オウンドメディアのおすすめの作り方と立ち上げ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウンドメディアってどういうもの?

今回はオウンドメディアについて解説をしていきます。

近年注目されて多くの企業が取り組んでいるオウンドメディアとはどのようなものなのでしょうか。

オウンドメディアの意味を確認しておこう

オウンドメディアの意味は自分が所有するメディアという意味です。

例を挙げると自社のホームページ、SNS、ブログなど、狭い意味では企業が発信するWEBマガジンなどです。

トレンドのオウンドメディアはこれだ

オウンドメディアはツイッターやFace Bookなどの発達とともに注目されました。

このようなSNSを活用したソーシャルメディアマーケティングが商品やサービスを売るのに効果的ということで、多くの会社が取り組んできました。

しかし、近年はさらに自社のビジネス上の成果につなげるために、自社のWEBサイトにコンテンツを増やしメディアとして閲覧者を増やし、SEO対策も兼ねて情報を発信する方法が注目を集めてオウンドメディアとして発達してきました。

トリプルメディアのそれぞれの関係性

トリプルメディアとは企業が顧客へ発信するメディア分類です。

オウンドメディア(Owned=自社が所有するメディア)、ペイドメディア(Paid=広告費を払うメディア)、アーンドメディア(Earned=SNSなど自然拡散するメディア)と3種類があります。

次はそれぞれの意味を解説します。

ペイドメディア

ペイドメディアとWEB広告、テレビCM、ラジオ広告、チラシ、新聞、雑誌広告など費用を払って掲載してもらう広告のことです。

過去多くの企業はペイドメディアを活用して商品の販売やPRを行ってきました。

ペイドメディアの主な役割は商品やサービスの認知を消費者に促すという点です。

現在では消費者に認知を促したうえで、オウンドメディアへ誘導するという手法が確立されています。

アーンドメディア

ア―ンドメディアとはSNSのように自然拡散していくメディアのことです。

これは口コミやユーザーレポートのことで、オウンドメディアのコンテンツやペイドメディアで獲得したユーザーのフィードバックによって獲得するメディア上の認知ということです。

オウンドメディアの強みや弱みを大解説

ここではオウンドメディアの強みや弱みを解説します。

メディア名 意味 メディアの役割 強み 弱み
オウンドメディア 企業の自社メディア WEBサイト、ブログ、ツイッターなど 見込み客の獲得、ア―ンドメディアとのシナジー効果 自社で情報発信を能動的にできる。長期の継続が可能で集客ができれば営業面で非常に効果的。費用対効果が高い。 集客ができなければ効果が出ない。媒体が成長するまで時間がかかる。
ペイドメディア 企業が広告料金を払って利用するメディア WEB広告、テレビCM、ラジオ広告、チラシ、新聞、雑誌広告 オウンドメディアへの取り込み、ア―ンドメディアの口コミなどの形成のトリガーとして活用 かなり広範囲に情報発信をでき、なおかつ地域を絞ることも可能。即効性と信頼性もある(媒体による) コストがかかる。特にテレビ、ラジオ、新聞などは広告費が高い。信用性が低い場合もある。
ア―ンドメディア 口コミやレビューの媒体 口コミやレビュー、レポート 応答や情報収集 信頼性、透明性が高い 悪い口コミを書かれる場合はリスクがある。自社で管理が難しい。

オウンドメディアとコンテンツマーケティング、インバウンドマーケティングの違いはある?

コンテンツマーケティング お客さんが欲する情報を与えることによって、信頼関係を構築し、自分の商品やサービスを販売、リピーターづくり、ファンづくりをすることを指します。オウンドメディアはそれ自体が一部として構築することが多いですが、他のメディアコンテンツを組み合わせて実施するのがコンテンツマーケティング。
インバウンドマーケティング これまで多くの企業が取り組んできたプッシュ型の広告手法や販売手法ではなく、プル型のマーケティングをすべきだという手法です。自社サイトにオウンドメディアを作って検索やSNSで拡散させる点で、オウンドメディア施策と同じです。

 

オウンドメディアが注目される理由を大解説

ここではオウンドメディアが注目される理由を解説します。

新たな広告手法として注目されている

オウンドメディアが注目される理由は新たな広告手法として、従来の広告に取って替わるものとして注目されています。

そもそも、個人の情報収集手段は多様化しており、インターネット、新聞、テレビなど個人によって様々です。

 

現在ではどの媒体に広告を打てば効果的というのが見えづらくなってきています。

 

