が少ないというのは飼い主さんのお財布にも優しいです。
少量のキャットフードでよいという事は、消化吸収の際体にかかる負担を軽減することにもつながるため、よいポイントがたくさんあります。

アズミラのキャットフードを今すぐ購入したい方は下記からどうぞ

アズミラ(Azmira) キャットフード キャットフォーミュラ 2.26kg

新品価格
¥4,536から
(2017/6/8 18:25時点)

【成分分析】アズミラのメリットとは

健康志向なナチュラルフードのアズミラを分析してみました。
今回は「クラシックキャットフォーミュラ」を対象にしています。

 

・余計な原料を使用しない
アズミラは原料がヒューマングレードなだけでなく「ビートパルプ」などの増量剤の使用もありません。
肉副産物を使用していない点も安心できるポイントです。
さらに猫ちゃんのほぼ感じる事ができない甘味も省き、腎臓の負担になる塩も不使用です。

 

・カロリーが低い
カロリーは 340Kcal/100g と低~中程度の高さです。
オールステージ向けのキャットフードとなっていますが、成長期の子猫にはカロリーが不足しているため、別の高カロリー高たんぱくなキャットフードをおすすめします。

 

・主原料はチキン「ミール」
主原料はチキン、ではなくチキン「ミール」とやや不安な印象です。
チキンミールの後に続く原料が穀物ばかりなのも気になります。
チキンミール・穀物の次に多く使用されているのが添加された栄養のため、食物由来の栄養ではなく添加した栄養でバランスを取っていることが分かります。

 

・オメガ3脂肪酸
原料で注目すべきはフラックスシードとメンハーデンフィッシュミールです。
スーパーフードとして女性に大人気のフラックスシードは、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、健康な皮膚と毛並みを作り出すほか、腹持ちを良くする効果とお通じ運動を活発化される2種類の食物繊維を豊富かつバランスよく含んでいます。
日本では聞きなれない名前のメンハーデンフィッシュミールは「ニシンミール」を指します。
ニシンミールもフラックスシードと同じくオメガ3脂肪酸を豊富に含みます。
丈夫な骨を作るカルシウムや、オメガ3脂肪酸と同じく美しい毛並みや健康な皮膚を保つビタミンAも豊富です。

 

・乳清
そしてアズミラには特徴的な原料「乾燥乳清」が使用されています。
乳清(ホエー)は必須アミノ酸を多く含み、健康な皮膚・毛並みを保つだけではなく、抗酸化作用に優れ、さらにリラックス効果まで期待できるのです。

 

・ユッカシジゲラ抽出物、パセリ
ユッカシジゲラ抽出物とパセリには消臭・整腸効果があり、猫ちゃんのお通じ運動を活性化してくれます。
アズミラを与えることでうんちの匂いが緩和されたという飼い主さんが多く、効果は抜群のようです。
■【成分分析】アズミラのデメリット
良いところが多くとても評価できるキャットフードですが、このような気になる側面もあります。

 

・「ミール」の多用
アズミラと同じくプレミアムフードに分類される他社製品ではミールを主原料とすることが非常に少ないです。
例を挙げるならば、カナガンは「新鮮チキン」シンプリーは「新鮮サーモン」オリジンは「新鮮骨なしチキン」をそれぞれ使用しています。
特にインターネット上で情報収集を行っている飼い主さんであればあるほど、副産物やミールに不安を感じる傾向があります。
ミールではいくらヒューマングレードと言えども原料の鮮度が計れず、不安感を抱いてしまいます。

 

・カロリー不足
オールステージ向けのキャットフードとなっていますが、成長期の子猫にはカロリーが不足しているため、別の高カロリー高たんぱくなキャットフードをおすすめします。
子猫には高たんぱく・高カロリーのキャットフードを与えることが望ましいです。

 

・小麦アレルギー
公式サイトでは小麦グルテンを含まないと記載されているのですが、全粒ひきわり小麦は小麦からアレルゲンであるグルテンを除いたものではありません。
何か特殊な製法でアレルゲン除去していない限りはアレルギー発症のリスクがあると考えられます。
他にもアレルギーのリスクがあると知りつつもとうもろこしを使用している点も気になります。

 

【分析評価】機能性よし、アレルギー配慮なし

ホリスティックフードだけに、その機能性はほかのキャットフードと一線を画していると言えます。
しかしアレルギー発症のリスクがあることは間違いなく、おなかの弱い猫ちゃんは別のキャットフードを与えたほうが良いでしょう。
アズミラユーザーの反応
アズミラのレビューをまとめてみました。

【評価する声】

[char no=”1″ char=”いい評判”]・あっさりしていて食べ飽きない
・うんちがつやつやしている
・十字の粒が食べ過ぎを防止してくれる[/char]

アズミラも食いつきの良さに定評があります。
一般的なキャットフードとは違い、ツンとくるきつい香りがありません。
味も非常に淡白でさっぱり系の味わいのようです。
アズミラは消化吸収が良く香りが強いほうではないため、うんちの匂いも少なくなることが予想されます。
十字の粒は理にかなっており、少量でおなかを満たしてくれます。

 

【残念な声】]

[char no=”2″ char=”悪い評価”]・アズミラに切り替えたら嘔吐するようになった
・尿路結石ができた[/char]

アズミラは口コミでの評価が高く、残念な声はほぼ見られませんでした。
嘔吐に関しては食の好みが合わなかったことやアレルギーの可能性が考えられます。
結石に関しては、アズミラを与えたせいでとは言い切れません。
マグネシウム含有量は 0.08% と一般総合栄養食の平均的な数値です。
結石は年齢が上がるごとに発生する確率が高くなるため、気になる猫ちゃんは療養食を与えたほうが良いでしょう。

 

アズミラの評判をまとめると以下のようになりました。

・きつすぎない香りと素朴な味わいで食いつきが良い

・うんちの匂いがしなくなる

・粒の形状を工夫し食べ過ぎを予防してくれる

まとめ

今回はアズミラの特徴と口コミをまとめました。
健康成分が多く、キャットフードやうんちの匂いがきつくない点が飼い主さんにとってうれしいポイントですよね。
ホリスティックフード選びの参考になれば幸いです。

 

いなばのキャットフードCIAOちゅ~るの成分を分析。評判を調査

ciaoちゅーる

 今回はCIAOちゅ~るの成分を分析し、人気の秘密を検証しました。

巷ではいなばの猫ちゃん用おやつがブームになりつつあります。

いなばCIAOシリーズとは?

