わんまいるの口コミと評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事宅配サービスとして人気が高まっている「わんまいる」。

今回はそんなわんまいるの口コミと評判をはじめ、そのサービス内容について徹底調査してみました。

わんまいるが気になるという人は、ぜひ確認してみて下さい。

食材宅配おすすめ安い比較人気ランキング

食材宅配おすすめ安い比較人気ランキング

わんまいるの口コミと評判

ここからはわんまいるを実際に利用した方々によるネット上での口コミ・評判について、主に良い内容のものとそうでないものとに分けてピックアップしていきたいと思います。

わんまいるの良い内容の口コミ

冷凍とは思えないくらい美味しいです

冷凍食品ということからあまり期待はしていなかったのですが、口にしたら全然美味しくてびっくりしました。
料理に使われる食材もすべて国産で、栄養管理やカロリー計算してあるのも助かりました。
量も丁度良いですし、一品一品が袋で小分けされているので、冷蔵庫に入れるときもかさばらず便利です。

非常に楽ができる

わんまいるを使うことで、買い物に行く時間や料理をする時間が節約できるので、非常に助かります。
メニューも豊富ですし、栄養バランスの取れた食事ができるのも〇。

栄養管理がお手軽にできる

わんまいるのメニューは栄養バランスがしっかりしているので、栄養管理がお手軽で、子供やお年寄りにも安心です。

以上わんまいるの良い口コミをまとめると、主に下記の点について好評でした。

  • 家事などの時間や労力を省ける
  • 味や食感が良く美味しい
  • 栄養バランスに優れており、栄養管理も手軽にできる

わんまいるの悪い内容の口コミ

送料が高い

料理の味付けはちょうど良く、メニューも多くて素晴らしいですが、送料が高いです。
お試しセットを頼む場合にも高い送料がつくので、試すのにも中々気軽にはできません。
もう少し送料が安ければ文句の付けどころがなかったのですが。

食材配達でパパっと作った方が良いかも

料理の見た目がどこか心細く、味も少し濃い目でさほど美味しく感じませんでした。
あと値段や送料も高いです。
これなら惣菜を買うか、食材配達で何かパパっと作った方が良いかもと思いました。

ボリューム的に少し物足りない

栄養バランスが取れていて、塩分も控えめなのは良いと思いますが、ボリュームが少し物足りなく感じました。

まとめるとわんまいるの良くない口コミ・評判としては、主に下記のことがよく言われていました。

  • 値段や送料が高い
  • 人によっては味が濃かったりして美味しく頂けない
  • 人によっては量が少ない

youtube上でも好評!

「健幸ディナー」5食セットを頼んだところ、美味しく頂けたとのことです。

料理が美味しいのはもちろん、栄養バランスが考えられていることから、お年寄りやダイエットをしている場合でも良いと評判です。

わんまいるとは?

サービス情報 詳細
公式サイト わんまいる公式WEBサイト
運営会社 株式会社ファミリーネットワークシステムズ
所在地 大阪府大阪市北区太融寺町8-8日進ビル5F
問い合わせ先 電話番号:0120-548-113
営業日 月~金(10:00~17:00)
対応エリア 全国

わんまいるとは、冷凍惣菜の食事宅配サービスです。
ただし通常の冷凍食品とは違って、一品一品手作りで作られているのが特徴です。

また作られた料理の食材はすべて国産品であり、栄養バランスやカロリー・塩分にも配慮されていることから、美味しくてヘルシーな料理を頂けるのも魅力的です。

わんまいるの資料請求方法

わんまいるで食事宅配サービスを受ける前に、その内容について具体的に知りたい場合は資料請求してみると良いでしょう。

わんまいるで資料請求するには、まずわんまいる公式WEBサイトにアクセスし、トップページの画面右上にある「お問い合わせ」をクリックします。

わんまいるの資料請求の取り寄せ方法
(出典:わんまいる公式WEBサイト

するとお問い合わせ画面に移るので、そこで名前・メールアドレス・電話番号を記入のうえ、問い合わせ内容の件名にて「資料を送ってほしい」を選択して下にある送信ボタンを押下します。

