プログラミング

スポンサード広告

エックスサーバーの口コミと評判。ワードプレスを使った評価が高い理由 

ワードプレスを使ったブログやWebサイト制作を行う際には、レンタルサーバーを契約しなければなりません。

しかし、国内だけでも100以上のサーバー業者が存在しており、料金プランもさまざまです。

これからWebサイトを制作しようと思っている方で「レンタルサーバーどこにしようかな」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでサーバー選びでお悩みの方に今回おすすめするのが「エックスサーバー」です。

口コミなどを見てみるとワードプレス利用者の評判が高いことでも知られるレンタルサーバーなのですが、評価が高い理由は何なのでしょうか。

本記事ではレンタルサーバーの「エックスサーバー」の評判を詳しく調査していき、サービスの特徴やメリット・デメリットなどをまとめていきます。

1.エックスサーバーとは

「エックスサーバー」は大阪府に本社を構えるサーバー業者です。

2004年に設立され、レンタルサーバー事業を中心にビジネスを展開しています。

16年以上にも及ぶ実績もあり、「hostadvice.com」の調査では国内シェアNo.1、サーバー速度No.1の実力を有しています。

ワードプレスでWebサイトを運営する上でのメリットも多くあり、運用サイト数は170万件を突破しています。

まずは、エックスサーバーのスペックについて詳しく把握していきましょう。

「エックスサーバー」

1−1.エックスサーバーのスペック

エックスサーバーのスペックは下記の通りです。

容量(SSD) 200GB〜400GB
プラン X10、X20、X30
初期費用 3,000円
キャンペーン 無料独自ドメイン
転送料課金 無料
SSL
データベース MySQL 50個〜70個
SQ Lite  ◯
URLアドレス 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
nginx
RAID構成 RAID10
無料お試し期間 最大10日間
サポート メール、電話、設定代行サービス

ディスク容量はプランによって異なりますが、最安プランでも200GBと充実しており、HDDよりも処理速度が速いSSDが採用されています。

最大10日間無料でお試し利用ができるサービスも用意されていますし、キャンペーンで独自ドメインのプレゼントも行っています。

大量の同時アクセスへの処理に最適化されている「nginx」も備わっているので、突発的なアクセス過多にも対応可能です。

電話とメールによるサポート体制も備えていますし、サーバー移転や各種機能設定などの作業を代行してくれるサービスも実施しています。

全体的に整ったスペックを有しており、コスパも非常に高いためレンタルサーバーで迷ったら「エックスサーバー」で間違いないともいわれています。

「アクセス数を稼ぐWebサイトを制作したい」「利便性の高いサイトを作りたい」「サーバースペックや安定性を重視したい」このような方におすすめのレンタルサーバーです。

これだけ充実したスペックがあるので、2004年から16年間事業が続いている実績も頷けますし、国内シェアNo.1というのも納得できます。

2.エックスサバー契約者の口コミをチェック!

エックスサーバーを実際に契約して利用している方の口コミを見ていきましょう。

公式サイトに記載されている情報だけでなく、実際の利用者が感じた口コミからもサービスの質を調査していきます。

これからワードプレスによるWebサイト制作を考えている方でエックスサーバーを利用しようと思っているなら、実際に契約している方の口コミは見逃せません。

口コミによってエックスサーバーの良い面、悪い面の両方をチェックしていきましょう。

2−1.良い評判

SNSや口コミサイトを調査した結果エックスサーバーの良い評判には下記のようなものがありました。

いくつかのレンタルサーバーを渡り歩きましたが一番安定して使えます。サポートを受けるにもある程度の知識は必要かと思いますが、丁寧で分かりやすかったですし、速度も十分です。個人ユーザーとしては全体的に満足のいくサービスです。

他のレンタルサーバー知らないので他社と比べることは出来ませんが、マルチドメイン無制限というのが嬉しいです。今は規模的には小さなサイトの運営しかしていませんが、機能も充実しているし安定性もかなりいいと思う。データベースも複数個使えるので重宝しています。

口コミを見てみるとエックスサーバーの全体的なサービスに対して満足している内容の書き込みが多くみられました。サーバーの安定感やマルチドメイン対応、表示速度などWebサイト運営には欠かせない要素を十分に満たしていると評価されています。

その上料金面でもサービスの質に対してお得感が強く、無料独自ドメインプレゼントなどコスパの高さに対する高い評価が多くみられました。

2−2.悪い評判。トラブルにはどんなものがある?

SNSや口コミサイトを調査した結果エックスサーバーの悪い評判には下記のようなものがありました。

電話をするとメールで連絡しろとしか言われません。
技術関連の質問は一切電話では対応してくれないので注意が必要です。

メール問い合わせでも返信ごとに担当者が変わるので、対応の良い人・悪い人が非常にわかりやすいです。
中には内容を理解せずに返事を返してくる担当者もおり、詳しい内容を説明したメールを送るも、また返信してくる担当者が変わるという経験が出来ます。

電話サポート付きで契約したが電話しても「メールでお願いします」結局有って無い状態

返信してくるメール内容も低レベル回答

一体何をどうしたかの内容も記載されていない。やる気がないのが明確

呆れて何言えない、月額料金が高すぎる割にお粗末な対応です。

悪い口コミも少ならずみられました。局所的なサービスやスペック面での問題点が指摘されています。

ブラウザFTPが重い、マルチドメイン化した際に特定の1サイトだけ管理画面が重いなど細かい部分で不満を抱えるユーザーもいるようです。

また、サポート体制に対する悪い口コミも目立ちました。

サポートは電話とメールで受付を行っていますが、電話は繋がりにくく、メールをしても的を得ない回答をされるといった口コミが見られます。

初心者にとってみればサポート体制が充実していないとサービスを利用するのが不安だったりもします。

機能やコスパ面には優れているのですが、サポート面での評価はあまり高くないようです。

3.エックスサーバーの料金プラン一覧

エックスサーバーで提供されている料金プランを紹介していきます。

エックスサーバーには「X10」「X20」「X30」という3つのプランが用意されています。契約期間に応じて月額費用が異なるので詳しく見ていきましょう。

契約期間 初期費用 X10 X20 X30
3ヶ月 3,000円 1,200円/月 2,400円/月 4,800円/月
6ヶ月 3,000円 1,100円/月 2,200円/月 4,400円/月
12ヶ月 3,000円 1,000円/月 2,000円/月 4,000円/月
24ヶ月 3,000円 950円/月 1,900円/月 3,800円/月
36ヶ月 3,000円 900円/月 1,800円/月 3,600円/月

プランごとの仕様の違いについては下記をご覧ください。

機能 X10 X20 X30
無料独自ドメイン
10日間無料お試し
容量(SSD) 200GB 300GB 400GB
転送料課金
無料独自SSL
データベース(MySQL) 50個 70個 70個
URLアドレス 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
nginx
RAID構成 RAID10 RAID10 RAID10
サポート メール、電話、設定代行サービス メール、電話、設定代行サービス メール、電話、設定代行サービス

料金プランによって異なるのは「容量」と「データベース(MySQL)」ぐらいとなっています。

最も安いX10プランでも充実したスペックが備わっているので、初めての方はX10プランがおすすめです。

4.ワードプレス利用者にエックスサーバーがおすすめな理由

エックスサーバーはワードプレス利用者に高く評価されているレンタルサーバーです。

では、なぜワードプレス利用者におすすめなのか、詳しい理由を見ていきましょう。

ワードプレス を利用したサイト運営を行う上で重要なスペックが数多く備わっているのでしっかりと確認していきましょう。

4−1.【ダウン防止】アクセス耐性に強みがある

エックスサーバーでは大量アクセスに強い「nginx」を採用しています。

「nginx」は大量の同時アクセス処理に最適化されているため、突発的なアクセス集中があったとしてもサイトダウンを防いでくれます。

せっかくアクセスが集中しているにもかかわらずサイトがダウンしてしまったら意味がありません。

安定したサイト運営を行う上で重要なスペックを有しているのがエックスサーバーの強みの1つです。

4-2.【離脱防止】表示速度が高速

エックスサーバーは他よりも優れたスペックを有しているため表示速度が高速で離脱防止に役立ちます。

サイトの表示速度が遅いとユーザーはどうしてもサイトから離脱してしまいます。

Webサイトに安定した集客を行うためには表示速度にこだわる必要があります。

エックスサーバーでは、高い処理性能と耐障害性を兼ね備えている「NVMe」を採用し、従来の約14倍もの速度を実現しています。

サーバーには「48コア」「512GBメモリ」という圧倒的なスペックが備わっており、80ものベンチマークで世界記録を達成した「AMD EPYC」というCPUを採用しています。

Webサイトのパフォーマンスを飛躍的に向上させるスペックを有しており、国内No.1の速度がサイトの機能性を高めてくれます。

4−3.【SEO対策】高性能なサーバーと多彩な機能

あらゆるスペックで高いパフォーマンスを発揮してくれるエックスサーバーはSEO対策にも効果的です。

表示速度の高速化はSEOに良い影響をあたえCVアップに貢献します。

また、独自ドメインが無料でもらえるなどSEOを意識したサイト作りにおいて数多くのメリットがあるレンタルサーバーです。

ワードプレスを使ってサーバーをレンタルする以上、サイトの収益化は必須となります。

できるだけSEOに有利に働くようなサーバーを選びたい方はエックスサーバーがおすすめです。

4−4.【セキュリティ対策】に関するサービスも万全

Webサイトを運営する上でセキュリティ対策に関しても万全を期す必要があります。

エックスサーバーでは、無料で利用できるSSLも備わっていますし、不正アクセスからWebサイトを保護してくれる「WAF」も装備しています。

手軽にサイトのセキュリティ性能を向上させることができるようになっているので、安心してサイト運営をしたい方におすすめです。

4−5.独自ドメイン・独自SSLが無料でプレゼント

独自ドメインを取得するとこでサイトの信頼性やSEO上の評価の向上につながります。

サイトのURLをよりシンプルにすることができますし、サーバーを引っ越したとしてもURLを変えずに済みます。

エックスサーバーでは、2020年4月30日まで実施しているキャンペーンで新規申込み者を対象に「.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click」の中から1つが無料でプレゼントされます。

契約期間中はもらった独自ドメインを無料で使い続けることができるのでおすすめです。

また、サーバーとユーザー間のデータ通信を暗号化するSSLも無料で利用できます。

サイトのセキュリティ対策に役立ちますし、サイトを訪れる人にとっても安心できる材料になるのでサイトの信頼性向上に貢献します。

4−6.低価格で高機能!抜群のコストパフォーマンス

エックスサーバーはこれだけの高機能を有していながら月額900円〜で利用できるたいへんコスパの高いレンタルサーバーです。

レンタルサーバーの中には、これよりも安く利用できるものは数多くありますが、容量が小さかったり、細かいスペックに差があったりなど、エックスサーバーほどの機能を有しているところはありません。

もちろんサーバーに求めるスペックに応じて選ぶサービスを決めるべきですが、機能性と料金の2つにおいてここまでコスパが高いのは他にありません。

4−7.バックアップからの復元の料金

エックスサーバーでは、データを毎日自動で保存しているため誤ってサイトのデータを削除してしまったとしても自動でバックアップしてくれます。

万が一、データを削除したとしても無料で復元してくれるので安心です。

サーバー上のデータは1日1回自動的に保存されており、Web・メールデータは「過去7日分」、MySQLデータベースは「過去14日分」保持してくれます。

4−8.メールアカウントは無制限

エックスサーバーで利用できるメールアカウントは無制限となっています。

メーリングリストやメールマガジン機能も備わっていますし、セキュリティに関しても万全の機能を有しています。

5.エックスサーバーの弱点は

高いスペックとお得な料金が魅力のエックスサーバーは目立つような弱点がないサービスでもあります。

ここでは、その中でも弱点として考えられる部分についてまとめていきます。

機能性の高さからあらゆる部分で期待をしてしまうかもしれませんが、ちょっとした弱点はあるので事前に確認しておきましょう。

5−1.メールアカウント毎の容量が5GBまでと少ない

エックスサーバーでは、メールアカウント毎の容量制限が5GBに設定されています。

利用できる容量が200GB〜となっている中で、メールの容量上限はやや少なめに設定されています。

たた、通常の使い方であれば何年使っても一杯になることはないレベルなので、長期的にサイトを運営する方であれば日常的な整理を行うことで対応可能です。

5−2.メルマガ配信機能はイマイチ

エックスサーバーにはメルマガ配信機能が備わっています。

サイトの利用者への情報発信や新規情報の宣伝など、サイト運営者にとって便利な機能ではあるものの、エックスサーバーに備わっているメルマガ機能は簡易的なスペックしかありません。

Webサイトを運営する上で優れた機能を有するエックスサーバーですが、メルマガ配信のために利用するのはおすすめできません。

スポンサード広告

dmmwebcampの口コミと評判。転職コースはどうなのか

DMMwebcampのカリキュラム内容は?

DMMwebcampのカリキュラム内容は?

DMMwebcampは転職支援が充実しており、短期で即戦力になれるプログラミングスキルを身につけることができるプログラミングスクールです。

料金は62万8千円、3カ月で即戦力のエンジニアになるというスパルタな内容です。
転職をスクールで保証しており、もし転職できなかった場合は、受講料を全額返金するという徹底ぶりです。

また、他のプログラミングスクールと違って、対面での授業のみとなっており東京 渋谷または大阪難波に通学できなければ受講することができません。

1カ月目:オンライン教材でプログラミングの基本を学ぼう

1カ月目:オンライン教材でプログラミングの基本を学ぼう

一カ月目は講義ではなくオンライン教材によってwebサイトの制作、サービス開発について必要な言語(HTML、CSS、Ruby)などの基礎知識を学ぶ。

オンライン教材は生徒からの評判がよく、イラストが多いので初診でもわかりやすいようです。また、わからない部分が出てきても教室にいるメンターに相談することですぐに疑問を解決することができます。

オンライン教材では一カ月で3回くらいの課題が出されるようです。
これをクリアすることで第一ステップを終えることになります。

2カ月目はチームで開発?成果物を作って一気にスキルアップ

2カ月目はチームで開発?成果物を作って一気にスキルアップ

DMMwebcampでは二か月目になるとチームでWEB開発を行います。
いきなりチームと言われれば驚くかもしれませんが、より実践的な内容のカリキュラムにすることで、短期でプログラミング技術を学ぶことができるわけです。

具体的には運営側が1カ月目の課題をクリアした受講生からチームを選抜して、運営側からの支持に従ってECサイトを制作することになります。

最初の2週間はチーム内で話合いビジュアル設計、そのうえでデータベースの制作、アプリケーション設計、などを進めていきます。

これをDMMwebcampの運営側に提出して合格を貰えればチームでの開発に進みます。そしてチーム開発で成果物のプレゼンが終了すると2カ月目のカリキュラムが終わります。

3カ月目は自分の力で個人制作を始めよう!

3カ月目は自分の力で個人制作を始めよう!

いよいよ三か月目では個人制作を行います。
特に運営側からの支持はないので、自分が希望する制作物を自由に作ることができます。最終的には自分が作った制作物をプレゼンしてこれで三カ月が終わります。

この間に多くの疑問点が生じているので、メンターに相談をしている回数がかなり多くなっているはずです。
自分でわからない部分を発見して、メンターに聞いて課題を素早く解決していく、この繰り返しが早期に技術を身につけて転職を実現できるスキルに繋がります。

DMMwebcamp はかなりハードで忙しいという噂は本当なのか?

DMMwebcampは三カ月間という短期間で転職を実現できるほどにスキルアップをしなければなりません。
もちろん講師陣も親切に対応をしてくれますが、かなりの熱量で努力しなければすべてのカリキュラムを吸収して転職に必要な実力を身につけることは難しいでしょう。

とにかく受講が始まってからの3カ月間については、食事、入浴、睡眠の時間以外はプログラミング技術の習得や課題解決に向けて時間を使う必要があるでしょう。

チームでの開発が忙しい

DMMwebcampでの一カ月目は一人で課題をこなしていきますが、二か月目からはチームでカリキュラムに取り組みます。
この時どうしてもモチベーションや可処分時間差があると一部のチームメイトからは不満が出るかもしれません。
しかし、受講を決めた時点で二か月目のチームでの開発にすべての時間を注ぐ覚悟がなければ転職に向けた短期での技術習得は厳しいものになるでしょう。

教材は優しくない

DMMwebcampの教材についてですが、こちらは決して優しくないと評判です。
通常のプログラミングスクールであれば、優しく丁寧な教材で時間をかけて勉強できますが、DMMではとにかく三か月後の転職に向けて全力で駆け抜けるカリキュラムとなっています。
そのため初心者でもわかる内容ですが、一部は書籍で確認をしたりメンターへの質問などによって課題を進めていくようなレベルになっています。

学びたいよりも、転職して即戦力になることが前提

DMMwebcampは教養としてプログラミングを学びたいという人向けのスクールではありません。三カ月でエンジニアとして転職するためのプログラミングスクールです。
また、一カ月で160時間の学習時間を確保できない場合はカリキュラムの受講ができませんが、これは仕事を辞めなければ確保が難しいレベルです。

160時間を30日で割っても一日5.3時間の学習が必要です。
当然わからない部分も出てくるので質問をしたり、自分で調べる時間も出てくるのでみっちりとプログラミング付けになれる環境を確保できなければ転職を前提としてスキルアップは難しいでしょう。

受講料は62万円、かなり高めだけど大丈夫?

受講料は62万円、かなり高めだけど大丈夫?

DMMwebcampは受講料が62万8千円です。これは高いと感じる人が多いようです。
しかし、実際WEBエンジニアの多くが年収500万円以上で中には1,000万円プレイヤーも少なくありません。

一時62万円を払ってもすぐに回収できてしまう数字です。
また、62万円は貯蓄がなければなかなかすぐには準備が難しい金額に感じるかもしれません。しかし、結果的に高額年収をゲットできるのであれば無理をしてでも62万円の受講料を準備する価値はあるでしょう。

転職保証には年齢制限がある?

転職保証には年齢制限がある?

DMMwebcampは転職保証がついている徹底サポートが有名です。しかし、注意しなければならないのが、転職保証は年齢制限がついているということです。

原則としては30歳未満の人が転職保証付きで入学できるようですが、例外もあるようです。

DMMwebcampにはメリットもたくさん、高収入への道も拓ける

DMMwebcampにはメリットもたくさん、高収入への道も拓ける

DMMwebcampにはメリットがたくさんあります。
具体的には転職保証による充実サポート、メンターとなる先生には質問をみっちりできる、綺麗で快適な教室を使い放題、同じくプログラミングを志す仲間ができるなど、が挙げられます。

転職保証のサポートはかなり充実

転職保証のサポートはかなり充実

DMMwebcampは転職のためのプログラミングスクールと言っても過言ではないくらい、転職支援が充実しています。

DMMを受講した生徒がなぜ、DMMwebcampを受講したか尋ねると、「単にプログラミングを勉強して何のサポートもない、プログラミンスクールと違い、しっかりと実践的な内容でカリキュラムを組んでいて、3カ月のカリキュラムを終了した後には転職できるだけの実力を身につけているように、転職に向けたサポートが魅力だった」というように、転職支援の部分がかなり評価されています。

統計データによると、通常IT業界の離職率は2割~3割がデフォルトであるのに対してDMMwebcampは数%という記述もみられる。これはカリキュラムを学んでいる時は大変
でも、しっかりと実践で通用する実力が養われるという何よりの証明と言えます。

「テキストがわかりやすい」、「講師が優しい」。「雰囲気がいい」このような感想はよく他のプログラミングスク―ルで見られますが、3カ月みっちりプログラミングを学べるDMMwebcampの方が少し大変でも結果的に長期でしっかり稼げる技術が身につく登竜門と言えるでしょう。

メンターとなってくれる先生には質問をみっちりできる

メンターとなってくれる先生には質問をみっちりできる

DMMwebcampではエンターとなってくれる講師が教室にいます。自分がカリキュラムを学ぶすぐ近くで先生がいてくれるのは心強いですよね。

DMMwebcampでは教室に常に5人から8人の講師が常駐しているので、オンライン教材でわからない部分や疑問点などあれば、すぐに質問してスピーディーに解決をすることができます。

実はこのスピーディーに疑問点を解消にできるというのはDMMwebcampの大きな特徴です。

というのも他のオンラインスクールの場合はほとんどが教室のないオンライン学習で、自分の部屋やカフェで勉強することになります。

そのため何かわからないことがあれば、チャットや掲示板、アポイントを入れてのビデオ通話などタイムリーに課題解決ができず結果的にスキルを身につけるのに時間がかかってしまうわけです。

しかし、目の前に先生がいればそのようなことはありません。
DMMwebcampはメンターとなってくれる先生には質問をみっちりできる環境が整っています。

充実サポート、綺麗で快適な教室を使い放題って本当?

dmmwebcampでは教室が使えます。
家で自習する形態のプログラミングスク―ルも多いですが、しっかりとした学習環境が整備されています。

教室はAM11時~PM22時まで開放されており、WEBエンジニアやプログラマーを目指す人が一生懸命に課題に取り組んでいます。周囲にやる気がある人がたくさんいれば、自然と自分のモチベーションもアップします。

自宅でオンライン学習ではどうしても他人の目がないので、サボってしまったり、昼寝をしてしまったりとカリキュラムが進みません。

これではいつまでたっても目標している転職による高収入を実現することは難しいでしょう。
ぜひdmmwebcampの快適な教室環境を活用してスムーズにスキルを身につけましょう。

同じくプログラミングを志す仲間ができる?

dmmwebcampに通えば、自分と同じ志をもった仲間が見つかります。
二か月目からはグループで課題を勧めますが、共同作業をすることでいい関係のビジネスパートナーと巡り合える可能性もあります。

チームで開発をする醍醐味、新たな人間関係の構築など、dmmwebcampの学習環境を活かして転職プラスαを目指しましょう。

オーダーメイドカリキュラムの品質が高く好評

DMMwebcampではコースが決まっているものの、自分でカリキュラムを設定することも可能です。自分の将来に合わせてスキルを選択して学ぶことができるのがDMMwebcampの魅力です。

注意点としては、ある程度は基本のプログラムがありそれを学ぶ必要があります。自分に選択肢がある部分は基礎を終えたあとの応用的な部分のカリキュラムです。

そして、DMMwebcampのカリキュラムは意外なことに学べる言語の数が限られています。具体的にはWEBデザイン(HTML・CSS・JavaScript)、Webプログラミング(Ruby・Rails・SQL)だけになっているんです。

しかし、DMMwebcampの良い点はいたずらに学ぶ対象を広げず、地に足のついた本当の意味での役にたつカリキュラムにするため、言語が絞られているようです。

結局はDMMwebcampを受講して転職を目指すことになるので、現場で必須のスキルや需要が大きい分野に絞ってのカリキュラム作りを行っているのでしょう。

学ぶ対象が広いということはそれだけ、分散してしまい広く浅くということになりがちですが、DMMwebcampであれば狭く深く、実践スキルを学べます。

特にプログラミングのエンジニアの世界では浅い知識はなんお役にも立ちません。
役にたたないスキルであればいっそ学ばない方がマシと言えます。

DMMwebcampの確かに必要とされている実践スキルを短期で身につけるのが転職への最短ルートでしょう。

仲間がいることでモチベーションが上がる

DMMwebcampは教室に同じくプログラミングを学ぶ同世代がいたり、二か月目からは仲
間と一緒にカリキュラムをこなします。

このような環境が整っているのもDMMwebcampの魅力です。想像してみてください。
自分ひとりで部屋でプログラミングを勉強していてモチベーションを保つことができるでしょうか。