当サイトでおススメしているねこのおやつは下記からご覧下さい
CIAO(チャオ)シリーズは、ツナやカレーの缶詰で有名な「いなば食品」のグループ企業である、いなばペットフード株式会社が販売するキャットフードです。
いなばのキャットフードは、ペットショップやホームセンターに必ずと言って良いほど陳列されています。
キャットフードのほか、うんちの消臭効果が実証された「ビューティフン」は、ペットフード業界で珍しい特許を取得しています。
いなばはウェットフードやおやつが主力商品ですが、なかでも「CIAOちゅ~る」は品切れを起こすほどの大人気商品です。

無添加で安全なねこのおやつ【5選】

CIAOちゅ~るは、アイドル猫ちゃんとのコラボCMでも話題を呼びました。

当サイトでおすすめのキャットフードランキングは以下を確認(無料)

キャットフードランキングこちら

原料と成分は安全?CIAOちゅ~るを分析してみた

猫ちゃんが飛びつく美味しさのCIAOちゅ~るを分析していきます。
今回は多くのフレーバーの中から「宗田かつお&かつお節」をピックアップしました。

カロリーは 約 9kcal/1本 と、体重4kgの猫ちゃんの必要カロリーがおよそ300kcalであることを考えると妥当です。
パッケージ裏面の注意書きには「1日4本を目安におやつとして与えてください」とありますが、1本以上与えるのは塩分過多・カロリー過多のため、お勧めできません。

成分表示を見てみると、およそ88%が水分です。
残り9%がたんぱく質、残り2%は脂質やビタミン・ミネラルという構成でした。
水分をあまり摂らない猫ちゃんにとって、美味しく水分を補給できるのがメリットと言えます。

主原料は宗田鰹、かつお節、かつお節エキスと非常にシンプルです。
そのシンプルさゆえに素材の味が引き立てられています。
増粘多糖類・紅麹といった発がん性の認められる原料が気になるものの、消臭効果のある緑茶成分や整腸効果のあるオリゴ糖を含むなど、そこまで悪い印象は受けませんでした。
しかし、猫ちゃんの体にとって良いかというと「良い」とは言えません。
添加物を含むことや間食であることを考えると、多用は避けるべきです。

CIAO人気の秘密とは?ちゅ~るを実際に食べてみた

パッケージを見るだけで猫ちゃんがおねだりする、ちゅ~るの魅力とは何でしょうか。
魅力を検証すべくちゅ~るを購入し、実際に食べてみました。

人間の管理人が‥笑

味が実際にどうなってるのかねこに食べてもらっても分からないので、実際にパッケージを開けて人間の私が食べて感想をつづってみます

パッケージには食欲をそそるオレンジとプレミアムなゴールドをあしらい、開封前のワクワク感を最大限に高めてくれます。
開封すると香料を使用していないにもかかわらず、かつおの良い香りが漂います。
人よりも数百倍嗅覚が優れる猫ちゃんは、この香りで食欲をそそられるようです。

いざ食べてみると、キャットフードとは思えないほど美味しい事に驚きました。
一言で表すと「ペースト状にしたツナの水煮」のようです。
かつお節のザラザラした食感はありますが、味は塩気が少なく鰹本来の味がします。
サラダドレッシングに混ぜられていても違和感のない味でした。
猫ちゃんがおねだりする理由のひとつは、この美味しさにあるようです。

ciaoちゅーる

↑実際にねこちゃんの食いつきがいいのがciaoのキャットフードです。

また、1本14グラムと猫ちゃんが食べきれる丁度いい量という点も人気のひとつです。
ちゅ~るは適量かつ食べやすいペースト状のため、ぺろっと食べてしまう猫ちゃんが多いようです。

このように、パッケージ・香り・食感・味と猫ちゃんの五感に訴えるところが猫ちゃんを惹きつけてやまない魅力なのではないでしょうか。

CIAOちゅ~るの口コミをまとめてみた

ちゅ~るの口コミををまとめてみました。
マイナス評価する口コミが非常に少ないのが印象的です。

【評価する声】
・食べている姿が可愛い
・猫ちゃんが飛んでくる
・シリンダーに詰まらない(滑らかなペースト状)
・衰弱した猫ちゃんがちゅ~るで命を繋いだ
・口内炎やシニア猫ちゃんでも食べられる

一度食べると忘れられない美味しさは、猫ちゃんをメロメロにするようです。
ちゅ~るはドライフードと違い、猫ちゃんの可愛いお顔を眺めながらおやつタイムを楽しめるのが嬉しいですね。
おやつとして与えるほか、猫ちゃんの介護用に与える飼い主さんも多いことが分かりました。

【【残念な声】
・足りない
・品切れしていることが多い
・フレーバーごとに好き嫌いする

1パックに4本しか入っていないため、あっという間に無くなってしまうという口コミが大変多かったです。
口コミを見る限り、鳥ささみ味よりマグロやかつお味を好む猫ちゃんが多いようです。
味や成分についてマイナス評価をつけている飼い主さんが少なかったことに驚きました。

【CIAOちゅ~るの評判をまとめると以下のようになりました。
・人気すぎて品切れしていることが多い
・猫ちゃんの食いつきが抜群に良い
・ペースト状で体調の悪い猫ちゃんでも食べやすい
・猫ちゃんが喜んで食べる姿が可愛い

