ワードプレスのテーマおすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワードプレスのテーマおすすめランキング

ワードプレスを使ってコーポレートサイトやブログ、SEOサイトなどを作成する際に、選ばなければならないのが「テーマ」です。

ワードプレスではテーマごとにデザインや機能性が異なり、サイトの方向性や求める機能に応じて適したものを選ばなければなりません。

しかし、ワードプレスの公式サイトに掲載されているテーマだけでも1000個以上の種類があるため、どれを選んでいいかわからないという人は多いはずです。

求めるデザインや機能ははっきりしていても、1つ1つ丁寧に調べていくのは大変ですよね。

また、テーマによって無料/有料と分かれており、どっちを選べばいいの?と疑問に保つこともあるでしょう。

今回はワードプレスのおすすめテーマをランキング形式で発表していきます。無料テーマ、有料テーマそれぞれのおすすめランキングやテーマの決め方なども解説していきます。

この記事を参考に自分のサイトに合ったテーマを見つけてみてください。

ワードプレスのテーマの決め方は?

まずはワードプレスのテーマの選び方について解説していきます。
どのようなテーマにすればいいかわからないという人は最初に選ぶ際の基準を用意しておくといいでしょう。
ポイント意識してテーマを選んでいけば自分に合うものを選べるようになります。

ワードプレスのテーマでは以下の5点が選び方のポイントになります。

サイトの目的によって選ぶ(おすすめ記事、ブログ、企業サイトなど)
SEOに強いワードプレスのテーマを選ぶ
デザインやおしゃれさなどサイトの雰囲気に合うものを選ぶ
サイトの表示速度が速いもの
カスタマイズ性や機能性で選ぶ

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

サイトの目的によって選ぶ(おすすめ記事、ブログ、企業サイトなど)

まず自分が作るサイトがどのようなジャンルなのかによって選ぶべきテーマは異なってきます。ワードプレスでは個人のブログからアフェリエイト記事、企業サイトなどさまざまなサイトが作成可能です。

しかし、テーマによって機能やデザインなどサイトに合う合わないがはっきりとしています。作ろうとしているサイトに不必要な機能があってもしょうがないですし、求めるデザインとは異なるテーマを選んでもいけません。

サイト作り全体のイメージを把握しながら、どのようなテーマが適しているかを判断してみましょう。

SEOに強いワードプレスのテーマを選ぶ

SEOサイトを作ってアクセスを増やしていくことを考えるのであればSEO対策は必須です。SEO対策機能があるテーマであれば、検索エンジンに最適化したサイトが作れるようになります。

しかし、テーマを選ぶだけでSEOに強くなるというわけではありません。あくまでSEOを有利にするためのツールであり、肝心なのはそれをどのように使うかです。サイトの中身も当然大切です。

ただ、SEO対策に有用な機能を備えているテーマの方がそういった取り組みを実行しやすいのでおすすめです。

デザインやおしゃれさなどサイトの雰囲気に合うものを選ぶ

ワードプレステーマはそれぞれデザインや雰囲気が異なります。

また、作るサイトのジャンルによって、合うデザインは異なりますよね。カッチリとした企業サイトを作りたいのに、ほんわかした雰囲気のテーマを選んでは効果的なサイトは作れません。

自分が作りたいサイトをイメージしながら、それに合うデザインを採用しているテーマを選んでいくといいでしょう。

ワードプレスのテーマはカスタマイズによって、オリジナリティのあるデザインに変えることができます。ただ、初心者でカスタマイズのハードルが高いと感じるのであれば、テーマのデフォルトデザインを中心に選んでいってください。

サイトの表示速度が速いもの

ウェブサイトを作る以上、そこにアクセスしてもらわなければ意味がありません。しかし、サイトの表示速度が遅いとせっかくクリックしてもらったのにすぐに離脱してしまいます。

サイト利用者のストレスを考えると表示速度は重要な指標ですし、ワードプレスのテーマによっても表示速度が異なります。

ただ、速いだけでデザインや機能が合っていなければ意味がありません。
ワードプレスのテーマが公開しているデモサイトの表示速度を測定し、極端に遅いものは候補から外していきましょう。

