ドラゴンボールゲームおすすめ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的に大人気のドラゴンボールについて解説

ドラゴンボールは世界的に大人気の鳥山明原作の漫画です。世界中に散らばった7つの玉をすべて集めるとなんでも願いを1つかなえてくれる秘宝ドラゴンボールと主人公である孫悟空を中心に描かれています。
https://youtu.be/lUDO1V9XW18

ドラゴンボール ウィキペディア

ドラゴンボールのストーリーは大きく分けると6つに分かれており、「悟空少年期」「ピッコロ大魔王編」「サイヤ人襲撃編」「フリーザ編」「人造人間・セル編」「魔人ブウ編」となります。すでに連載は終了していますが、週間ジャンプに連載されていた当初から絶大な人気を誇り、コミックの発行部数は全世界で2億5千万部に上る大ヒットコミックとなりました。

ドラゴンボールには数多くの口コミが寄せられており、評判の高いものが多いのも特徴です。

https://twitter.com/__kakamiyu/status/1232485320144257024?s=20

https://twitter.com/6LI5bN9EZ9S6ijF/status/1232471623376109570?s=20

週刊誌への掲載はこの時点で終了しましたが、コミック終了後の続編についてはアニメが次々と放送されており、「ドラゴンボールGT」、「ドラゴンボール超」と物語は続きます。「ドラゴンボール超」については放送されたのが、2015~2018年にかけてとなっており、連載が始まって40年近く経っているにも関わらず、今なお大人気の作品であることが分かります。

ドラゴンボールは非常に幅広い世代で楽しむことができる作品なのです。

また、ドラゴンボールはコミックやアニメだけでなく、ゲームも大人気。100万本以上売り上げたソフトは10本以上あります。ゲームソフトの数も非常に多いですが、多すぎてどのゲームで遊んだらいいのかわからないという方は多く、ドラゴンボールのおすすめゲームを知りたいという方も多いと思います。

この記事ではドラゴンボールのおすすめゲームを20本ランキング形式で紹介しています。これまでどのようなゲームが発売されたのか参考にしたい方や、これからドラゴンボールのどのゲームで遊ぶか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

アニメおすすめ比較ランキング。神アニメはこれ!名作面白いアニメ決定版

アニメおすすめ比較ランキング。神アニメはこれ!名作面白いアニメ決定版

ドラゴンボールゲームおすすめ人気ランキング20

ドラゴンボールのおすすめ人気ランキングは下記の通りです。

順位 作品名
20位 ドラゴンボール改 サイヤ人来襲
19位 超サイヤ人伝説
18位 ドラゴンボールz 超武闘伝3
17位 ドラゴンボールZ 超武闘伝2
16位 ドラゴンボールZ 遙かなる悟空伝説
15位 ドラゴンボールZ バーストリミット – PS3
14位 ドラゴンボール アルティメットブラスト
13位 ドラゴンボールフュージョンズ
12位 ドラゴンボールZ 超究極武闘伝 – 3DS
11位 ドラゴンボールZ BATTLE OF Z
10位 ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX
9位 ドラゴンボール 天下一大冒険
8位 ドラゴンボール レイジングブラスト2 – PS3
7位 ドラゴンボールZ Sparking! METEOR
6位 スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション
5位 ドラゴンボール ゼノバース – PS4
4位 ドラゴンボールZ3
3位 【PS4】ドラゴンボール ファイターズ
2位 ドラゴンボール ゼノバース2
1位 【PS4】ドラゴンボールZ KAKAROT

ランキングの中には最新のPS4で遊ぶゲームソフトはもちろん、スーパーファミコンで遊べるゲームまで幅広く紹介しています。下記で1位~20位までのゲームの魅力や口コミなどを詳しく紹介していきます。

20位 ドラゴンボール改 サイヤ人来襲


出典1:Amazon
「ドラゴンボール改サイヤ人襲来」は2009年に放送されたドラゴンボール改をRPG化したゲームです。ドラゴンボール改のアニメについては大人気となったドラゴンボールZの中でもピッコロ大魔王を倒した後からベジータを倒すまでのストーリーになっており、ゲームもこの間の内容となります。利用する端末はNINTENDO 3DSで、現在ではそこまで新しい端末ではないため、金額的にも安く購入可能な点もうれしい点の1つ。ゲームソフトもamazon、楽天、yahooショッピングのいずれのサービスでも1,000円以下の金額でした。ドラゴンボール改サイヤ人襲来はRPGとしてはオーソドックスなものとなっており、ダンジョンを歩いていると敵と遭遇し対戦がスタートします。通常攻撃に加え、必殺技やガード、そして攻撃などがたまり怒りゲージがマックスになった際に使える究極技を駆使して、対戦。操作自体はそこまで難しいものではありません。ドラゴンボール改サイヤ人の襲来の魅力は原作に沿ってストーリーが作られているため、ドラゴンボールのファンが十分に楽しめる要素を含んでいること。ドラゴンボールの原作であるサイヤ人編は人気も高く、孫悟空とベジータが初めて対峙する重要な物語なので、ファンも多いです。また、ドラゴンボールのキャラクター6人のパラメータを自分好みにアレンジすることができる点となっています。ゲームの中に含まれるオリジナルストーリーもありますので、そちらにも要注目です。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