これでわんまいるの資料請求を行うことができます。

わんまいるの定期購入について

わんまいるでは通常のセットメニューを購入できるほか、定期購入ができます。

この定期購入を利用すれば、通常よりも600円ほどお得になるうえに、毎回注文する手間も省くことができます。

しかも最低利用期間や解約金といったものもありません。

そのため定期的に利用していきたいのであれば、定期購入(定期お届けコース)がおすすめです。

定期購入では食数と間隔を自由に選べることも可能

定期お届けコースでは食数と利用するサイクルを自由に組み合わせて選ぶことも可能です。

食数 間隔
・主菜1品、副菜2品×5食
(1~10セットの中から選択可能)
・毎週1回
・2週間に1回
・3週間に1回
・4週間に1回

このように利用状況に応じて食数と間隔を合わせられるので、その分無駄な出費も抑えられるでしょう。

わんまいるのメニュー

わんまいるのメインとなる商品である通常の5食セット「旬の手作り健幸ディナー」は週代わりにメニューが変わり、主菜(主に肉or魚料理)+副菜2品(野菜料理)で栄養バランスの取れた料理が提供されます。

またわんまいるでは「旬の手作り健幸ディナー」以外でもご当地グルメなど単品メニューがあり、2020年3月現在においては下記のメニューが取り扱われています。

カテゴリー メニュー(料金)
ご当地グルメ ・崎県産黒毛和牛と黒豚のデミグラスソースハンバーグ 宮崎 中村食肉(398円)
・淡路島玉ねぎ天2枚 兵庫県南あわじ オキフーズ(498円)
・郷土料理 丹後ばらずし(2コ) 株式会社加悦ファーマーズライス (940円)
・小浜海産物 小あじささ漬40g 福井 小浜海産物 (500円)
・国産牛の牛丼の具 140g和歌山 国産牛専門店 きた川(480円)
・三重県産さくらポークロース生姜焼き 100g 伊賀上野の里 サンショク(537円)
・小浜海産物 小鯛ささ漬 40g 福井 小浜海産物(500円)
・仙台名物 牛たん生餃子 8個 宮城県登米 服部(450円)
・具沢山けんちん汁 180g 京都 桂茶屋 (276円)
・宮崎県産黒毛和牛と黒豚のハンバーグ 宮崎県三股町 中村食肉(380円)
・博多八助監修 博多うまかひとくち餃子 15個(352円)
有名ホテル&専門店の味 ・デミグラスハンバーグ 140g 大阪 リーガロイヤルホテル(458円)
・石見ポークの豚汁 200g 京都 桂茶屋(298円)
・新宿光来 豚肉ニンニクの芽炒め 180g 東京 新宿光来 (537円)
・京都桂茶屋 駿河湾産桜海老の炊き込みごはん 180g(369円)
・レンジでできる 豆ごはん 180g 京都 桂茶屋(334円)
・吉野家 牛丼の具 135g(537円)
・京都洛西産筍の炊き込みごはん 180g 京都 桂茶屋 (398円)
・京都洛西産筍の若竹煮 120g 京都 桂茶屋 (369円)
・京都洛西産筍の春のちらし寿司 340g 京都 桂茶屋(908円)
・京の老舗女将のおばんざいセット(8品) 京都 桂茶屋 (1,980円)
・京のだし巻き 100g 京都 桂茶屋 (276円)
・リーガロイヤルホテルバニラホットケーキ 4枚 大阪 リーガロイヤルホテル (480円)
・北海道あずきのお赤飯 200g 京都 桂茶屋 (462円)
・高野豆腐の含め煮 120g 京都 桂茶屋 (315円)
・南瓜のあずき煮 90g 京都 桂茶屋(334円)
・京都桂茶屋 丹波産黒豆のおこわ 160g 京都 桂茶屋(352円)
・丹波篠山産 黒豆【無添加】 60g 京都 桂茶屋(315円)
・陳建一 麻婆豆腐 150g 東京 KK企画 (580円)
・陳建一 本格八宝菜 150g 東京 KK企画(570円)
・陳建一 乾焼蝦仁(えびのチリソース) 150g 東京 KK企画(570円)
・ステーキハウス三田屋 サイコロステーキビーフカレー 250g(778円)
・ステーキハウス三田屋 タレ付ハンバーグ 150g (528円)
・チャイナチューボー 青椒牛肉絲 (630円)
・チャイナチューボー 甘酢あんかけ肉団子 (570円)
・チャイナチューボー かに玉 (352円)
・うなぎと胡瓜の甘酢和え【うざく】80g 京都 桂茶屋 (315円)
和食 ・千葉県産さば(骨とり)の煮付け 120g(369円)