また、最近ではスマホからのアクセスを意識して「モバイルフレンドリー」なサイト作りも重要となっています。テーマによってスマホでの表示に合わないものもあるので、作るサイトのイメージから必要なテーマを選びましょう。

カスタマイズ性や機能性で選ぶ

テーマで使えるデフォルトのデザインだけを使うのではなく、カスタマイズすることによってオリジナリティのあるサイトを作ることができます。こういったカスタマイズ性や拡張性についても慣れてきたら重要視してみてください。

さらに、テーマに組み込まれている機能が自分の求めているものと合致しているかも重要です。

SEO対策をしっかりしたい中で、検索エンジン上での表示を最適にする機能など、求める機能を簡単に組み込めるテーマ がおすすめです。

ワードプレスのテーマ「有料」「無料」どっちがいい?

ワードプレスのテーマには「無料」「有料」の2種類があります。

イメージ的に有料の方がデザインもおしゃれで機能も豊富なように思えてしまいますが、かといって無料テーマがダメと言うわけではありません。

無料テーマの中にもレベルの高いものは豊富ですし、初心者の場合はシンプルな使い方ができる無料テーマの方が合っていると考えられます。有料テーマを使う以上はサイトの収益化についても考えなければなりません。

ただ、有料テーマの方がデザインが凝っており、デフォルトのものを使うだけでもプロっぽく仕上がるという特徴があります。

そのため無料テーマと有料テーマどちらを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは無料テーマと有料テーマのメリット、デメリットを詳しくまとめていきます。

有料テーマのメリットと無料テーマのメリット

有料テーマのメリットは以下の4点に分けられます。

デザイン性に優れる
目的やサイトの合うテーマが見つかりやすい
機能が充実している
SEO対策がしやすい

有料テーマだとテーマのデザインに力が入っているところが多く、デフォルトデザインでもかなりおしゃれなものが多くなります。やはりしっかりしたサイトを作りたいのであればデザイン性の高いテーマを選んだ方がいいでしょう。

また、機能が充実しているためカスタマイズなどをしなくても目的に合致したテーマが作れます。特定の目的を意識したサイトに必要な機能を深掘りして用意してくれるテーマもありますし、機能が充実している分作業時間が短縮できます。

SEOにも効果的な対策ができるのも見逃せません。SEO対策に最適なサイトを作って集客を増やしたい人にもおすすめです。

無料テーマのメリットとして挙げられるのが、当たり前ですが「無料で使える」ということです。当然ですが、金銭的な負担がないので気軽に使うことができますし、初心者でとりあえずワードプレスを使ってサイトを1つ作ってみたいという人であれば無料テーマがおすすめです。

シンプルな機能とデザインの無料テーマも多く、初心者の場合はこちらの方が簡単で使いやすいかもしれません。

有料テーマのデメリットと無料テーマのデメリット

有料テーマのデメリットとしては以下の2点です。

お金がかかる
機能が多すぎて複雑になる

当然ですが有料テーマを使う際は初期費用がかかります。1万円〜2万円程度の出費になりますが、趣味でワードプレスを使う場合、途中で飽きてやめてしまうことも考えられますよね。サイトの制作費用も増えてしまいますし、収益化を考えるならこの初期投資を効果的なものにするためのプランが必要になります。

高機能でデザイン性に優れる有料テーマですが、投資に見合ったリターンが見込める人じゃないと出費に対するデメリットが強くなってしまうかもしれません。

また、機能が豊富であらゆるニーズに対応できる一方で多くすぎる機能を把握できないというデメリットも生じてしまします。初心者だと1つ1つの機能を把握するだけでも大変ですよね。機能を絞ったシンプルなテーマもありますし、初心者であればそういったテーマの方が使いやすいと考えられます。

無料テーマのデメリットとして挙げられるのは「使い勝手の悪さ」です。
最低限の機能を使ってサイトを形にするだけであればシンプルで使いやすいのですが、デザインを凝ってみようと思ったときに無料テーマだといちいちカスタマイズする必要がでてきます。有料テーマだとそういった部分に対応した機能を有していることが多いのですが、無料テーマだとかゆいところに手が届かないケースが多く出てきます。