19位 超サイヤ人伝説


出典2:Amazon
今回のランキングで紹介するゲームソフトの中で最も古いのが超サイヤ人伝説です。超サイヤ人伝説はスーパーファミコンのソフトであり、発売されたのは1992年。今から約30年前になります。発売されたのが30年近く前ということで現在販売されているのは基本的には中古のみ。楽天とyahooショッピングでは現在取り扱いがなく、amazonのみで中古販売されていました。超サイヤ人伝説はRPG式のゲームとなっており、ストーリーはサイヤ人襲来編からフリーザ編までの間です。ボスにはラディッツやベジータ、ギニュー特戦隊に加え、フリーザも出現します。
基本的な操作などは現在のRPGゲームと大きく変わっている点はなく、移動は徒歩か飛行による移動かを選択。移動中に敵と遭遇して戦闘が開始するという流れになっています。現在のRPGゲームとの大きな違いはバトルシーンとなっており、自分でキャラクターを動かして対戦するのではなく、カードゲームの形式でバトルを行います。バトルカードの両角にドラゴンボールを模した星と漢数字がついており、その大きさでそのターンのキャラクターの行動と攻撃力や防御力が決定し、戦闘を行います。原作に忠実なストーリーに対する高評価が多い反面、戦闘能力については原作とかけ離れているという意見もあるなど賛否両論があります。しかし、その点を踏まえても昔のドラゴンボールのゲームを楽しみたいというファンにはたまらないゲームとなっています。
amazonで見る

18位 ドラゴンボールz 超武闘伝3


出典3:Amazon
こちらも18位の超サイヤ人伝説に続いてスーパーファミコンで遊べるゲームソフトです。物語もフリーザ編ではなく、魔人ブウ編となっており、ストーリーが進んでいることが分かります。ドラゴンボールZ超武闘伝3はRPGゲームではなく、対戦型格闘ゲームとなっており、個人で遊ぶ場合はPCとの対戦を選択することができ、友人など複数人と対戦することも可能です。コマンドはボタンの組み合わせに応じて必殺技を出すことができたり、ガードを選択できたりと現在の格闘ゲームと違いはありません。選択できるキャラクターも豊富となっており、孫悟空や孫悟飯、ベジータなどの主要キャラクターはもちろん、魔人ブウなど敵キャラクターも出現。また、隠れキャラクターとして未来から来た大人のトランクスも登場するなどの魅力があります。キャラクターの他に口コミで評判が良かったのがBGM。隠れキャラクターであるトランクスのテーマは前作のアレンジとなっており、人気があります。ドラゴンボールZ超武闘伝3にはストーリーモードがなく、1対1の対戦モードもしくは、天下一武道会モードの2つのどちらで遊ぶかを選択します。天下一武道会モードは1人で遊ぶことができ、このゲームのエンディングは天下一武道会モードをクリアすれば見ることができますが、基本的には2人以上で対戦を楽しむ仕様になっており、友人などと集まった際に遊ぶゲームとして利用することをおすすめします。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

17位 ドラゴンボールZ 超武闘伝2


出典4:Amazon
18位で紹介したドラゴンボールZ超武闘伝3の前作にあたるのがドラゴンボールZ超武闘伝2となり、こちらのゲームソフトは当時大ヒット作品となりました。基本的な格闘などの操作はドラゴンボールZ超武闘伝3と同様ですが、登場するキャラクターなどが一部異なっており、ドラゴンボールZ超武闘伝2は魔人ブウ編ではなく、人造人間・セル編のキャラクターが中心です。ドラゴンボールZ超武闘伝2には隠れキャラクターが2体おり、1体目は孫悟空。そして2体目は劇場版ドラゴンボールZ燃え尽きろ!熱戦・烈戦・超激戦の限定キャラクターとして登場したブロリーです。ブロリーは原作の漫画やアニメには登場していないため、映画版のドラゴンボールファンにはたまらない内容となっています。また、ドラゴンボールZ超武闘伝3と異なる点は対戦モードや天下一武道会モードのほかにストーリーモードがあるという点。ストーリーモードは孫悟空、ベジータ、トランクス、ピッコロのいずれかのキャラクターを選択し、ストーリーに沿って出現する敵を倒していくという内容になっています。ストーリーモードの最後である超サイヤ人編?は特定の条件を満たさないと出現しないようになっており、やりこみ要素が強くなっています。原作やアニメだけでなく、映画版ドラゴンボールの要素を取り入れている点が人気の理由となっていることが予想されます。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