・千葉県産さば(骨とり)の西京味噌焼き85g(369円)
・国産鶏むね肉と国産筍の筑前煮 160g(398円)
・千葉県産さば(骨とり)の塩焼き(369円)
・鳥取県産トロかますと野菜の揚げ浸し 120g(445円)
・石見ポークとキャベツのチャンプルー 130g(398円)
・レンジでできる 小えびの天ぷら 100g(425円)
・【1食セット】国産鶏むね肉と国産筍の筑前煮セット(852円)
・石見ポークを使った肉じゃが 180g(398円)
・カラスカレイの煮付け 兵庫 財木商店(398円)
・赤魚(骨とり)の煮付け 100g(369円)
・肉豆腐 160g(398円)
・野菜のかき揚げ 50g×2枚 岩手 あんしん生活(260円)
・京都洛西産筍の若竹煮 120g 京都 桂茶屋(369円)
・銀鮭西京焼き 一切 兵庫 財木商店(419円)
・カラスカレイ西京焼き 一切 兵庫 財木商店(415円)
・紅鮭塩焼き 1切 兵庫 財木商店(352円)
・さわら西京焼き 1切 兵庫 財木商店(352円)
・紀州うめどりの筑前煮 140g(398円)
・鶏の味噌焼き 90g(369円)
・桜島鶏ももとごぼうの唐揚げ 100g(352円)
・群馬県太田市産 三日とろろ 60g×3 群馬 三和食品(528円)
・大分豊後 とり天 200g 大分 デリカフーズ大塚(500円)
・てんぷら盛り合せ 4種 60g(362円)
洋食 ・レンジでできる 大きなエビフライ(有頭海老)2尾(739円)
・ペンネとウィンナーと野菜のミネストローネ230g(462円)
・【1食セット】宮崎県産黒毛和牛と黒豚のハンバーグセット (852円)
・北海道産 じゃが芋と玉ねぎのビーフカレー 200g(398円)
・国産野菜と無塩漬ベーコンの洋風煮(ポトフ) 200g(369円)
・いかのフリッター 100g 島根 さんれいフーズ(369円)
・レンジでできる 篠島産しらす干しコロッケ 2個(369円)
・ロールキャベツトマトソース煮 140g(369円)
・鳥取県境港産 あじのフライ 2尾(369円)
・レンジでできる ビフカツ120g(369円)
・ 淡路島産のチキンカツ 180g(260円)
・石見ポークの一口カツ 3個(368円)
中華 ・【1食セット】石見ポークの酢豚セット(852円)
・レンジでできる アスパラと石見ポークのオイスター炒め 140g(445円)
・国産あさりと帆立貝の海鮮八宝菜 170g(398円)
・石見ポークの酢豚 160g(398円)
軽食・パン
(レンジで簡単)
・レンジでできる モッツァレラチーズと海老のカレードリア 200g(498円)
・レンジでできる 淡路産玉葱のナポリタン 260g(462円)
・レンジでできる 石見ポーク使用大阪名物豚モダン 200g(462円)
・レンジでできる 淡路産玉ねぎと石見ポークの焼きそば 200g(462円)
・プチお好み焼き(豚玉)5枚(462円)
・レンジでできる 駿河湾産桜海老入り金の炒飯 200g(462円)
・トースターでできる 国産筍とアスパラのピザ 1枚(462円)
・レンジでできる カップ入りきつねうどん 390g(レンジでできる カップ入りきつねうどん 390)
・ケンミン 焼ビーフン 180g(334円)
・ケンミン 8種野菜の焼ビーフン 180g(352円)
・具付 醤油ラーメン 1食 キンレイ(267円)
・手包みオムライス 250g ヤヨイサンフーズ (352円)
・7種のチーズのグラタン 200g ヤヨイサンフーズ (334円)
寿司・丼・ご飯物 ・レンジでできる いなり寿司 320g 佐賀 唐房米穀(500円)
・鶏五目中華ちまき 80g×5個 神奈川 ミツハシライス(920円)
・お米屋さんの助六寿司 280g 佐賀 唐房米穀(500円)
・京都桂茶屋 駿河湾産桜海老の炊き込みごはん 180g 京都 桂茶屋(369円)
・京都洛西産筍の炊き込みごはん 180g 京都 桂茶屋(398円)
・レンジでできる 豆ごはん 180g 京都 桂茶屋(334円)
・京都洛西産筍の炊き込みごはん180g 京都 桂茶屋(398円)
・京都洛西産筍の春のちらし寿司 340g 京都 桂茶屋(908円)
・てんぷら丼 280g(547円)
・北海道あずきのお赤飯 200g 京都 桂茶屋(462円)