まとめ

sheba

猫ちゃんの大好物、ちゅ~るの成分と人気の秘密をまとめました。
人気のちゅ~るですが、猫ちゃんが欲しがるままに与えては後々肥満で苦しむことになります。

ダイエットについてはこちらの記事をご覧下さい。
人も猫も間食はほどほどしましょうね。

いなばのCIAOちゅ~るの購入はこちら

チャオ (CIAO) ちゅ~る 20本まぐろほたてミックス 14g×20本入り

新品価格
¥674から
(2016/10/2 04:07時点)

 

銀のスプーンキャットフードの評判は?気になる成分を分析

銀のスプーンキャットフードの評判は

猫ちゃんの幸せを願い「銀のスプーン」と名付けられたキャットフードは、本当に猫ちゃんを幸せにしてくれるのでしょうか。
銀のスプーンの気になる成分とネット上の口コミをまとめました。

ginnosupun

銀のスプーンとは?

銀のスプーンはオムツや介護用品、マスクでおなじみのユニ・チャームが販売する国産キャットフードです。
ドライフード、ウェットフード、トッピングの3タイプに分けられ、それぞれバラエティに富んだフレーバーが用意されています。
大袋入りのキャットフードですが、頭数に合わせて 680g 、1.1kg 、1.6kg のなかから選べるようになっています。
非常にネームバリューのあるキャットフードですが、はたして成分は安全なのでしょうか。

原料と成分は安全?銀のスプーンを分析してみた!

バリエーション豊かな銀のスプーンですが、今回は「銀のスプーン 贅沢うまみ仕立て お魚づくし(以下、銀のスプーンとする。)」を分析していきます。

 

銀のスプーンは約 400kcal/100g と成猫の健康維持にちょうど良いカロリーです。
成分も AAFCO の基準を満たす、栄養バランスの良いキャットフードと言えます。

 

原材料には気になる点がいくつも見つかりました。
主原料がとうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉と記載されており、消化吸収が悪いことが予想されます。
穀物メインのため、小麦アレルギーの猫ちゃんには絶対食べさせられません。
やむをえない事情で穀物を使用するのであれば、血糖値の上昇が緩やかで消化吸収の良い「米」が使われるべきです。

 

次に肉類、脂質、魚介類の記載があるのですが、「○○ミール」という詳細不明な原料がほぼすべてを占めています。
また、猫ちゃんがアレルギーを起こしやすい牛肉(ビーフミール)が使用されている点もやや心配です。

 

そのほか、調味料が使用されているようですが具体的に何なのか記載がなく、体に悪いものではないかと疑ってしまいます。
そして、ミネラルとビタミンは食物由来の栄養ではなく添加に頼っているようです。

 

最後に、一番のマイナスポイントは合成着色料の使用です。
とくに恐ろしい着色料は「二酸化チタン」と呼ばれる漂白剤です。
二酸化チタンは動物実験を通じ、発がん・不妊・認知症の発症が確認されています。
なぜキャットフードを漂白するかというと、ほかの着色料の発色をよくするためなのです。
しかし、猫ちゃんは色より香りで食事を判断するため、食いつきをよくするためにキャットフードを漂白・着色する必要は一切ありません。
銀のスプーンに使用されている着色料は以下の5つです。

 ・二酸化チタン(発がん・不妊・認知症)
・赤色102号(貧血・赤血球の減少)
・赤色106号(発がん・肝障害・海外で使用禁止)
・黄色4号(染色体異常・下痢)
・黄色5号(発がん・アレルギー)

気になる点が非常に多い銀のスプーンですが、もちろんメリットもあります。
尿路結石予防のため、マグネシウム含有量が調整されています。
食物繊維豊富な酵母や酵母エキスを使用し、お通じサポートは万全です。
香り豊かな魚介類を豊富に使用し、まさに名前のとおり「お魚づくし」でした。
大袋入りのキャットフードは石油由来の酸化防止剤を使用することが多いのですが、銀のスプーンは天然型のビタミンE(ミックストコフェロール)やハーブエキスを使用している点が評価できます。

銀のスプーンで猫ちゃんは幸せになれるのか?

成分を分析した率直な感想は「銀のスプーン以外を与えたほうが幸せになれるのでは?」です。
何より穀物メインと着色料を使用したキャットフードは健康被害につながるため、絶対に避けるべきと言えます。
また、原料に何が使用されているか分からない食品は、我々人間でも食べたいと思いません。
ましてや、わが子のようにかわいい猫ちゃんに原料不明のキャットフードを与えようとは思えません。
猫ちゃんのためを考えると、添加に頼らず食品から栄養を摂れるようなキャットフードが理想的です。

ユーザーの反応

インターネット上でのレビューをまとめてみました。

【評価する声】
・香りがよく、風邪で匂いが分からない猫ちゃんでも食べる
・食いつきがよい
・価格が安い

 

嗅覚が鋭い猫ちゃんの食欲を刺激する香りが人気の秘密のようです。
価格調査サイトや通販サイトによると、底値が 798円/1.6kg とかなりお安く、多頭飼いのお家やボランティアで重宝されているようでした。

 【残念な声】
・着色料がありえない
・穀物メインで心配
・歯周病になった

二酸化チタンをはじめ発がん性が指摘されている着色料が多いことから、購入したもののそのまま廃棄したという方もいるようです。
穀物メインのため、おなかの緩い猫ちゃんやアレルギー体質の猫ちゃんには与えないほうが良いでしょう。
銀のスプーンと歯周病の因果関係は不明ですが、粗悪な成分が多いことにより歯にフードが残ってしまったことが可能性の1つとして考えられます。

銀のスプーンの評判をまとめると以下のようになりました。

・香りが良いためよく食べる
・スーパーで購入できるキャットフードの中でも安い
・穀物メインかつ原料が明記されていないので心配
・着色料が使われていて心配

まとめ

今回は銀のスプーンの成分と口コミをご紹介しました。
猫ちゃんの幸せを願うという意味を込めて作られたキャットフードですが、本当に幸せを願うならば、明確にできる原料を使用し着色をやめるべきです。
飼い主さんは無着色・無添加なキャットフードを選び、日々のごはんから猫ちゃんを幸せにしてあげてくださいね。