おそらくネットをみたり、テレビをみてしまったりと一向に学習がはかどらない人もいるのではないでしょうか。

何か新しいことを学ぶうえでは学習環境が非常に大切になり、環境がスキルの習熟度を左右します。

その点ではDMMwebcampは最高の学習環境が整っているわけです。モチベーションを保つための同じ志をもった仲間、そして疑問があればスムーズに解決できるようにサポートしてくれる講師陣。

仲間のプログラミングに取り組む姿を間近でみることで、「自分の頑張らなければ」とモチベーションがアップして、結果的に早期にプログラミングスキルを身につけて理想の転職を実現して高収入を目指せるわけです。

マンツーマンレッスンでしっかりサポート、バディ制度

マンツーマンレッスンでしっかりサポート、バディ制度

DMMwebcampではマンツーマンでサポートしてくれるバディ制度があります。これは受講者の学習の進捗管理、個人的な相談、進路、そして日々の学習についての悩みごとなど幅広く相談に乗ってサポートしてくれるパートナーです。

しかも一人、一人について担当のバディがついてくれているのですぐに質問もできて疑問点を解決できますし、スムーズにアドバイスを受けることができます。

他のプログラミングスクールでは、講師にチャットや掲示板を通して質問をするシステムが多く、すぐに返事がもらえず、せっかくモチベーションが高い状態で勉強していてもそれが中断されてモチベーションが下がる恐れもあります。
また、ビデオ通話で質問をする場合も、相手は昼間は普通のエンジニアとして働いているケースが多いためアポイントを入れて週に数回しか質問できません。

バディ制度はそのようなプログラミングスクールの問題点をしっかりと解決しており、受講生の中からもサポートが手厚いのでDMMwebcampに決めたという口コミが少なくありません。

全額補償制度までついている万全のサポート体制

全額補償制度までついている万全のサポート体制

「DMMwebcampに決めた理由は、転職ができなかった場合の全額補償制度があるからですね。万が一転職できなくてもお金が戻ってくるならリスクはないなと。しかしも、他のプログラミングスクールと違って全額返金なんてのは、サービスへの自信の現れだと思って信頼して受講することに決めましたね。」

このようにDMMwebcampでは受講が終わって3カ月以内に転職、就職できない場合は、全額返金で対応してくれているようです。受講後に成果が出なくても転職を保証してくれているDMMwebcampであれば安心して申し込みをすることができます。

他のスクールではここまでの保証がないので、やはりDMMwebcampは頭一つ抜きんでていると言えるでしょう。

キャリアへの支援はかなり手厚い

「DMMwebcamp想像以上にキャリアアップに向けた支援が充実していました。転職に向けた準備なども親身になって相談に乗ってくれたので本当にありがたかったです。初心者の自分でもここまでくれたのはDMMwebcampのおかげです。」

実はDMMwebcampは企業に受講者の紹介を行っています。卒業後も就職、転職、インターンなど幅広いサポートはもちろん、個別に相談に乗ってくれます。DMMwebcampは受講者を紹介することで、企業から仲介手数料をもらう仕組みとなっているようです。

これによって、DMMwebcampはフルコミットしながらも比較的良心的な価格設定でサービスを提供することができるわけです。

金銭的な負担の一部を受講者ではなく、企業に求めることで受講者はの負担が減っているわけです。

そして、企業からも報酬をもらうためには、受講者をしっかりとサポートして育て上げて就職、転職させる必要があります。

つまり、この仕組みは一見すると、お金儲け主義の仕組みに思えますが、受講者にもメリットが大きい仕組みとなっているわけです。

メンターの質が悪いこともある?

DMMwebcampの口コミを見るとメンターのレベルが低いと書いている書き込みがあります。メンターの質は本当によくないのでしょうか。

これについては多くの口コミは好意的な内容が寄せられているので、例外的な意見と考えるのがベストでしょう。

講師の質を高くしなければ、DMMwebcampとしても企業に受講者を紹介して仲介手数料を得ることができません。自ら講師の質を低くして、そんなことをするでしょうか。

考えられるとすれば相性の問題です。
DMMwebcampではどうしても密接に受講者とメンターが関わって課題を進めたり、疑問を解決していきます。自分と相性の悪いメンターに当たった時は不快に感じやすい傾向にあるとも考えられます。

この点については個人差もあるというのが正解と考えるべきでしょう。
しかし、カリキュラムの質、料金体系、これまでの実績から考慮するとDMMwebcampが非常に質の高いサービスを提供しており、多くの受講者を転職させてきた実績に目を傾けてみるべきでしょう。

講師の質の低さ、あるいは受講者側にも問題があった可能性もゼロではありません。DMMwebcampは手取り足取り優しく教えてくれるプログラミングスクールというよりは、自分で考えて実践して、わからない部分をメンターに聞いてスムーズに疑問を解決するという仕組みですから、この仕組みが合わない人からすればサービスの質が低いと感じるのかもしれませんね。

教科書というより課題集?

DMMwebcampは実践的な学習を行うようなカリキュラムが組まれており、教科書についてもレベルは高めです。簡単な内容であればググって自分で調べろと書いているようです。

DMMwebcampはゼロからすべて丁寧に教えてもらうという甘い考えの人にはおすすめできないスクールです。そのような人はそもそも社会人として自分で解決できることは自分で調べて解決するという当たり前の考え方を身につけるところからがスタートでしょう。

ただし、問題点としては一部のテキストには誤字脱字があることもあるようなので、そこについてはしっかりと指摘を重ねていく必要がありそうです。

62万円の受講料を支払ってテキストに誤字脱字があればそれは問題です。
教材そのものは説明がわかりやすく、挫折しにくいテキストのようなので安心して受講することができそうですね。

DMMwebcampの料金について徹底解説

DMMwebcampの料金について徹底解説

DMMwebcampの受講期間は3カ月、転職期間は3カ月の半年スパンを考えておきましょう。コース料金は628,000円で分割払いも対応できます。どうしても転職保証があるので学割などは聞きませんが、転職して高収入をゲットできる部分をしっかりサポートしてくれると考えればコストパフォーマンスは高いと言えるのではないでしょうか。

DMMwebcamp のコース料金はこれだ

DMMwebcamp のコース料金はこれだ

DMMwebcampのビジネス教養コースは値段がかなり安くなっています。

受講期間 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
社会人 128,000円  218,000円 298,000円
学生 99,800円 178,000円 228,000円

これは転職や就職の保障がなく受講条件がないコースなので金額に大きく差がついています。つまり、それだけ通常のコースに申し込めば手厚い就職、転職支援を受けられるということになるわけです。

受講するコース 転職・就職保障 全額返金保障 受講条件
DMM WEBCAMP あり 3ヶ月の受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金対応 30歳未満の方限定(30歳以上の方は要相談)
DMM WEBCAMPビジネス教養コース なし 受講開始後8日間以内に退会を申告した方のみ なし

 

DMMwebcampのビジネス教養コースは学生がお得?

DMMwebcampのビジネス教養コースは学生がお得?

学生であればDMMwebcampの教養コースを通常の場合よりも最大7万円お得に受講できます。大学生など若いうちにプログラミングを勉強しておくことで、すぐにその知識を使わなくても、今後転職する時や改めてプログラミングを学びなおす時にきっと知識が役にたつでしょう。

DMMwebcampは業界トップの転職支援サービスを提供しているので、就職、転職による収入アップを目指す人であれば教養コースではなくDMMwebcampを受講するようにしましょう。

スポンサード広告

codecamp(コードキャンプ)の口コミと評判 

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴を徹底解説

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴を徹底解説

CodeCamp(コードキャンプ)は、プログラミングの技術を、インターネットを通して学ぶことができる学習サービスです。

 

その大きな特徴は、完全オンラインであるということです。

この特徴によるベネフィットは、世界のどこからでも、365日いつでもプログラミングのレッスンを受講できるところです。

 

毎日朝7時から23時40分までの間に受講できるため、プログラミング初心者の方でも、仕事や勉学と両立しながらプログラミングの技術を学ぶことができます。

 

また、マンツーマンレッスンの形式を取り入れており、質の高い講義を受けることができます。

 

こういった特徴から、CodeCamp(コードキャンプ)はオンラインのプログラミングスクールの中で、最も高い人気・実績を掲げています。

CodeCampの口コミはいい?生の声を大解説

CodeCampの口コミはいい?生の声を大解説

CodeCampの学習サービスを利用した方々の声を、以下で紹介していきたいと思います。

 

「これまで独学でプログラミングの学習を進めてきたが、応用的な面で壁に当たってしまい、CodeCampの講義の受講を決めました。営業の仕事が終わってから帰宅し、身支度を整えると夜の22時を回るのですが、それから24時までの2時間講義を受けました。僕がつまづいた部分も、丁寧な解説で理解することができました。その後も受講を続け、ウェブデザイナーとして仕事ができるようになりました。CodeCampには感謝しかないです!」

 

「CodeCampの無料体験レッスンは、40分なのにめちゃくちゃ濃厚だった!無料の体験レッスンでは、自分がプログラミングで何をしたいのかとかをよく確認できてよかった。若干自分には向いてないと不安にもなったけど、やりたいことを明確にして方向性確かにしたら出できるよ!と言えるようにしよう。」

 

「CodeCampの体験レッスン終了。 オンライン、マンツーマンはいかがなものかと思ったけど、個人的には良かった。直接質問できる形式が素晴らしい。スピードも理解に合わせてくれる。html、cssの基礎は意外と独学でいけてしまうけど。」

 

このように、時間の融通が利くということで、マイペースに質の高い講義を受けることができて良いという口コミが多く寄せられています。

対応が良いという口コミが多い?

CodeCampは、選りすぐりの講師たちによる、マンツーマンレッスンを受けることができます。それに対して寄せられた口コミは以下の通りです。

 

「プログラミングの勉強は続くか不安だったけど、やっぱりCodeCamp選んで良かった。講師の方が優しいのが助かる。」

 

「たった今、○○で無料体験のビデオ通話終わったんだけど、遅い時間だからなのか対応してくれた講師の方、笑顔もなかったしすごい不愛想だった…。 人によるのかもしれないけど、CodeCampの人はとても話しやすかったな。」

 

「CodeCampの先生みんな優しい。仕事が夜勤のときと日勤のときとあるんだけど、柔軟にスケジュールの対応してくれるのめっちゃ助かる。CodeCamp選んで良かった。」

直接質問をすることができるので上達が早い

CodeCampでは、オンライン型のマンツーマンレッスンの形式で受講することができます。

 

ビデオ通話を使用した40分間の授業では、直接質問をすることができます。

基本的に質問は予約制であるので、小さな疑問を講義の最中に質問としてぶつけることはできませんが、次回の講義でまとめて解決することができるので概ね良いでしょう。

 

この特徴から、CodeCampでの講義は理解が浅いところを解決でき、不安も解消できるということで評判が良く、多くの方が利用しています。

プログラミングを学びたいという人は増えていますが、独学で勉強したり、スクール選びをまちがってしまい、結局挫折してしまう人も少なくありません。

直接質問をして答えてもらえるまで時間がかかる、このように考えることは浅はかです。

講師に質問をすることで、しつかりと時間をかけて調査をしてくれるからこそ質問の回答に時間をおいています。

その場で適当な答えを早く答えてもそれは真の意味で受講者のためにはなりません。

 

このようにあくまでも生徒目線を貫くことで、多くの受講者から高い満足度を得られています。

 

講義内容は多くの人が満足する充実度!

CodeCamp以外のオンラインスクールには、講師業を専門とする人、すなわちプログラミングの現場から離れている人が講義をしているところがあります。現場から離れているということは、最新の知識から遠い世界にあるということであり、講師として指導している人の中には、プログラミングに関する最新の知識に疎い方もいらっしゃるでしょう。そうなると受けられるサービスの内容も低下してしまいます。

 

そういった点でCodeCampの講師陣は、エンジニアとして現役で働いており、現場で重宝する技術や役に立つ情報を得ることができます。

 

こういった実力派揃いのCodeCampの講師陣が教える講義の内容は、多くの人が満足する充実度となっています。

 

時間の融通が効くので社会人でも安心しれプログラムを学べる

CodeCampは、365日毎日7時から23時40分まで学習サービスを提供しています。夜遅くまでの講義も受け付けているので、仕事終わりの社会人でも時間を有効活用することができます。

 

また、パソコン一台あればできるビデオ通話によるオンラインレッスンの形式なので、場所を問わずどこでも講義を受けることができます。

 

このような特徴から、仕事や勉学との両立もしやすく、安心してプログラミングを学ぶことができると注目を集めています。

講師は全員がプロフェッショナルなので安心して受講できる

CodeCampの講義を提供してくれる講師の方々は、大手IT企業で働いた経験のあるプロフェッショナルがその大半を占めます。講師陣全員、現役エンジニアとして活躍されていて、実用的で実践的なテクニックを伝授してくれます。

 

初心者の方にとって、プログラミング言語の習得は独学では難しく、挫折してしまうことも多くあります。

 

しかし、全員がプロフェッショナルであるCodeCampでは、独学とは比べものにならないほど高い学習効果を得ることができます。挫折しがちな難しいプログラミング言語も、専門知識をもつ講師陣からの指導でしっかりと身に着けることができます。そういった手厚いサポートをしてくれる講師陣がいるCodeCampでの講義は信頼性が高く、安心して受講することができます。

 

就職までしっかりとサポートをしてくれる

就職までしっかりとサポートをしてくれる

CodeCampは、推奨サービスとして、IT・Web業界に特化した求人サイトや、転職サポートサイトなどを多く紹介しています。CodeCampで身に着けた技術を活用するまで、つまりは就職・転職してCodeCampで身に着けた知識や技術を活かすまでのサポートを行ってくれます。

 

サポートしてくださる講師の方は、IT・Web業界の先輩とも呼べる立場にいる方々です。身につけた知識・技術をどの方面で活かすべきか、講師の方にアドバイスをもらうのもよいかもしれません。CodeCampは就職まで手厚いサポートをしてくれるので、大きな不安もなく就職・転職活動に臨めます。

 

質問が予約制なので面倒という声もある?

質問が予約制なので面倒という声もある?

CodeCampは質問が予約制であるという特徴があります。つまりは、「今回○○がよくわかりませんでした。○○について詳しく教えてください。」といった質問をあらかじめ伝え、次の講義で教えてもらうという形になっています。

 

ビデオ通話形式の講義ですが、ちょっとした疑問をすぐに解決できないのは少し面倒です。しかし、小さなことなら自分で調べれば知識が定着しますし、あとでまとめて質問できると考えれば、講義を集中して聞くことができます。

 

そう考えると、聞きたいことは講義を受けながらメモして質問し、次の講義でその解答を聞くというサイクルに持ち込めると、効率よく学習できそうです。

 

ラーニングデザイナーが携わったオンライン教材は評判がいい

ラーニングデザイナーが携わったオンライン教材は評判がいい

CodeCampが提供する教材は、ラーニングデザイナーが携わった教材で、わかりやすいと評判が良いです。

 

市販されているプログラミングの教材は、プログラミングの専門用語が簡単な説明で終わっていることもあり、知識が定着しにくいという意見もあります。

 

その点でCodeCampの教材はラーニングデザイナーが携わっていることもあり、初心者でもわかりやすいのが特長です。この教材も満足度が高さの要因のひとつです。

疑問点はマンツーマンレッスンですぐに解決できる

疑問点はマンツーマンレッスンですぐに解決できる

CodeCampは、マンツーマン形式のレッスンであるので、疑問点をすぐに解決することができます。

マンツーマンレッスンであれば生徒側としても、講師からの細かな指導を受けることができます。

どうしても、大勢が集まっての講師形式の授業では、実力がバラバラの生徒たちに画一的な内容を教える必要があるのでレッスン内容がぼやけてしまいます。

マンツーマンレッスンは初心者でこれからプログラミング言語を学びたいという人に向けてはかなりおすすめの授業形態といえるでしょう。

 

基本的に、CodeCampの質問は予約制ですので、ふと湧いた疑問をマンツーマンのレッスン中にすることはできません。

ですが、その分講義に集中することができると考えると、質問の予約制は受講する生徒にとってはプラスのことなのではないでしょうか。

コードキャンプには向いていない人はどんな人??

コードキャンプには向いていない人はどんな人??

マンツーマン形式のレッスンを指導しているCodeCampに向いていない人はどんな人なのでしょうか。

CodeCampが提供するマンツーマンレッスンは、プログラミングの特徴に合わせたレッスンとなっています。

 

プログラミングは、受け身型の一斉授業よりも、マンツーマン形式での講義の方が、定着度がまったく違います。

CodeCampに向いていない人は、自分でどんどん意欲的に学習を進められる人かもしれません。

 

CodeCampのマンツーマンレッスンは、各自の進行度に合わせて実践度を重視した講義を行っています。

自分でほぼ独学で進められる人は、CodeCampに向いていないかもしれません。

 

CodeCampの料金やコースを徹底解説

CodeCampの料金やコースを徹底解説

CodeCampはコストパフォーマンスが良い、とよく言われています。そう言われる理由として、2つ紹介したいと思います。

まず1つ目は、現役として働くエンジニアの講師から、マンツーマンの形式でレッスンを受けられるからです。

 

先にも述べたように、CodeCamp以外のオンラインスクールには、講師業を専門とする人、すなわちプログラミングの現場から離れている人が講義をしているところがあります。

そんなプログラミングスクールもある中で、CodeCampは講師全員が現役のエンジニアであり、かつ大手IT会社での実務経験もある実力派の方が揃っています。そんな講師陣からマンツーマン形式で40分のレッスンを受けられるのは、他にはないCodeCampの優れた特徴です。

 

2つ目としては、なりたい自分に合わせた豊富なコース選択ができるところです。

本格的にエンジニアを目指す方に向けた「エンジニア転向コース」から、初心者向けのスキル獲得を目的とした「Webマスターコース」「Rubyマスターコース」「Javaマスターコース」など、コースの数は12種類にまで登ります。

どれも需要の多い知識・技術を養えるコースで、最低限のプログラミング技術を身につけたい方から、本格的にプログラミングに取り組みたいと考えている方まで、多くのニーズに適うコースとなっています。

 

自分の方向性に悩んだときは、プロとして働き、プログラミング業界の現場を知っている講師にアドバイスをもらうことができるというのも大きな魅力です。

大きくこの2つの理由から、CodeCampが質の高いサービスを提供していることは伝わったと思います。料金の割に、良いサービスを受けられるということで、コスパが非常に良いと評判で、多くの方からCodeCampが選ばれ続けています。

 

・エンジニア転向コース
エンジニア転向コースは、プログラミング初心者・未経験者が、プロのエンジニアに転職することを目的としたコースです。

Webサービスの開発に必要となる多くの専門的な知識を養うことができます。

料金 448,000円
入学金 30,000円
受講期間 4カ月

・Webマスターコース

Webマスターコースは、HTML・CSS・JavaScript・MySQL・PHPなどといったプログラミング言語を学ぶことができます。

こちらの言語を学ぶことで、WebサイトやWebアプリケーションの開発することができます。

そういった開発をしたいと考える初心者の方はもちろん、フロントエンドエンジニアの方がサーバーサイドの言語を学ぶにもおすすめです。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 148,000円 248,000円 298,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

・Rubyマスターコース

Rubyとは、エンジニアとして働く際にスタートアップとして人気を集めている言語です。

Rubyマスターコースでは、Rubyに加え、Ruby on Rails・HTML・CSS・jQuery・JavaScript、を学ぶことができます。

これらの言語を学ぶことで、大規模なWebサイトやWebアプリケーション、Webサービスを開発することができます。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 148,000円 248,000円 298,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

・Javaマスターコース

Javaマスターコースは、Javaに特化したカリキュラムのコースです。このコースは、Androidのアプリケーションや、動的なWebサイトを開発したいという方におすすめです。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 148,000円 248,000円 298,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

・デザインマスターコース

デザインマスターコースでは、HTML・CSS・JavaScript・Bootstrap・jQuery・Photoshop・Illustratorといったプログラミング言語を学ぶことができます。

この言語を学ぶことで、Webデザイナーやフロントエンジニアを目指している方におすすめです。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 148,000円 248,000円 298,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

 

・アプリマスターコース

アプリマスターコースでは、Java・Swiftといった言語を学ぶことができます。

AndroidやiOSでのアプリケーションを開発したいという方向けのコースです。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 148,000円 248,000円 298,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

 

・WordPressコース

WordPressコースでは、WordPressに特化したカリキュラムを受けることができます。

WordPressを利用してWebサイトやブログを作成したいという方向けのコースとなっています。

料金 148,000円
入学金 30,000円
受講期間 2カ月
レッスン回数 20回

 

・プレミアムプラスコース

こちらのプレミアムプラスコースでは、マンツーマンレッスンを受講期間内なら何度でも受けることができます。

そのため、Web系からアプリケーション系、デザイン系など幅広い分野を学ぶことができます。

また、こちらのコースでは、CodeCampが扱っているすべてのプログラミング言語・フレームワークを学ぶこともできます。様々なスキルを育てたい方向けのコースとなっています。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 398,000円 498,000円 698,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 無制限 無制限 無制限

 

・プレミアムコース

こちらのプレミアムコースでは、Web系からアプリケーション系、デザイン系など幅広い分野を学ぶことができます。

また、こちらのコースでは、CodeCampが扱っているすべてのプログラミング言語・フレームワークを学ぶこともできます。

自分にとって必要な分野の学習を効率よく進めることができます。

2カ月プラン 4カ月プラン 6カ月プラン
料金 248,000円 348,000円 398,000円
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回

・Pythonデータサイエンスコース

Pythonデータサイエンスコースでは、Pythonに特化したカリキュラムを受けることができます。こちらのコースでは、データ処理の効率化・自動化といった実際に役立つ様々な技術を身に着けることができます。

料金 148,000円
入学金 30,000円
受講期間 2カ月
レッスン回数 20回

 

CodeCampの料金はコスパが良い?