WEBでも広告ブロック機能なども搭載されているものも増えて、情報の到達度という点でも従来のメディアに限界が生じています。

そこで、自社で能動的にコントロールしながら情報発信できるオウンドメディアが注目されています。

検索エンジン対策に対応できる

オウンドメディアの情報発信であれば、WEBサイト上に情報を掲載するため、SEO対策としても効果を発揮します。

現在では従来のSEO対策であった、被リンクなどの手法が通じにくくなってきていると言われており、オウンドメディアで質の高いコンテンツを発信していくという地道な手法が注目を集めています。

適正な広告費に対応するため

SEO対策でリスティング広告の単価は数年前と比較すると大きく跳ね上がっています。

しかし、ユーザー側も広告については敏感になってきており、不用意なクリックはしないようになってきています。

そこで自然検索で自社媒体にアクセスをしてもらう、オウンドメディアを活用する企業が増えています。

オウンドメディアはコンテンツを作った分が資産となるため、長期で考えた場合は企業としてぜひ取り組んでおきたい広告です。

企業がオウンドメディア制作に取り組むメリットを徹底解説

企業がオウンドメディアに取り組むメリットは次の通りです。

・集客ができれば広告宣伝費をカットできる

・自社メディアでブランディングができる

・顧客からさらに好きになってもらうことができる

・ネットを活用して広い地域に情報発信できる

集客ができれば広告宣伝費をカットできる

オウンドメディアは上手に集客できれば、企業としての広告費を大幅に削減することができます。

コンテンツの地道な蓄積に取り組むことで、結果的に自社でコントロール可能な情報発信が可能となります。

自社メディアでブランディングができる

信用ある情報や役立つ情報発信を行っていれば、メディアとしてのブランディングも可能です。

ブランディングは信用にもつながるので、企業価値を高めることができます。

顧客からさらに好きになってもらうことができる

役立つ情報発信を続けていると、こんなに役立つ情報発信をしてくれる企業の商品やサービスはきっと良いに違いないと顧客からの

好感度を高めることができます。

顧客から好かれるというのは、商売の基本的な戦略と言えるでしょう。

ネットを活用して広い地域に情報発信できる

オウンドメディアであればインターネットを活用して広範囲に情報発信をすることが可能です。

タイプ別のオウンドメディアについて

タイプ 特徴 自社メディアとの新和性 代表的なメディアの例
検索タイプ SEOに強い、検索エンジンからの自然流入が見込める。 悩みを解決するコンテンツに向いている。 スキンケア大学、LIGブログ、ニキペディア
ソーシャルメディアタイプ ある特定の繋がりをもつ層に一気に情報を広げることができる。 多くの人が面白いと思うコンテンツを作る場合に向いている。 サイボウズ式、TABILABO、THE BRIDGE
ブランドタイプ 大手企業であれば、ブランド名で検索の展開を行うことが可能。 既に自社ブランドを確立している大手に有利な手法。 Coca Cola journy、Beauty& Co
バランスタイプ 上記3種類のバランス型。 3つのタイプの運営をおこなったうえで、バランスの良い手法を構築する。 FASHION、エンジニアType

 

検索型

・SEOに強い、検索エンジンからの自然流入が見込める。

・悩みを解決するコンテンツに向いている。

ソーシャルメディア型

・ある特定の繋がりをもつ層に一気に情報を広げることができる。

・多くの人が面白いと思うバズるコンテンツを作る場合に向いている。

ブランド型

・大手企業であれば、ブランド名で検索の展開を行うことが可能。

・既に自社ブランドを確立している大手に有利な手法。

バランス型

・上記3種類のバランス型。

・3つのタイプの運営をおこなったうえで、バランスの良い手法を構築する。

オウンドメディアの運営について

ここではオウンドメディアの運営について解説します。

コンテンツの戦略を立てることが大切

最初にコンテンツ戦略を立案します。誰のために、何のために取り組むのかといった目的を明らかにして、オウンドメディアによる目標設定します。

 

オウンドメディアのゴールとは、単純に売上だけとは限りません。

企業やサービスの認知度の向上、ブランド力の強化、顧客との関係性の強化など様々な目標設定が可能です。

 

そのうえで、重要なのがペルソナの設定です。

 

オウンドメディアではかなり具体的にどのような読者がこのメディアを閲覧するかということを想定します。

そこまで設定をしないと、役立つ知識やアクションに繋がる情報発信を行うことは難しくなってしまいます。

 

例えば年齢、性別、職業、趣味、現在の状況などをち密にシミュレーションすることが重要です。

 