 

国産は安全?懐石キャットフードの評判や成分を分析

国産は安全?懐石キャットフード

人間の食べ物と同じく、猫ちゃんのごはんも国産が良いと思われる方もいるはずです。
そこで純国産・懐石の成分を分析し、口コミをまとめました。
■懐石とは
懐石はあの有名な日清製粉グループの日進ペットフード株式会社が製造・販売している純国産のキャットフードです。
美味しさを追求し、猫ちゃんが飽きずに食べられる工夫が施されています。
一箱で複数のフレーバーを楽しむことができ、小魚やかつお節などの贅沢なトッピングは人間が見ても美味しそうです。
純国産とはいえ、懐石は安心して与えられるキャットフードなのでしょうか。

■原料と成分は安全?懐石を分析してみた!

kaiseki

今回は懐石 2dish 海のおいしさ 瀬戸内の小魚ペア(以下「懐石」とします。)の成分と原材料を見ていきましょう

まずは成分をご紹介します。
粗たんぱく質と粗脂肪は全米飼料検査官協会(AAFCO)が定める成猫の維持下限ギリギリを行き、カロリーが 340kcal/100g とかなり低いです。
子猫に与えるには栄養不足なキャットフードと言えます。

 

原材料はさすが日清製粉、穀物がふんだんに使用されていますね。
アレルギー性物質のとうもろこし・コーングルテンミール・ホミニーフィード・小麦粉のほか、猫ちゃんは甘味をほぼ感じないにもかかわらず、わざわざ中白糖まで使用されています。
ここだけ見るとクッキーのような原材料です。
主原料を見る限り、大切な猫ちゃんにあまり与えたくないと感じます。

 

続いて肉類は謎の「チキンミール」同じく魚介類も「フィッシュミール」と原料が明確に表記されないため、かなり不透明な印象を受けました。
魚介系に関してはフィッシュミール以外すべてがトッピングです。

 

かなり不健康な成分が続きますが、良いところもたくさんあります。
油脂類に美容成分として大人気の月見草オイルを使用したり、食物繊維が野菜由来であったり、お通じケアに役立つオリゴ糖を配合したりしていました。
また、トッピングで良い香りがするため、香料の添加はありません。
酸化防止剤も天然のローズマリー抽出物を使用し、酸化防止のため脱酸素剤を封入しているようです。

 

しかし、ハート型や魚型の可愛らしい粒には着色料が使用されています。
キャットフードの色は食いつきや栄養に影響しないため、懐石は「人間のため」に着色されているのです。
懐石では合成着色料のほか、カビ菌由来の着色料を使用しています。
これらは海外で使用禁止にされているほか、健康被害が出る可能性があるため、大切な猫ちゃんに与えるべきではありません。
懐石が使用している着色料は以下の4つです。

・黄色4号(染色体異常・下痢)
・青色1号(発がん性・アメリカと EU 諸国で使用禁止)
・ベニコウジ色素(猫への投与に関する安全性が証明されていない)

■純国産の懐石は良品?

ここまで成分や原料を見てきましたが、率直な感想を述べると「価格の割に粗悪」と言わざるを得ません。

kaiseki

飼料として安価なとうもろこし・コーングルテンミール・ホミニーフィードを大量に使用することで、コストダウンとカロリーダウンを行っています。

猫ちゃんの体に一番大切な動物性たんぱく質はたった3品目、しかも少量しか含まれていないのは、キャットフードと呼べるのか疑問を感じます。

着色に関してメーカーは「見た目の楽しさを追求した」と、猫ちゃんのことを一切考えていないようなコメントを出しました。

懐石は、総合栄養食としていうよりは飼い主さんが見た目を楽しめるキャットフードかもしれません。

 

日本人の感覚として「国産は安全」と思いがちですが、ペットフードに限っては日本より海外のほうが安全性が高いのです。
ペットフード安全法では「原材料に含まれる添加物の表示は義務ではない」としているため、仮に有毒な添加物で保存していたお肉を使っても罰せられません。
猫ちゃんの安全を考えると、安全性が高いイギリスやオーストラリア産のキャットフードを選ぶほうが安全と言えます。

■懐石の評判は?ネット上のユーザーの反応

インターネット上でのレビューをまとめてみました。

 

メリットまとめ
・食いつきが良い
・個別包装が嬉しい
・人間が食べてもおいしい

 

上質なトッピングが猫ちゃんの食欲をそそるようです。
個別包装で脱酸素剤が封入されているため、酸化を防ぐことができます。
レビューを書いている方には多頭飼いのおうちが多いようで、懐石そのものをトッピングとして与えている方が多いようでした。
おうちによっては懐石の取り合いになるそうです。

 

デメリットまとめ
・リニューアル後の改悪
・トッピングを食べない
・着色料の使用

 

リニューアル後、色が濃くなったと指摘する方が言いました。
確かに写真で見比べると、赤色と青色が濃くなっています。
着色料の使用が増えているとしたら、改悪と言わざるを得ません。
トッピングは猫ちゃんの好みによりますが、小魚と言いつつも 2cm 程のいりこが入っており、食べにくさから残してしまうことがあるようです。

 

総合まとめ
・トッピングの豊かな香りで食いつき抜群
・人間の好みに合うお味と色
・個別包装でいつでも新鮮
・穀物と合成着色料が多用されているため危険

■まとめ

今回は純国産のキャットフード、懐石を分析してみました。
残念ながら、必ずしも「国産が安全」ではないというのが現実です。
猫ちゃんのために、安全で無添加なキャットフードを選んであげてくださいね。

シーバのキャットフードは子猫にあげても大丈夫?成分と評判

シーバのキャットフードは子猫にあげても大丈夫

子猫には全宇宙のかわいいを凝縮した究極の生き物です。
ペットショップから迎えたり、道端で保護したり、はたまた譲渡会でビビビと来てしまったり、子猫との出会いは突然やってきます。
そんな時、スーパーやドラッグストアで買えるキャットフードはとても助かりますよね。
はじめのうちは「とりあえず高いものは体にいいはず!」と決めつけてキャットフードを購入してしまいがちです。
はたして子猫にとってシーバは安全なキャットフードなのでしょうか。
スーパーで買えるプレミアムフード「シーバ」の成分分析とユーザーの声をご紹介します。

子猫におススメのキャットフードは下記からどうぞ

■「離れられない美味しさ」のシーバとは?