CodeCampは、料金のコストパフォーマンスが良いと評判を呼んでいます。CodeCampは、厳選されたプロフェッショナルの講師陣が揃っており、質の高い講義を提供してくれます。

 

また、コースも豊富にあり、自分が学びたい分野・身に着けたい技術を考慮してコース選択することができます。

 

さらには、CodeCampは365日毎日7時から23時40分まで、パソコン一台あればどこでも受講することができます。

 

こういった充実した学習サービスにも関わらず、料金の方は比較的安く、コストパフォーマンスが非常に優れています。そのため、CodeCampを利用した方から満足の声が多数あがり、CodeCampの満足度は94.6%を誇っています。

CodeCampの実際のWebデザインコースの中身について

CodeCampの実際のWebデザインコースの中身について

テーブル

Bootstrapについても学べる

Bootstrapについても学べる

Bootstrapとは、WebサイトやWebアプリケーションを作成するWebフレームワークを言います。

 

Bootstrap には、Webサイトでよく使用されるフォーム・メニュー・ボタンなどの部品が様々な場面に汎用できるテンプレートとして用意されており、デザイン性も確保されているため、最低限の手間でWebサイトのスタイルを調整することができます。

 

CodeCampでは、BootstrapといったWebサイトの作成に役立つプログラミング言語も学ぶことができます。どんな携帯端末に対応することができると人気の言語であるBootstrapを使いこなせるようになることで、自信の仕事の幅を広げることができます。

Photoshopも知っておこう

Photoshopも知っておこう

Photoshopとは、世界で最も利用されている画像編集ソフトです。グラフィックの作成はもちろん、写真の加工・合成もすることができます。

 

Webサイトなどに挿入する画像を作成することができるので、より見やすく、利用しやすいWebサイトにすることができます。

 

Photoshopは、アメリカのAdobe(アドビ)という会社によって提供されているソフトです。日本語で翻訳もされており、使用方法の解説も日本語で読むことができます。

Illustratorは仕事で必須

Illustratorは仕事で必須

Illustratorとは、世界的に有名なデザイナーや企業の方も使用しているソフトです。よく目にするデザインもIllustratorで作られたものかもしれません。

 

Illustratorでは、四角・丸・星・三角といった単純な図形から、その拡大・縮小・反転など多くの作業ができます。色の変更・影の付与・3D風の加工などをすることができ、好きなように自由にデザインすることができます。

 

このようにして制作したデザインは、ロゴやWebサイトの作成に応用できるので、Illustratorを使いこなせる技術力は仕事で必須の技術となっています。

実際のカウンセリングの流れを知っておこう

ここでは、CodeCampでの実際のカウンセリングの流れを紹介していこうと思います。

 

まず、CodeCampのWebサイトから無料の体験レッスンを予約しましょう。体験レッスンは、通常の講義と同様、毎日7時から23時40分までの間で好きな時間帯に申し込むことができます。

 

その体験レッスンまでに準備しておくべきものは、パソコン・ネット環境・Googleハングアウト・(パソコンにマイクが付いていない方は)ヘッドセットです。体験レッスンにおいて、事前学習の必要は特にないので、まずは試しに受講してみましょう。

 

この体験レッスンでは、プログラミングを学ぶ目的・内容を伺い、申し込んだ方それぞれのレベルに合わせて、実習を交えながらプログラミングの学習を体験できます。

課題が難しいこともある?

CodeCampは独自のレッスン教材を用意しており、それを利用したマンツーマンレッスンを行っています。

 

CodeCampのレッスン教材は章編成がされており、各章の最後には課題が1~2問用意されています。その課題の難易度が、テキストに載っている解説のレベルと比較すると難しいという声があります。

 

課題は比較的難しいかもしれませんが、わからない知識は積極的に自分で調べたり、講師の先生に質問したりすることで、実際にエンジニアとして働く際に必要な力を養うことができます。

 

テキストには、各ページにメモ欄があるのでわからなかったり、理解が足りないと思ったりした部分についてはしっかりとメモしておき、質問するのに役立てると良いでしょう。メモしておくことで、何がわからないかを確認することができ、自身のスキルアップにつなげることができます。

 

初心者の方にとっては、何も頼らないでその課題を乗り越えることは難しいかもしれませんが、CodeCampでは信頼できる講師の方がいるので、積極的にわからないところを聞いて、自分の知識を深めていきましょう。

時間によって予約できる講師の数の差がある

CodeCampの大きな特徴は、平日土日問わず、毎日7時から23時40分までいつでもレッスンを受けることができるところです。

 

レッスンを受けられるということは、教えてくれる講師の方がいるということです。しかし、その数は時間帯・日によって異なることがあります。

 

CodeCampは担任制ではありませんが、同じ講師から講義を受けたい方にとっては気になる点であるかもしれませんね。

オンラインレッスン中に自分のPCで板書がとれない

CodeCampはオンライン型のマンツーマンレッスンで、ビデオ通話を利用して講義を進めていきます。

自分のパソコンの画面を講師の方と共有しながらプログラミングのレッスンに臨むのですが、説明を受けているときに講師の方が記入しているコードなどを自分のパソコンにメモすることができません。

 

板書するために講義を一旦止めてもらうことができますが、一回40分の講義で時間を無駄にしたくはありませんよね。

講師の方のコードなどを板書したいときは、パソコンのスクリーンショットを利用すると良いかもしれません。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の活用方法を徹底解説

CodeCamp(コードキャンプ)の活用方法を徹底解説

CodeCampは、オンライン型のプログラミング学習サービスです。365日毎日7時から23時40分まで、パソコン一台あればいつでもどこでも受講することができます。

 

そんなCodeCampを有意義に活用するために、いくつかのアドバイスを送りたいと思います。

 

CodeCampは製品じゃなくて教育サービスであることを知っておこう

CodeCampは製品じゃなくて教育サービスであることを知っておこう

このCodeCampは、製品ではありません。

プログラミングの知識・技術を提供してくれる学習サービスです。

こういった学習サービスにはありがちなことですが、受け身姿勢では望むような効果、この場面においては身に着けたい知識・技術が得られないということが多くあります。

 

料金を支払ったからには、講義を聞いていれば確実にプログラミングの技術が身につくということではありません。

サービスを受けつつも、自分で進んで学習する意欲をもつことが大事です。そういった意味でCodeCampは製品ではなく、教育サービスであることをきちんと理解しておきましょう。

 

そして、CodeCampは製品じゃなくて教育サービスであることを知ったうえで上手に活用することができれば、プログラミングを早期に習得して転職の成功、年収のアップという目標を早く実現することができます。

どのような意識で学習を進めるかでも習得度は変わってきますから、活用するサービスの意義はしっかりと理解したうえでサービスを活用するべきと言えるでしょう。

 

相性のいい講師を探すことが重要

CodeCampには、厳選されたプロフェッショナルの講師陣が多くいます。その中で、自身と相性の良い講師を探し見つけることが重要となります。

 

相性の良い講師を見つけるのは、レッスンの内容が比較的簡単な序盤のうちにするのが良いでしょう。

相性の良い講師を見つけることで、その講師を深く信頼することができますし、教え方も一貫しているので理解もより深まるでしょう。

 

なぜ相性の良い講師を見つけることが大事かというと、レッスンが進んでいき、内容が難化していくにつれて相性というものが、大変重要になってくるからです。

 

教え方があまり好きではない講師から受ける講義は、40分と言えど集中力が半端になってしまうでしょうし、集中力が半端であるならば、それに伴って理解度も落ちてしまうでしょう。

 

そういったことを考えると、相性の良い講師を序盤に見つけることで、レッスン後半の難しい内容もきちんと集中してよく理解することができると思います。

 

相性の良い講師を見つけたら、その方から次に講義を受けられる日まで、どの程度教材を進めておくかなど、学習のペースを決めておくと効率良く進むので学習効果が得られるでしょう。

学習スケジュールを作るのが大切

プログラミングの知識・技術を段階的に身につけていくには、学習スケジュールを作るのが大切です。闇雲に目につく項目を勉強していくこともできますが、それでは学んだ知識を上手にカテゴリすることができず、知識が抜けやすくなってしまうことも多くあります。

 

そこで、CodeCampでは学習スケジュールを作成してくれるサービスがあります。コースに申し込んだ後、LINEの公式アカウントを友だち登録すると、学習スケジュールを作成してくれます。

 

初心者の方にとっては、カリキュラムの難易度やボリュームなどが掴みづらいので、このLINEのサービスは大変助かります。

スケジュールの進捗ペースが速いと感じた場合は、学習スケジュールを作成し直してくれるので、両立できる範囲でプログラミングの学習を進めていきましょう。

 

このような事前の心構えや準備をしっかりと行うことで、目標である転職、年収アップを実現することができます。

 

最後に簡潔にCodeCamp(コードキャンプ)についてまとめていきます。

〇CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンラインのプログラミングの技術を、インターネットを通して学ぶことができる学習サービスです

〇世界のどこからでも、365日いつでもプログラミングのレッスンを受講できます。

〇ビデオ通話を使用した40分間の授業では、直接質問も可能です。(予約制)

〇CodeCampは、365日毎日7時から23時40分まで学習サービスを提供。

仕事終わりの社会人でも時間を有効活用することができます。

〇CodeCampの講義を提供してくれる講師の方々は、大手IT企業で働いた経験のあるプロフェッショナルがその大半を占めます。

〇CodeCampは、推奨サービスとして、IT・Web業界に特化した求人サイトや、転職サポートサイトなどを多く紹介しています。

〇パソコン一台あればどこからでも受講できる

〇仕事と両立できる柔軟な時間設定が可能です。

〇ラーニングデザイナーが携わったオンライン教材

〇マンツーマンレッスンであり「Webマスターコース」「Rubyマスターコース」「Javaマスターコース」など、コースの数は12種類です。

コース名 料金 備考
エンジニア転向コース 448,000円 エンジニア転向コースは、プログラミング初心者・未経験者が、プロのエンジニアに転職することを目的としたコースです。こちらの言語を学ぶことで、WebサイトやWebアプリケーションの開発することができます。そういった開発をしたいと考える初心者の方はもちろん、フロントエンドエンジニアの方がサーバーサイドの言語を学ぶにもおすすめです。
Webマスターコース 148,000円~ Webマスターコースは、HTML・CSS・JavaScript・MySQL・PHPなどといったプログラミング言語を学ぶことができます。こちらの言語を学ぶことで、WebサイトやWebアプリケーションの開発することができます。そういった開発をしたいと考える初心者の方はもちろん、フロントエンドエンジニアの方がサーバーサイドの言語を学ぶにもおすすめです。
Rubyマスターコース 148,000円~ Rubyマスターコースでは、Rubyに加え、Ruby on Rails・HTML・CSS・jQuery・JavaScript、を学ぶことができます。こちらのコースでは、データ処理の効率化・自動化といった実際に役立つ様々な技術を身に着けることができます。
Javaマスターコース 148,000円~ Javaマスターコースは、Javaに特化したカリキュラムのコースです。このコースは、Androidのアプリケーションや、動的なWebサイトを開発したいという方におすすめです。
デザインマスターコース 148,000円~ デザインマスターコースでは、HTML・CSS・JavaScript・Bootstrap・jQuery・Photoshop・Illustratorといったプログラミング言語を学ぶことができます。この言語を学ぶことで、Webデザイナーやフロントエンジニアを目指している方におすすめです。
アプリマスターコース 148,000円~ アプリマスターコースでは、Java・Swiftといった言語を学ぶことができます。AndroidやiOSでのアプリケーションを開発したいという方向けのコースです。
Pythonデータサイエンスコース 148,000円~ Pythonデータサイエンスコースでは、Pythonに特化したカリキュラムを受けることができます。こちらのコースでは、データ処理の効率化・自動化といった実際に役立つ様々な技術を身に着けることができます。
WordPressコース 148,000円~ WordPressコースでは、WordPressに特化したカリキュラムを受けることができます。WordPressを利用してWebサイトやブログを作成したいという方向けのコースとなっています。
プレミアムプラスコース 398,000円~ こちらのプレミアムプラスコースでは、マンツーマンレッスンを受講期間内なら何度でも受けることができます。そのため、Web系からアプリケーション系、デザイン系など幅広い分野を学ぶことができます。
プレミアムコース 248,000円~ ちらのプレミアムコースでは、Web系からアプリケーション系、デザイン系など幅広い分野を学ぶことができます。また、こちらのコースでは、CodeCampが扱っているすべてのプログラミング言語・フレームワークを学ぶこともできます。
スポンサード広告

デスクトップキャプチャソフトおすすめ比較人気ランキング

  • デスクトップキャプチャソフトおすすめ比較人気ランキング
  • とにかくフリーのキャプチャソフトがいいという方向け
  • 本格派のあなたに! 有料のおすすめキャプチャソフト
  • 流行の最前線! Windows10対応のキャプチャソフト

デスクトップキャプチャソフトおすすめ比較人気ランキング

PCでEメールを作成していて、今まさに自分が見ているデスクトップの画面を相手に送信したいと思ったことはありませんか。
Skypeで恋人と会話したことはあっても、デスクトップ画面のスクリーンの撮り方は知らないケースもあります。
キャプチャ画像は百聞一見、千を超えるメールより明確にこちらの画面状況を遠隔地の相手に伝えることができます。
そして、話題が尽きないVTuberが利用しているゲームのプレイ実況は、どのように撮影しているのかと疑問に思ったユーザーもいることでしょう。
ここではデスクトップPCのキャプチャソフトを「フリー」、「有料」、「Windows10対応」の3つにカテゴライズして、ランキング化してみました。
キャプチャソフトを効率的に使うことで労働時間を短縮し、無駄なEメールの往復が省けます。固定観念にとらわれず、新しいことに積極的にチャレンジしてみましょう。

とにかくフリーのキャプチャソフトがいいという方向け

初めてキャプチャソフトを利用する場合、いきなり有料ソフトに手を出す読者はわずかでしょう。
これまでに学校や会社で利用したことがあったり、友だちに勧められてダウンロードしたというケースが一般的です。
また、せっかく対価となる料金を払ったのに、ソフトウェアにその価値が見いだせなかったら後悔するかもしれません。
ここではフリーのキャプチャソフトにフォーカスして順位付けしてみました。
なお、フリーソフトにはメーカーのロゴが表示されたり、連続録画時間に制限が設けられていることがあるので注意してダウンロードしましょう。

1位 フリーのキャプチャソフト Snipping Tool

公式サイトへ

特徴 スナップショットを取得して PC 画面の一部または全体から文字や画像をコピーします。Snipping Tool を使用して変更やメモの記入を行って、保存、および共有します。
キャプチャできるもの 画像

Windows 10、Windows 8.1、Windows 7に標準装備されているキャプチャツール。
検索ボックスに「Snipping Tool」と入れると探し当てることができます。キャプチャする方法は撮影したい画面をデスクトップ上に表示させてから、ソフトの「Snipping Tool」を起動させます。
頻繁に使う場合は、タスクバーにアイコンを表示させておくと便利です。
まず、左上のタブから「新規」をクリックし、「今すぐに切り取り」などを選びます。
最初は画面上にSnipping Toolの枠が見えていますが、「今すぐに切り取り」などをクリックすると自動で半透明になり、マウスでドラッグすると任意の大きさに切り取ることができます。
次に撮影した画像を保存します。Windows10ならば、「ピクチャ」フォルダに自動で保存されます。
そして、Eメールで送信する場合は、フォルダからピクチャを選択し、ファイル添付します。
他にも画面全体などいくつかのレパートリーがあります。お好みに応じて使い分けましょう。
また、上部の中央にあるアイコンをクリックすることで好きな状態のスクリーンショットを撮影できます。
不安な方は本番前に試しキャプチャしてみましょう。

2位 Windows10に対応! Bandicam

公式サイトへ

特徴 Bandicamは、WindowsのPCの画面とPCから聞こえてくる音を高品質でキャプチャーできる高性能動画キャプチャーソフトです。
キャプチャできるもの 画像、動画、外部入力

VTuberのゲーム実況のためにあるようなソフト。
メリットはPC画面のキャプチャ画像、動画はもとより、PCゲームの動画や「PS4」などの外部入力もパソコンに映し出すことでキャプチャできるツールです。
高画質が自慢のキャプチャソフトで、フリーで提供されているとは思えないサービス精神旺盛な逸品。
PS4などの外部入力はHDMIケーブルでPCとゲーム機本体とをつなぐことで実現できます。無料版と有料版の大きな違いは録画時間です。
無料版Bandicamは最大で連続10分までの録画ですが、有料版のBandicamは24時間以上連続しての録画が可能。
さらに、「Bandicam」のマークも画面上に表示されません。RPGの装備欄やパラメータがロゴで隠れてしまうということも皆無です。
なお、HDMIケーブルは家電量販店でリーズナブルに購入できるので、それほどユーザーの負担となることはないでしょう。

3位 カーソルも一緒にキャプチャできるフリーソフト WinShot

公式サイトへ

特徴 WinShotはパソコン画面の保存・印刷等を行うことができる、スクリーンキャプチャソフトです。
キャプチャできるもの 画像

2007年10月に公開されたフリーソフト。
2014年にはサイト「Vector」の年間総合ランキング第26位になり、名を上げました。
OSはWindows 95、Windows 98、Windows Me、Windows NT4、Windows 2000、Windows XPに対応し、シンプルながら好評のキャプチャソフトです。
キャプチャした画像は印刷も可能で、操作性と効率を優先して設計されたソフトウェア。

4位 フリーでゲーム録画もできる GOM Cam

公式サイトへ

特徴 ネット講座録画、画面キャプチャー、Youtube録画など、PC画面上のすべてが録画できる! 動画キャプチャーソフト「GOM Cam」を無料で試してください。
キャプチャできるもの 画像、動画

Windows10にも対応した動画キャプチャソフト。
最大の特色は撮影した動画の「編集」ができるところです。見やすいユーザーインターフェースで簡単に編集や動画選択ができるソフト。
動画内の音声だけを抽出したり、動画の不要な部分をあっさりカットできます。
興味深い点は「録画中に文字を入力」できるところ。
講義しながら絵に注釈を加えたいときやゲーム実況中にポンとスタンプを押したいVTuberにもおすすめのキャプチャソフトです。
用途に応じて使い方も広がる便利なアイテム。
なお、有料版は広告表示が消え、録画制限も20分から無制限へと進化します。お試しで利用して気に入ったら、購入へと踏み切るのもいいでしょう。

5位 好きな範囲をフリーキャプチャ Icecream Screen Recorder

公式サイトへ

特徴 Icecream Screen Recorderは、画面のどこのエリアでも録画できるしスクリーンショットとして保存することもできる使いやすい無料の画面録画ソフトウェアです。
キャプチャできるもの 画像、動画

画像も動画も好きなエリアを選択して、キャプチャできる無料ソフトです。
例えば、YouTubeの動画は画面が小さい状態でも、範囲さえ指定すれば余計な情報をカットした状態で録画できます。
そして、キャプチャした画像にあとから文字を入力できる編集機能も実装されています。訂正箇所を伝える場合、画像だけをキャプチャすると場所がわかりにくいことが多々あります。
動画上に「矢印」をつけたり、「文字」を入れて修正箇所などを提示することで明白になります。
あと一工夫欲しいという要望に答えたツール。Icecream Screen Recorderは操作性も異彩を放っています。

6位 高画質を実現! ロイロゲームレコーダー

公式サイトへ

特徴 録画する動画のフォーマットとして、画質とファイルサイズのバランスがいいMotion-JPEGを採用。
キャプチャできるもの 動画

ゲーム動画の録画に特化したキャプチャソフト。
録画をしながらでもゲームの通信遅延が起こりにくいと評判のソフトで、「FF14」のベンチマークでは「4798」というスコアを叩き出し、他社を圧倒しました。
「ベンチマーク」とはソフトウェアを起動したときの快適度を示す数値で、無料でテストできます。
PCゲームで主に利用され、自分が使っているパソコンの性能がダウンロード予定のゲームの動作に耐えうるかどうかの指標となります。
このベンチマークの数値が高いほどゲームが滑らかに動くことを示し、ゲーム実況をする際は重要な数値。
つまり、ベンチマークが低いと文字入力したときにゲームが停止したり、パソコンがフリーズするという事態に陥ります。高画質のゲームを録画する場合は注意するといいでしょう。
また、同時に自分の声も録音できるのでゲーム実況に最適です。
なお、「ロイロスコープ」という同社の編集ソフトが有料で提供されており、YouTubeにアップロードしたり、DVD編集もお茶の子さいさい。
初めでゲーム録画をするというユーザーにおすすめのキャプチャソフトです。

本格派のあなたに! 有料のおすすめキャプチャソフト

画像キャプチャソフトならば問題ありませんが、たいていの無料動画キャプチャソフトは録画時間に制限がかかっています。最長10分まで連続録画可能、それ以降は有料版をご利用くださいという具合です。
ところが、映画一本まるごと録画したいときやゲーム実況の場合、クリア時間が30分以上かかってしまうケースもよくあります。
そんなときは有料版のキャプチャソフトを思い切って手にするのもいいでしょう。本気でVTuberを目指したい方や仕事でどうしても必要な方のために有料版のキャプチャソフトに順位をつけてみました。

1位 シンプルなデザインでWindows10もOK! AG-デスクトップレコーダー

公式サイト

特徴 動作対象OSはWindows7~10です。
キャプチャできるもの 動画

フリーの「AG-デスクトップレコーダー」とその後継となる「AmuseGraphics(有償)」の2種類から選択できるキャプチャソフト。
ファイルサイズは3MB以下と軽いソフトで、コアなユーザーから指示を得ています。隠れた名作のような動画キャプチャソフトです。
フリー版のAG-デスクトップレコーダーでも「Windows10」に対応しているので、お試しで利用してから、「AmuseGraphics」へ移行するという手もあります。
もっともAG-デスクトップレコーダーのサポートは終了しているので、本格的に利用する決心を固めた読者は、「AmuseGraphics」をダウンロードした方がいいかもしれません。
AmuseGraphicsは「Windows」、「mac」、「ubuntu」の3つのOSに対応し、エンジニア心をくすぐるサポート体制を敷いています。
なお、ubuntuとはDebian GNU/LinuxをベースとしたOS(オペレーティングシステム)で、Linuxは中華人民共和国を中心に普及しています。
デザインはWindowsに近いですが、動作が快適と評判です。日本語にも対応し、無償で提供される公開型のOSとなっているため、PCを自作したい方におすすめのOS。
さらにWMV、AVI、AGM、MP4の出力が可能。GIFアニメーションも問題なく動作します。

2位 有料のAMV4ビデオコーデックと併せて使う アマレコTV4 Live

公式サイトへ

特徴 ビデオキャプチャカードを使ってゲーム機などの映像を表示、録画するフリーウエアです。
キャプチャできるもの 動画

Windows 8.1、Windows 10に対応した動画撮影ソフト。
「アマレコTV4 Live」を使うには、「AMVビデオコーデック」が必要です。
AMVビデオコーデックとは動画を圧縮するソフトウェアで、この機能を使って動画の負荷を軽減し、アマレコTV4 Liveで録画するという仕組みになっています。
なお、AMVビデオコーデックは無料でもダウンロードできますが、その場合は録画した映像に「ロゴ」が表示されます。
ロゴが気にならない方は無料版のAMVビデオコーデックで問題ないでしょう。有料版ではロゴも表示されず、爽快に録画できます。

3位 60FPSも録画可能なキャプチャソフト REC

公式サイトへ

特徴 RECはパソコン画面(デスクトップ画面)を簡単操作でキャプチャ録画できるWindows用の録画ソフトです。
キャプチャできるもの 動画

マウスの「カーソル」も録画できるキャプチャソフトです。
カーソルが表示されるため、操作手順をわかりやすく説明したい動画を作成するときにぴったりのツール。
FSP(frames per second)は15~60と高画質の動画も無理なく録画できます。2019年頃から60FSPに対応したスマホアプリも増え、アクションゲームの動作がより滑らかに進化しています。
それほど高画質な映像を必要としない場合は30FPSでもいいでしょう。
録画フォーマットはMP4、WMV、AVIの3種類。初めてでよく分からない方は「MP4」で書き出しておきます。パソコンに限らずスマホでもMP4をサポートしているケースが多いので、動画の汎用性が広がります。
OSはWindows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7に対応し、シンプルな画面なので初めて録画する方でも使いやすい見た目になっています。

流行の最前線! Windows10対応のキャプチャソフト

Windows 7のサポートが2020年1月に終了し、Windows 10に移行した読者もいるかもしれません。
Windows 10はタイル状のWindows 8とオーソドックスなデザインを維持したWindows 7をフュージョンしたデザインと好評です。
デスクトップPCの利点を活かし、使いやすいと関心の的になっています。Windows 10はWindows 8から飛び級してリリースされ、Windows 9というOSは生まれませんでした。これもビル・ゲイツの販売戦略の一つなのかもしれません。
2015年にWindows 10がリリースされてから、2020年で5年が経過します。大型アップデートが繰り返され、馴染んできた読者のためにWindows 10で利用できるキャプチャソフトを番付してみました。