16位 ドラゴンボールZ 遙かなる悟空伝説


出典5:Amazon
ドラゴンボールZ 遥かなる悟空伝説は2007年にバンダイから発売されたNINTENDO DSで遊べるRPGゲームです。ストーリーとしてはサイヤ人襲来編~セル編までを収録。自分で選択できるキャラクターは孫悟空、孫悟飯、ベジータ、ピッコロの4キャラクター。それぞれのキャラクターに沿ってシナリオが用意されています。ストーリーを進めていき、敵キャラクターを倒せば次のキャラクターのストーリーに移るものとなっており、原作好きの方が楽しめる要素です。対戦はカードゲーム形式であり、攻撃力・守備力・効果のカードを出して戦闘を行います。同じカードを引いた場合にはコンボを出せる点が魅力的な点の1つ。対戦以外にはアイテムを集めることもできます。口コミを見ていると原作を思い出したし、キャラクター毎のストーリーを楽しめるのでたまらないという意見のほかには想像していた以上にクリアするまでは時間がかかるという意見や簡単にクリアできる難易度ではないという声もありました。カードを用いた対戦ということで、カードの引きが悪ければ雑魚相手でも対戦は難しくなり、アイテムが自由に使えないという場面もあります。しかし、原作に忠実なストーリーやキャラクターのボイスが楽しめる点はドラゴンボールZ 遥かなる悟空伝説の大きな魅力となっています。NINTENDO DSを保有している人でドラゴンボールのゲームで遊びたいという方には有力な選択肢であると言えます。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

15位 ドラゴンボールZ バーストリミット – PS3


出典6:Amazon
ドラゴンボールZ バーストリミットは2008年に発売されたプレイステーション3とXbox360のゲームソフトです。プレイステーション2のドラゴンボールZ3やドラゴンボールZ 真武道会2といった大ヒット作品の基本システムを使っており、格闘アクションゲームとして人気になりました。ドラゴンボールZ バーストリミットの魅力はなんといっても画質の美しさ。高画質なセル絵を3Dでそのまま動かしているような感覚になったという声や、高画質かつスピーディーな絵を見せられるゲームに夢中になってしまったという口コミが多くみられました。プレイステーション3のソフトということでプレイステーション2までの時代よりもゲームに没入することが可能となっています。ストーリーとしては漫画やアニメのドラゴンボールZと同じになっており、フリーザ編や人造人間・セル編などが収録され、原作のストーリーを忠実に再現。ストーリーモードの隠れステージとして映画キャラクターのブロリーも登場します。ストーリーモードを利用し、1人でプレイすることもできますが、オンラインでの対戦が可能となっているため、友人同士で集まらなくても簡単に対戦相手を見つけることができ、気軽に対戦を楽しめるのも人気の理由の1つです。キャラクターの数が少ないという声や魔人ブウ編が収録されていない点が不満という声もありますが、総合的には評判がよくドラゴンボールの格闘ゲームの中でも人気のソフトとなっています。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

14位 ドラゴンボール アルティメットブラスト


出典7:Amazon
ドラゴンボール アルティメットブラストはプレイステーション3のゲームであり、2011年に発売されました。ドラゴンボール アルティメットブラストが人気の理由としてはストーリーモードや登場キャラクターの幅が広いことが挙げられます。サイヤ人編から魔人ブウ編までドラゴンボールZの主要ストーリーを網羅しており、画像もきれいなためファンにはたまらない内容になっています。口コミの中で最も多かったのはこれまでのドラゴンボールゲームの中でも操作が簡単であり、格闘ゲームが初めてという方でも楽しんで遊べる点です。ドラゴンボール アルティメットブラストは必殺技やコンボを簡単に出すことができ、演出も派手。多くのライトユーザーが楽しめるようになっています。グラフィックやムービー演出も高評価されていました。ドラゴンボール アルティメットブラストではレンジシステムと呼ばれる新たなバトルシステムが導入されました。これは近距離のグラップルレンジと遠距離のシューティングレンジという2つを切り替えながらプレイできるというもの。キャラクターの特性やプレイスタイルに応じてバトルを切り替えられるということで、自分の得意なスタイルを選択できます。この後のランキングで紹介するドラゴンボール レイジングブラストから発展したゲームであり、ドラゴンボールのバトルゲームの中でも人気シリーズとなっており、派手な演出を楽しみたい方におすすめです。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