シーバとは、スーパーやドラッグストアで手に入る手頃さが魅力のプレミアムキャットフードです。
外はカリカリ、中にはしっとりしたクリームが入っており、その食感にやみつきになる猫ちゃんが後を絶ちません。
一箱で 4 種類のフレーバーが楽しめるため、飽き性な猫ちゃんにも好まれているようです。
パッケージには高級感が漂い、お値段も一般的なキャットフードよりやや割高です。

sheba

■シーバの成分を分析!

シーバはフレーバーが多いため、子猫用の「シーバデュオ 12ヶ月までの子ねこ用」にスポットを当てて見ていきましょう。

購入は下記からどうぞ

シーバ (Sheba) デュオ 12ヶ月までの子ねこ用 200g(20g×10袋入)×12個 (ケース販売) 子猫用 SDU21


子猫用キャットフードのため、カロリーは 405kcal/100g とやや高めです。
成分はかなり平均的ですが中身がしっとりしているぶん、水分はわずかに多めでした。
主成分は「チキンミール・豚副産物」と、はじめから不安が拭えません。
チキンミールは鶏の様々な部位を粉砕・混合した原料のため、栄養のある部位がどれだけ使用されているのか分かりません。
安全性の高いキャットフードの場合「フレッシュチキン」や「チキン」といった記載を行うのですが、シーバは明記できない理由があるのかと疑ってしまいます。
豚副産物は人間の食用にならない部位を集めて混ぜあわせた原料のため、危険性はチキンミールとほぼ同じす。

 

次に穀物が3種類使用している点が気になります。
とうもろこしと小麦は食物アレルギーを引き起こす可能性があるため、子猫に与えたくない食物です。
米は消化吸収が良いもののカロリーが高く、いくら子猫といえど多様は禁物です。

その他の原料はお通じケアのオリゴ糖や、天然型の酸化防止剤、猫ちゃんが感じやすい酸味のクエン酸など概ね良好と言えます。
しかし原料への不安は拭いきれず、ただでさえ食いつきの良いと言われるキャットフードのため、食べ過ぎるあまりアレルギーの発症や体調不良を訴えないか心配です。

■シーバは子猫に与えても問題ないのか

sheba

成分は総合栄養食として優秀です。
しかし原料を見る限り「子猫に与えるには危険」と言わざるを得ません。
チキンミールは「チキン」と比較すると、栄養価も安全性も劣ります。
豚副産物も安全性が確保されたものなのか疑問です。
穀物は飼料としての仕入れ価格が安価なためコストダウンに貢献するものの、猫ちゃんの体にとって良いものとは言えません。
肉食動物である猫ちゃんは穀物の消化を苦手とします。
消化器官が未熟な子猫に穀物を多用したキャットフードを与えるのは、体に大きな負担をかけることになるのです。
これらの原料の不安が解消された時、この上ない子猫用キャットフードになるのではと期待しています。

子猫におススメのキャットフードは下記から

子猫用のおすすめキャットフードランキング。安全な幼猫の餌の上げ方

■シーバユーザーの評判

まさに「猫まっしぐら」な子猫用シーバの口コミをまとめました。

 

 【メリットを評価する声】
・食いつきが良い
・一回にいろんな味を楽しめる
・小分けだから新鮮
・外さくさく中トロトロな粒がとても良い
・おやつやご褒美に大活躍
・スーパーで買える

シーバを支持する声は「食いつきの良さ」が大多数を占めました。
一袋が 20g と少なめのため、おやつやごはんのトッピングとして使用する飼い主さんも多いようです。
キャットフードを購入する際、身近な店舗で購入できるというのは大きなメリットと言えます。

【デメリットの声】
・子猫用にしては粒が大きすぎる
・子猫が喉につまらせた
・原料が不安
・下痢になった

成猫にはちょうどよいサイズですが、子猫の小さなあごでは噛むのが難しく喉をつまらせてしまうようです。
原料に不安を感じる飼い主さんの中にはリピートしないといった意見や、残りを捨てるという意見もありました。
シーバを与えたことにより下痢になった場合、食物アレルギーの可能性が高く、直ちに使用を止め獣医師への相談をおすすめします。

シーバの評判をまとめると以下のようになりました。
・とにかくおいしい
・外カリカリ中とろりが猫ちゃんのツボ
・子猫がのどをつまらせるほどの大粒
・原材料が危険
・穀物の多用でアレルギーの心配がある

■まとめ

いかがでしたか。
今回は子猫用シーバの成分と口コミをご紹介しました。

購入は下記からどうぞ

シーバ (Sheba) デュオ 12ヶ月までの子ねこ用 200g(20g×10袋入)×12個 (ケース販売) 子猫用 SDU21


食いつきに定評があるだけに、安全とはいえない原料を多用しているのが非常に残念です。
購入しやすいメリットがあるにしても、それで大切な猫ちゃんの体調が崩れたら元も子もありません。
大切な猫ちゃんのことを考えて、安全でおいしいキャットフードを食べさせてあげてくださいね。

 

手頃に買えるキャットフードのモンプチの評判や特徴を調査

手頃に買えるキャットフードのモンプチ

かわいい猫ちゃんにはついついおやつを与えてしまいがちですよね。

そんな猫ちゃんのおやつとして人気のモンプチを徹底解明していきます。

■贅沢なイメージ?モンプチとは?