1位 フリーと有料から選べる RecButton

公式サイトへ

特徴 RecButtonはscreen +(スピーカーオーディオ、マイク、または両方の組み合わせ)をキャプチャするための1つのボタンツールです。Windowsのスニップツールに似ていますが、ビデオとオーディオをキャプチャするためのものです。
キャプチャできるもの 動画、音声

淡いピンク色をベースにした録画画面でWindows 10のデザインにマッチ。
FPSは「25」、「30」、「60」の3パターンから選べます。有料ですが、安価なので購入する際のハードルは低いでしょう。
なお、FPSとは「frames per second」の略で一秒間に表示されるフレームの枚数を表しています。つまり、FPSが高いほどきれいな動画ということです。
例示すると「FPS60」の場合、一秒間に60枚のフレームが入るので、野球のスイングなどの速い動きも細部までしっかりと見えます。そのため、多くの人が滑らかな映像と感じるわけです。
マイクサウンドもついているので、キャプチャした動画にナレーションを吹き込むこともできます。

2位 編集もお手の物! 有料のキャプチャソフト WinCam

公式サイトへ

特徴 WinCam is a powerful and extremely easy-to-use screen recorder for Windows.
キャプチャできるもの 動画

カーソルをクリックしたときのアニメーションを追加できるキャプチャソフト。
通常のキャプチャソフトでは自動でカーソルが消える設定になっています。よって、カーソルが目的の場所に移動する経過が分からず、傍目にはどこをクリックして次の画面へ移行したのか分かりにくいのが事実です。
しかし、「WinCam」はカーソルだけでなく、クリックしたときのアクションを編集で加えることができるので、誰が見ても分かりやすい動画へとチェンジすることが可能。
WinCamは無料と有料の2種類が提供され、撮影した動画のトリミングもお手の物です。まるでテレビ局の編集者になった気分で撮影した動画をカット、編集できます。
長くなりやすい動画も本当に必要な場所だけを残して、最高の一本をクリエイトできるソフトウェア。

3位 実に簡単なフリーキャプチャソフト VClip

公式サイトへ

特徴 it is more stable and steady and it comes with good functionality and nice design
キャプチャできるもの 動画

動画に消音機能がついた「ver2.0」が2018年7月にリリースされたキャプチャソフト。
録画時にどうしても入ってしまうノイズ(声や生活騒音)をミュート化する機能が実装されました。
録画するとどんなに部屋を静かにして息を殺してもマイクはキャッチしてしまいます。「サーッ」という音がそれです。
一見すると大して重要に感じない機能ですが、普通に録画するとノイズが入り、ビデオを再生したときに大勢の人が気にします。
四六時中、サーッという音が背景で聞こえるので人によっては耳障りに感じることもあるでしょう。
しかしながら、ミュート機能を使って動画を消音にしておけば、別のソフトで音楽を入れても違和感を覚えません。
消音せずに音楽を入れてしまうと音楽がノイズに打ち消されて、もやもやした音になってしまいます。
さらに「VClip」では巻き戻しやタイトルの挿入など簡単な編集もできるので、趣味で利用するユーザーは快適に使えるでしょう。

4位 Skypeの動画をキャプチャできるフリーソフトSkypeRecorder

公式サイトへ

特徴 SkypeRecorder(スカイプレコーダー)は、Windows版Skypeの録画、録音を簡単にできる無料のアプリケーションソフトウェアです。
キャプチャできるもの 動画、音声

インターネット定額制が日常茶飯となり、スカイプで英会話を習うユーザーも増加しました。語学は反復がインポータントなので、授業内容を録画したくなるのが利用者の本音でしょう。
本当に語学をマスターするには留学するのが最適ですが、その準備段階として英会話を利用する国際派の日本人もいます。
文法も大切ですが、数行のフレーズならば丸覚えしてしまう方が意外と楽です。
そこでおすすめしたいのが、スカイプレコーダー。
英会話のセンテンスだけでなく、恋人との会話もしっかり録音できます。留学先で知り合った恋人と赤い糸をつなぎとめたい女子には最適のキャプチャソフトと言えるのではないでしょうか。
SkypeRecorderは、まさに国際恋愛のキューピッドです。
さらに録音する音声は自分と相手の声を両方のスピーカーで録音することも、左と右に分けて録音することもできる優れもの。
スカイプの録画、録音にフォーカスしているので、細かな機能も充実しているキャプチャソフトです。
メッセージアプリでビデオ通話するユーザーも増えましたが、デスクトップパソコンの大画面で恋人の声や表情を見るのも一興です。

5位 ライブに最適! 動体検知ができるキャプチャソフト LiveCapture3(64bit版)

公式サイトへ

特徴 LiveCapture3は、WindowsPCを監視カメラシステムにするフリーソフトウェア(無料)です。
キャプチャできるもの 動画(カメラ、デスクトップ画面)

店舗内の監視カメラに最適なキャプチャソフト。
自営業や個人のカフェ向けの無双キャプチャツールです。
パソコンに内蔵されているカメラだけでなく、別売りのカメラと連携すれば隣の部屋もあっさり監視できます。端的に言えば、パソコン一台で遠隔地の録画が可能。
最初にカメラを設置してしまえば、後は設定がいらないので利用価値は高いでしょう。
さらにオフィスにある自分のパソコンも監視でき、自分が席にいないときにパソコンに動きがあるとすぐに分かります。
誰かが無断で操作したり、産業スパイによって企業のトップシークレットが盗まれるのを事前に防ぐことができるキャプチャソフトです。

スポンサード広告

テックアカデミーの口コミと評判。TechAcademy体験は受け放題?

テックアカデミー(TechAcademy)の無料体験は何度でも通えるって本当?

テックアカデミー(TechAcademy)は16コースの無料体験が受け放題のプログラミングスクールです。
これはオンラインブートキャンプのプログラミング・デザイン・マネジメントの
計16コースを24週間の受講期間中に受け放題という衝撃的なお得コースです。

現役のプロエンジニアがチャットでしっかりとプログラミング学習をサポートしてくれます。

そして課題についても回数無制限でレビューをしてもらえるので高いスキルを身につけてオリジナルアプリの開発、転職へ向けてのステップアップを目指すことができます。

テックアカデミーとはどんなところ?/h3>

テックアカデミー(TechAcademy)はマンツーマンレッスンで評判のプログラミングスクールです。

 

初心者からの評判も良く、無料体験ではオンラインブートキャンプのプログラミング・デザイン・マネジメントの計16コースを24週間の受講期間中に受け放題というサービスでも注目を集めています。

 

また、プロの現役エンジニアからのマンツーマンによる徹底した指導を受けることができ、slackというチャットツールを使って何度でも質問をすることができるので挫折しにくい仕組みづくりがなされています。

 

また、プログラミングスクールを卒業したあとの就職、転職、キャリアアップなどのサポートも充実していることからユーザーより高い評価を得ています。

テックアカデミーの良い点、メリットを徹底解説

ここではテックアカデミーのメリットを紹介します。テックアカデミーのメリットは①教材の質が高く非常にわかりやすい、②マンツーマンレッスンで生徒をしっかりとサポート、③オリジナルアプリの制作もサポートしてくれる!、④質問が数分で返ってくる素早い対応、⑤プロエンジニアによる指導、⑥カリキュラムの永続的な閲覧の6つがポイントです。

 

テックアカデミーは教材の質が高く非常にわかりやすい

テックアカデミー(TechAcademy)は初心者にも教材がわかりやすく、一からプログラミングを学びたい人から定評があります。

プログラミングスクールは増えてきていますが、中には初心者にはわかりにくいカリキュラムだったりすることもあります。

これではなんのために高い料金を払ってプログラミングスクールに入ったかわかりませんよね。

その点テックアカデミー(TechAcademy)は初心者の評判も良く、教材の質が高いと言われているのでかなりおすすめのプログラミングスクールと言えそうです。

テックアカデミーはマンツーマンレッスンで生徒をしっかりとサポート

テックアカデミー(TechAcademy)は本当の意味でマンツーマンレッスンを実現しています。契約している間は現役のプロエンジニアの講師が生徒一人に対して徹底サポートしてくれます。

 

また、ネットのビデオ通話を活用して1回30分、週2回レッスンを受けられるメンタリングサービスも好評で自分がわからない内容を直接問いかけることができます。

 

プログラミングは書籍で勉強することもできますが、結局疑問点にぶつかった時に速やかに解決することができず、挫折をする人が非常に多いです。

 

しかし、テックアカデミー(TechAcademy)のマンツーマンレッスンを活用して疑問をスムーズに解決していけば挫折のリスクを大幅に減らすことができます。

テックアカデミーはオリジナルアプリの制作もサポートしてくれる!

テックアカデミー(TechAcademy)は自分だけのオリジナルアプリの制作を目標にするコースもあります。

プロエンジニアの講師から丁寧なサポートを受けての開発ができるのでこちらも挫折のしにくい環境で学習を進めることができます。

 

作品が出来合った時の達成感を味わいたい方におすすめです。

掲示板での質問が数分で返ってくる素早い対応

テックアカデミー(TechAcademy)ではスラックという掲示板ツールで質問をすると講師が空き時間で返答をしてくれます。

 

これもとても評判がよく、質問をすると早ければ数分で回答をもらうことができます。

悩みやつまづいている点に数分でプロの講師からアドバイスをもらえるという環境は生徒目線で非常に質の高いサービスと言えそうです。

テックアカデミーの講師陣は現役のプロエンジニア

講師の技術レベルが高いのもテックアカデミー(TechAcademy)の特徴です。

講師は昼間現役のエンジニアとして最前線で働いています。

そして、空き時間で講師業を行っているので現場で必要とされる技術について熟知している人たちが講師となっています。

技術のレベルだけでなく、わかりにくいことをわかりやすく教えるスキルも高いと評判なのでこちらもテックアカデミーのメリットと言えます。

テックアカデミーのカリキュラムはずっと閲覧できるので安心

テックアカデミー(TechAcademy)では契約が終わった後でもログインをして自分が学んだカリキュラムを閲覧することができます。

自分が勉強した内容を受講終了後も閲覧できるというのは、復習にも使えるので非常に便利ですよね。

この機能を使える条件としては、アンケート画面に沿って回答をすることになります。

どうしても受講期間内に理解が進まなかった部分については、再度学習をすることでしっかりと知識の定着化をはかることができます。

テックアカデミーに不満やデメリットはある?

テックアカデミーに不満やデメリットを感じている人はいるのでしょうか。

また、もし不満点があるとすればどのような部分なのかを徹底解説します。

 

無料レッスンと講師が変わることもある

テックアカデミー(TechAcademy)では無料のレッスンを行っていますが、この時の講師とのマッチングが上手くいかないことがあるようです。

 

例えば初回の無料でのビデオ通話でデザインコースを希望しているのに、アプリ制作担当の講師が出てきたなどということがあるようです。

 

しかし、初回はテックアカデミーの概要的な説明や質問が多いのでカリキュラムの全体像や料金体系についてはしっかりと質問に答えてもらうことができるようです。

 

掲示板での質疑応答の答えがわかりにくいことも

これは講師のプログラミングスキルというよりコミュニケーション能力の問題ですが、一部の講師の質問への回答がどうしても初心者にわかりにくいこともあるようです。

 

スピーディーな返答を心掛けているがゆえにこのようなことが起きるのでしょうか。

しかし、もし最初の回答が分かりにくければ、もう少しかみ砕いて教えてもらえないか再度問い合わせることで解決をすることができるのでそこまで大きなデメリットとはいえないでしょう。

テックアカデミーの教科書の内容が難しいこともある

テックアカデミーの教科書は初心者にわかりやすいと評判です。

しかし、どうしもカリキュラムが後半に進んでくると難しい内容が出てくることもあります。

 

完全な初心者にとっては少しわかりにくい内容となるかもしれませんが、講師陣への質問掲示板やメンタリングなどの面談を活用して上手く乗り切りたいところです。

目安の勉強時間は目安でしかない、人によっては時間がかかることも

テックアカデミー(TechAcademy)では目安の学習時間が設定されています。

しかし、受講者は完全に初心者という人もいれば、中には自分で事前に勉強してきた人もいます。

 

そのため目安の学習時間もよりも時間がかかった、思ったよりも早く追われたなど個人差が生じます。

 

スキルについても呑み込みが早い人とそうでない人がいるので、この点はテックアカデミーに限らずどこのプログラミングスクールも同じと考えられます。

 

テックアカデミーはプログラミング初心者にこそ受けて欲しい

テックアカデミー(TechAcademy)は初心者にこそおすすめのプログラミングスクールです。

プログラミングを学びたい人はスキルをお金に換えたいという人が大半なので、プログラミングスキルをマネタイズするまでの最短距離として、テックアカデミー(TechAcademy)での学習をおすすめします。

 

マンツーマンレッスン、ビデオ通話による週2回の質問、掲示板での質問などつまづいた時の対処手段が多く用意されているのがテックアカデミー(TechAcademy)の強みです。

 

初心者の方で早くスキルを身に着けたい人はテックアカデミー(TechAcademy)で学んでみてはいかがでしょうか。

テックアカデミーはこんな人にぴったり

テックアカデミー(TechAcademy)で勉強をする人がおすすめの人についてご紹介します。

作りたいサービスが明確な人

漠然とプログラミングスキルを見つけても役には立ちません。

転職してエンジニアになりたい、サービスを作りたいなどの具体性が必要です。

この具体性がなければプログラミングスキルを身につけても収入につながらないことが多いので注意が必要です。

IT事業を興したい人

現在では様々なWEBアプリケーションサービスが世の中に枚挙いとまなくリリースされています。

 

中には将来的にWEBアプリケーションサービスを作って事業を始めたいという人もいるのではないでしょうか。

 

そのためにもまずはテックアカデミー(TechAcademy)で基礎からしっかりとプログラミングスキルを身につけて確かな実力を身につけることをおすすめします。

独学で行き詰った人

プログラミング学習は初心者にはかなり厳しいものがあります。

 

独学で行き詰ってしまうくらいなら、最初からプログラミングスクールを活用してスムーズにスキルを習得した方が結果的に早く収入アップ、転職、サービス開発などの目標を実現することができます。

テックアカデミーは初心者や未経験の人は大丈夫?

テックアカデミーは初心者や未経験の人でも学ぶ意欲としっかりとした目的あれば飛躍的に上達することができます。

 

講師のメンタリング、掲示板での質問、優良なテキストなどをしっかりと有効活用していけば上達することができます。

 

また、意外におすすめなのが大学生です。

今後就職するうえでは厳しい内外環境となっています。

 

年金制度、終身雇用、年功序列の崩壊などこれまでにない厳しい社会で生き残るにはやはりスキルを身につけておくことが重要です。

 

そのうえではプログラミングスキルは伸び続けている業界なので、万が一の時につぶしが効きます。

 

また、20代という若い時期に勉強をすることでスムーズにスキルを習得することができるので、個人で収入を得るスキルとしてプログラミングを学ぶというのはありかもしれません。

 

大学生は長い夏休みや春休みがありますから、アルバイトしながら勉強することも十分できます。

 

テックアカデミーでは一カ月などの短いコースもあるのでぜひ活用を検討したいところです。

 

最安値は99,000円と10万円を切るコースがあるのでこれを受講するだけでも価格以上の価値がありそうです。

 

プログラミングスクールは30万円~60万円など非常に高額なスクールも増えているので良心的な価格でさらに評判も良いテックアカデミーがおすすめです。

 

テックアカデミーに入会するための手順を徹底解説

ここではテックアカデミーへの入会手順について紹介します。

まずは公式のホームページにアクセスします。

そして、講師との通話を無料体験して、スクールの説明を受けたりYoutubeの動画を見たりします。

 

そのうえで学習のコースを決めて申し込みをします。

その後は返信メールに沿って手続きを行い、入金完了をもって入会となるようです。

その後はさっそくレッスンと面談がスタートします。

テックアカデミーに入会を考えている人が注意すべきポイントはこれだ

ここではテックアカデミー(TechAcademy)に入会する時の注意点について解説します。

まずパソコンはウィンドウズでも問題はありませんが、i phoneむけのアプリを作りたい人はマックブックが必要になります。

 

また、入会のキャンペーンで入会タイミングを迷っている場合は、焦らない方がいいでしょう。

常に勧誘のために何かしたのキャンペーンを行っているプログラミスクールが多いので自分が本当に必要なタイミングで入塾をするのがベストでしょう。

 

また、入会してカリキュラムをこなせるかどうか不安な人は、無料相談で講師に質問をして、自分が目標を達成できそうかレビューしてもらうのも一つの手です。

そして、できれば現在は無料体験を受け放題のキャンペーンがあるのでこちらで自分に向いているか確認を取るのもいいでしょう。

 

メンターと面談のあとは一週間だけ教材のレッスン1という最初の部分を閲覧することができます。

このあたりの情報をもとに判断をしていくことになるでしょう。

 

テックアカデミーの料金プランについて徹底紹介

料金 社会人(税別) 学生(税別)
4週間プラン 139,000円 109,000円
8週間プラン 189,000円 139,000円
12週間プラン 239,000円 169,000円
16週間プラン 289,000円 199,000円

 

料金は学習の期間と学生又は社会人かどうかでも異なってきます。

学生の方が安いので大学生はかなりお得にカリキュラムを受講することができます。

 

おおよその目安としては、4週間期間が長くなるごとに、働いている社会人であれば50,000円、学生であれば30,000円ずつ金額が増える計算になります。

そのため最初から長期のプランを選んだからといって価格がお得になるわけではありません。

途中でプランを追加する場合の料金はこれだ!

途中でプランを追加する場合の料金を紹介します。

料金 社会人(税別) 学生(税別)
4週間プラン 69,000円 不明
8週間プラン 119,000円 不明
12週間プラン 179,000円 不明

受講開始日はいつから

テックアカデミーでの受講開始日は公式サイトを見ると表示されています。

受講開始日は週一回必ず設定されているので、初回を逃しても次週から始めれば大丈夫です。

 

また、入会後は入金の確認、メンターとの面談日程の調整などもあり焦らず一つ一つ手順を積んで進めていくのがいいでしょう。

 

テックアカデミーに入会したあとの流れを解説

ここではテックアカデミーに入会したあとの流れについて解説します。

基本的には①環境やツールの準備、登録→②基本レッスン→③応用レッスン→④オリジナルサービス開発という流れになります。(アプリ開発参照)

 

この間は週2回の面談、適時チャットで質問をすることができます。

テックアカデミーで勉強する環境を整えよう

テックアカデミーでプログラミングを学ぶうえでは勉強をするための環境を整える必要があります。

 

まずは、質問回答のためにSlackというチャットツールを入れます。その他にもスカイプやLINEなど講師とコミュニケーションを行うためのツールもインストールしておきましょう。

講師とのビデオ通話のための「Appear」ツールも必要になるので準備をします。

講師との週2回の面談でモチベーションアップ

講師とは週に2回ほどメンタリングと呼ばれる面談を行います。

ノートパソコンのWEBカメラでビデオ通話を行いますが、これが好評でモチベーションアップにつながるという声が大きいです。

 

また、この時に悩んでることや困っていることをしっかりと質問することで疑問を解決して次のステップに進むことができます。

また、実際のプログラミングコードを確認してもらい修正をしてもらうこともできます。

 

テックアカデミーの教材でカリキュラムを勧めよう!

このあとはHTMLやCSSによってホームページを作る基本的な仕組みを学習します。

そしていよいよ教材を使ってカリキュラムをすすめましょう。

 

ここでは実際のプログラミング言語を使ってサンプルアプリをつくります。

これでアプリが完成するとかなりの達成感を得ることができます。

 

やはりモチベーションが高くなると学習の意欲も変わってくるので、より効率よくプログラミングを学習できる状態になるようです。

オリジナルサービスを作ってみよう

最後は自分で作りたいアプリがある人は実際にアプリ制作を行います。この時も講師のメンタリングを活用することができるので多くの生徒が挫折しないでやり遂げることができます。

 

しかし、中にはここまでいかずに挫折してしまう人もいるのでこの点は個人差があるようです。

テックアカデミーのコンテストとは?

テックアカデミーではコンテストを開催していて、受講生であればどんな人でも参加することができます。

部門はプログラミング部門、デザイン部門に分かれています。

審査員は現役のプロが行い、何度でもエントリー可能で場所や時間を気にせず応募することができます。

最優秀賞の場合は、「ブートキャンプ4週間プラン受講権」「TechAcademyグッズ」、優秀賞は「ブートキャンプ受講料3万円引き」「TechAcademyグッズ」が得点となっています。

テックアカデミーの講師陣は現役のエンジニア

前述したとおり、テックアカデミーの講師(メンター)は現役バリバリのエンジニアです。

そのため、平日などはどこかのIT企業に所属して第一線のエンジニア業務に従事しているか、フリーランスとして活躍している人が多いようです。

 

このような講師陣が生徒を教えているので、実際の現場で必要な知識を効率的に教えてもらうことができるようです。

せっかく受講料を払っても実際の現場で役立たない知識では全く意味がありませんし、高い受講料を溝に捨てていると言っても言い過ぎではないでしょう。

 

テックアカデミーから業務委託されるエンジニアはそれなりの実力を持ったエンジニアですから、安心してプログラミングスキルを学ぶことができるでしょう。

しかし、専任ではないので多少講師によってはスケジュール調整が必要なこともあるかもしれません。

 

入会後の毎週2回の面談も希望日を出して日程調整を行うのは、講師にも別の予定があるからでしょう。

しかし、だからといって生徒側に無理な時間を都合させるようなことはなさそうなので、専任かどうかはそこまでスクールの品質に重要な影響は与えていないと言えるでしょう。

 

勿論生徒との日程が合わなければ、延期・日程の再調整もできますし、休日も深夜まで対応してくれる徹底ぶりです。

サラリーマンであれば仕事終わりで少し休んだあとに学習をすることができますし、学生でも授業が終わってアルバイトをした後でもカリキュラムを受講できる時間設定になっています。

 

これは生徒の都合を優先しているテックアカデミーの品質の高いカリキュラムだから実現できる内容でしょう。

 

テックアカデミーのコースを徹底解説!

