マトリックスシリーズおすすめランキング。あらすじと登場人物を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マトリックスについて解説

マトリックスは1999年に1作品目が公開された大人気シリーズの映画です。

ストーリーは今生きている世界が仮想現実で、現実の世界は別にあるという設定。映画の中では戦闘シーンも多くあり、SF映画の要素とアクション映画の要素が組み合わさった作品となっています。主人公であるネオが銃弾をブリッジで避けるシーンが印象的という方は多いのではないでしょうか。

マトリックスはこれまで3作品公開されています。

シリーズ タイトル
第1部 マトリックス
第2部 マトリックス リローデッド
第3部 マトリックスレボリューションズ

マトリックスの最初の作品は世界的に大人気となり、興行収入は約4億6千万に上りました。1作品目が大ヒットしたことで注目を受けた2作品目のマトリックスリローデッドは同年のカンヌ国際映画祭で特別上映され、全米公開当時、R指定映画の世界興行収入歴代1を獲得。シリーズで最も高い売り上げを誇っています。
3作品目のマトリックスレボリューションズも2作目と同じ2003年に公開されており、こちらも大人気ヒット。3作品全てが人気となったことからもマトリックスの人気が分かりますよね。

また、マトリックスの続編に関して、現在4作品目が撮影中です。映画の公開予定は2021年5月でしたが、コロナウィルスの影響で撮影が遅れており、公開予定が遅れる可能性があります。登場人物はキアヌ・リーヴスなど前作までのキャストの出演も決まっており、公開されるのが楽しみです。

マトリックスには作品が面白いという口コミが多数あったので、代表的なものをピックアップしてみました。

https://twitter.com/meLone_puppy/status/1226442093305876480?s=20

マトリックスのすごいところは1999年の映画にも関わらずいまだに人気が高い点です。SF映画に対してだけではなく、アクション映画界にも大きな影響を与えたとされるマトリックス。これからもますます多くの人に見られる可能性も高いでしょう。

マトリックスシリーズのおすすめランキング

ここではマトリックスシリーズ3作品をランキング形式で紹介しています。おすすめのマトリックス作品について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。

3位 マトリックス レボリューションズ

シリーズ名 マトリックス レボリューションズ
監督名 ウォシャウスキー姉妹
公開日 2003年11月5日
公式サイト マトリックスレボリューションズ

マトリックスシリーズの最後の作品マトリックスレボリューションズが第3位です。マトリックスリローデッドの続編となり、物語の完結編となる内容です。マトリックリローデッドの公開からわずか半年という短いスパンで公開された映画ということで、シリーズ映画としては珍しい作品です。

マトリックスレボリューションズの見どころは人間とコンピューターの戦いに終止符が打たれる点。映画は預言者オラクルから未来はネオとスミスのどちらかが決め、争いは今夜終わるという言葉から始まります。ザイオンの救出をかけた戦いやネオ対スミスの直接対決など最終決戦にふさわしい戦いが次々と展開。最後は感動的な結末となっており、マトリックスシリーズのファンの方は必見の内容となっています。

マトリックスレボリューションズの口コミには戦闘シーンやラストシーンが印象的という声が多かったのと同時にストーリーが少し複雑という声もありました。この理由として前作までのシリーズを見ていなければ理解できないシーンがあることが挙げられます。そのため、マトリックスレボリューションズからマトリックを見始めてもストーリーの展開についていけない可能性が高いです。マトリックスレボリューションズを視聴する際には前作までのストーリーを理解するように注意しましょう。

2位 マトリックス リローデッド

シリーズ名 マトリックス リローデッド
監督名 ウォシャウスキー姉妹
公開日 2003年5月15日
公式サイト マトリックス リローデッド

マトリックスシリーズの中で最も興行収入が高かったのが2作目のマトリックスリローデッドです。1作品目の公開から4年後に公開されており、ファンの期待が高かった作品であると言えます。また、マトリックスリローデッドの公開が決定した際にはすでに3作品目のマトリックスレボリューションズの制作も決まっており、2作目と3作目で前後半となるようなストーリー構成となっています。

ストーリーは前作のマトリックスで説明が不十分であった設定の解説からスタート。現実世界はコンピューターが支配しており、人間が生きていけるのはザイオンと呼ばれる都市だけになっていました。そのザイオンに対して72時間後にコンピューターが人類を滅ぼしにやってくるというところから物語は始まり、これに対して立ち向かうためネオは作戦を考えることになります。ネオの前に立ちふさがるのは前作でも戦ったエージェントスミス。ネオはザイオンを救うことができるのかがマトリックスリローデッドの見どころとなります。

マトリックスリローデッドは前作と比較するとアクションシーンが多くなり、迫力が増したという意見が多かったです。主人公であるネオの戦闘シーンはもちろん、ハイウェイでのカーチェイスのシーンやネオとスミス軍の戦いなど見どころが多いのでアクション映画好きにはたまらない作品となっています。しかし、中にはストーリーが少し複雑という口コミもあり、前作のマトリックスと比較すると人気は若干落ちると判断し、作品の順位を2位としました。この作品からマトリックスの映画を見始めることもできますが、前作ので登場した人物がそのまま出演しているので、よりストーリーを楽しみたいという人はまずはマトリックスの1作品目を視聴するのがおすすめです。