モンプチは「少しだけ、だから贅沢。」をコンセプトに、嗜好性の高いキャットフードを販売するブランドです。
なかでもモンプチシリーズのウェットフードを好物とする猫ちゃんは多く、人間が食べてもおいしいと評されるほどです。
猫ちゃんの好みに合わせて選べるよう、スープ・パウチ・カップ・ドライ・おやつと種類が多く、フレーバーも多いものでは7種類も用意されています。
そんなモンプチは、猫ちゃんの普段のごはんとして適しているのでしょうか。
今回は総合栄養食の「モンプチ プチリュクスボックス 美味しく毛玉をケア 削りたてかつお節入り(以下「モンプチ毛玉ケア」とする。)」を調査しました。

 

■原料と成分は安全?モンプチを分析してみた!

モンプチ毛玉ケアは名前のとおり、うんちからスムーズに毛玉を排出することを目的としたキャットフードです。
毛玉ケアのキャットフードといえば繊維質が多く、しゃれではなく「草くさい」イメージが有りますが、このモンプチはどうでしょう。

 

まず、カロリーは 340kcal/100g とかなり低く、ダイエット中の猫ちゃん向けとも言えます。
成分は一般的ですが、やはり繊維質が 6%とやや多めでした。
ニオイに関しても、香り高いかつお節をブレンドすることで毛玉ケア特有の匂いが緩和されています。

 

主原料が「穀類」と、毛玉ケア用キャットフードによくある難点が見つかりました。
穀物を多用することで便秘や消化不良、アレルギーを起こしかねません。
これらの穀物は、腸内で水分を吸収することでうんちの量を増やし、お通じ運動を活性化させる働きがあるのですが、摂り過ぎると便秘やころころうんちの原因となります。
また、小麦・コーングルテンミールを多用することでカロリーを落とす「カサ増し」のような印象を受けます。
さらに、シリアルブラン等が使用されているのですが、シリアルの主原料は「とうもろこし、オーツ麦、小麦、大麦」ブランの主原料は「小麦の皮、玄米の皮」と、穀物のオンパレードです。
繊維質は猫ちゃんの体に優しい野菜から摂ることが望ましいです。

 

次に多く使用されているのが、たんぱく質である肉類と魚介類、豆類です。
肉類の「ミートミール」とは一体何なのか、詳細が明記されておらず不安です。
魚介類では香りづけのためかつお節が使用されているようですが、ほかのフィッシュミールより多用されているため、フィッシュミールの少なさが伺えます。
たんぱく質の中には「たんぱく加水分解物」というたんぱく質をより小さく分解し消化吸収を助ける成分も含まれていました。

なにより残念なのが、着色料の使用です。
モンプチの特徴として、可愛らしい形の粒が挙げられます。
色は薄茶、茶、焦げ茶、緑などカラフルです。
これは明らかに飼い主の気持ちを引くためのものであり、猫ちゃんには全く意味がありません。
小粒・ちょうどよい硬さというメリットが有るだけに残念です。
モンプチに使用されている着色料は以下の4つです。

・赤色2号(発がん性・アメリカで使用禁止)
・青色1号(発がん性・EU諸国で使用禁止)
・黄色4号(染色体異常・蕁麻疹)
・黄色5号(アレルギー症状)

■モンプチと健康維持

成分良し、低カロリー良し、食いつき良しの「良フード」に見えますが、健康的な食事という点については首を傾げてしまいます。
猫ちゃんの体にとって最良なキャットフードとは「高たんぱく・低炭水化物・無添加」です。
肉食動物のごはんが穀物メインというのは不自然であり、自然界に存在しない合成着色料を使用しているという点は大きなマイナスです。
穀物はアレルギーによる皮膚炎や下痢・嘔吐が心配であり、合成着色料による発がんだけは避けなければなりません。
よって、モンプチをどうしても与えなければいけないとすれば「普段のごはん」ではなく「週に一度ののおやつ」程度が妥当と言えます。
■モンプチ ユーザーの反応
インターネット上でのレビューをまとめてみました。

 

【評価する声】メリット
・食いつきが良い
・療養食のトッピングにちょうどいい
・個包装なのがいい

 

モンプチの食いつきは「さすが」としか言いようがありません。
どのシリーズも美味しそうなトッピングがされており、嗅覚が鋭い猫ちゃんは食欲をそそられるようですね。
1 袋 28g の個包装のため計量の必要がなく、酸化防止の効果が評価されていました。

 

【残念な声】デメリット
・毛玉ケアの効果がわからない
・何度も嘔吐した
・合成着色料の使用

 

毛玉ケア用にも関わらず効果不明というのはいかがなものでしょうか。
「効果が分からないので気休め程度に与えています」というレビューもありました。
嘔吐に関しては恐らく消化不良や食物アレルギーの症状と考えられます。
合成着色料が使用された食品は、我々人間でも避けますよね。

 

モンプチの評判をまとめると以下のようになりました。
・香り高いトッピングで食いつき抜群
・個包装でいつでも新鮮
・毛玉ケア効果が分からない
・穀物や着色用による健康被害が心配

■まとめ

いかがでしたか。
今回はモンプチの成分とレビューをまとめました。
キャットフード選びでは食いつきも大切なのですが、それ以上に猫ちゃんが長生きできておいしいことが大切です。
猫ちゃんの体を第一に考え、健康的でおいしいご飯を選んであげてくださいね。

 

ロイヤルカナン成分や評判についてまとめてみた

ロイヤルカナン成分や評判

動物病院の待合室に必ずと言っていいほど置いてあるキャットフードは、さぞいい食材から作られているのだろうなと想像してしまいます。

猫と暮らしている人なら一度は耳にする「ロイヤルカナン」とはどんなキャットフードなのでしょうか。
「獣医さんに勧められるがまま与えているけれど、安心なのかしら…」という疑問をお持ちの方がすっきりするよう、成分と評判をまとめました。