WEBアプリケーションコース (Ruby言語とRailsでWEBアプリを作る) ここではRubyというプログラミング言語とRailsというフレームワークを使ってWEBサイトを構築するコースです。一般的なHTMLサイトの学習も行いつつ、データベースSQL、Gihub、デザインを美しくするBootstrap、公開先のHerokuも勉強できます。
PHP/Laravelコース (PHPでWEBアプリを作るコース) このコースはPHPというプログラミング言語とLaravelというツールを使ってWEBサイトを構築します。Rubyのコースと同じでHTML/CSS/SQL/GitHub/Bootstrap/Herokuもカリキュラムになっています。

RubyもPHPもどちらも同じことが出来ると言われており、それぞれ同様のWEBサイトを作ることができます。

Rubyの方が開発者が日本人ということもあり、日本人には学びやすいと言われています。。

JAVAコース JAVAプログラミング全般を勉強することができます。JAVA ServletとJSP、JCDBを使ったデータベース連携も行うWEBサービスを作っていきます。いま求人市場から需要が多いJAVAエンジニアになりたい人におすすめのコースです。HTML5/CSS/GitHubもカリキュラムに含まれています。
フロントエンドコース (HTMLやJavascriptやCSS) フロントエンドとはHTMLやCSSやJavascript/jQueryといったものです。サーバーよりもブラウザ側でのプログラミング学習するという解釈です。他にBootstrap/Firebase/APIも学習します。
WordPressコース 現在では個人向けサイト、企業向けサイトもWordPressというCMSを使って構築することが非常に増えました。ソフトなどを購入しなくてもワードプレスで簡単に。ホームページを制作できてしまいます。WordPressを知っていればアフィリブログや個人ブログ、企業サイトなどなんでも作れてしまいます。

WordPressはPHP言語で作られているのでPHPができればWordPressも使用できます。

iPhoneアプリコース こちらはiPhone上で動くアプリを作ります。

iPhoneコースではiOS用の言語Swift、デベロッパーツールXcode、Firebaseについてカリキュラムが組まれています。

Androidアプリコース こちらはAndroid上で動くアプリを作ります。

AndroidコースではJava言語。デベロッパーツールのAndroid Studio、Firebaseについてカリキュラムが組まれています。

Unityコース (ゲームを作る) iOS、Androidで動くゲームを作りたい人におすすめのコースでカリキュラムにはUnity、C#言語が含まれています。
JAVAエンジニアコース(就職予備校) このコースでは8週間でJAVAエンジニアになり就職を目指すコースです。スクールの就職支援も行っていてその支援を受けて企業への就職を目指すところまでサポートしています。
はじめてのプログラミングコース (未経験者向け) テックアカデミーではメインのコースは上記の8つでそれぞれ人気があります。この他にもデザインだけを学びたい人向けのコースや、HTML/CSSだけやりたい‥といった個別のカリキュラムも組まれています。

 

特別コースはどんな内容?

特別コースではブロックチェーンコースやAI(人工知能)コース、Python、Scalaといった最新の言語野技術について勉強をすることができます。

 

これらの技術を書籍で独学のみで勉強する場合は挫折する可能性が非常に高くなります。

しかし、テックアカデミーを利用することで、メンターによる徹底したサポート、週二回の面談、チャットサービスやわかりやすい教材を利用して最短距離で技術を身につけることができます。

ブロックチェーンコース 仮想通貨に代表されるようなブロックチェーン技術を勉強します。マイニングやブロックチェーンを使ったシステム開発までカリキュラムが組まれています。。
AI(人工知能)コース 人工知能に関するカリキュラムが組まれています。。機械学習で使われる言語Python、データ集計や分析に使うツールの習得を目標にします。
Pythonコース 前述のAIのシステム開発で多用される言語です。仮想通貨の価格変動を予想するツールが作れる様です。
Scalaコース オブジェクト指向と関数型を取り入れた言語で、テックアカデミーのこのコースではScalaの他、HTML/CSS/Bootstrap/SQLも勿論学習します
Node.jsコース Javascriptなのにブラウザ側じゃなくてサーバーサイドで動くJSについてのカリキュラムです。

どのコースがおすすめ?セットで申し込むと割引があるって本当?

テックアカデミーでは特定のコースを組み合わせて受講すると割引されるものがあります。

 

WEアプリを作りたい人に向けたRubyやPHPも同時に受講がおすすめですし、ホームページ制作をやりたいならワードプレスは必須のスキルです。

テックアカデミーなら転職のサポートも受けられる!

テックアカデミーを卒業した生徒であれば転職などのキャリアアップの支援を受けることができます。

 

生徒がカリキュラムを学んだあとでもしっかりと手厚いサポートを受けられるのがテックアカデミーの魅力です。

 

一つはTechAcademyキャリアという転職媒体です。

ここに求人を出している企業はテックアカデミーの受講を終えた生徒にとっては入りやすい可能性がありますね。

 

また、企業側から逆オファーなどを貰えることもあるようなので、やはりテックアカデミーで受講をするメリットは大きいと言えるでしょう。

 

その他にも転職やキャリアアップにあたっての無料のカウンセリングを受けることができたり、キャリアやスキルの相談を受けることができます。

 

このような充実のサポートがテックアカデミーの魅力と言えそうですね。

 

プログラミング言語のスキル習得から受講後の転職、キャリアアップのサポートまで徹底しているのでがテックアカデミーが多くの受講生に選ばれ続ける理由です。

テックアカデミーは日本e-Learning大賞も受賞している?

テックアカデミーは実は2016年に第13回 日本e-Learning大賞を受賞していました。

これは経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省、独立行政法人情報処理推進機構

、全国都道府県教育委員会連合会、日本商工会議所、社団法人日本経済団体連合会、公益社団法人経済同友会、産経新聞社などの公的な機関も後援している表彰制度となっています。

 

このような公的な賞を受賞するだけとなれば、それだけ安心感のある確かなサービスを受講しているということなのでしょう。

 

テックアカデミーの年度末決算キャンペーンはお得?

テックアカデミーでは年度末のキャンペーンで申し込むと非常にお得です。

2020年は3月末までに申し込みを行うと「UI/UXデザインコース」または「Webディレクションコース」のカリキュラムを受けることができました。

 

これはかなりお得なキャンペーンと言えるでしょう。

しかし、だからといって次の年度末まで待つわけにもいきませんから、自分が学びたいと思った段階で受講をするのがベストでしょう。

早割りキャンペーンでお得にテックアカデミーを始める

テックアカデミーでは早割キャンペーンがあり、2020年3月29日までに申し込みを行うと8%引きになります。

 

しかし、キャンペーンに目がくらんで申し込むのは本質論ではありません。

自分が学びたいタイミングを見極めて申し込みを行うようにしましょう。

 

テックアカデミーではプログラミング言語を学びたい、アプリケーションやサービスを自分で作りたい、IT事業を興したいなど様々な目標を達成するためのカリキュラムがしっかりと用意されています。

 

それを活かして自分の目標を達成することができる人にとっては最高の環境ということができます。

 

しかし、受け身であったり、能動的に動けない人であればテックアカデミーという最高の学習環境を活かせないまま挫折してしまうことになるでしょう。

 

もちろん、プログラミングスクールのカリキュラムも大切ですが、最後は自分のモチベーションが非常に重要である点は意識をしておくべきでしょう。

 

ぜひテックアカデミーを上手に利用して皆さんのキャリアアップにお役だてください。

 

スポンサード広告

レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

サイトを運営するうえでなくてはならないレンタルサーバー。

今回は安いおすすめのレンタルサーバーについて、初心者向けのものから中級者以上向け・法人向けのものまで、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

これからレンタルサーバーの契約を検討しているという人はぜひ参考にしてみて下さい!

レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

レンタルサーバーおすすめ比較安いランキング

まずは商用向けの有料おすすめレンタルサーバーについて紹介していきます。

1.LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン)

LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン)

サービス内容 詳細
公式サイト ロリポップ
初期費用 1,500円
月額料金 500円
ディスク容量 120GB
データベース数 30個
ドメイン数 100個
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×(有料オプション)

「LOLIPOP(ロリポップ)」は、低価格かつ高機能のレンタルサーバーです。

スタンダートプランなら月額500円で、簡単インストール機能によりWordPressサイトがお手軽に作れますし、機能が豊富で独自SSL(無料)や電話サポートもついてきます。

またマニュアルも充実しているので、初心者の人にとってはありがたいですね。

ちなみにロリポップの場合は、これよりも更に安い月額250円のライトプランがあります。

これは電話サポートがありませんが、スタンダートプランと同様にWordPress簡単インストール機能が付いています。

そのため初めてWordPressサイトを作るなら、まずはこちらのプランで契約しておき、サイトの規模が大きくなったらスタンダートプランに移行するのがおすすめです。

ただロリポップの場合は、標準で自動バックアップサービスが付いていませんが、料金が安いうえに機能もそこそこでマニュアルが充実しているので、初心者にはうってつけです。

2.XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン)

XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン)

サービス内容 詳細
公式サイト エックスサーバー
初期費用 3,000円
月額料金 900~1,200円
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 50個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3カ月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「XSERVER(エックスサーバー)」も、業界最速レベルで表示速度が速くてSEO的に良く、コスパが良いということで大変評価の高いレンタルサーバーです。

人気サーバーの中では割と月額料金が高めで初期費用がかかりますが、高速かつ多機能でセキュリティやサポートも充実しており、値段の割にとにかく高機能です。

料金や機能を考えれば完全な初心者向きではありませんが、サイトを運営したことはないけれども専門知識があったりなどしてコンテンツ作りに自信があったり、ある程度経験のあるサイト運営中級者以上である場合は、最初からこのエックスサーバーで契約するのがおすすめです。

3.ConoHa WING(WINGパック・ベーシック)

ConoHa WING(WINGパック・ベーシック)

サービス内容 詳細
公式サイト ConoHa WING
初期費用 無料
月額料金 800円~1,100円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 60
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3カ月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「ConoHa WING」は比較的新しいですが、安いのに優秀であるというようにコスパの良さから注目されているGMOのレンタルサーバーです。

ConoHa WINGのメリットは、ディスクがSSDで表示速度がエックスサーバーに匹敵するほど業界でもトップクラスに速いという点であり、集客を考えるうえで有利に働くでしょう。

また月額料金が安いことはもちろん、初期費用が無料+独自ドメイン1個永続無料と始めやすいですし、管理画面も使いやすいと評判です。

初めてサイトを運営し始める場合だと、時間単位で契約できる通常パック(2円/時)もおすすめです。

なおプランはいつでも変更できるので、サイトの規模に応じて最適なものに変えられるのも便利ですね。

4.Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1)

Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1)

サービス内容 詳細
公式サイト カラフルボックス
初期費用 2,000円(1ヶ月契約のみの場合)
月額料金 480円~7,20円
ディスク容量 100GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間  1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「Colorful Box(カラフルボックス)」は、従来の共用サーバーとは違いクラウド型サーバーであることから、接続の安定性が高く、全プランSSD+LiteSpeed採用により、表示速度が速く集客において有利になるでしょう。

またカラフルボックスの最大のメリットとしては、コスパ良好なレンタルサーバーの中でもアダルトサイトの制作が可能であるという点です。

ちなみに最安プラン(月額480円~)でも、データベースやドメインなど無制限に使えますし、セキュリティやサポートも充実しています。

プランに関してはいつでも変更できるので、サイトの規模に合わせて上位のプランに切り替えると良いでしょう。

そのためコスパに優れたレンタルサーバーを利用したいという場合はもちろん、アダルトサイトの運営を行いたい場合にもカラフルボックスがおすすめです。

5.さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

サービス内容 詳細
公式サイト さくらのレンタルサーバ
初期費用 1,048
月額料金 524円
ディスク容量 100GB
データベース数 20個
ドメイン数 20個
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

老舗のレンタルサーバー業者として知られる「さくらのレンタルサーバ」。
ここはロリポップと同様にとにかく安く、WordPressを簡単に導入できます。
そして自動バックアップサービスまであるのも嬉しい限りですね。

しかしディスク容量や使えるデータベースの数やドメインの数が少なめになるので、多くのサイトを作っていきたい場合にはあまり向きません。

全くの初心者でありサイト運営に自信があるわけではなく、とりあえず低コストでかつある程度機能も充実したレンタルサーバーでスタートしたい場合におすすめです。

6.Star Server(スターサーバー)(スタンダード)

Star Server(スターサーバー)(スタンダード)

サービス内容 詳細
公式サイト スターサーバー
初期費用 1,500円
月額料金 400円~
ディスク容量 100GB(SSD)
データベース数 20個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 1,000個
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

スターサーバーは月額400円からと格安で利用できる初心者向けレンタルサーバーです。

格安でありながらSSD標準搭載でサイトが高速で動作しますし、同じドメイン会社であるスタードメインを使えばサーバーとドメインの管理を一元化することができます。

またネットオウルと提携しているので、サーバーを利用するごとにポイントが貯まりお得に使えるようになります。

ただし無料での自動バックアップサービスがなかったり、支払いの際にネットオウルポイントわざわざ購入しなければならず面倒だったりします。

そして電話サポートがないので、初心者の場合だと多少心細い部分はありますね。

ちなみにライトプランなら、月額200円からでもWordPressサイトが1つ作成できるので、とにかく安くWordPressサイトが作りたい場合に良いのではないでしょうか?

7.wpXSpeed

wpXSpeed

サービス内容 詳細
公式サイト wpXSpeed
初期費用 無料
料金 2円/時(最大月額1,200円)
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「wpXSpeed」は「wpXレンタルサーバー」のリニューアル版のクラウド型レンタルサーバーです。

WordPress専用に最適化されたサーバーであり、WordPressサイトを安定・超高速化させることができるようになっています。

ただしWordPress特化型サーバーなので、あくまでもWordPressサイトしか作成できません。

そのためwpXSpeedは、WordPressサイトしか運営しないというような場合におすすめです。

8.mixhost(ミックスホスト)(スタンダード)

mixhost(ミックスホスト)(スタンダード)

サービス内容 詳細
公式サイト ミックスホスト
初期費用 無料
月額料金 880円~1,380円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「mixhost(ミックスホスト)」は、アクセス処理速度・表示スピード・アフィリエイター&ブロガーによる3つの満足度においてナンバーワンに輝いたレンタルサーバーです。

全プランSSDでLiteSpeed採用のサーバーにより、Webサイトの高速化が実現されています。

また便利な機能が豊富で、セキュリティ対策も充実しています。

ただミックスホストはまだ新しいためか少し安定性に欠ける部分がありますが、30日間返金保証があるので満足いかなかったらすぐにやめることができます。

本当の初心者向きではありませんが、コスパの良いレンタルサーバーの有力候補の一つとしておすすめです。

9.お名前.comレンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー

サービス内容 詳細
公式サイト お名前.comレンタルサーバー
初期費用 無料
月額料金 900円~1,300円
ディスク容量 250GB(SSD)
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「お名前.comレンタルサーバー」は、高速かつ安定性の高いハイスペックかつ多機能なレンタルサーバーです。

料金は少し高めですが、ドメイン登録費用や更新費用が永年無料ですし、今ならサーバー月額費用が最大2カ月無料になるキャンペーンを実施しているのでお得です。

初心者である場合は、少々オーバースペックになるかもしれませんが、マニュアルやサポートが充実しているので心強いですね。

10.ヘテムル(ベーシック)

ヘテムル(ベーシック)

サービス内容 詳細
公式サイト ヘテムル
初期費用 2,000円
月額料金 800円~1,100円
ディスク容量 200GB(SSD)
データベース数 70個
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「ヘテムル」は、ロリポップと同じ運営会社によるレンタルサーバーです。

ただこちらの場合はロリポップよりも少し高性能で、SSD採用+独自開発の高速モジュール版PHPにより、WordPressサイトも素早く動作します。

また登録可能なデータベースの数が、同価格帯の他レンタルサーバーと比べても多めなのが特徴です。

しかしヘテムルの場合はプラン変更ができないのがネックであり、どうしても変えたい場合はアカウントごと変えなければならないことから、かなり面倒になるという点において注意しておきたいところですね。

速くて安定性があり、データベースの多いレンタルサーバーが良いのであれば、ヘテムルを選ぶのも手です。

11.エクストリム(ベーシックプラン)

エクストリム(ベーシックプラン)

サービス内容 詳細
公式サイト エクストリム
初期費用 1,000円
月額料金 190円~300円
ディスク容量 10GB
データベース数 5個
ドメイン数 50個
メールアドレス数 50個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス  ×

「エクストリム」は、とにかく料金が安いのが魅力的なレンタルサーバーです。

格安という点でスターサーバーに似ていますが、こちらは1か月からと短期間での契約が可能になっている分使い勝手が良いでしょう。

ただしディスク容量が少ないなど性能は相応で、電話でのサポートもありません。

そのため小規模なサイトを格安で運営したい場合や、ネットショップを運営したい場合におすすめです。

12.ラクサバ(ラクラクライトプラン)

ラクサバ(ラクラクライトプラン)

サービス内容 詳細
公式サイト ラクサバ
初期費用 1,568円
月額料金 263円~315円
ディスク容量 10GB
データベース数 2個
ドメイン数 6個
メールアドレス数 40個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「ラクサバ」も、料金が格安であることがメリットのレンタルサーバーです。

ただディスク容量が少なく、最上位プランでも60GBまでなので、あくまで小さい規模のサイトでしか対応できません。

エクストリム同様、小規模なサイトを低コストで運営したいときや、ネットショップを運営したい場合などにおすすめです。

13.クイッカ(Quicca)(ライトプラン)

クイッカ(Quicca)(ライトプラン)

サービス内容 詳細
公式サイト クイッカ
初期費用 926
月額料金 ・230円(12か月)
322円(6か月)
ディスク容量 10GB
データベース数 5
ドメイン数 50個
メールアドレス数 10
最低利用期間 6か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「クイッカ(Quicca)」は、非常に安価でありながらWordPressなどのCMSが簡単に使えるという個人向け(初心者向け)のレンタルサーバーです。

プランアップ可能なので、サイトの成長に合わせて上位プランに切り替えられます。

ただサポートに関してはメールのみで、電話による問い合わせがないことから、初心者である場合は注意が必要です。

また最低利用期間も6か月~と少し長めになる点も契約前に確認しておきたいところです。

14.バリューサーバー(まるっとプラン)

バリューサーバー(まるっとプラン)

サービス内容 詳細
公式サイト バリューサーバー
初期費用 無料
月額料金 133円~
ディスク容量 25GB
データベース数 1個
ドメイン数 5個
メールアドレス数 3個
最低利用期間  1年契約のみ
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「バリューサーバー」のまるっとプランでは、月額たった133円~で使えて、ワンクリックでサイトを開設できるという超初心者向けプランです。

ただデータ転送量が小さく、電話サポートがありませんが、初めてサイトを制作する場合におすすめです。

ちなみにスタンダードプランだと344円~と格安でありながら、大容量でデータベース・ドメイン・メールアドレス登録数が無制限で使えてしまうことから、こちらのプランもおすすめです。

15.CPI

CPI

サービス内容 詳細
公式サイト CPIレンタルサーバー
初期費用 ・無料(12か月)
・20,000円(3か月・6か月)
月額料金 3,800円~4,400円
ディスク容量 無制限
データベース数 無制限
ドメイン数 無制限
メールアドレス数 無制限
最低利用期間 3か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス

「CPI」は、KDDIが運営しているレンタルサーバーです。

特徴としては料金が割高である反面、高速・高安定性で、ディスク容量やマルチドメイン・データベース・メールアドレスなどがすべて無制限で利用することができるというように超ハイスペックです。

その他サポートやセキュリティ対策なども含めて、とにかくサービス内容が充実しています。

性能から主に法人向けですが、大規模なサイトを複数運営しているような個人にもおすすめです。

16.アイクラスタプラス(ミニ)

アイクラスタプラス(ミニ)

サービス内容 詳細
公式サイト アイクラスタプラス
初期費用 5,000円
月額料金 934円~1,315円
ディスク容量 200GB
データベース数 100個
ドメイン数 61個
メールアドレス数 10個
最低利用期間 1か月~
WordPress簡単インストール機能
自動バックアップサービス ×

「アイクラスタプラス」は、GMOが運営する法人向けレンタルサーバーです。
クラスタ技術と呼ばれる技術により、安定したサーバー稼働が実現されています。

また常時SSL化で常に安心して訪問可能であり、起業のコーポレートサイトを制作するような場合におすすめです。

おすすめレンタルサーバー【無料サーバー部門】

ここからは無料で使えるおすすめレンタルサーバーについて紹介していきたいと思います。

無料サーバーは商用・ビジネスには向いていませんが、そういったサイト作りの練習の一環として利用したり、あくまで趣味の範囲内で個人でサイトを運営する場合などにおすすめです。

XFREE無料レンタルサーバー(WordPress機能プラン)

XFREE無料レンタルサーバー(WordPress機能プラン)

サービス内容 詳細
公式サイト XFREE
ディスク容量 2GB
データベース数 5個
ドメイン数 5個
WordPress簡単インストール機能

「XFREE」はエックスサーバーの無料版レンタルサーバーです。

無料でありながら商用利用が可能であり、WordPress機能プランならば簡単にWordPressサイトが作れてしまいます。

その他静的サイトを作るのに適した「HTMLサーバー機能」、動的サイトを作るのに適した「PHP・MySQLサーバー機能」プランがあるので、用途に応じてプラン選択すると良いでしょう。

エックスサーバーを利用したいと思っているけれども、結果を出せるまでに期間を要しそうであれば、まずこのXFREEから無料で試してみてはいかがでしょうか?