ワードプレスを使ったサイト制作に慣れるために無料テーマを使ったり、収益化を考えず趣味でサイトを運営するのであればシンプルな機能に絞って使える無料テーマのメリットも活きますが、カスタマイズ性の広さに特徴のあるワードプレスでサイトをより良くしようと考えたときに無料テーマだと回り道をしなければならない可能性があります。

ワードプレスの無料テーマおすすめランキング

ここからは無料で利用できるワードプレステーマを紹介していきます。厳選した10個の無料テーマをランキング形式で発表していくので、これからワードプレスを使ったサイト制作を始めようと思っている方は参考にしてみてください。

第1位 Cocoon(コクーン)

おすすめポイント ・初心者でも使いやすい

・無料なのに高機能

・モバイルフレンドリーで高速

公式サイト Cocoon(コクーン)

無料で使えるテーマの中でも、これほど高機能なテーマはなかなかありません。書誌社でも使いやすい仕様になっており、さまざまなサイトに使える汎用性の高いテーマです。

記事の装飾なども簡単で柔軟に対応できるので無料テーマで見栄えの良いサイトを作りたい人にもおすすめです。有料レベルの機能を無料で使えるコスパの高さがうれしいですね。

Cocoon(コクーン)

 

第2位 Luxeritas

おすすめポイント ・表示速度が速い

・無料とは思えないほどの機能性

公式サイト Luxeritas

Cocoonと並んでワードプレスで使える無料テーマの中でも人気の高い「Luxeritas」は表示速度の速さに定評があります。表示速度に優れているだけでもサイトの離脱を防ぐことができます。

また、無料とは思えないほどの機能の多さも魅力的です。プラグインをインストールしなくてもさまざまなニーズに応えてくれますし、初心者にも使いやすいシンプルな操作性もあります。

Luxeritas

 

第3位 Simplicity2

おすすめポイント ・シンプルで使いやすい

・初心者でも扱いやすい

公式サイト Simplicity2

「Simplicity2」はCocconと同じ製作者によって作られた無料テーマです。シンプルな機能性で初心者が扱いやすいのはもちろん、カスタマイズのしやすさ、SEO対策など無料テーマとは思えないクオリティの高さは魅力的です。

機能性ではCocconの方が高いですが、デザインがシンプルなので用途に応じてこちらもおすすめです。

Simplicity2

第4位 Stinger

 

おすすめポイント ・アフェリエイトやブログに最適

・人気が高くカスタマイズの情報を拾いやすい

公式サイト Stinger

ブログやアフェリエイトでサイトを作る方に人気の高い無料テーマです。分かりやすいデザインでシンプルな機能が使いやすく、特にアフェリエイトを意識した仕様が非常に便利です。

カスタマイズをしたい際も人気の高さから情報が幅広く拾えるので、細かいニーズに対しても簡単に対応できるのが魅力的です。

Stinger

 

第5位 Habakiri

おすすめポイント ・シンプルな機能性でカスタマイズも可能

・ホームページデザインに最適

公式サイト Habakiri

シンプルなテーマでカスタマイズも簡単にできる無料テーマです。無料テーマをカスタマイズ前提で使用するならこちらがおすすめです。

機能の豊富さやデザイン性には他社よりも劣る印象ですが、目的に合致したユーザーであれば無料テーマ以上の力を発揮してくれるでしょう。

Habakiri

第6位 Lighting

おすすめポイント ・シンプルな機能で初心者に易しい

・教本もあるので安心

公式サイト Lighting

初心者の方におすすめな無料テーマとして挙げられるのが「Lightinig」です。シンプルな機能性が魅力で、Lightingを題材にした教本も出版されているので、ワードプレス の練習としても最適です。

利用者も多くカスタマイズ情報も拾いやすいのも魅力的です。ただ、利用者が多い分、多サイトとデザインが被りやすいと言う点に注意しなければなりません。

Lighting

 