13位 ドラゴンボールフュージョンズ


出典8:Amazon
ドラゴンボール フュージョンズは2016年に発売されたNINTENDO 3DSのゲームソフトです。ゲームのジャンルとしては育成型のRPGとなっており、ドラゴンボールのフュージョンをクローズアップした内容となっています。フュージョン自体は原作では2人で行うものですが、ゲームでは5人でフュージョンするマキシフュージョンやすれ違い通信で勝手にフュージョンする勝手にフュージョンなど様々な種類があります。登場キャラクターも原作で登場する孫悟天やトランクスに加え、ゲームのオリジナルキャラクターも登場。登場キャラクターの中にはアラレちゃんなど他のアニメのキャラクターもあり、様々なキャラクター同士をフュージョンさせられる点が面白かったという口コミが多かったです。ストーリーはクエスト内を移動したり、ゲーム内に登場するキャラクターと対話をすることで進めていきます。バトルシーンはターン制のコマンドバトルで、必殺技をうったり、格闘や気弾を放つことが可能です。原作アニメのような戦略性に加え、スピード感がある点も魅力の1つです。ドラゴンボールの他のゲームと異なり、完全にオリジナルのストーリーとなっており、原作ではありえないようなキャラクター同士のフュージョンをさせることも可能ということで、原作好きはもちろん、ドラゴンボールを知らない人でも楽しめるゲームとなっています。独特の世界観を味わいたいという方は是非ドラゴンボール フュージョンズで遊んでみて下さい。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

12位 ドラゴンボールZ 超究極武闘伝 – 3DS


出典9:Amazon
ドラゴンボールZ 超究極武闘伝は2015年に発売されたNINTENDO 3DSのゲームです。2010年代のドラゴンボールのゲームは3Dの立体型のものが多いですが、ドラゴンボールZ 超究極武闘伝は2D。ドット絵で表現されたグラフィックは逆に新鮮という口コミもありました。対戦方法も1キャラクターだけを操作するのではなく、バトルの途中で使用キャラクターを変更する交代制を採用。1つのバトル内で複数のキャラクターを同時に使えるのはうれしいですよね。ドラゴンボールZ 超究極武闘伝は対戦型の格闘ゲームとなっており、1人で楽しみたいという場合はZストーリーモードや摩訶不思議アドベンチャーモード、天下一武道会モードなどを選択することができます。複数人で対戦したい場合はローカル通信はもちろん、オンライン通信を利用することも可能です。ストーリーモードはありますが、複数人で対戦をするのがこのゲームの魅力となっているので、オンライン通信で様々な人と対戦することをおすすめします。また、ドラゴンボールZ 超究極武闘伝はアップデートすることで、「ONE PIECE大海賊闘技場」のゲームと通信対戦を楽しむことが可能となります。ドラゴンボールZ 超究極武闘伝とONE PIECE大海賊闘技場は操作方法が同じなため、このコラボが実現したと言えます。ドラゴンボールとワンピースという大人気漫画同士のコラボとなっており、両作品のファンの方は必見の内容です。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

11位 ドラゴンボールZ BATTLE OF Z


出典10:Amazon
ドラゴンボールz battle of zは2014年に発売されたゲームソフト。プレイステーション3やXbox360に加え、プレイステーションVitaでも遊ぶことが可能です。ゲームのジャンルとしては格闘ゲームの部類に入りますが、チーム乱戦アクションと呼ばれる4対4で行われるチーム対戦形式となっている点が他の格闘ゲームとは異なる特徴となっています。1対戦で複数のキャラクターが同時に戦うということで仲間と同時に敵に攻撃をするシンクロラッシュや、ともに戦う仲間に指示を出して協力する作戦などがあり、オリジナルの操作を利用することができます。4対4のキャラクター対戦ということで操作が複雑なのではと不安の方もいるかもしれませんが、操作は簡単になっており、誰でも楽しむことが可能。キャラクター毎に異なる操作などもないため、初心者の方にも安心です。ストーリーのカバーしている範囲も広く、原作のサイヤ人編から魔人ブウ編まで全てを含んでいるのはもちろん、アナザーエイジ編やエクストラエイジ編、スペシャルエイジ編と原作以外のストーリーも楽しむことができます。こちらはストーリー毎にミッションを行っていくことでクリアとなり、条件に応じてカードやキャラクターの入手が可能となります。また、敵側視点のミッションもあり、ドラゴンボールz battle of zならではの楽しみ方ができる点も大きな魅力となっています。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