StarServerFree(スターサーバーフリー)(フリー PHP+MySQL )

StarServerFree(スターサーバーフリー)(フリー PHP+MySQL )

サービス内容 詳細
公式サイト StarServerFree
ディスク容量 2GB
データベース数 1個
ドメイン数 1個
WordPress簡単インストール機能

「StarServerFree(スターサーバーフリー)」は、スターサーバーの無料版レンタルサーバーです。

フリー PHP+MySQLプランなら、WordPressサイトが1つ作れます。
簡単インストール機能あるので、初心者でも難なく導入できるでしょう。

XREA Free

XREA Free

サービス内容 詳細
公式サイト XREA FREE
ディスク容量 1GB
データベース数 1個
ドメイン数 10個
WordPress簡単インストール機能 ×

上記2つと無料サーバーと比べてもWordPressの導入が難しいですが、登録可能なドメイン数が多く、メールアカウントも100個まで作成できます。

レンタルサーバー性能比較一覧

レンタルサーバー性能比較一覧

最後にこれまで紹介してきたおすすめレンタルサーバーにおける、簡単な性能を表にしてまとめてみました。

レンタルサーバー 初期費用 月額料金 ディスク容量 データベース数 ドメイン数 メールアドレス数 最低利用期間 WordPress
簡単インストール
自動バックアップ
LOLIPOP(ロリポップ)(スタンダートプラン) 1,500円 500円 120GB 30個 100個 無制限 1か月~ ×
XSERVER(エックスサーバー)(X10プラン) 3,000円 900円~1,200円 200GB(SSD) 50個 無制限 無制限 3か月~
ConoHa WING(WINGパック・ベーシック) 無料 800円~1,100円 250GB(SSD) 60個 無制限 無制限 3か月~
Colorful Box(カラフルボックス)(BOX1) 2,000円(1ヶ月契約のみの場合) 480円~7,20円 100GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 1か月~
さくらのレンタルサーバ(スタンダード) 1,048円 524円 100GB 20個 20個 無制限 3か月~
Star Server(スターサーバー)(スタンダード) 1,500円 400円~600円 100GB(SSD) 20個 無制限 1,000個 3か月~ ×
wpXSpeed 無料 2円/時(最大月額1,200円) 200GB(SSD) 無制限 無制限 無制限
mixhost(ミックスホスト)(スタンダード) 無料 880円~1,380円 250GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 3か月~
お名前.comレンタルサーバー 無料 900円~1,300円 250GB(SSD) 無制限 無制限 無制限 1か月~
ヘテムル(ベーシック) 2,000円 800円~1,100円 200GB(SSD) 70個 無制限 無制限 3か月~
エクストリム(ベーシックプラン) 1,000円 190円~300円 10GB 5個 50個 50個 1か月~ ×
ラクサバ(ラクラクライトプラン) 1,568円 263円~315円 10GB 2個 6個 40個 1か月~ ×
クイッカ(Quicca) 926円 230円~322円 10GB 5個 50個 10個 6か月~ ×
バリューサーバー(まるっとプラン) 無料 133円~ 25GB 1個 5個 3個 1年~ ×
CPI ・無料(12か月契約)
・20,000円(3か月・6か月契約)
3,800円~4,400円 無制限 無制限 無制限 無制限 3か月~
アイクラスタプラス(ミニ) 5,000円 934円~1,315円 200GB 100個 61個 10個 1か月~ ×

 

レンタルサーバー・プランの選び方のポイント

レンタルサーバー・プランの選び方のポイント

これまで紹介してきたようにレンタルサーバーには様々なものがありますが、そういったサービスやプランを選ぶ際は主に下記の10のポイントを踏まえたうえで決めると良いでしょう。

  • 月額料金・初期費用・最低利用期間はいくらか
  • 表示速度が速いかどうか
  • ディスク容量がいくらか
  • 登録できる独自ドメインの数はいくらか
  • データベース(MySQL)の数はいくらか
  • 転送量制限がどれくらいか
  • WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか
  • 自動バックアップサービスが付いているかどうか
  • セキュリティ対策が充実しているか
  • サポートが充実しているか
  • 管理画面が使いやすいか

月額料金・初期費用・最低利用期間はいくらか

有料レンタルサーバーの中でも、月額料金や初期費用が違います。
例えば月額料金であれば安いところだと100円~、高いければ2,000円以上かかります。

また初期費用も0円~5,400円と、そのサーバーによってかなり上下します。
そして料金は基本的に高いほど、ディスク容量・登録可能ドメイン数・転送量などが優れます。

そのためレンタルサーバーを選ぶ際は、自分が希望するスペック・サービス内容に合ったサーバー、プランを選択すると良いでしょう。

また最低利用期間もサーバーによって変わりますが、これに関しては短かければ随時他サーバーに移行しやすいなど利便性が良いので、基本的になるべく短期契約できるところが望ましいですね。

ただどのサーバー会社においても、長期契約の方が料金的にはお得なので、低コストを重視するなら長期間での契約もありです。

表示速度が速いかどうか

表示速度の速さはSEO的にも重要であり、集客を考えるうえではなるべく速いところを選ぶのが重要です。

この表示速度に関しては、各レンタルサーバーで公開されていなかったりしますが、代表的なサーバーで比べた場合は大体下記の順に速いとされています。

  1. エックスサーバー
  2. ConoHa WING
  3. ColorfulBox
  4. ヘテムル
  5. ロリポップ
  6. スターサーバー
  7. ミックスホスト
  8. さくらのレンタルサーバー

ちなみにディスクがSSDである場合だと速いので、集客を意識するのであればディスクがSSDであるところを選ぶと良いでしょう。

ディスク容量がいくらか

サーバーのディスク容量というのは、サーバーにデータを保存できる量のことで、これが大きければ大きいほど沢山の記事が保存可能であり、多くのサイトを保有することができるようになります。

保有したいサイトの数や規模に応じて、最適なディスク容量のサーバー、プランを選ぶと良いでしょう。

ちなみにロングレンジサイト(記事数500程度)1サイトにつき、100GBの容量が必要になるので、これを目安に考えると良いです。

登録できる独自ドメインの数はいくらか

またレンタルサーバー間でも登録できる独自ドメインの数は異なるので、複数のサイトを持ちたければ、そのサイトの数を満たすようなサーバー、プランを選びたいところです。

データベース(MySQL)の数はいくらか

データベース(MySQL)の数はいくらか

データベース(MySQLなど)は、基本的にWordpressなどのCMSで1サイト作るごとに1つ必要になります。

そのためWordpressなどのサイトを複数作成したい場合は、その作成予定のサイトの数を満たすようなサーバー、プランを選びましょう。

なおこのデータベースがない場合は、Wordpressのサイトが作れないので注意が必要です。

転送量制限がどれくらいか

転送量制限がどれくらいか

契約するレンタルサーバーやプランによっては、1カ月または1日の転送量(サーバーとのデータ送受信の容量)の上限が決まっている場合があります。

転送量を超えた場合は表示速度が遅くなったり、サイトにアクセス自体出来なくなったりすることから、訪問者が減ってしまうことにもなりかねません。

そのためレンタルサーバーを選ぶ際は1カ月または1日の転送量の上限がどの程度なのか確認してから選んでおきたいところです。

ちなみに個人で運営する場合、転送量は50GB/日あれば十分です。

WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか

WordPress簡単インストール機能が使えるかどうか

現在ブログ・サイト運営をするにあたりCMSとして主流であるWordPressを使うのであれば、「WordPress簡単インストール機能」が搭載されているレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

こうした機能が搭載されていれば、初心者でもワンボタンで簡単かつすぐにWordPressを導入できるので大変便利です。

自動バックアップサービスが付いているかどうか

自動バックアップサービスが付いていれば、万が一何かの手違いでファイルを消してしまったりした場合や、WordPressのテンプレートの編集を間違えたときなどでもフォローが利きます。

特に初心者である場合は、WordPressのテンプレートの編集に失敗してしまう可能性が多々あるので、もしこうしたことが心配であれば自動バックアップサービスが付いているところを選ぶのが理想です。

セキュリティ対策が充実しているか

レンタルサーバーを選ぶ際はセキュリティ対策が充実しているかどうかも重要です。

というのもセキュリティがしっかりしていなければ、悪意のあるユーザーにより自分の運営するサイトが乗っ取られたり、データを盗まれたり改ざんさせられたりする恐れがあるからです。

そのためサーバーを決めるときは、最低でも主に下記のセキュリティ対策が施されているかどうかチェックしておきましょう。

  • WAF
  • IPアクセス制限
  • SSLサーバ証明書
  • メールウイルススキャン・スパムメールフィルタ(メールを使う場合)

その他DDOS攻撃をある程度防げるIPSやIDSも導入されていれば尚更良いです。

サポートが充実しているか

またレンタルサーバーを決めるときは、サポートの充実度で判断するのも手です。

特に初心者の場合であれば、WordPressのテンプレートの編集ミスでサイトが表示されなくなるなどのトラブルが少なからずあったりするので、始めたてで心配なのであればサポートが充実しているところを選ぶと良いでしょう。

サポートは各レンタルサーバーによって、電話・メール・チャットなどの種類や受付時間などが変わってくるので、選ぶ際はこうした問い合わせ方法や受付時間を確認しておきたいところです。

管理画面が使いやすいか

管理画面の使いやすさで、レンタルサーバーを選ぶのも手です。

これに関しては、各レンタルサーバーで実施されている無料お試し期間を利用して判断すると良いでしょう。

まとめ

以上安いおすすめのレンタルサーバーについて紹介していきました。
プランに関しては最もコスパが良いと思われるものを紹介していますが、これは運営するサイトの規模に合わせて選ぶと良いでしょう。

スポンサード広告

侍エンジニア塾の口コミと評判。炎上したって話は本当なの?

侍エンジニア塾の口コミと評判

侍エンジニア塾の口コミと評判

侍エンジニア塾は日本で初めてのマンツーマンレッスンが行えるプログラミングスクールです。

侍エンジニアの無料体験評判が悪いというのは本当?

侍エンジニアの無料体験評判が悪いというのは本当?

侍エンジニア塾の無料体験は評判が悪いという意見があります。

しかし、本当に評判は悪いのでしょうか。

どうやら、無料体験レッスンの評判はそこまで悪くないようです。

講師との相性もあるのでかなり判断が難しい部分と言えるでしょう。

炎上している?侍エンジニアの悪い評判が多いので注意

炎上している?侍エンジニアの悪い評判が多いので注意

侍エンジニアはかなり評判が悪いという書き込みがあります。一体どのような、評判が悪いという書き込みがあるのでしょうか。

まとめサイトなどを調べてみると半年がコースが60万円とかなり高額である点、そして高いわりにカリキュラムが古くて使い物にならないというものが書かれています。

プログラミングスクールは沢山ありますが、代金が高額と言うのは仕方ないと言えます。

プログラミングスクールではどうしても人件費がかさんでしまうので、費用が高くなるのは仕方ないと言えるでしょう。

しかし、高いという意見があるように、少し高額に感じる人がいるのも事実なので参考にしておくべきともいえそうです。

 

侍エンジニアはカリキュラムがかなり古い

侍エンジニアはカリキュラムがかなり古い

侍エンジニアのカリキュラムは古くて使い物にならないという意見もあります。

プログラミングスクールでは最新のノウハウを教えてもらい、高い給料がもらえるエンジニアに転職したい人が多いです。

 

それにも関わらずカリキュラムが古いとなると、全く役に立たないことが想像できます。

プログラミングは最新の知識を学んだとしても、実際の現場では実務との乖離が指摘されています。

それにも関わらず、カリキュラムが古いとなるとなんのために高額な受講料を払ってプログラミングスクールに入るのかさっぱりわかりません。

 

お金を無駄にしないためにも侍エンジニア塾には入らないのが無難と言えるでしょう。

侍エンジニアのカリキュラムは外部サービスを使っている?

侍エンジニア塾はプロゲートを使用しています。
これは月額980円で誰でも利用できるサービスです。

しかし、侍エンジニア塾は50万円以上の受講料を取るため、中には少し高すぎるし自社サービスを提供して欲しいという声もあるようです。

この点については今後改善される可能性もあるので、ネットの書き込みを鵜呑みにせず、自分で情報を収集した方が良いと言えるでしょう。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン

侍エンジニア塾の無料体験レッスン

侍エンジニア塾の無料体験レッスンはどのような内容なのでしょうか。

中身としてはスクールのガイダンスに近いようです。

対面とスカイプの両方を選ぶことができますが、授業というよりはスクールの説明やカウンセリング、スクールに対しての質問に答えてくれるという感じのようです。

悪い評判もある侍エンジニア塾ですが、説明はしっかりとしており無理な勧誘もないため入塾する人も少なくないようです。

レッスンは三か月コースあり

レッスンは三か月コースあり

レッスンは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月とコースがあり、三カ月コースおすすめです。

一カ月では短すぎるし、半年では長すぎるということで三カ月を選ぶ人が多いようです。

テーブル

インストラクターや講師陣はどんな人がいる?マンツーマンレッスンなのか

インストラクターや講師陣はどんな人がいる?マンツーマンレッスンなのか

侍エンジニア塾のインストラクターは全員がしっかりとした現役のプロエンジニアです。サラリーマンとして会社に勤めているエンジニア、個人事業主としては働くフリーエンジニアの方がいるようです。

能力もけっして悪くなく、中にはとても評判のいい講師もいるようです。

ただし、どうしても本業をもっている人が多いので、質問などタイムリーに返事をもらえないこともしばしばあるようです。

この点は仕方ないと考えられますが、やはり高い受講料を払っている以上はどうにか改善してもらいたい部分でもあります。

教材とアプリ制作支援

侍エンジニア塾は悪い評判が多いですが、とても評価の高いサービスもあります。その一つがアプリ制作支援です。

これは自分で作ったアプリケーションについて、レビューももらったりアドバイスを受けることができます。

アプリケーションを作れると転職の時に成果物として見せることもでき、有利に働きます。

転職支援

転職支援

侍エンジニア塾では転職支援サービスを活用することができます。

しかし、これは侍エンジニア塾が直接新しい転職先を紹介してくれるわけではなく、提携先を紹介されるだけにとどまるようです。

このあたりは良いサービスと感じるか、手抜きと感じるかは人によって評価が分かれる部分です。

中にはプログラミングスクールでしっかりと転職先をあっせんしてくれるところもあるので、この点は侍エンジニア塾の改善ポイントと言えるでしょう。

侍エンジニア塾の料金

侍エンジニア塾の料金

デビュー フリーランス ビジネス
入学金(税抜) 0円 0円 0円
月額(税抜) 0円 0円 0円
受講期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
総額(税抜) 168,000円 438,000円 698,000円
返金保証 (※1)
各種割引 (※2) 期間限定:5% 期間限定:10%

侍エンジニアは印象操作などをしているって本当?

侍エンジニアは印象操作をしているのではないかという噂があります。

これは侍エンジニアが炎上した際にかばう内容の記事を掲載したサイトが散見されたということで噂が出たようです。

こちらがそのサイトです。

本当のところはどうなのかわかりませんがステマだとしたら印象操作と言われても仕方ないと言えるでしょう。

侍エンジニアの評判からわかる異常に評判が悪い?

SNSなどで調べるとやはり良いという意見よりも、評判が悪いという意見の方が多くでてきました。

通常は良い口コミ、悪い口コミの半々などのケースが多いですが、このようにどちらかに偏った口コミが生じている場合は、やはりどこか問題点がある可能性もあります。

まちがった知識や情報の拡散、カリキュラム内容や価格への不満、確かに50万円以上の料金がかかるにも関わらずサービスに不満が出ていると躊躇してしまいます。

侍エンジニア塾の炎上の理由は日にちの表示が原因?

侍エンジニア塾の炎上の原因として、ホームページ上の日にちの表示が原因という噂があります。

これは実は噂ではなく事実で謝罪広告も掲載されたようです。

しかし、この謝罪広告についても真意が書かれていないと逆にネット民の怒りを買ってしまい再度炎上してしまったのだとか。

リスク管理があまりできていない会社のように思えます。

具体的には・・・

①通常10万円の入塾手数料が無料になるキャンペーンを行っていました。

②このキャンペーンはホームページに訪れた人が閲覧した日にちから7日後に日付が表示されるように作られており、実質は焦って入塾を決めさせるアコギな手法が使われていました。

③景品表示法に違反する内容であるため、非常に悪質である言えます。

謝罪広告

謝罪広告が掲載されていますが、反省の色が見られないと書き込みがされています。

 

侍エンジニア塾は返金しないトラブルがある?

侍エンジニア塾は返金されないトラブルがあるという噂についても検証してみようと思います。

これは侍エンジニア塾に申し込みをすると入金した金額の100%が解約手数料として返金に応じてもらえないというものです。

炎上を機会に解約の連絡を入れると「解約できない」と断られたようでこのようなずさんな対応も問題視されています。

謝罪内容が掲載されるも反省していない?

これはキャンペーンの日程が誰が閲覧をしても、閲覧日から7日と表示して、判断を焦らせるようなホームページを作っておきながら、誤表記として謝罪をしているというものです。

これはプログラムが組まれているので誤表記という類のものでないことは明らかです。

このような対応の悪さも評判の悪さにつながっているのかも知れません。

社員みんなで「ウェーイwww」、不快感を示す写真をアップ

炎上している時に社員が非常に楽しそうに盛り上がっている写真が掲載されました。

これは謝罪している態度なのかと批判を集めたようです。

わざわざ炎上しているタイミングでこのような写真をアップロードしたことでわざと煽っているのではないかとこちらも批判を集めました。

このような場合は不具合が生じたことや炎上を理由に対策を講じたなどの情報を出すべきですが、残念ながらこちらの侍エンジニア塾では危機管理対応がしつかりとできていないように思えます。

これではエンジニアを目指す真面目な客層からの信頼を得ることは難しいと言えるでしょう。

侍エンジニア塾で働いていた中の人は残念に感じている記事を掲載

該当記事

侍エンジニア塾でかつて中の人をやっていた人が炎上騒動について感想を書いてしました。

これは井上慎也氏のブログですが、なんとかいい方向に転換して欲しいという内容のことが書かれています。

過去に侍エンジニア塾に携わってきた人まで心配をしているので、なんとかいい方向に転換してもらいたいところです。

 

中身の薄い記事をたくさん掲載している

プログラミングについて検索をしていると侍エンジニア塾の記事がSEOに強く多くっ検索にひっかかるようなのですが、これらの記事があまり役に立たないという口コミがあります。

確かに調べものをしている時に役に立たない記事が出てきても困ってしまいます。

コンテンツの質が低いというのもありますが、かなり前からプログラミングスクールを運営しているのでコンテンツがチープ化しているということも考えられます。

このような古くて質が悪い記事については、リライトをするなど改めてユーザー目線のコンテンツの質の向上が必要かと思われます。

フリーランスになれる人もいる、だが実際の活躍は難しい

侍エンジニア塾などに限らずプログラミングスクールは数多く存在しますが、実際にプログラミングスクールに通ったからといって必ずフリーランスエンジニアになれるわけではありません。

そもそも広告で最短1カ月でフリーランスエンジニアになれると書かれていますが、これはほぼ不可能です。

現在日本でもエンジニア不足が叫ばれていますが、1カ月でなれるならもっとプログラミングができるエンジニアが沢山いてもいいはずです。

また、高額報酬が約束されているかというとかなり微妙で時給2,000円程度のエンジニアも多くいるようです。

フリーランスエンジニアとして活躍するということはかなり高いハードルであり、企業の案件をこなして独立をするのはそれなりの年数がかかる考えた方が無難でしょう。

世の中そんなにうまい話なんてあるわけありませんよね。

ですが、侍エンジニア塾やプログラミングスクールではきちんとしたサポートを体制を敷いているところもあるので、時間はかかるかもしれませんが、フリーランスエンジニアに全くなれないということはないと言えるでしょう。

「侍エンジニア塾」の基本情報

ここでは侍エンジニア塾の基本情報について紹介します。

どんな会社が運営しているの?

侍エンジニア塾では株式会社侍という会社が運営をしています。

東京都目黒区にオフィスを構えており、「イノベーション教育に変革をもたらし、イノベーションを加速する社会を実現」をコンセプトに事業を行っているようです。

2020年からはYou tubeでプログラミング初心者向けの動画を配信するなど役に立つ情報発信を行っています。

ネットでの炎上などはありますが、しっかりとした事業改善に努めて良いサービスを提供しているようにも思えます。

ネットの情報だけを鵜呑みにしたり、SNS上のデマだけを信じるよりも公式ページやyoutubeなどをしっかりと確認して、自分の目で確かめてサービスを申し込むのがいいかもしれません。

Samurai Engineerという事業ではプログラミング学習サービスの提供、Samurai Blogではプログラミングスキルの情報発信を行い月間100万人のPVがあると書かれています。

企業名 株式会社侍
<本社オフィス>  〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目3番5号 Ohashi235 5F
事業概要
Samurai Engineer 専属講師によるマンツーマンのプログラミングスクール
Samurai Blog  スキル、働き方、価値観、業界のことを知れる情報サイト運営
Samurai Hack 侍の働き方や考え方、社内の様子などの発信サイト運営

スクールの受講場所はどこで

ペアーズは対面レッスンとオンラインレッスンがあります。やっぱり直接対面で指導を受けたいという人であればカフェや会議室などの指定場所で受講をすることができます。これに対してオンラインはWEB受講ですが、スクリーンショットをとったりできるので板書やメモの手間が軽減されます。

どちらが自分に合っているかは人ぞれぞれですが、やはり一回の授業で緊張感があるのでが対面レッスンな気がします。

自分に合った受講方法を選択するようにしましょう。

受講場所
対面 カフェなど指定の場所で受講
オンライン WEB上で受講

営業時間はいつから?

営業時間は朝8:00から22:00までです。

これについて担当の講師と相談して時間外で対応をしてもらうことも可能です。

人によって働く時間が異なっていたり、休日が仕事という人もいるのであらゆる人が講義を受講できるような体制になっているので安心です。

営業時間 全日:8:00 – 22:00
※ 担当講師との合意の上で時間外の対応も可

インストラクターはどんな人たちが行っているの?

インストラクターはプロの現役エンジニアが担当しており、実践的な指導を期待することができます。

しかし、中には本業を持っている人もいるので、質問などについてはタイムリーな対応をしてもらえるかは質問の内容、講師の実力によるでしょう。

しかし、どのプログラミングスクールでも質問についてすぐに答えられるもの、そうでないもので対応が違うので過度に批判的な内容を書いている記事についても鵜呑みにはしない方がよさそうです。

本当に悪評や炎上の噂だけの企業だとすればスクールに通う人も少ないはずなのでその点は自分の目で見るのが確実でしょう。

初心者には向かない学習スタイル

侍エンジニア塾のカリキュラムは初心者には厳しいのではという意見があります。

これは本当なのでしょうか。

まず、プログラミングスクール全般に言えることですが、すでに作りたいサービスが決まっている、転職において必要なスキルが定まっている場合であれば学習を目的をもって行うことができるのでスムーズにスキル習得が可能です。

しかし、本当の初心者でとりあえず興味本位で入塾したとなれば少し厳しいかもしれません。

やはりプログラミングはエラーとの闘いであり、根気が必要な仕事です。

自分でも課題を調べて解決する姿勢がなければ、先生に頼って質問を待っている受け身のような状態ではどこのプログラミングスクールでも厳しいかもしれません。

結局のところスキルの習熟具合は勉強する生徒の素養によるところも大きいので出来が悪くても100%プログラミングスクールが悪いと言い切ることはできません。

もし、漠然とした気持ちでとりあえずプログラミングスクールに入りたいという人であれば、提携企業に就職を斡旋してくれるようなスクールに入るのが無難かもしれません。

就職までスムーズなサポートを受けられることが期待できます。

価格は高め?評判はイマイチ

デビュー フリーランス ビジネス
入学金(税抜) 0円 0円 0円
月額(税抜) 0円 0円 0円
受講期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
総額(税抜) 168,000円 438,000円 698,000円
返金保証 (※1)
各種割引 (※2) 期間限定:5% 期間限定:10%

侍エンジニア塾は少し値段が高めという意見もあります。

確かに一般的なスクールでは3カ月で30万円というところも見受けられます。

マンツーマンレッスンで徹底サポートを受けられると考えると妥当な値段と考えることもできます。

しかし、もし受講してみてマンツーマンレッスン、フルオーダーカリキュラムの魅力が感じられないのであれば無料期間中で解約を検討した方がよさそうです。

クリーングオフや解約にも対応してる?

侍エンジニア塾はクーリングオフや解約にも対応してる?