このように別途ご当地グルメや有名レストランなどの料理も注文することができるので、健康重視の通常メニュー(旬の手作り健幸ディナー)だけでは物足りないなどの場合に追加で頼むのも良いでしょう。

わんまいるには一人暮らし向けのメニューもある?

旬の手作りおかずセット健幸ディナーであれば、栄養バランスの良い食事が摂れるので、どうしても偏食になりがちな一人暮らしの場合でも向いています。

またボリューム的に足りないのであれば、別途ご当地グルメなどの単品メニューを注文するのも良いでしょう。

添加物の使用の有無

わんまいるで作られる料理(旬の手作りおかずセット健幸ディナー)は、すべてが保存料・合成着色料無添加です。

冷凍食品であればどうしても添加物が気になるところですが、こうした添加物を一切使用していないわんまいるであれば安心・安全に食事をすることができるでしょう。

ただしご当地グルメなどの単品メニューの場合は、添加物が含まれているものもあるので注意が必要です。

アレルギーのある人の注意点

わんまいるではアレルギーの人向けの料理などはありません。

そのためアレルギーがある場合は、注文前に原材料を確認するようにしておきましょう。

なお原材料については、わんまいる公式サイトの商品ページに記載されています。

配達エリア

わんまいるはヤマトのクール便で送られてきます。

ヤマト運輸は北海道から沖縄まで全国に対応しているで、国内であれば基本的にどこでも利用することができるでしょう。

送料は無料?

わんまいるの場合は送料は無料ではなく有料です。

具体的な送料に関しては、内容量に関わらず850円(税込935円)であり、北海道・沖縄・一部離島だと1,950円(税込2,145円)になります。

送料は内容量によらず一律なので、送料を抑えたいのであれば一度にまとめて発送してもらうようにすると良いでしょう。

支払方法

わんまいるでは下記の支払い方法に対応しています。

  • 代金引換(手数料300円~400円)
  • クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース)
  • AmazonPay
  • 銀行振り込み(三菱UFJ銀行)

賞味期限

わんまいるは冷凍食品なので日持ちはしますが、賞味期限の目安として約4~6カ月程度になります。

ただし家庭用冷蔵庫の場合は、開閉による庫内の温度変化が大きいため、なるべく1~2カ月以内に食べるのが推奨されています。

わんまいるの料金は?

わんまいるの主な商品となる、「旬の手作り健幸ディナー」には「お試しセット」「定期お届けコース」「基本セット」があり、料金はそれぞれ下記の通りになります。

内容 料金(税込み)
お試しセット
(一人3セットに限る)
主菜1袋+副菜2袋
×
5食分
3,480円
定期お届けコース 3,980円
基本セット 4,600円

お試しセットは、注文できるセット数に限りがありますが、料金がかなり安いので試しに利用してみたい場合にピッタリです。

また定期お届けコースなら、通常の基本セットをその都度頼む場合と比べて注文する手間が省けるうえに、料金的にもお得になります。

たまにしか利用しないのであれば、基本セットをその都度注文すると良いでしょう。

ちなみにわんまいるでのはメインとなる「旬の手作り健幸ディナー」以外にも、上記で記載した通りご当地グルメなどの単品メニューも取り扱われています。

他の食材宅配サービスとの料金比較

わんまいると他の人気食材宅配サービスとを比較した場合、下記の通りになります。

食材宅配サービス 料金(1週間分・定期購入) 送料
わんまいる 3,980円~ ・935円
・2,145円(北海道・沖縄県)
ウェルネスダイニング 4,800円~ ・700円
・350円(定期)
らでぃっしゅぼーや 約5,000円~ ・380円(3,000円未満)
・180円(3,000円~4,999円)
・無料(5,000円以上)
オイシックス 約5,000円~ 0円~1,800円
(お届け先や注文金額による)

わんまいるは基本料金で言えば安そうですが、5食分での値段であることや送料が少し高くつくことから、実質的には若干比較的割高になります。

ただ原材料が厳選されていたり、栄養バランスなどを考慮して作られており、料理そのものは他社と比べても品質は高めです。

口コミなどから考えられるわんまいるの魅力は?