10位 ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX


出典11:Amazon
ドラゴンボールヒーローズアルティメットミッションXはドラゴンボールのゲームの中でも多い、カードゲーム形式で対戦を楽しむゲームです。発売されたのが2017年であり、比較的新しいというのもポイント。NINTENDO 3DSで遊ぶことができ、ランキングでも紹介したアルティメットシリーズの最新作となっています。カードの種類は全部で3,300種類。その中から最大5枚のカードを使用し、5対5のバトルが展開されます。カードの種類が豊富ということもあり、やりこみ要素が強く、口コミの中にはコンテンツのボリュームが多いため1台で長くゲームを楽しむことができるという意見が多かったです。口コミの中にはグラフィックが少し荒く感じるというものもありましたが、プレーには支障にならないレベルとなっています。ストーリーとしては原作のドラゴンボールZではなく、ドラゴンボールGTの内容が中心です。そのため、原作のキャラクターやストーリーを楽しみたいという方には少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。ドラゴンボールヒーローズアルティメットミッションXの最大の魅力は入手したカードをアクセサリーでカスタマイズして自分だけのミッションを創ることができるアルティメットクリエーションモード。自分だけの遊び方を見つけることができるのは他のゲームにはない魅力的なポイントですよね。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

9位 ドラゴンボール 天下一大冒険


出典12:Amazon
ドラゴンボール天下一大冒険は珍しく孫悟空の少年編のみにフォーカスされたゲームとなっており、サイヤ人編以降のストーリーは含まれません。ストーリーが孫悟空の少年編に集中しているのも珍しいですが、ゲーム機もWiiとドラゴンボールのゲームの中では珍しいものとなっています。ドラゴンボール天下一大冒険はWiiの魅力であるキャラクターの動きを最大限に活かした3Dのグラフィックが魅力。自分が孫悟空になりきってステージに仕掛けられているギミックやトラップを攻略していきます。もちろんバトルシーンもあり、ボスとの対戦では懐かしのキャラクターが登場します。ドラゴンボール天下一大冒険の口コミで多かったのが初心者でも簡単にプレーすることができ、覚える操作も多くないというもの。ゲームのクリア自体は難しくはありません。そのため、ゲームをやりこんでいる方にとってはクリアが簡単に感じてしまうかもしれません。それでもドラゴンボールの世界観が丁寧に作りこまれており、バトルシーンなども含めドラゴンボールの少年編のファンにはたまらない内容です。登場キャラクターも最初に使えるのが5キャラクターのみとなっているので、キャラクターの選択に迷うこともありません。ドラゴンボールのゲームは格闘ゲームやRPGが多くなっている中でドラゴンボール天下一大冒険はギミックやトラップを気にしながらステージを攻略していく点が他のゲームと異なり魅力との声もあり、格闘ゲームやRPG以外のゲームで楽しみたい方には特におすすめです。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

8位 ドラゴンボール レイジングブラスト2 – PS3


出典13:Amazon
ドラゴンボールレイジングブラスト2は2009年に発売されたプレイステーション3とXbox360で遊ぶことができる対戦型格闘ゲームです。レイジングブラストのシリーズはどれも人気ですが、前作と比較するとキャラクターの喜怒哀楽の表情が細かく表現されており、グラフィックもきれいな点が大きな特徴となります。ドラゴンボールレイジングブラスト2で登場するキャラクターは原作のドラゴンボールZで登場するキャラクターが中心ですが、前作と比較するとキャラクターが27体追加と、大幅に増えている点も魅力。原作以外のキャラクターにも注目です。口コミは3D空間を縦横無尽に駆け回る原作風の迫力のある戦闘シーンが魅力という声が多くありました。それと同時に覚えなければならない操作が多く、最初はキャラクターの動かし方に苦労するという口コミも。慣れていけば戦闘を楽しむことができるので、ゲームをプレーする中で操作を覚えていくことがおすすめです。ドラゴンボールレイジングブラスト2の売り上げは70万本となっており、いまでもプレーする人が多い大人気作品です。プレイステーション3のゲームを持っており、ドラゴンボールの対戦型格闘ゲームを楽しみたいという方には魅力的な作品となっています。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