第7位 Sydney

おすすめポイント ・印象的なトップページが作成できる

・デザイン性が高い

公式サイト Sydney

印象的なビジュアルを用いたトップページが作成できる無料テーマです。写真を中心にこだわったサイトを作りたい人におすすめとなっています。サイトデザインにこだわる人に向いていますが、海外製の無料テーマなので英語での説明に注意してください。

Sydney

 

第8位 Xeory Base

おすすめポイント ・WEBマーケティング会社が制作したテーマ

・洗練されたデザインと機能性

公式サイト Xeory Base

「Xeory Base」はWEBマーケティング企業の「バズ部」という会社が制作した無料テーマです。コンテンツマーケティングという手法を日本に持ち込んだ企業としても有名で、サイト制作をする上で必要な機能を取り揃え、洗練されたデザインと機能性が魅力です。

無料なのに企業系のサイトでも使えるほどのクオリティの高さがあり、無駄のない使用感が非常に良いです。

Xeory Base

 

第9位 LION MEDIA

おすすめポイント ・ビジネスサイトにも使えるデザイン性

・機能性も高く使いやすい

公式サイト LION MEDIA

ビジネスサイトも使えるほどしっかりしたデザインが魅力の無料テーマです。ビジネスサイトにも最適で無料テーマとは思えない機能性の高さがあります。シンプルな使いやすさで初心者にも易しい仕様になっていますし、SEO最適化、表示速度の高速化など汎用性が高く、使いやすさに優れたテーマです。

LION MEDIA

 

第10位 onePress

おすすめポイント ・洗練された美しいデザイン

・機能性も高い

公式サイト onePress

海外製の無料テーマで洗練された美しいデザインが魅力的です。初心者でもそのまま使うだけでしっかりとしたデザインのサイトが作れますし、サイト作りに役立つ機能も豊富です。また、同社製の有料版も用意されているのでステップアップもできます。

ただ、海外製のテーマなので使い方などが英語で記載されています。わからないことがあると多少面倒なので注意しましょう。

onePress

 

ワードプレスの有料テーマおすすめランキング

ここからは有料テーマのおすすめランキングを発表していきます。有料で使えるテーマの中でも人気の高いものを選んだので、こだわったサイトを作りたい人は参考にしてみてください。

第1位 THE THOR

おすすめポイント ・SEOに圧倒的に強い

・最高水準の表示速度

・着せ替え機能で簡単にデザイン変更できる

値段 16,280円(税込)
公式サイト THE THOR

「THE THOR」はLION MEDIAなどのテーマで有名な「FIT」がリリースしている有料テーマです。一流SEOコンサルタントのノウハウが徹底的に入っており、内部SEO対策もばっちりです。

着せ替え機能で簡単にサイトデザインを切り替えることができるので、複数のサイトに使い回すこともできます。

THE THOR

 

第2位 JIN

おすすめポイント ・デザインの切り替えが簡単

・読みやすいサイトデザインが可能

・アフェリエイトサイトにおすすめ

値段 14,800円(税込)
公式サイト JIN

アフェリエイトのためのノウハウが詰まった有料テーマの「JIN」。ボタン1つでサイトデザインを簡単に切り替えることができるので、複数のサイトで使い回すことができます。

シンプルで読みやすさを意識した仕様になっているので、誰でも簡単にアフェリエイトサイトを制作できます。

JIN

 

第3位 SANGO

おすすめポイント ・見やすいサイトが作れる

・カスタマイズも柔軟にできる

値段 11,000円(税込)
公式サイト SANGO

「SANGO」は「サルカワ」というブログを運営している方が制作した有料テーマです。Googleが使用しているマテリアルデザインを基本に作られているテーマなので、サイトを制作したときの読みやすさに強みを持っています。

デザインや機能性も申し分なく、カスタマイズにも柔軟に対応してくれる使い勝手の良さが魅力です。

SANGO

 