侍エンジニア塾のようなプログラミングスクールもクーリングオフの対象になります。

これは商品やサービスを契約して一定期間であれば契約を解除できるという消費者保護の制度です。

侍エンジニア塾のようなプログラミングスクールの場合は「特定薬務の提供」という項目に該当して契約書を交わした後に8日以内であれば適用されます。

クーリングオフの手続き方法は書面で契約解除の意志を伝えることになります。

まずは書面を郵送して解約の意志を伝えます。

書面に記載する内容例(販売会社宛)
契約年月日
契約した商品・サービス名
金額
会社名(商品を購入した)
担当者名
契約を解除したい旨を記載
契約者住所
氏名

 

書面に記載する内容例(クレジット会社宛)
契約年月日
契約した商品・サービス名
金額
会社名(商品を購入した)
担当者名
上記クレジット契約を解除したい旨を記載
契約者住所
氏名

この時送付した書類は控えを残しておきましょう。

そして書面を郵送する時は簡易書留か特定記録郵便で郵送します。

相手が受け取っていないと主張されないようにしっかりと手続きを行う必要があるでしょう。

スポンサード広告

seo対策本おすすめ比較ランキング 

今回はSEO対策本について「初心者向け書籍」「中級者以上向け書籍」「Webライティング書籍」「WordpressSEO書籍」「Youtuber向け書籍」と5つの部門別に紹介していきたいと思います。

seo対策本おすすめ比較ランキング【初心者向け】

1.いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,738円
著者 ・安川 洋
・江沢真紀
・村山佑介
出版社 インプレス
出版日 2018/7/20
ページ数 256ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

初心者向けSEO対策本として大人気ロングセラーの「いちばんやさしい教本」シリーズの最新版です。

経験・実績豊富な人気講師陣たちにより、SEOの目的など基本的なことから効果の分析方法・ソーシャルメディアからの集客方法など実践的な内容まで、豊富な図解入りで初心者でも分かりやすく学ぶことができます。

またこの第2版ではMFI(モバイルファーストインデックス)への対応方法についても新たな章が追加されました。

これにより、モバイルユーザーが多くなった近年において必要不可欠となる最新のSEO対策がしっかりと学べるようになっています。

更に現在では実践的でない古い内容は削除されてあるので、本当に必要な知識を学ぶことができるでしょう。

口コミ上では内容が王道的で良質であり、セミナー形式なので読みやすく、初心者から上級者までSEOのバイブル的に使える本として好評です。

企業のWeb担当者になった人や個人のサイトをステップアップしたい人などにおすすめです。

2.10年つかえるSEOの基本

10年つかえるSEOの基本

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,628円
著者 土居 健太郎
出版社 技術評論社
出版日 2015/4/23
ページ数 136ページ
口コミ(amazon)  

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「10年つかえるSEOの基本」は、様々なキーワードでトップに立つサイトを運営する会社の事業責任者である土居健太郎氏による本です。

この本では、すぐに通用しなくなるような小手先のテクニックではなく、検索エンジンがどんな役割なのかやSEOがなんのためにあるのかなどの基礎知識を踏まえて、長期的に使える知識を身につけることができます。

口コミ上では内容が基本中の基本ではあるものの、その中身は重要であり5~10年は使えると評判です。

主にSEOを始めて学ぶという初心者の人や、今後長い間サイトを運営していきたいという人で確実に身になる知識を得たいという人におすすめです。

3.これからのSEO内部対策 本格講座

これからのSEO内部対策 本格講座

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,980円
著者 瀧内 賢
出版社 秀和システム
出版日 2017/3/4
ページ数 264ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「これからのSEO内部対策 本格講座」は、株式会社セブンアイズ代表であり業界では非常に有名な瀧内賢氏による本で、タイトル通り主にSEO内部対策について重点的に学ぶことができる本です。

また最終章では内部対策を更に活かすための外部対策の方法や、SEOの理想型とされる外部対策と内部対策の連動方法についても書かれています。

内容は検索順位をあげるための明確な手法が書かれているので実践的であり、初心者の場合でも何をどうすべきなのかはっきりと分かります。

口コミ上でもこうした内容が実践的であるという点や、本書で書かれていることを行ったことで順位が上がったと評判です。

これらからSEO対策を始めていきたいという初心者の人はもちろん、中級者や上級者の人にもおすすめです。

4.これだけやれば集客できる はじめてのSEO

これだけやれば集客できる はじめてのSEO

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,650円
著者 瀧内 賢
出版社 ソシム
出版日 2018/12/17
ページ数 208ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「これだけやれば集客できる はじめてのSEO」は、上記「これからのSEO内部対策 本格講座」と同じく瀧内賢氏が書いた本で、内容はSEOの理論云々というよりも検索エンジンで上位表示されるための具体的な手法について重点的に書かれたような、集客に特化した本です。

そのため何も考えずにこの本に書かれていることをただやるだけで、集客効果のあるSEO対策ができてしまいます。

口コミ上でも集客の効果の高さに定評がありますし、内容もイラストが豊富で初心者でもとっつきやすくて分かりやすいと評判です。

理論はこの際どうでも良いので、とにかく検索エンジンで上位表示させるためのテクニックについて、初心者でも分かりやすく学びたいのであればおすすめです。

5.スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,100円
著者 遠藤 聡
出版社 技術評論社
出版日 2018/5/8
ページ数 160ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「スピードマスター 1時間でわかる SEO対策」は、わずか1時間程度で現在に通用するSEO対策が学べるという本です。

内容は検索エンジンの仕組みなどといった基礎知識から、具体的なSEO対策や成果を出すための手法について書かれています。

口コミ上では読みやすくて内容が分かりやく、SEOについて全く知識がなくても本当に1時間程度で理解できるといったことなどにおいて好評です。

なるべくスピーディーに現在のSEO対策の基本について、手っ取り早く学びたいという人におすすめです。

seo対策本【中級者~向け】

1.成果を出し続けるための 王道SEO対策

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,178円
著者 鈴木 良治
出版社 技術評論社
出版日 2016/4/27
ページ数 256ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座」は、10年後も成果を出し続けるための王道的SEO対策について書かれている本です。

内容はSEO対策の基礎や最新状況や、課題から逆引き方式で対策する方法、サイト設計など土台となる対策、スマホ対策、マークアップ方法、Search Consoleによる運営・管理方法、ペナルティ対策など幅広く取り扱っています。

そのため初心者はもちろん、中級者・上級者である場合にも役立ちます。

口コミ上では、王道的SEOを体系的に学ぶことができ、時が経っても通用する普遍的対策が身につくとして大変好評です。

今後本格的にサイトを運営していくのであれば、ぜひ持っておきたい正統派SEO対策本の内の一つと言えます。

2.現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 3,278円
著者 西山 悠太朗
・小林 睦
・丸山 弘詩
出版社 マイナビ出版
出版日 2018/7/26
ページ数 432ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」は、内部対策から外部対策まで幅広く学べるという、まさにSEOのバイブル的本です。

内容はSEOの基本から、マイナス評価の回避方法、サイト構造、リンク構造、マークアップ方法、サイトの高速化、HTTPS化、モバイル対応、効果検証のためのモニタリングなど、必要となる知識が網羅されています。

またこの本はGoogleの情報を元にして効果のあるSEO対策について書かれているため、信頼性・確実性があるというのもポイントです。

口コミ上では、SEOの基本的なことからプロ向けの内容まで、これ1冊で幅広く深く知ることができ便利であるという点などにおいて、大変評価が高いですね。

確実性が高く、MFI(モバイルファーストインデックス)時代でも通用するSEO対策について、一通り学びたいという中級者・上級者の人におすすめです。

3.SEO対策 検索上位サイトの法則52

SEO対策 検索上位サイトの法則52

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,692円
著者 河井 大志
出版社 ソーテック社
出版日 2013/12/19
ページ数 208ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「SEO対策 検索上位サイトの法則52」は、数々のECサイトやアフィリエイトサイトなどで成功してきた実績のあるの河井大志氏による著書です。

内容は主にサイト構築前の対策、内部対策、外部対策、してはいけないSEO対策の4部構成になっており、王道の対策からブラックハット(ペナルティを受ける恐れがある)SEOについて体系的に学ぶことができます。

口コミでは、この本に書かれていることで実際に効果があったということや、普通の書籍では中々取り扱われることのないブラックハットについて知ることができたという点で好評です。

正攻法からブラックSEOまで押さえたいという人は、読んでみると良いのではないでしょうか?

4.これからはじめる SEO内部対策の教科書

これからはじめる SEO内部対策の教科書

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 6,230円
著者 瀧内 賢
出版社 技術評論社
出版日 2012/10/11
ページ数 224ページ
口コミ(amazon)

amazon
ヤフーショッピング

「これからはじめる SEO内部対策の教科書」は、主に内部対策について書かれており、具体的にはHTMLコードの見直し(コードの適切なマークアップの仕方やコードの最適化)について徹底的に書かれています。

口コミ上では初心者でも分かりやすく、HTMLが分かれば尚更実践的な内容で良いと評判です。

ただ人気本でありもう出されていないためか、現在では価格が非常に上がってしまっているのがネックですね。

アルゴリズムの変化に左右されないしっかりとしたSEO内部対策について知りたい初心者をはじめ、中級者・上級者の人にもおすすめです。

5.SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,466円(Kindle版 )
著者 ・伊藤 大典
・安川 洋
出版社 インプレス
出版日 2009/12/18
ページ数 401 ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術」は、エンジニア向けのSEO対策本です。

内容としては、検索エンジンの技術的な仕組み、SEOサイクルとクローラビリティー、HTMLの最適化、アクセス解析の導入、検索エンジンの制御などエンジニアのSEO技術について書かれています。

口コミ上では、HTMLなどある程度の知識があることが前提にはなってくるものの、高度な対策について記載されており、SEO対策について深く学ぶのに役に立つと評判です。

プログラミングを使った本格的なSEO対策を行いたい、エンジニアやWeb担当者などにおすすめです。

seo対策本【SEOライティング術】

1.SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,178円
著者 鈴木 良治
出版社 技術評論社
出版日 2015/2/19
ページ数 256ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「SEO対策のための Webライティング実践講座」は、人気セミナーを書籍化した本で、10年後にも通用するようなWebライティング術について書かれています。

内容はSEOの基礎知識から、SEOを意識したWebコンテンツ作り、効果的なキャッチコピー、アクセス解析を使った改善方法、目的別Webライティングのポイント、コンテンツを作成するうえで役立つ無料ツールの内容について書かれています。

レビュー上では、本書に書かれていたことを実践していくことで、着実にSEOの効果があったとという声も多いです。

そのため確実に効果のあるWebライティング術について学びたい初心者の人におすすめです。

2.沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,200円
著者 松尾 茂起
出版社 エムディエヌコーポレーション
出版日 2016/11/1
ページ数 632ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」は、ネット上で連載され人気となったストーリーが書籍化されたもので、主に成果を上げるためのWebライティング術についての入門書です。

ちなみに著者の松尾氏が代表を務める株式会社WEBライダーは、「賢威」と呼ばれるWordPressの有名SEOテンプレートを開発していることで知られていますね。

ストーリー形式で展開されているため読みやすく、節ごとに要点だけ解説されたまとめがあるので読み返しやすいです。

口コミ上でも、参考書でありながら小説形式になっていることから、その読みやすさには定評があります。

検索エンジンで上位に表示されるための記事の書き方について、ストーリーで分かりやすく学びたい初心者の人におすすめです。

3.入門SEOに効くWebライティング

入門SEOに効くWebライティング

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,035円
著者 ・宮嵜 幸志
中島 健治
・石村 浩延
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2015/11/27
ページ数 248ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「入門SEOに効くWebライティング」は、主にSEOの基礎とSEO効果を高めるためのWebライティング術について書かれている本です。

具体的な内容は検索で上位を目指すための知識、目的に合わせたサイトの企画、目的別の執筆テク、コンテンツの質を高める編集テク、Webサイト構成の最適化、効果の測定方法と幅広く解説されています。

口コミでは、SEOからライティング術、編集方法、効果の分析方法などをこれ1冊でまとめて知ることができるという点で好評です。

ライティング術はもちろん、SEOの基礎も含めた検索順位を上げるためのコンテンツ作りついて知りたい初心者の人におすすめです。

4.SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,178円
著者 ふくだ たみこ
出版社 ソーテック社
出版日 2016/8/23
ページ数 296ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64 」は、「集客」と「成約」を目的としたWebライティングです。

内容は伝わる文章の書き方、買わせる文章の書き方、上位表示のためのキーワード選びやコンテンツ作りなどについて書かれており、豊富な図解入りで入門者でも分かりやすく解説されています。

口コミ上でも、とにかく分かりやすいという点で評価が高く、Webのことに疎い超初心者であっても理解しやすいと評判です。

これから集客・成約に直結するWebライティング術を簡単に学びたいという初心者の人におすすめです。

5.SEOに効く! Webサイトの文章作成術

SEOに効く! Webサイトの文章作成術

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,760円
著者 ふくだ たみこ
出版社 シーアンドアール研究所
出版日 2014/2/15
ページ数 224ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

SEOに効く! Webサイトの文章作成術 」は、SEOを意識したWebライティングはもちろん、商品・サービスを売るためのライティング術について書かれています。

内容は前半が集客力アップのためのSEOライティング術、後半が成約率アップのためのキャッチコピーライティング術となっています。

また本書では業種の異なる16の企業のサイトを取り上げて、各々のサイトでどういった理由で成果が出たのかを解説しているので、企業のWeb担当者にとって非常に参考になるでしょう。

seo対策本【WordPressSEO】

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 2,580円
著者 松尾 茂起
出版社 秀和システム
出版日 2011/12/27
ページ数 320ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」は、有名テンプレート「賢威」の制作者である著者が書いた本で、WordPressとTwitterなどのSNSを使いSEO対策を通して成果を上げるための方法について解説しています。

内容は主にSEOの基礎知識から、SNSを駆使した具体的な対策、WordPressでのWebサイト作成方法などについて書かれています。

また特典としてオリジナルWordPressテーマ(賢威のライト版)がダウンロードできます。

口コミ上ではWordPressSEOについて分かりやすく書かれていることや、成果につながったということなどにおいて好評です。

主にWordPressサイトでのSEO対策について学びたい人におすすめです。

seo対策本おすすめ比較ランキング【YouTuber向け】

「YouTube動画SEO」で客を呼び込む

「YouTube動画SEO」で客を呼び込む

(出典:amazon

書籍情報 詳細
価格(amazon) 1,928円
著者 鈴木 将司
出版社 シーアンドアール研究所
出版日 2014/8/28
ページ数 288ページ
口コミ(amazon)

amazon
楽天市場
ヤフーショッピング

「YouTube動画SEO」で客を呼び込む」は、YouTubeにアップした動画を検索エンジンで上位表示させるための方法について書かれています。

内容は需要調査・企画・制作・公開の4つのステップについて分かりやすく解説しているほか、具体的な業種別の事例などについても紹介しています。

口コミ上では内容が実践的であり、実際の業種別の事例が豊富に記載されてあるため参考になったと評判です。

YouTubeで公開した動画を多くの人に見てもらいたいという場合には、この本がおすすめです。

人気seo対策本比較一覧

上記で紹介してきた人気SEO対策本について、簡単な比較表でまとめてみました。

タイトル ジャンル 対象 料金 ページ数 出版日 著者 Kindle版
いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 SEO対策 初心者~ 1,738円 256ページ 2018/7/20 ・安川 洋
・江沢真紀
・村山佑介
10年つかえるSEOの基本 SEO対策 初心者~ 1,628円 136ページ 2015/4/23 土居 健太郎
これからのSEO内部対策 本格講座 SEO対策 初心者~ 1,980円 264ページ 2017/3/4 瀧内 賢
これだけやれば集客できる はじめてのSEO SEO対策 初心者~ 1,650円 208ページ 2018/12/17 瀧内 賢 ×
スピードマスター 1時間でわかる SEO対策 SEO対策 初心者~ 1,100円 160ページ 2018/5/8 遠藤 聡
成果を出し続けるための 王道SEO対策 SEO対策 中級者~ 2,178円 256ページ 2016/4/27 鈴木 良治 ×
現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル SEO対策 中級者~ 3,278円 432ページ 2018/7/26 ・西山 悠太朗
・小林 睦
・丸山 弘詩
SEO対策 検索上位サイトの法則52 SEO対策 中級者~ 1,692円 208ページ 2013/12/19 河井 大志
これからはじめる SEO内部対策の教科書 SEO対策 中級者~ 6,230円 224ページ 2012/10/11 瀧内 賢 ×
SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術 SEO対策 中級者~ 1,466円 401 ページ 2009/12/18 ・伊藤 大典
・安川 洋
SEO対策のための Webライティング実践講座 SEOライティング術 初心者~ 2,178円 256ページ 2015/2/19 鈴木 良治
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— SEOライティング術 初心者~ 2,200円 632ページ 2016/11/1 松尾 茂起
入門SEOに効くWebライティング SEOライティング術 初心者~ 2,035円 248ページ 2015/11/27 ・宮嵜 幸志
・中島 健治
・石村 浩延
SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64 SEOライティング術 初心者~ 2,178円 296ページ 2016/8/23 ふくだ たみこ
SEOに効く! Webサイトの文章作成術 SEOライティング術 初心者~ 1,760円 224ページ 2014/2/15 ふくだ たみこ ×
WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル WordPressSEO 中級者~ 2,580円 320ページ 2011/12/27 松尾 茂起 ×
「YouTube動画SEO」で客を呼び込む YouTube動画SEO 初心者~ 1,928円 288ページ 2014/8/28 鈴木 将司 ×

 

SEO対策の情報はWeb上よりも本の方が信頼性があって良質!

SEO対策はわざわざ本を購入して情報を仕入れなくとも、インターネットのWebサイトで調べればそれに関することについて沢山出てきます。

しかしWebサイトに掲載されている情報の場合は、その中でも玉石混淆があり、特にどういった情報に価値があるのかの見極めがしずらい初心者にとっては、あまり効率的にSEOを学ぶことができなかったりします。

そのうえ中には巧みなセールスでつい情報商材を購入させようとするサイトもあるわけでですが、こうしたものの中には値段が高い割に情報の質が低かったり古かったりしてほとんど役に立たなかったというケースも少なからずあります。

その点SEOの知識が豊富な著者が書いた本であれば、たった1,000円~3,000円程度で購入できるうえに、良質かつ信頼性のある情報だけをまとめて吸収することができます。

こうしたことからSEO対策の知識を得たいという場合は、Web上からよりも本を購入して学んだ方が、時間的にかなり効率が良かったりします。

Webサイト作りに対するモチベーションを向上させる意味でも、一度プロが書いた書籍に触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサード広告

ランディングページテンプレートおすすめランキング

ランディングページテンプレートとは?

コンバージョンを獲得するうえで重要になるランディングページ(LP)。

ただ何も知識もない状態でランディングページを作成するとなると、HTMLやCSSなどのプログラミング言語やデザインの知識を習得しておかなければならず、これらを習得するとなるとかなり時間を要します。

しかし本業を行う傍ら、そのようなことに時間を割くとなると大変ですよね?

そこでこの面倒なランディングページを効率良く行うために利用するとおすすめなのが、LPのテンプレートと呼ばれるものです。

これはLPのベースとなる雛形が既に組み込まれているようなもので、この雛形に対してあとはテキストや画像を入れるだけで、プログラミング言語やデザインの知識がなくても簡単にランディングページが作れてしまうというものです。

このLPのテンプレートは、様々なものがありますが、今回はその中でもレスポンシブ対応のもので、評価が高いものを中心にまとめていきました。

簡単にLPが作れてしまうLPテンプレートを使いたいのであれば、ぜひご覧ください。

ランディングページテンプレートおすすめランキング 【無料版】

早速人気のテンプレートについて、まずは無料で使えるものから順番に紹介していきたいと思います。

1.Avana【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

シンプルかつデザイン性に優れた無料で使えるテンプレートです。
画像をマウスオーバーさせた時の演出もおしゃれで、商品・作品をより魅力的に伝えることができるでしょう。

主にアパレルなどのジャンルを扱ったLP作成におすすめです。

2.POLO【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

スタイリッシュなデザインに、個性的なアニメーションが表示されるのが魅力的なテンプレートです。

主にモダンなランディングページを作りたい場合におすすめです。

3.Agency【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

洗練され落ち着いたイメージのデザインのランディングページテンプレートです。

主に中小企業や高級ブランド品を扱うランディングページを作る際におすすめです。

4.テンプレどん LPテンプレート

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

無料で商用可能なテンプレートです。
カスタマイズが自在にできるので、サイトのジャンルに沿ったデザインに仕上げることができるのが魅力的です。

ランディングページテンプレートのほか、コーポレートサイト向けテンプレート、ポートフォリオサイト向けテンプレートもあります。

5.MobApp 【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

主にモバイルまたはデスクトップアプリ向けのランディングページテンプレートです。

鮮やかな配色でデザイン性に優れていながら、コンバージョンの獲得が得やすい作りになっています。

モバイルアプリなどのダウンロードページ作成の際に利用すると良いでしょう。

6.Valet 【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

爽やかな見た目が特徴的な、無料で使えるランディングページテンプレートです。

アニメーション搭載で、LPに必要な内容は大体掲載できます。

汎用性が高く、様々なジャンルのサイトのランディングページテンプレートとして使えるでしょう。

7.COOPER 【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

デザイン性が高く動的なサイトが作れてしまうランディングページのテンプレートです。

無料プランのほか、機能が充実した有料プランがあるので、用途に合わせて好きなプランを選べます。

主にアプリなどのランディングページを作る際におすすめです。

8.Eatwell

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

主にレストランやカフェ向けのランディングページテンプレートです。
レストランのLPを作成するうえで必要となる、シェフの紹介・料理一覧・メニュー表・Googleマップによる住所の表示機能などがあります。

無料で簡単にレストランなどのLPを作成したい場合に良いでしょう。

9.Freebie: Responsive Landing Page Template With Flexbox

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

シンプルかつデザイン性が高い、無料ランディングページのテンプレートです。

パララックスによる演出など動的ではありませんが汎用性も高く、ある程度取り扱いジャンルを問わず使えるでしょう。

10.Freelancer 【BootStrap】

特徴 詳細
価格 無料
レスポンシブ対応
公式サイト

主にフリーランサーのポートフォリオサイト向けテンプレートです。
作成したポートフォリオを簡単に並べられるほか、最初から問い合わせフォームもあります。

デザインもシンプルかつおしゃれで、フリーランサーのプロフィールページを作る際にうってつけですね。

ランディングページテンプレートおすすめランキング 【有料版】

更にここからは、有料の人気LPテンプレートについて紹介していきます。

1.AMORE

特徴 詳細
価格 12,980
レスポンシブ対応
公式サイト

AMOREはWordpressテーマの一つで、パララックスデザインとなっているのが最大のメリットです。

これにより強調したい部分に対して各種エフェクトを効かせるといったことができるので、伝えたい個所が伝わりやすくなったりします。

またエフェクトによる演出そのものも、ユーザーを惹き込むような効果があるので、離脱率を下げることができるでしょう。

汎用性も高く、あらゆるジャンルのサイトでも使えます。

2.ペライチ

特徴 詳細
価格 ・スタートプラン:無料
・ライトプラン:月額980円
・レギュラープラン:月額1,980円
・ビジネスプラン:月額2,980
レスポンシブ対応
公式サイト

無料で初心者でも簡単にランディングページが作れる人気サービスです。
有料プランだと、独自ドメインが使えるほか、プランのグレードが上がるにつれて優れた機能が使えます。

テンプレートの種類も豊富であり、特にLP作成初心者である場合におすすめです。

3.Grazioso(グラツィオーソ)

特徴 詳細
価格 19,800円
レスポンシブ対応
公式サイト

大手企業のサイトでもよく使われている、コーポレートサイト向けテンプレートです。

最先端の1カラムフラットデザインとパララックスデザイン採用で、集客効果も大いに期待さます。

値段は少し高いですが、コーポレートサイトのテンプレートとしてはもちろん、LP作成の際のテンプレートとしてもおすすめですね。

4.Glint

特徴 詳細
価格 21ドル(約2,270)
レスポンシブ対応
公式サイト

パララックス効果を取り入れた、モダンなデザインが特徴的なランディングページテンプレートです。

有料ですがデザイン性や導線設計に優れていたり、各種機能が多いのがメリットです。

最新のデジタル関連商品などのランディングページを作成したい場合などにおすすめですね。

5.LP Designer

特徴 詳細
価格 6,800円~
レスポンシブ対応
公式サイト

1カラムはもちろん、2カラムや3カラムのランディングページも作れる、主にビジネスサイト向けのテンプレートです。

SEOにも強くLP作成以外でもブログ運営などで使えますし、ワードプレステーマですが、HTMLやCSSの知識がない初心者でも使いやすいと評判です。

LP作成から運営サイトのテーマとして幅広く使いたい場合におすすめです。

最低限知っておきたいランディングページテンプレートの4つの選び方

ランディングページのテンプレートは上で紹介したもの以外にも様々なものがありますが、一体どういったポイントを踏まえたうえで選べば良いのでしょうか?