7位 ドラゴンボールZ Sparking! METEOR


出典14:Amazon
ドラゴンボールZ Sparking! METEORはドラゴンボールのゲームソフトの売り上げが100万本を超えた超人気ゲームです。プレイスステーション2とWiiの2つの端末でゲームをプレーすることができる点も多くの人が遊んでいる理由の1つと言えます。ドラゴンボールZ Sparking! METEORが対戦アクションゲームですが、人気の理由は大きく2つあります。1つ目は使えるキャラクターが圧倒的に多いというです。ドラゴンボールZ Sparking! METEORは最初から132体のキャラクターが使用可能。ゲームをクリアしていけば最終的には161体まで使用キャラクターが増えるため、ドラゴンボール好きの方は自分が好きなキャラクターを選択することができます。ドラゴンボールZ Sparking! METEORは原作に加え、映画版やアニメ版のストーリーも含まれてることがキャラクターの多い理由となっています。ドラゴンボールZ Sparking! METEORが人気の理由2つ目はゲームならではの楽しみ方であるIFストーリーが楽しめるという点です。これは原作やアニメのストーリーの中で「もしもこんなことがあったなら、どうなっていたのか」という展開を楽しめるもの。原作再現も可能ですが、原作とは異なる結末の展開にすることも可能であり、大人気のコンテンツとなっています。対戦を楽しみたい人もストーリーを楽しみたい人もどちらも楽しめるのがドラゴンボールZ Sparking! METEORの魅力といえます。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

6位 スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション


出典15:Amazon
スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッションは本ランキングの10位でも紹介したドラゴンボールヒーローズの最新版です。2019年の4月に発売され、NINTENDO Switchで遊べるドラゴンボールのゲームソフトの中でも比較的新しいものとなっています。ゲームの設定は、かつての超戦士たちが偉人として扱われるようになった世界で、戦士をカード化して戦うドラゴンボールヒーローズの世界に主人公であるビートが魅了されていくというもの。これまでのドラゴンボールのゲームの中で最多の350体以上のキャラクターが登場します。登場キャラクターは多いですが、ストーリーモードはチュートリアルがわかりやすいので、ゲームの初心者も楽しめる内容となっています。口コミの中で多かったのがシリーズ初のオンライン対戦が可能となり、いつでも対戦を楽しめるのが魅力という声と、オリジナルのカードを自分で作成することが可能で、キャラのデザインや能力の調整といったエディットに幅があるという声です。特にオリジナルカードの作成には創造力が必要なため、刺激的という意見が多く、やりこみ要素となります。対戦についても最大7対7とこれまでよりもカードバトルが増加しており、多くのカードを使用できる楽しみが増えている点もうれしいですよね。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

5位 ドラゴンボール ゼノバース- PS4


出典16:Amazon
ドラゴンボールのゲームソフトで最も人気のゲームシリーズがこのドラゴンボールゼノバースです。ドラゴンボールゼノバースは2015年に発売され、プレイスステーション4以外にプレイスステーション3、Xbox one、Xbox360の端末で楽しむことができます。ソフトの売り上げは全世界で500万枚を超える大ヒット作品となり、海外ではドラゴンボールゼノバースのパソコン版も発売され、原作の鳥山明さんが監修を務めました。ゲームのジャンルは家庭用のアクションゲームとなっており、ストーリーモードもあるため個人でも楽しめるようになっています。ストーリーモードの設定はドラゴンボールの歴史が邪悪な何者かによって改変され、強敵の前に悟空たちが敗北したという結末になったとのこと。これに対してトランクスが自分と戦ってくれる強い人を探し、一緒に戦っていくというストーリーになっており、原作のサイヤ人襲来編から物語が開始されます。ストーリーモードを全てクリアするとブロリー編やドラゴンボールGT編も楽しめるようになります。ドラゴンボールゼノバースの口コミの中で多かったのはバトルシーンが原作の世界に入り込んだような感覚でプレーできるという点。操作を覚えれば連続技や必殺技も出せるようになり、派手なバトルを存分に楽しめるようになります。きれいなグラフィックも同時に楽しめるのでこちらも併せて注目です。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

4位 ドラゴンボールZ3


出典17:Amazon
プレイスステーション2でドラゴンボールのゲームを楽しみたいという方に最もおすすめなのが、ドラゴンボールZ3です。全世界での売り上げは200万本を超えており、日本国外ではプレイスステーション3やXbox 360用のソフトも販売されています。ドラゴンボールZシリーズの第3作品となりますが、前作か、全前作と操作方法の変更がないため、このシリーズが好きという方は簡単に楽しめるという点も大きな魅力。これまでの作品との違いとしてはグラフィックや演出が大幅に改良された点と原作のキャラクターに加えて、テレビアニメのドラゴンボールGTのキャラクターが登場している点などが挙げられます。口コミをみてみるとドラゴンボールGTのファンから、これまで使えなかったキャラクターが使えるのはうれしいという意見が多くあり、アニメファンも楽しめるようになっています。ストーリーモードもあるので、オリジナルキャラクターの活躍も注目ポイントですよね。
また、ドラゴンボールZ3のやりこみ要素として、キャラクターの育成が挙げられます。修行モードでキャラクターの育成をすれば見違えるほどに強くなるため、下手なRPGよりもやりがいがあるという意見も。
最新のプレイスステーション4やNINTENDO SWITCHを持っていない人でドラゴンボールのゲームで遊びたいという方は、まずドラゴンボールZ3で遊んでみることをおすすめします。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