第4位 DIVER

おすすめポイント ・アフェリエイトに最適な機能が充実

・高品質かつ高機能

・SEO対策に最適

値段 17,980円(税込)
公式サイト DIVER

「DIVER」はSEO対策に重要なサイトの回遊率や離脱率などに着目して設計されている有料テーマです。

SEO対策をしてアフェリエイトで収益化を目指す人に最適な機能性とクオリティの高さが魅力的で充実したサポート体制や収益化に直結するデザイン性の高さやカスタマイズの豊富さもおすすめです。

DIVER

 

第5位 STORK

おすすめポイント ・ブログにおすすめ

・モバイルフレンドリーに最適

値段 10,800円(税込)
公式サイト STORK

「STORK」はブログマーケッターの方が制作している有料テーマです。モバイルフレンドリーを意識した設計になっており、ブログ運営をしたい人におすすめです。

スマホからの集客を意識したサイト作りを進めたい人に向いていますし、ブログ作成に必要な機能も豊富に取り揃えられています。

STORK

 

第6位 NANO

おすすめポイント ・企業サイトにおすすめ

・しっかりしたデザインに仕上げられる

値段 34,800円(税込)
公式サイト NANO

「NANO」はコーポレートサイトにおすすめの有料テーマです。企業理念や会社概要などかっちりとした情報を記載するのにぴったりなデザインになっており、しっかりした堅実なイメージにサイトを仕上げることができます。

さまざまな企業サイトに対応できる機能性も魅力的で、企業情報をあらゆる角度から発信できます。

NANO

 

第7位 賢威

おすすめポイント ・SEOに強い

・アフェリエイト分野で人気が高い

値段 27,280円(税込)
公式サイト 賢威

「賢威」は2万7千人を超えるユーザー数を抱えるSEOに強い有料テーマです。企業サイトや個人サイト、アフェリエイトなどさまざまなユーザーに利用されており、SEOノウハウの詰まった信頼と実績が魅力です。

さまざまなデバイスからのアクセスに対応したレスポンシブWebデザインやプラグイン化された機能などSEOに必要な要素が詰まっているテーマです。

賢威

第8位 アルバトロス

おすすめポイント ・マーケティングブログにおすすめ

・魅せるデザイン

・表示速度、SEO対策も優秀

値段 7,980円(税込)
公式サイト アルバトロス

「アルバトロス」はマーケティングブログを運営する方に向いている有料テーマです。コンテンツを美しく魅せるデザインに仕上げることができるので、魅力的なサイトによる集客が望めます。

サイトの表示速度やSEO対策もしっかりと行われているので、基本的な性能に加えてデザイン性にこだわったサイトを作りたい人におすすめです。

アルバトロス

第9位 Switch

おすすめポイント ・企業サイトにおすすめ

・デザイン性が高く、美しいレイアウト

値段 24,800円(税込)
公式サイト Switch

「Switch」は店舗サイトや企業サイトに向いている有料テーマです。トップページを見栄えのあるデザインいでき、内容も充実したサイトに仕上げられるので、専門業社に外注したかのような美しいサイトが作れます。

分かりやすく使いやすい仕様で簡単に操作できるシンプルさも魅力的です。

Switch

第10位 ストーク19

おすすめポイント ・美しく使いやすいデザイン

・充実した機能

・SEO最適化もバッチリ

値段 11,000円(税込)
公式サイト ストーク19

2万人以上の利用者がいる「ストーク」の最新バージョン「ストーク19」。美しいデザインや使いやすい機能性はそのままに、表示速度の改善や機能の追加が行われています。

SEO対策も万全で本格的なサイトの運営をしたい人におすすめです。

モバイルフレンドリー対策もできているのでスマホからの集客も視野に入れたサイト制作ができます。

ストーク19

まとめ

ワードプレスのおすすめテーマを紹介していきました。無料でも有料でも優れたテーマはたくさんあるので、ワードプレスを使ったサイト制作の参考にしてみてください。

また、テーマはデザインだけでなく、サイトに求める機能なども検討しながら選ぶことが重要です。自分の目的に合致したテーマを選んで、より魅力的なサイトを作ってみてください。

スポンサード広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*