次に行うべきなのは、コンテンツ設計です。

どのような客層に向けて情報発信をするかでアプローチが変わってきます。

顧客の状態 必要なコンテンツ 内容
無関心で自分の潜在的なニーズに気が付いていない顧客 認知度をあげるコンテンツ ブログ記事、PDF資料、無料セミナー資料、事例集など
興味があって情報収集を行っている顧客 お客さんを教育するコンテンツ 中立的な記事、製品紹介、ブログ記事、PDF資料、無料セミナー資料、事例集
購入先を探している顧客 選択肢を選んでもらうコンテンツ セミナー、詳しい商品資料やサンプルなど
購入の準備をしている顧客 発注や購入を決めてもらうコンテンツ 提案資料、お客様の声、サポートメニュー

このように顧客に向けたコンテンツ制作を企画、立案するところが準備となります。

オウンドメディアの立ち上げ手法

ここではオウンドメディアの立ち上げの具体的な手法について解説します。

オウンドメディアの名称は、掲載していく記事のテーマと一貫したテーマがあり、記憶に残りやすいことが大切です。

特に、オウンドメディアはリピーターの再訪が重要であるため、記憶に残るということは非常に重要です。。

デザインはどうするべき?

オウンドメディアのデザインには、いくつかのパターンがあります。

近年では、タイル型と呼ばれるデザインが主流です。これはPCユーザー、スマートフォンユーザーの双方を意識した作りになっています。

ただ、タイル型にもデメリットがあり、テキストをトップページに配置しにくいデザインが、SEO的に良くないケースもあります。

おすすめは、2カラム、3カラムのスタンダードなデザインを採用して汎用性を高める手法です。

ドメイン名は?

オウンドメディアは専用のドメインか企業サイトの一部にするか企業によって手法が異なります。

独立ドメインのメリットは、中立性をPRできたり、デザイン上の自由度が高いという点が挙げられます。

しかし、新規ドメインはSEO上のデメリットが多きっく、記事が蓄積するまで検索流入が増えません。

このデメリットを回避するには、別ドメインではなく、すでにある企業サイトにオウンドメディア用のサブディレクトリ設置してコンテンツ発信をするのが近道でしょう。。

オウンドメディアの構築

サイト名やドメイン名が決まればオウンドメディア構築を行っていきましょう。

オウンドメディア構築は、外部のウェブ制作会社に依頼してサイト制作を行うことになります。

近年は、CMSと呼ばれるホームページが簡単に更新できるソフトが流行っており、WordPressなども一例です。

CMSを利用して構築してもらう事で、その後の更新を自社で行いコストを抑えることも可能です。

オウンドメディアの運用は難しい?

ここではオウンドメディアを運営するうえでの重要なポイントを解説します。

オウンドメディアを運用するうえで大事なのは、サイトの情報発信における体制を構築する事です。

オウンドメディアの運用は、「継続」と「改善」を繰り返し、コンテンツの質を高めてくことが重要です。

たとえ記事を書いても、コンテンツの質が低かったり、更新頻度が少ないとそもそも読者が訪れることはないでしょう。

ホームページの運用担当、営業資料の作成を経験している社員やプレスリリースを書いている広報担当者がいれば、ベストでしょう。

自社でリソースがたりない場合、WEBライターを外注するという方法もあります。

SEOテーマのリサーチが重要

オウンドメディアの制作はキーワード検索ボリュームをもとにテーマを構築するのがベストでしょう。

「Googleキーワードプランナー」を使用するこおて、どのようなキーワードがどの程度検索されているか把握することが可能です。

 

たとえば「育毛剤」 の月間検索ボリュームは 2020年 6月の段階で 13,000回。

通常は、検索ボリュームが多いキーワードは競合相手も多いので、上位表示は難しいと言えます。

 

一方でライバルが少ないキーワードでは、検索している人そのものが不足していると言えます。

オウンドメディアの立ち上げタイミングではBtoC業界でアクセス500以上、BtoBでは100以上程度の検索ボリュームを参考にキーワードを選定するといいでしょう。

コンテンツを執筆する

コンテンツの執筆は最初は上手くいかないことの方が多いでしょう。

コンテンツとなる文章は文章力だけではなく、専門的な知識が必要になります。

例えばライターを外注した場合、文章は綺麗に書いてもらえても専門的な知識がうまく書けていなかったりすることも珍しくありません。

反対に自社の社員に記事を書かせても、専門的な内容はともかく、文書が上手く書けないという場合もあります。

この二つのバランスの取れた運用体制を構築するのが、企業のオウンドメディア運営の難しさと言えるでしょう。

記事を拡散してプロモーションを進めよう

コンテンツが完成したら記事をオウンドメディアに公開しますが、記事公開においてもポイントがあります。

それは、コンテンツを公開したら、可能な限り拡散の努力をするべきということです。

企業のSNSアカウントでフォロワーさんに拡散をする、メールで既存の取引先や見込み客に発表するなど、地道な努力が重要です。

プレスリリースを発信、あるいは、業界の著名な人に記事を取り上げていただくなど、様々な手法があります。

オウンドメディアの運営ポイントはこれだ

ここではオウンドメディア運営のポイントについて解説します。

・オウンドメディア運営のポイントはオウンドメディアの目的を明らかにしておくこと

・ターゲットとなる読者像(ペルソナ)を明らかにしておくこと

・社内、社外で運用の実施体制を構築しておくこと。

・すぐに成果はでないため、地道に記事を制作して、自然な検索の流入を増やすように心がけること。

オウンドメディアの基本を知っておこう

ここではオウンドメディアの基本事項をまとめていきます。

そもそもオウンドメディアとは?