■ロイヤルカナンとは

ロイヤルカナンは猫種や病状ごとに細分化された療養食の最大手です。
公式ホームページには犬猫の病気に関する資料など、飼い主さんにとって有益な情報がいくつも掲載されています。

ロイヤルカナンの特徴は、猫種やお悩みごとにキャットフードが分けられていることです。
7猫種に含まれるペルシャやシャムなどは猫種別のキャットフードを、雑種の猫ちゃんはお悩み別のキャットフードを選ぶことになります。

ロイヤルカナン公式サイトはこちら

■ロイヤルカナンの成分

今回はロイヤルカナンシリーズから体重ケア専用の「アペタイト コントロール ステアライズド」を分析していきます。
アペタイト コントロール ステアライズドは、満腹感を維持することで間食を防ぎ、体重コントロールを容易にする設計です。
さっそく原材料と成分を見ていきましょう。

 

主原料は鶏や七面鳥などの動物性たんぱく質です。
そのほかにも植物性分離タンパク・加水分解動物性タンパクといった消化吸収しやすく加工したたんぱく質を使用し、粗たんぱく質を32%確保しています。
また、アペタイト コントロール ステアライズドは体重コントロールを目的としたキャットフードのため、食物繊維が 19% も使用されています。
使用される食物繊維のなかでも、サイリウムは腹持ちが良く、特定保健用食品にも使用されています。
食物繊維が多すぎると便秘になりがちですが、酵母やオリゴ糖を配合しお通じのケアも完璧です。
さらに、脂質を抑ることでカロリーは 350kcal/100g と大変ヘルシーです。
ここまではメリットが多いロイヤルカナンですが、アレルギーや保存料に不安な点がいくつか見つかりました。
ロイヤルカナンの危険性について次の項目で詳しくお伝えします。

■ロイヤルカナンの危険性と食物アレルギー

アペタイト コントロール ステアライズドを与えるうえで気になる点が2つあります。
どちらも猫ちゃんの命にかかわるため、無視できない問題です。

 

1つめはアレルギーです。

原材料の欄を読んでいくと、主原料である家禽ミートの次に多く使用されているのがとうもろこし・コーングルテンです。
アレルギー体質の猫ちゃんは、とうもろこしが原因で食物アレルギーを発症する可能性があります。
また、小麦アレルギーの猫ちゃんは種の近いとうもろこしを口にすることでアレルギー症状が出ることが多いため注意しましょう。
アレルギー以外にも、猫ちゃんの体は小麦やとうもろこしなどに含まれる「グルテン」を消化する酵素を持たないため、消化のたび胃や腸に大変な負担がかかります。
アレルギーの心配がない猫ちゃんも小麦やとうもろこしは極力避けるべきです。

 

2つめは保存料と添加物です。

ロイヤルカナンの特徴ですが、食物由来の天然成分が少なく、あとから添加された栄養素が多いのです。
なかでもビタミンとミネラルは食物由来ではなく、ほぼすべてを添加でまかなっていました。
特に、危険な酸化防止剤を使用している点は大きなマイナスと言えます。
ロイヤルカナンには合成保存料の BHA と没食子酸プロピルが使用されています。
BHA はガソリンの酸化防止剤として使用されている薬剤です。
動物実験の結果、BHAを投与された多くの動物が命を落としたという結果が残されています。
没食子酸プロピルはBHAより抗酸化作用が強い薬品です。
動物実験では遺伝子やDNAが変異したという結果が出ているため、摂取を控えるべきと言えます。

 

■ロイヤルカナンユーザーの評判

メリットもデメリットもあるキャットフードですが、実際に使用している方はどのような感想を持っているのでしょうか。

 

 【メリットと評価する声】
・ダイエットに成功した
・ドーナツ型の粒がかわいい
・食いつきがよい

 

低カロリーのため、体重に合わせてしっかり計量しながら与えるとダイエットに効果的なキャットフードと言えます。
ドーナツの穴に牙が入るため、しっかり噛むことで満腹中枢を刺激するようです。
どのデビューにも「食いつきがよい」という文言が入るほど、猫ちゃんにとって非常においしいキャットフードという印象を受けました。

 

【デメリットについての声】
・食べ過ぎて体重が減らない
・下痢や嘔吐の症状が出た
・よく見たらよくない酸化防止剤が入っていた
・食品安全に心配のある韓国で製造しないでほしい

 

評価する声でも多かった食いつきの良さはデメリットにもなりえるのですね。
なかには猫ちゃんのおねだりが増え、つらい思いをした飼い主さんもいるようです。
下痢や嘔吐はアレルギー症状の可能性もあります。
BHAと没食子酸プロピルに関しては、ローズマリー抽出物や緑茶抽出物、ミックストコフェロールや L-アスコルビン酸で代替可能なため、今後改善されることを期待します。

 

総合評価

ロイヤルカナンの評判をまとめると以下のようになりました。
・ダイエットに最適
・とても食いつきがよい
・計量して与えないと食べ過ぎる
・食物アレルギーの危険あり
・酸化防止剤が危険すぎる

 

■まとめ

いかがでしたか。
今回はロイヤルカナン アペタイト コントロール ステアライズド の成分や口コミについてご紹介しました。
最大手のキャットフードメーカーだからこそ、使用できる範囲の量であったとしても猫ちゃんにとって危険な保存料の使用はやめていただきたいものです。
アレルギーの危険性も考えられるため、猫ちゃんへ与える前に獣医師へのご相談をおすすめします。
今後は韓国の拠点から輸出されるようになり、ますます話題を呼びそうなロイヤルカナンでした。

ロイヤルカナン公式サイトはこちら

ちなみにこんな記事も入れてみました。

ヒルズのサイエンスダイエットとロイヤルカナンを比較。成分と口コミ

FINEPET’S ファインペッツキャットフードの評判と口コミ!