3位【PS4】ドラゴンボール ファイターズ


出典18:Amazon
2018年に発売されたドラゴンボールファイターズは発売当初から大人気となった2Dの対戦型格闘ゲーム。ドラゴンボールのゲームの中では最速で売り上げ200万本を超え、総出荷本数は400万本を超える大ヒットとなりました。その人気から国内外問わず、eスポーツなどの大会が開催されており、個人で遊ぶゲームの枠を超えた人気を誇ります。その他のドラゴンボールと同様にストーリーモードも用意されており、基本的にはドラゴンボール超の世界観に基づいたものおとなっています。また、ゲームのオリジナルストーリーも用意されており、原作の鳥山明さんが監修の人造人間21号が登場するなど、他のゲームでは味わえないストーリー展開がある点も魅力の1つです。ドラゴンボールファイターズの魅力はなんといってもバトル。eスポーツなどの大会もあることから、ゲーム自体難しいのではないか敬遠する方もいるかもしれませんが、操作は簡単です。例えば、△ボタンを連打すると勝手にかめはめ波を打ってくれますし、ボタンを連打すると連続技を出すこともできます。簡単に格闘ゲームを楽しめるという点は親しみやすい点です。また、グラフィックのきれいさに加え、必殺技を使用する際の派手な演出も魅力の1つ。相手キャラクターに強力な一撃を与えた際には周りのビルが破壊されるなどのエフェクトもあり、爽快感を楽しむことができます。初心者から上級者まで幅広く遊べるため、ドラゴンボールの格闘ゲームを楽しみたい方にはおすすめです。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

2位 ドラゴンボール ゼノバース2


出典19:Amazon
本ランキングの5位で紹介したドラゴンボールゼノバースの2が2位にランクイン。その人気からプレイスステーション4だけでなく、NINTENDO Switchからもソフトが発売されました。発売から1年以内に累計の売り上げ本数は300万本を突破し、ここまでドラゴンボールゼノバースシリーズは1と2の合計で1000万本以上を売り上げています。ストーリーモードはドラゴンボールゼノバース1の戦い終了後から2年後という設定で物語がスタート。ドラゴンボールの歴史のゆがみが大きくなったことを受け、主人公が界王神から呼び出され、歴史改変を防ぐ重要な任務を授かり、戦いに挑むことになります。原作のドラゴンボールのストーリーをクリアしていくのに加え、物語にはオリジナルストーリーも用意されており、やりごたえのある内容となっています。また、ドラゴンボールゼノバース2はダウンロード形式でコンテンツを追加することが可能であり、2019年12月までに10以上のコンテンツが新たに加わっています。無料のものもありますが、有料版もあるので興味のあるコンテンツがあれば課金するのも1つの手段です。口コミをみると前作のドラゴンボールゼノバースをベースにグラフィックやキャラの動きなどあらゆる面を進化させた印象というものが多数。前作をプレーしていた方がより楽しめるとの口コミもあったので、気になる方は両方プレーするのもおすすめです。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

1位【PS4】ドラゴンボールZ KAKAROT


出典20:Amazon
現在発売されている最新のドラゴンボールのゲームソフトであるドラゴンボールZ KAKAROTをランキング1位としました。ドラゴンボール ゼノバースなどの大人気シリーズとは異なりますが、単体の作品として楽しむことができます。ゲームの種類はアクション型RPG。ドラゴンボールの原点をもいえる孫悟空の成長を辿っていく追体験型のストーリーとなっており、原作のストーリーが再現されています。原作に登場した細かい描写まで描かれており、ドラゴンボールファンにはたまらないゲームソフトになっています。RPG形式で進めていきますが、バトルシーンも魅力の1つ。格闘は基本的に〇ボタンでコンボを出すことが可能となっており、操作自体は難しくありません。必殺技のグラフィックは迫力があり、これまでのゲームと比較しても魅力的なものとなっています。口コミの中にはアニメのテイストで続いていく展開が魅力という声やキャラクターの細かい表情が表現されている点が魅力との意見が多くありました。また、ドラゴンボール KAKAROTに収録されているのは原作の291話までとなっているので、続編も発売されるのではないかとの声もあります。今後追加の作品があるのかという点も注目です。
amazonで見る
楽天で見る
yahooショッピングで見る