1位 マトリックス

シリーズ名 マトリックス
監督名 ウォシャウスキー姉妹
公開日 1999年3月31日
公式サイト マトリックス

マトリックスの3作品の中で最も人気だったのが1999年に公開された最初の作品です。SF映画の設定と迫力のあるアクションシーンに衝撃を受けたという意見が非常に多かったです。

表向きはプログラマーとして活躍しているトーマスの裏の顔は天才ハッカー・ネオは今自分が生きている世界が現実の世界ではなく仮想現実ではないのかという疑念を持って生活していました。ある日パソコンの画面に白うさぎについていけというメッセージが表示され、それに従ったネオはトリニティと名乗る女性ハッカーに出会います。そして自身が生きている世界は仮想現実で、現実世界では人間がコンピューターに支配されていることを知ります。ネオのことを救世主と考えたコンピューターと戦う人間の代表モーフィアスは共に戦うことを依頼。現実世界をコンピューターから取り戻すためネオは現実の世界に行き、コンピューターと戦うことを決心します。

マトリックスの映画の魅力は香港スタイルのアクションシーン。キアヌ・リーブスを始めとした出演者は4カ月に渡ってカンフーの訓練を受けてから撮影に臨んでおり、本格的なアクションシーンを楽しむことができます。マトリックスは後のアクション映画に大きな影響を与えたという声もあり、映画界に与えた影響も大きい作品と言えます。

また、アクションシーン以外にも20年前に公開されたとは思えないような先進的な技術が使われている映像や人間の潜在意識について言及するなど心理学の要素が含まれている点など多くの魅力がマトリックスにはあります。マトリックスシリーズを視聴したことがないという方はマトリックスの最初の作品から映画を見始めることをおすすめします。

マトリックスの登場人物を紹介

マトリックスの映画はストーリーだけでなく、登場人物が魅力の1つです。ここではマトリックスの主要登場人物を4人紹介していきます。

キャラクター名 役者
ネオ/トーマス・A・アンダーソン キアヌ・リーブス
トリニティ キャリー=アン・モス
モーフィアス ローレンス・フィッシュバーン
エージェント・スミス ヒューゴ・ウィーヴィング

ネオ/トーマス・A・アンダーソン

マトリックスの主人公です。表向きには大手企業でプログラマーとして活躍していますが、裏の顔はネオという名前の天才ハッカーです。ハッカーとして優秀すぎるため、自分が生きている世界が仮想世界なのではないかという違和感を持ち、エージェントに狙われる存在となってしまいます。

その後、現実世界に行くことに成功したネオはトリニティやモーフィアスとともに人類を守るための戦いに参加。モーフィアスの元潜在意識を利用した戦い方を身に着けていき、様々な能力を用いてコンピューターとの戦いに挑みます。シリーズが進んでいくにつれ強くなっていくネオの姿はマトリックスの見どころの1つとなっています。

トリニティ

トリニティは女性の人物で仮想現実の世界から現実世界へネオを導いた人物です。元々は国税局のコンピューターに侵入していた天才ハッカーでしたが、モーフィアスに出会い仮想世界のことを知ったため、ともに戦うことを決意。マトリックスのストーリーではヒロインとなっており、ネオに対して好意を抱いています。

トリニティは1作目から3作目まで全ての映画に登場。1作目ではネオがピンチに陥った場面で登場したり、3作目では最後まで人間のために戦い続けるなど重要な役割を担います。

モーフィアス

現実世界でコンピューターから最も危険なハッカーと恐れられているのがモーフィアスです。工作船であるネブカドネザル号の船長であり、唯一人類が生き残っているザイオンの住人でもあります。モーフィアスは人類を救う救世主を探しており、ネオと遭遇。ネオを救世主と信じ、ともに行動をするようになります。

ネオの父親のような存在であり、ネオのことを信じないザイオンの住人から遠ざけられた際にも自分の信念を曲げずに信頼を寄せる姿もかっこいいです。マトリックスファンからの人気も高くなっています。

エージェント・スミス

マトリックスを守る監視プログラム・エージェントのリーダーがスミスです。エージェントはマトリックスを守るものを排除しなければなりませんが、エージェント・スミスの本心はマトリックスから解放されることを望んでいます。解放のため、船長にのみ与えられるザイオンのアクセスコードの取得を目指しています。

モーフィアスたちを狙っており、マトリックスのシリーズを通してネオと敵対する因縁の相手となります。ネオと同様にシリーズを通じて成長していくので、こちらもマトリックスの見どころの1つです。

まとめ

この記事ではマトリックスのおすすめ作品や登場人物について解説してきました。

マトリックスで最も人気が高いのは第1部となります。SF作品としてストーリーの完成度が高いのはもちろん、戦いのシーンも魅力的で1999年の公開から20年以上経っていますが未だに高い人気を誇ります。また、1部で登場している人物が2部以降も登場することになるので続編を見たことがないという方は是非確認してみて下さい。

この記事がマトリックスのおすすめ作品や登場人物を知りたいという方の参考になれば幸いです。

スポンサード広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*