FINEPET’S キャットフードを分析

健康志向が強くなる昨今、ペットフードにもオーガニックや無添加ブームが到来しつつあります。
プレミアムフードも続々販売され、どれがよいのか悩んでしまいます。
だからといって成分をいちいち調べていては途方もない時間がかかりますよね。
今回はプレミアムフード「FINEPET’S (ファインペッツ)」の成分や注意点をまとめました。

すぐにお試しになりたい方は下記をどうぞ

初回限定でなんと!1kgお試しパック2490円→540円です。

>>FINEPET’Sキャットフード初回お試しはこちら<<

■FINEPET’S(ファインペッツ)とは?

FINEPET'S(ファインペッツ)とは?
FINEPET’S は名前の通り「健康的なペット」「ペットを長生きさせる」をコンセプトにしたキャットフードです。
なかには FINEPET’S は知らないけれど「TLCドッグフードジャパン」という名前に聞き覚えがあるという方もいるのではないでしょうか。
オーストラリアの自社工場で生産し、フリーダイヤルでサポートを行い、顧客管理をしながら販売を行っている「品質重視」の会社が世に送り出すキャットフードは、世界から高評価を受けています。

■原料と成分は安全?FINEPET’Sを分析してみた!

原料と成分は安全?FINEPET'Sを分析してみた!
finepets-jp

まずは原材料と成分から見ていきましょう。
FINEPET’S は保存料・合成着色料を使用していません。
原料は放射能汚染の心配が少ないオーストラリア産、中国産の材料は一切使用しないと公言している点に好感が持てます。
また、原料がすべて人間と同じ食べ物(ヒューマングレード)や、原料をすべて公開しているため、非常に安全性が高いキャットフードです。

 

粗たんぱく質は32%ととびぬけて高いわけではなく、猫ちゃんの体に大切な動物性たんぱく質はチキンとサーモンから摂れるようです。
また、いくつかのプレミアムフードと比較すると、粗繊維質5%以上とやや多めに設計されていました。
粗繊維質の内訳は、腹持ちに関係する食物繊維(水溶性食物繊維)を昆布・クランベリー・亜麻仁から、お通じケアに効果を発揮する食物繊維(不溶性食物繊維)は全粒大麦・豆類繊維質・オートミール・亜麻仁・酵母から摂ることができ、お通じケアに重みを置いているように見えます。
ビタミンとミネラルは鶏レバー・乾燥全卵以外、ほとんどが食物由来ではなく添加で補っているようです。
そのほか、9種類のハーブを使用し健康維持に役立てています。

気になる点としては、塩化カリウムとリン酸といった食品添加物が出てくることが挙げられます。
塩化カリウムは塩の代替品として使用され、リン酸は pH 調整や酸味料として使用される物質です。

価格は 2468円/1kg と他のプレミアムフードを比較すると、よい原料を使用している割に価格が抑えめでした。

分かりやすい成分表は以下をどうぞ

finespets成分や栄養量

■FINEPET’S と食物アレルギー

FINEPET'S と食物アレルギー
キャットフードのレビューを見るあまり、食物アレルギーに敏感になっている方が多いのではないでしょうか。
そもそもアレルギーとはなにか簡単に説明すると、腸がたんぱく質をうまく消化できなかったことが原因です。

消化不良により不完全な形となったたんぱく質を、免疫が攻撃してしまうのです。
FINEPET’S が使用しているアレルゲンはチキン・鶏卵・全粒米・全粒大麦の 4つですが、猫ちゃんが最も苦手とする小麦(グルテン)は含まれていません。
公式ホームページの説明によると「消化吸収率 87 %」とかなりの高倍率のため、アレルギーが起きにくいのではないかと考えられます。
しかし「100%」ではないため、おなかの弱い猫ちゃんやアレルギー体質の猫ちゃんは注意が必要です。

■FINEPET’S の口コミや評判

FINEPET'S の口コミや評判
インターネット上でのレビューをまとめてみました。

【評価する声とメリット】
・初回のみお試し価格で購入できる
・定期購入でどんどん割引される
・真空パックが新しい
・魚の干物の匂いがする(いいにおいがする)
・軟便が治った

 

確かに 2468 円が初回のみ 500 円で購入できるのはうれしいですね。
酸化防止剤を使用してないため、真空パックとチャックは重要です。
原料のいい香りがするのは、新鮮な素材を使っているからにほかありません。
驚きの消化吸収率のおかげで、お通じがよくなる猫ちゃんが続出しているようです。

 

【デメリットな声】
・カナガンのほうがよく食べた→カナガンについてはこちらから
・添加物が使われていた
・平均的で良いところも悪いところもなかった

 

他のキャットフードをよく食べるというのは猫ちゃんの好き嫌いにもよりますが、嗜好性を高くデザインしたキャットフードではないため、仕方がないとも言えます。
悪質な合成保存料を使用していない点は好感が持てるのですが、わざと塩分を添加するのは猫ちゃんにとってプラスになるとは言えません。
平均的というと聞こえが悪いですが、これだけの品質と安全性であれば、スーパーで販売されている激安フードを与えるより数十倍猫ちゃんのためになります。

 

【総合評価】FINEPET’S の評判をまとめると以下のようになりました。
・原料の安全性が高い
・コストパフォーマンスが良い
・猫ちゃんの好き嫌いが分かれる
・穀物と添加物が使用されている

 

■まとめ

まとめ
今回は FINEPET’S の成分と安全性についてご紹介しました。
消化率が高いキャットフードですが、アレルギーが一切ないと保証されているわけではないため、アレルギー体質の猫ちゃんに与える際はご注意ください。

初回のみ 1kg 500 円(別途送料)で購入可能なため、プレミアムフードに興味のある方は使用されてみてはいかがでしょうか。

>>FINEPET’Sキャットフード初回お試しはこちら<<