ドラゴンボールのゲームの選び方

ドラゴンボールのゲームは上記以外にも複数あり、ランキングの高いものがおすすめにはなりますが、それでもどのゲームを選べばいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

ドラゴンボールのゲームの選び方としては、人気のゲームから選ぶという方法以外に端末から選ぶという方法と、登場するキャラクターから選ぶという方法もあるので、それぞれについて解説していきます。

端末から選ぶ

ドラゴンボールのゲームが最初に発売されたのは1986年。そこから2020年1月に販売されたPS4の「ドラゴンボールZ KAKAROT」に至るまで35年近い歴史があり、多くの機器でゲームを楽しむことが可能です。

ドラゴンボールの初めてのテレビゲームはファミリーコンピュータで遊べる「ドラゴンボール 神龍の謎」。そこからPCエンジンを経て、スーパーファミコンで遊べる「ドラゴンボールZ 超サイヤ人伝説」が発売されます。レトロゲーム機で遊びたいと考えている方は1980~90年代にかけて発売されたソフトで遊ぶのがおすすめです。

スーパーファミコンの後にはプレイステーションとプレイステーション2が発売。テレビに映し出される戦闘シーンもリアルになり、ドラゴンボールのゲームも人気作が続々と発売されます。

その中でも人気を集めたのが対戦ゲームである「ドラゴンボールZ」シリーズ。今回のランキングでは4位に「ドラゴンボールZ3」がランクインしていますが、友人と対戦できるゲームとなっており、ドラゴンボールらしい迫力のある戦闘シーンから注目を集めました。この時期にはXBOXも発売され、テレビゲームでドラゴンボールを楽しむ方が多かったです。

プレイステーション2の後は、Nintendo DSやNintendo Switchなど、テレビ画面に接続しない携帯用ゲーム機が流行。ドラゴンボールのゲームをより手軽に遊べるようになりました。

テレビの大画面で遊べるゲームもプレイステーション3、4と発展。きれいな映像に加え、実際にゲームの世界にいるような没入感を味わえるようになりました。今回のランキングの上位にはプレイステーション4のゲームが多くなっており、ドラゴンボールのゲームは年々進化していることが分かります。

世代によってドラゴンボールで遊んでいた端末が異なることが予想されるため、あなたが保有しているゲーム機からドラゴンボールのゲームを選択するのは有力な方法です。

端末で選ぶ際にはテレビゲームにするのか、携帯用ゲームにするのかが最大の懸念点になると思います。

登場するキャラクターから選択

ドラゴンボールの原作漫画は魔人ブウとの戦いまでとなっていますが、その後もアニメや映画で新しいキャラクターが続々と登場しています。連載当初からドラゴンボールファンの方は「悟空少年期」のストーリーが好きな方もいらっしゃるでしょうし、最近のドラゴンボールのアニメや映画を見てファンになったという方もいらっしゃるでしょう。

ドラゴンボールのゲームは発売された年代によって、登場キャラクターが異なるものもあります。漫画できでなく、アニメのキャラクターを使って遊びたいと考えている方におすすめなのが「ドラゴンボール ヒーローズ」です。オリジナルキャラクターも登場するため、多くのキャラクターを使って遊ぶことができます。

とはいえ、基本的には漫画のストーリーを基本としたゲームが多くなっていますし、孫悟空やベジータなどの主要キャラクターはほとんどのゲームで登場します。注意すべきは漫画のどのストーリーが中心のゲームなのかという点であり、敵キャラもフリーザやセル、魔人ブウと異なります。

あなたがどうしても好きなキャラクターがいるという場合は事前に調べた上で遊ぶゲームを選択するのも有力な方法です。

まとめ

この記事ではドラゴンボールのおすすめゲームをランキング形式で20位まで紹介し、ゲームの選び方も併せて解説してきました。日本だけでなく、世界中で大人気のドラゴンボールはこれまで非常に多くのゲームを発売してきました。

ドラゴンボールのゲームで最もおすすめなのは「ドラゴンボールZ KAKAROT」であり、迫力のあるバトルシーンが魅力で、ストーリーを進めていく形のゲームとなっています。

ドラゴンボールのゲームは35年近くの歴史があり、遊べる端末も豊富であったり、登場キャラクターが非常に多かったりと選択の幅が多いのも魅力の1つ。お気に入りのゲームを見つけて、ドラゴンボールの世界を存分に楽しみましょう。

スポンサード広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*