このランディングページのテンプレートの選び方としては、主に下記の4つの点について押さえたうえで選ぶと良いでしょう。

  • 無料か有料か
  • レスポンシブ対応かどうか
  • 表示速度が早いかどうか
  • デザインがシンプルであるかどうか

無料か有料か

ランディングページのテンプレートには、無料のものと有料のものとがあります。
これら両者の違いとしては、主に下記の通りです。

LPテンプレ メリット デメリット
無料 ・コストがかからない ・広告表示がある
・月間PV数の上限がある
・独自ドメインが使えないことがある
・有料のモノよりデザインなどの品質が劣る
有料 ・広告表示なし
・月間PV数の上限なし
・独自ドメインが使える
・アクセス解析など機能が多い
・ある程度オリジナリティが出せる
・コストがかかる
(基本継続的にかかる)

無料のものと有料のものにはこうした違いがありますが、まずはとりあえずテストマーケティングから始めたいという場合は無料版を、そして本格的に始めたいのであれば有料版を選ぶと良いでしょう。

レスポンシブ対応かどうか

またランディングページのテンプレートを選ぶ際は、レスポンシブ対応かどうかも重要です。

レスポンシブ対応というのは、パソコンはもちろんスマホなどの画面の小さい端末でも閲覧しやすいようにデザインされたサイトのことです。

特に近年では携帯やスマホからのWebサイトの閲覧が増えて来ており、画面サイズがこれら端末に対応していなければ、スマホなどからだと見づらく離脱率が上がります。

そのためランディングページのテンプレートは、基本的にレスポンシブ対応のものを選ぶのがおすすめです。

表示速度が速いかどうか

更にランディングページのテンプレートを選ぶうえで気を付けておきたいのが、表示速度の速さです。

理由としてはこれもユーザー目線で考えた時に、速度が遅いと離脱率が高まるからです。

いくら便利なサイトでも、表示速度が遅ければストレスに感じますし、使いづらいと感じてしまいますよね。

こうしたことからランディングページのテンプレートは、表示速度が速いものを選ぶようにすると良いでしょう。

デザインがシンプルであるかどうか

最後にランディングページのテンプレートを選ぶうえで押さえておきたいのが、そのデザインがシンプルであるかどうかについてです。

シンプルなものはユーザーにとっては見やすくて使いやすく、伝えたい情報も上手く伝えやすいです。

逆にごちゃごちゃしたものであれば見づらくて直帰率もあがりますし、伝えるべきことも伝えづらくなるので良くありません。

こうしたことから、ランディングページのテンプレートのデザインは良質であることはもちろん、シンプルなものが好ましいです。

ランディングページテンプレートは様々なメリットあり!

ランディングページのテンプレートは主に下記のメリットがあるのが魅力的です。

  • 低コストで作成可能!
  • プログラミングやデザインスキルなしで作成できる
  • 成果を出しやすい

低コストで作成可能!

ランディングページの作成をプロの制作会社に依頼する場合は、デザインからA/Bテストなどを行うとなると30万円~60万円程度かかります。

しかしテンプレートを使うことで、まったくコストがかからないか、有料のものを使っても約数千円~と格安で作成することができます。

そのため制作費用をなるべく安く済ませたい場合には、テンプレートを利用すると良いでしょう。

プログラミングやデザインスキルなしで作成できる

またテンプレートを利用する場合は、ランディングページの作成に必要なHTML・CSS・JavaScriptといったプログラミング言語の習得や、デザインスキル・知識がなくても作成することができます。

そのため初めての場合でも簡単に作成できるというように、敷居が低いのも魅力的です。

ただしワードプレスのテーマやBootStrapのテンプレートを自在にカスタマイズするとなると、HTMLやCSSなどの言語の知識が必要になります。

成果を出しやすい

またテンプレートを使えば、初めて一から十までランディングページを作成するよりも、断然成果を出しやすいです。

というのも初めてLPを作る場合であれば、テンプレートに比べてどうしてもデザインが見劣りするので、直帰率が上がったりする原因になるからです。

テンプレートであれば、ある程度デザインが整っているので、その分成果も出しやすいです。

まとめ

以上ランディングページのテンプレートについて紹介していきました。

上記で紹介したテンプレートを使えば、HTML・CSS・JavaScriptといった言語やデザインの知識などがなくても簡単にLPを作成することができるので、取り扱いジャンルに合ったものがあればぜひ利用してみると良いのではないでしょうか?

スポンサード広告

ワードプレスのテーマおすすめランキング

ワードプレスのテーマおすすめランキング

ワードプレスを使ってコーポレートサイトやブログ、SEOサイトなどを作成する際に、選ばなければならないのが「テーマ」です。

ワードプレスではテーマごとにデザインや機能性が異なり、サイトの方向性や求める機能に応じて適したものを選ばなければなりません。

しかし、ワードプレスの公式サイトに掲載されているテーマだけでも1000個以上の種類があるため、どれを選んでいいかわからないという人は多いはずです。

求めるデザインや機能ははっきりしていても、1つ1つ丁寧に調べていくのは大変ですよね。

また、テーマによって無料/有料と分かれており、どっちを選べばいいの?と疑問に保つこともあるでしょう。

今回はワードプレスのおすすめテーマをランキング形式で発表していきます。無料テーマ、有料テーマそれぞれのおすすめランキングやテーマの決め方なども解説していきます。

この記事を参考に自分のサイトに合ったテーマを見つけてみてください。

ワードプレスのテーマの決め方は?

まずはワードプレスのテーマの選び方について解説していきます。
どのようなテーマにすればいいかわからないという人は最初に選ぶ際の基準を用意しておくといいでしょう。
ポイント意識してテーマを選んでいけば自分に合うものを選べるようになります。

ワードプレスのテーマでは以下の5点が選び方のポイントになります。

サイトの目的によって選ぶ(おすすめ記事、ブログ、企業サイトなど)
SEOに強いワードプレスのテーマを選ぶ
デザインやおしゃれさなどサイトの雰囲気に合うものを選ぶ
サイトの表示速度が速いもの
カスタマイズ性や機能性で選ぶ

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

サイトの目的によって選ぶ(おすすめ記事、ブログ、企業サイトなど)

まず自分が作るサイトがどのようなジャンルなのかによって選ぶべきテーマは異なってきます。ワードプレスでは個人のブログからアフェリエイト記事、企業サイトなどさまざまなサイトが作成可能です。

しかし、テーマによって機能やデザインなどサイトに合う合わないがはっきりとしています。作ろうとしているサイトに不必要な機能があってもしょうがないですし、求めるデザインとは異なるテーマを選んでもいけません。

サイト作り全体のイメージを把握しながら、どのようなテーマが適しているかを判断してみましょう。

SEOに強いワードプレスのテーマを選ぶ

SEOサイトを作ってアクセスを増やしていくことを考えるのであればSEO対策は必須です。SEO対策機能があるテーマであれば、検索エンジンに最適化したサイトが作れるようになります。

しかし、テーマを選ぶだけでSEOに強くなるというわけではありません。あくまでSEOを有利にするためのツールであり、肝心なのはそれをどのように使うかです。サイトの中身も当然大切です。

ただ、SEO対策に有用な機能を備えているテーマの方がそういった取り組みを実行しやすいのでおすすめです。

デザインやおしゃれさなどサイトの雰囲気に合うものを選ぶ

ワードプレステーマはそれぞれデザインや雰囲気が異なります。

また、作るサイトのジャンルによって、合うデザインは異なりますよね。カッチリとした企業サイトを作りたいのに、ほんわかした雰囲気のテーマを選んでは効果的なサイトは作れません。

自分が作りたいサイトをイメージしながら、それに合うデザインを採用しているテーマを選んでいくといいでしょう。

ワードプレスのテーマはカスタマイズによって、オリジナリティのあるデザインに変えることができます。ただ、初心者でカスタマイズのハードルが高いと感じるのであれば、テーマのデフォルトデザインを中心に選んでいってください。

サイトの表示速度が速いもの

ウェブサイトを作る以上、そこにアクセスしてもらわなければ意味がありません。しかし、サイトの表示速度が遅いとせっかくクリックしてもらったのにすぐに離脱してしまいます。

サイト利用者のストレスを考えると表示速度は重要な指標ですし、ワードプレスのテーマによっても表示速度が異なります。

ただ、速いだけでデザインや機能が合っていなければ意味がありません。
ワードプレスのテーマが公開しているデモサイトの表示速度を測定し、極端に遅いものは候補から外していきましょう。

また、最近ではスマホからのアクセスを意識して「モバイルフレンドリー」なサイト作りも重要となっています。テーマによってスマホでの表示に合わないものもあるので、作るサイトのイメージから必要なテーマを選びましょう。

カスタマイズ性や機能性で選ぶ

テーマで使えるデフォルトのデザインだけを使うのではなく、カスタマイズすることによってオリジナリティのあるサイトを作ることができます。こういったカスタマイズ性や拡張性についても慣れてきたら重要視してみてください。

さらに、テーマに組み込まれている機能が自分の求めているものと合致しているかも重要です。

SEO対策をしっかりしたい中で、検索エンジン上での表示を最適にする機能など、求める機能を簡単に組み込めるテーマ がおすすめです。

ワードプレスのテーマ「有料」「無料」どっちがいい?

ワードプレスのテーマには「無料」「有料」の2種類があります。

イメージ的に有料の方がデザインもおしゃれで機能も豊富なように思えてしまいますが、かといって無料テーマがダメと言うわけではありません。

無料テーマの中にもレベルの高いものは豊富ですし、初心者の場合はシンプルな使い方ができる無料テーマの方が合っていると考えられます。有料テーマを使う以上はサイトの収益化についても考えなければなりません。

ただ、有料テーマの方がデザインが凝っており、デフォルトのものを使うだけでもプロっぽく仕上がるという特徴があります。

そのため無料テーマと有料テーマどちらを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは無料テーマと有料テーマのメリット、デメリットを詳しくまとめていきます。

有料テーマのメリットと無料テーマのメリット

有料テーマのメリットは以下の4点に分けられます。

デザイン性に優れる
目的やサイトの合うテーマが見つかりやすい
機能が充実している
SEO対策がしやすい

有料テーマだとテーマのデザインに力が入っているところが多く、デフォルトデザインでもかなりおしゃれなものが多くなります。やはりしっかりしたサイトを作りたいのであればデザイン性の高いテーマを選んだ方がいいでしょう。

また、機能が充実しているためカスタマイズなどをしなくても目的に合致したテーマが作れます。特定の目的を意識したサイトに必要な機能を深掘りして用意してくれるテーマもありますし、機能が充実している分作業時間が短縮できます。

SEOにも効果的な対策ができるのも見逃せません。SEO対策に最適なサイトを作って集客を増やしたい人にもおすすめです。

無料テーマのメリットとして挙げられるのが、当たり前ですが「無料で使える」ということです。当然ですが、金銭的な負担がないので気軽に使うことができますし、初心者でとりあえずワードプレスを使ってサイトを1つ作ってみたいという人であれば無料テーマがおすすめです。

シンプルな機能とデザインの無料テーマも多く、初心者の場合はこちらの方が簡単で使いやすいかもしれません。

有料テーマのデメリットと無料テーマのデメリット

有料テーマのデメリットとしては以下の2点です。

お金がかかる
機能が多すぎて複雑になる

当然ですが有料テーマを使う際は初期費用がかかります。1万円〜2万円程度の出費になりますが、趣味でワードプレスを使う場合、途中で飽きてやめてしまうことも考えられますよね。サイトの制作費用も増えてしまいますし、収益化を考えるならこの初期投資を効果的なものにするためのプランが必要になります。

高機能でデザイン性に優れる有料テーマですが、投資に見合ったリターンが見込める人じゃないと出費に対するデメリットが強くなってしまうかもしれません。

また、機能が豊富であらゆるニーズに対応できる一方で多くすぎる機能を把握できないというデメリットも生じてしまします。初心者だと1つ1つの機能を把握するだけでも大変ですよね。機能を絞ったシンプルなテーマもありますし、初心者であればそういったテーマの方が使いやすいと考えられます。

無料テーマのデメリットとして挙げられるのは「使い勝手の悪さ」です。
最低限の機能を使ってサイトを形にするだけであればシンプルで使いやすいのですが、デザインを凝ってみようと思ったときに無料テーマだといちいちカスタマイズする必要がでてきます。有料テーマだとそういった部分に対応した機能を有していることが多いのですが、無料テーマだとかゆいところに手が届かないケースが多く出てきます。

ワードプレスを使ったサイト制作に慣れるために無料テーマを使ったり、収益化を考えず趣味でサイトを運営するのであればシンプルな機能に絞って使える無料テーマのメリットも活きますが、カスタマイズ性の広さに特徴のあるワードプレスでサイトをより良くしようと考えたときに無料テーマだと回り道をしなければならない可能性があります。

ワードプレスの無料テーマおすすめランキング

ここからは無料で利用できるワードプレステーマを紹介していきます。厳選した10個の無料テーマをランキング形式で発表していくので、これからワードプレスを使ったサイト制作を始めようと思っている方は参考にしてみてください。

第1位 Cocoon(コクーン)

おすすめポイント ・初心者でも使いやすい

・無料なのに高機能

・モバイルフレンドリーで高速

公式サイト Cocoon(コクーン)

無料で使えるテーマの中でも、これほど高機能なテーマはなかなかありません。書誌社でも使いやすい仕様になっており、さまざまなサイトに使える汎用性の高いテーマです。

記事の装飾なども簡単で柔軟に対応できるので無料テーマで見栄えの良いサイトを作りたい人にもおすすめです。有料レベルの機能を無料で使えるコスパの高さがうれしいですね。

Cocoon(コクーン)

 

第2位 Luxeritas

おすすめポイント ・表示速度が速い

・無料とは思えないほどの機能性

公式サイト Luxeritas

Cocoonと並んでワードプレスで使える無料テーマの中でも人気の高い「Luxeritas」は表示速度の速さに定評があります。表示速度に優れているだけでもサイトの離脱を防ぐことができます。

また、無料とは思えないほどの機能の多さも魅力的です。プラグインをインストールしなくてもさまざまなニーズに応えてくれますし、初心者にも使いやすいシンプルな操作性もあります。

Luxeritas

 

第3位 Simplicity2

おすすめポイント ・シンプルで使いやすい

・初心者でも扱いやすい

公式サイト Simplicity2

「Simplicity2」はCocconと同じ製作者によって作られた無料テーマです。シンプルな機能性で初心者が扱いやすいのはもちろん、カスタマイズのしやすさ、SEO対策など無料テーマとは思えないクオリティの高さは魅力的です。

機能性ではCocconの方が高いですが、デザインがシンプルなので用途に応じてこちらもおすすめです。

Simplicity2

第4位 Stinger

 

おすすめポイント ・アフェリエイトやブログに最適

・人気が高くカスタマイズの情報を拾いやすい

公式サイト Stinger

ブログやアフェリエイトでサイトを作る方に人気の高い無料テーマです。分かりやすいデザインでシンプルな機能が使いやすく、特にアフェリエイトを意識した仕様が非常に便利です。

カスタマイズをしたい際も人気の高さから情報が幅広く拾えるので、細かいニーズに対しても簡単に対応できるのが魅力的です。

Stinger

 

第5位 Habakiri

おすすめポイント ・シンプルな機能性でカスタマイズも可能

・ホームページデザインに最適

公式サイト Habakiri

シンプルなテーマでカスタマイズも簡単にできる無料テーマです。無料テーマをカスタマイズ前提で使用するならこちらがおすすめです。

機能の豊富さやデザイン性には他社よりも劣る印象ですが、目的に合致したユーザーであれば無料テーマ以上の力を発揮してくれるでしょう。

Habakiri

第6位 Lighting

おすすめポイント ・シンプルな機能で初心者に易しい

・教本もあるので安心

公式サイト Lighting

初心者の方におすすめな無料テーマとして挙げられるのが「Lightinig」です。シンプルな機能性が魅力で、Lightingを題材にした教本も出版されているので、ワードプレス の練習としても最適です。

利用者も多くカスタマイズ情報も拾いやすいのも魅力的です。ただ、利用者が多い分、多サイトとデザインが被りやすいと言う点に注意しなければなりません。

Lighting

 

第7位 Sydney

おすすめポイント ・印象的なトップページが作成できる

・デザイン性が高い

公式サイト Sydney

印象的なビジュアルを用いたトップページが作成できる無料テーマです。写真を中心にこだわったサイトを作りたい人におすすめとなっています。サイトデザインにこだわる人に向いていますが、海外製の無料テーマなので英語での説明に注意してください。

Sydney

 

第8位 Xeory Base

おすすめポイント ・WEBマーケティング会社が制作したテーマ

・洗練されたデザインと機能性

公式サイト Xeory Base

「Xeory Base」はWEBマーケティング企業の「バズ部」という会社が制作した無料テーマです。コンテンツマーケティングという手法を日本に持ち込んだ企業としても有名で、サイト制作をする上で必要な機能を取り揃え、洗練されたデザインと機能性が魅力です。

無料なのに企業系のサイトでも使えるほどのクオリティの高さがあり、無駄のない使用感が非常に良いです。

Xeory Base

 

第9位 LION MEDIA

おすすめポイント ・ビジネスサイトにも使えるデザイン性

・機能性も高く使いやすい

公式サイト LION MEDIA

ビジネスサイトも使えるほどしっかりしたデザインが魅力の無料テーマです。ビジネスサイトにも最適で無料テーマとは思えない機能性の高さがあります。シンプルな使いやすさで初心者にも易しい仕様になっていますし、SEO最適化、表示速度の高速化など汎用性が高く、使いやすさに優れたテーマです。

LION MEDIA

 

第10位 onePress

おすすめポイント ・洗練された美しいデザイン

・機能性も高い

公式サイト onePress

海外製の無料テーマで洗練された美しいデザインが魅力的です。初心者でもそのまま使うだけでしっかりとしたデザインのサイトが作れますし、サイト作りに役立つ機能も豊富です。また、同社製の有料版も用意されているのでステップアップもできます。

ただ、海外製のテーマなので使い方などが英語で記載されています。わからないことがあると多少面倒なので注意しましょう。

onePress

 

ワードプレスの有料テーマおすすめランキング

ここからは有料テーマのおすすめランキングを発表していきます。有料で使えるテーマの中でも人気の高いものを選んだので、こだわったサイトを作りたい人は参考にしてみてください。

第1位 THE THOR

おすすめポイント ・SEOに圧倒的に強い

・最高水準の表示速度

・着せ替え機能で簡単にデザイン変更できる

値段 16,280円(税込)
公式サイト THE THOR

「THE THOR」はLION MEDIAなどのテーマで有名な「FIT」がリリースしている有料テーマです。一流SEOコンサルタントのノウハウが徹底的に入っており、内部SEO対策もばっちりです。

着せ替え機能で簡単にサイトデザインを切り替えることができるので、複数のサイトに使い回すこともできます。

THE THOR

 

第2位 JIN

おすすめポイント ・デザインの切り替えが簡単

・読みやすいサイトデザインが可能

・アフェリエイトサイトにおすすめ

値段 14,800円(税込)
公式サイト JIN

アフェリエイトのためのノウハウが詰まった有料テーマの「JIN」。ボタン1つでサイトデザインを簡単に切り替えることができるので、複数のサイトで使い回すことができます。

シンプルで読みやすさを意識した仕様になっているので、誰でも簡単にアフェリエイトサイトを制作できます。

JIN

 

第3位 SANGO

おすすめポイント ・見やすいサイトが作れる

・カスタマイズも柔軟にできる

値段 11,000円(税込)
公式サイト SANGO

「SANGO」は「サルカワ」というブログを運営している方が制作した有料テーマです。Googleが使用しているマテリアルデザインを基本に作られているテーマなので、サイトを制作したときの読みやすさに強みを持っています。

デザインや機能性も申し分なく、カスタマイズにも柔軟に対応してくれる使い勝手の良さが魅力です。

SANGO

 

第4位 DIVER

おすすめポイント ・アフェリエイトに最適な機能が充実

・高品質かつ高機能

・SEO対策に最適

値段 17,980円(税込)
公式サイト DIVER

「DIVER」はSEO対策に重要なサイトの回遊率や離脱率などに着目して設計されている有料テーマです。

SEO対策をしてアフェリエイトで収益化を目指す人に最適な機能性とクオリティの高さが魅力的で充実したサポート体制や収益化に直結するデザイン性の高さやカスタマイズの豊富さもおすすめです。

DIVER

 

第5位 STORK

おすすめポイント ・ブログにおすすめ

・モバイルフレンドリーに最適

値段 10,800円(税込)
公式サイト STORK

「STORK」はブログマーケッターの方が制作している有料テーマです。モバイルフレンドリーを意識した設計になっており、ブログ運営をしたい人におすすめです。

スマホからの集客を意識したサイト作りを進めたい人に向いていますし、ブログ作成に必要な機能も豊富に取り揃えられています。

STORK

 

第6位 NANO

おすすめポイント ・企業サイトにおすすめ

・しっかりしたデザインに仕上げられる

値段 34,800円(税込)
公式サイト NANO

「NANO」はコーポレートサイトにおすすめの有料テーマです。企業理念や会社概要などかっちりとした情報を記載するのにぴったりなデザインになっており、しっかりした堅実なイメージにサイトを仕上げることができます。

さまざまな企業サイトに対応できる機能性も魅力的で、企業情報をあらゆる角度から発信できます。

NANO

 

第7位 賢威

おすすめポイント ・SEOに強い

・アフェリエイト分野で人気が高い

値段 27,280円(税込)
公式サイト 賢威

「賢威」は2万7千人を超えるユーザー数を抱えるSEOに強い有料テーマです。企業サイトや個人サイト、アフェリエイトなどさまざまなユーザーに利用されており、SEOノウハウの詰まった信頼と実績が魅力です。

さまざまなデバイスからのアクセスに対応したレスポンシブWebデザインやプラグイン化された機能などSEOに必要な要素が詰まっているテーマです。

賢威

第8位 アルバトロス

おすすめポイント ・マーケティングブログにおすすめ

・魅せるデザイン

・表示速度、SEO対策も優秀

値段 7,980円(税込)
公式サイト アルバトロス

「アルバトロス」はマーケティングブログを運営する方に向いている有料テーマです。コンテンツを美しく魅せるデザインに仕上げることができるので、魅力的なサイトによる集客が望めます。

サイトの表示速度やSEO対策もしっかりと行われているので、基本的な性能に加えてデザイン性にこだわったサイトを作りたい人におすすめです。

アルバトロス

第9位 Switch

おすすめポイント ・企業サイトにおすすめ

・デザイン性が高く、美しいレイアウト

値段 24,800円(税込)
公式サイト Switch

「Switch」は店舗サイトや企業サイトに向いている有料テーマです。トップページを見栄えのあるデザインいでき、内容も充実したサイトに仕上げられるので、専門業社に外注したかのような美しいサイトが作れます。

分かりやすく使いやすい仕様で簡単に操作できるシンプルさも魅力的です。

Switch

第10位 ストーク19

おすすめポイント ・美しく使いやすいデザイン

・充実した機能

・SEO最適化もバッチリ

値段 11,000円(税込)
公式サイト ストーク19

2万人以上の利用者がいる「ストーク」の最新バージョン「ストーク19」。美しいデザインや使いやすい機能性はそのままに、表示速度の改善や機能の追加が行われています。

SEO対策も万全で本格的なサイトの運営をしたい人におすすめです。

モバイルフレンドリー対策もできているのでスマホからの集客も視野に入れたサイト制作ができます。

ストーク19

まとめ

ワードプレスのおすすめテーマを紹介していきました。無料でも有料でも優れたテーマはたくさんあるので、ワードプレスを使ったサイト制作の参考にしてみてください。

また、テーマはデザインだけでなく、サイトに求める機能なども検討しながら選ぶことが重要です。自分の目的に合致したテーマを選んで、より魅力的なサイトを作ってみてください。

スポンサード広告