  • 短期間で手作り料理を用意することができる
  • 食材を購入する手間がない
  • 品質にこだわって作られており美味しい
  • 冷凍食品でありながら無添加で栄養バランスの取れている

短期間で手作り料理を用意することができる

わんまいるを利用する場合は、基本的に冷凍されたものを湯煎解凍するだけで、本格的な手作り料理を堪能することができます。

これが自分で料理を作るとなると、まずは自分で献立を組まなければなりませんし、特に家族のために作るのであれば栄養バランスだって考えなければなりません。

またそれなりにちゃんとしたものを作るとなると、下処理から材料のカットなどの調理工程をすべてこなさなければなりませんし、効率良く行うなら料理を作る順番を考慮したり、片付けを同時進行させる必要もあります。

しかしわんまいるを利用することで、こういった手作り料理に必要な手間を最小限に抑えることができるので、特に忙しい人にとって魅力的ですね。

食材を購入する手間がない

またわんまいるを利用する場合は、食材を購入する手間もなくなるので、余計な買い物をせずに料理を用意できるのも便利です。

品質にこだわって作られており美味しい

わんまいるの料理に使われる食材はすべて厳選された国産のものを使用しています。

そのためわんまいるの料理は、冷凍でありながら手作り感が感じられ美味しいと多々言われています。

このようにすぐに用意できるうえに、美味しいという点においてもメリットですね。

冷凍食品でありながら無添加で栄養バランスの取れている

またわんまいるの料理には、保存料・合成着色料は一切使われていません。

しかもメニューは管理栄養士によって作られているので、栄養バランスは抜群ですし、塩分控えめ(3.5g未満)で平均カロリーが400kcal以下に設定しつつも、味はしっかり感じられるように作られています。

そのためわんまいるは、ダイエットを考えている人や、メタボ・高血圧などの人、妊婦である場合などにもおすすめです。

わんまいるの注意点は?

  • 料金・送料自体は少し高い
  • 人によっては味が若干薄いまたは濃いと感じる

料金・送料自体は少し高い

わんまいるは、美味しくてヘルシーな料理を手軽に用意できる反面、その料金や送料自体が少し高いのがネックです。

ちなみに料金が気になるのでなるべく抑えたい場合は、定期コースを利用したり、なるべく一度にまとめて発送してもらうようにすると良いでしょう。

人によっては味が若干薄いまたは濃いと感じる

わんまいるの料理は塩分控えめで作られていますが、これが人によっては味が薄いと感じたり、逆に濃いと感じる人もいるようです。

特に濃い味を好む場合には注意が必要ですが、それでも気になる場合は初回限定お試しコースから始めてみると良いでしょう。

わんまいるの注文方法は?

わんまいるの注文方法

わんまいる公式WEBサイトのトップページ左上にある、「初回お試しコース」または「定期お届けコース」のボタンをクリックします。

それぞれの画面でページを下にスクロールさせて、「今すぐ注文する」をクリックします。

あとはカートに入れて購入手続きを進めることで注文することができます。

なお「初回お試しコース」や「定期お届けコース」以外の基本セットやご当地グルメなどの単品メニューを注文する際は、わんまいる公式WEBサイトのトップページ左側のメニューから行うことができます。

わんまいるの解約方法

定期お届けコースを解約する場合は、わんまいるサポートセンターに電話するか、メールでその旨を伝えることで手続き可能です。

わんまいるサポートセンター 0120-548-113
(受付時間:平日10時~17時)
メールアドレス onemile_support@e-fns.co.jp

定期お届けコースの中止や、お届けタイミングの変更は、わんまいる公式WEBサイト上で行えます。

なお解約する際の注意点としては、解約手続きを次のお届け予定日の一週間前までに済ませておく必要があるということです。

一週間前までに手続きをしなければ、次回分の料理が届いてしまうので気を付けておきたいところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*