・オウンドメディアは名前の通り、企業が自身で所有するメディア。

・自社で発信するメディアは、広い意味ではすべてオウンドメディアとなる。

・最近では企業が発信するブログ形式のWEBメディアのことをオウンドメディアと呼ぶ。

・ユーザー目線で情報を発信し、顧客を育てて最終的に売り上げにつなげる農耕民族型のアプローチである。

・構築にはしっかりとした、社内、社外の実施体制が必要。

オウンドメディアはなぜ注目されている?

オウンドメディアが近年注目され始めているの理由としては、情報が多すぎるため、一般的な広告の効果が低くなってきているという点が挙げられます。

そのため、時間がかかるものの企業が能動的に情報発信して、ファンを獲得できるオウンドメディアが注目を集めています。

また、ネット広告においても、従来の被リンクによるSEO対策などは効果が低くなってきており、グーグルによるアルゴリズムの変化も影響がゼロとは言えません。

コンテンツの質を高めることで検索エンジンの評価を獲得して、コンテンツマーケティングを仕掛けていくのが最新のSEOトレンドと言えます。

そして、多くのユーザーがスマートフォン、パソコンなどの何らかのネットへアクセスしている時間が一日の約4割と言われており、ネット上での情報発信が非常に重要になってきています。

オウンドメディアは採用に効果がある

オウンドメディアは企業の情報発信以外でも採用を行う場合に活用できるとして、注目を集めています。

自社で求職情報をダイレクトに発信できるため、求職者に知ってもらいたい情報をしっかりと届けることができます。

オウンドメディアはどんなことができる?

オウンドメディアはコンテンツ資産家、情報拡散などで効果を発揮します。

コンテンツを資産化することができる

オウンドメディアでは定期的な情報発信を行うことで、コンテンツを増やすことができます。

質の高いコンテンツは資産となり、企業価値を高めてくれます。

コンテンツをアーカイブして積み上げていくこと、質を高めることが数年という歳月を経て売上や利益に転嫁されるので、時間はかかりますが、企業としては取り生んでおいて損はないと言えます。

逆にあとになって取り組むほど不利になってしまうので、この点は判断を誤ると大きな機会損失につながると言えるでしょう。

SNSを活用した情報拡散ができる

SNSを活用した情報拡散というのはこれまでも多くの議論がされてきました。

バズるという言葉が一般的ですが、オウンドメディアの場合は派手に拡散されるよりも、企業としてのブランドや質を担保するうえで、「この記事はすごく参考になる」と思われるような拡散が重要となります。

オウンドメディアのデメリットや苦手な部分は?

オウンドメディアの苦手な部分は即効性です。

短い期間で売上確保するというよりは、メディアを育てながら顧客との関係性の構築、コンテンツの資産化を目指すという手法なので時間的なコストがかかるのは仕方ないと言えるでしょう。

すぐに売上を伸ばしたいという場合は、別の手法を検討するべきでしょう。

オウンドメディアの活用事例

ここでは大手企業の有名なオウンドメディアの活用事例をご紹介します。

サッポロビール

サッポロビールのWEBメディアは非常に成功しており、ビールにまつわるネタや美味しいおつまみの調理方法などボールの楽しみからが伝わるコンテンツを発信しています。

このように自社の商品の楽しみ方や魅力のアップを顧客へPRして、顧客を育てることができるのはWEBメディアならではと言えるでしょう。

イエマミレ

不動産の賃貸関連サービスを行うiettyでは、「イエマミレ」というオウンドメディアを運営しています。

こちらのメディアでは後発として、一般的なWEB広告ではなく、コンテンツによる付加価値のアップとSNS経由での集客に特化しています。

スミフラボ

このオウンドメディアは企業から企業への顧客PRを展開しています。

住友不動産の賃貸オフィスサービスに対する情報発信、ターゲットとなる企業への役立つ情報、たとえば働きやすさや組織論、採用論などオフィスといった間接的だけれども、顧客が好むコンテンツ展開をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*